« 一夜明けて | トップページ | 今週の「僕カノ」と大吾 »

2004/03/08

懐かしい「愛していると言ってくれ」「きらきらひかる」

掃除しながらふと見ると「愛していると言ってくれ」の最終回だった。手話ブームがあったり、当時、かなりの人気を博した。確かにコレに出てくる豊川悦司は今見てもイイ。なんかやさぐれたおっさんになってしまった感のある今の彼を思い出すと、人間、特にああいう世界で活躍する人の「旬」の時期っていうのは短くてはかないものだな〜と思う。男性の俳優の場合は若いときはイマイチでもそれなりに年を重ねてきてから味が出てよくなるケースというのもあるが、豊川悦司はちょっと違うかな。

当時も話題になったけど、晃次(豊川)が最終回、賞を得て凱旋するという設定なのに絵がまるでダメ、というその絵をまた見て最後にやっぱり笑っちゃった。

もう1本は今日から始まった「きらきらひかる」。今このタイミングで再放送ってことは春にまたスペシャルでもやってくれるのかDVDが出るのか、ついつい裏読み。スペシャルやるならそれなりに年を重ねたみんなを見てみたい気もする。だいぶ前の作品のはずなのにあまり古さを感じなかった。東幹久のカラーコンタクトが不気味。

|

« 一夜明けて | トップページ | 今週の「僕カノ」と大吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/278664

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい「愛していると言ってくれ」「きらきらひかる」:

« 一夜明けて | トップページ | 今週の「僕カノ」と大吾 »