« 懐かしい「愛していると言ってくれ」「きらきらひかる」 | トップページ | 見たいぞ「大脱走」 »

2004/03/09

今週の「僕カノ」と大吾

(1)め組の大吾
これでレスキュー試験に合格したらあたしゃちゃぶ台をひっくり返しますよ。的場浩司もひっくり返すかもしれないけど。ハァハァいいながら深夜トレーニングしてた甘粕はどうなるんだよ。。。。と終盤にきても突っ込みどころ満載。

(2)僕と彼女と彼女の生きる道
今週はやはり、父親の書いた手紙に尽きますな〜。

どんなに深刻な打撃を受けても、自分の誤りに思いをいたさないヒトっていうのが身近にいて、彼女との相克(ちょいと大げさだが)が修復不可能なところまで来てしまった感がある私には、先週も書いたけどちょっと甘い展開だとは思う。親とどうしてもわかり合えないというのは、のどに刺さったホネみたいで本当に切ないんだが、この前、医者の海原純子の話をテレビでやっていて、部分的にしか見られなかったが、彼女も母親とはダメだったという話をしていた。生き生きした息子を見て、孫娘を見て感じるところがあり、自分のことをきちんと分析できた父親の描き方は、こうあってほしい、という願いみたいなものかな。

|

« 懐かしい「愛していると言ってくれ」「きらきらひかる」 | トップページ | 見たいぞ「大脱走」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/297041

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「僕カノ」と大吾:

« 懐かしい「愛していると言ってくれ」「きらきらひかる」 | トップページ | 見たいぞ「大脱走」 »