« 沖縄ブーム、去る? | トップページ | 滋養あり »

2004/03/17

大スクリーンで「大脱走」

hilts.jpg
最近、思い立ったら映画に行くということをきちんと実行していないのでいろんなのを劇場で見損なってしまった。それではイカン!ということで久々の平日の休日、東銀座の東劇で単館上映している「大脱走」のニュープリント、というのを見に行った。劇場についたら今日は水曜でレディースデー1000円!ラッキ〜。

7割ほどの入り。昔を懐かしんで来た人が大部分のように見受けられたが、若い人もいてちょっと意外だった。ロビーには、スティーヴ・マックイーンが実際に走ったのと同じ型のオートバイと、全然似てないマックイーンの実物大フィギュアに、コスチュームを着せたものが飾ってある(微苦笑)=上の写真。

やはり大きなスクリーンで観ると全然違う。オープニング、捕虜たちがトラックから降りてくるシーンだけとっても、彼らの荷物がたてる音もよく聞こえるし。しかし「ニュープリント」とうたっていながら、修復ができなかったのか、キレイな映像と昔のねむい映像が交互に出てくる感がある。DVDでは全篇キレイだったような気がしたが。。。私がいちばん好きなシーンのひとつ、ドイツ兵のバイクと軍服を奪ったヒルツ(マックイーン)がバイクに乗って勢いよく道路へあがってくるシーンも昔の映像のままだった。

シネカノンが「クラシックス」のタイトルをつけて配給していたようだけど、どういう作戦を考えているのか、興味あり。ただ、800円出して買ったパンフの原稿に、登場人物の固有名詞などの事実誤認がほどほどにあり、ちょっとがっかり。

それにしてもやっぱりスティーヴ・マックイーンはイイ!「華麗なる賭け」、DVDにしてくれないかなぁ。

作品の感想はこちら

|

« 沖縄ブーム、去る? | トップページ | 滋養あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/316065

この記事へのトラックバック一覧です: 大スクリーンで「大脱走」:

« 沖縄ブーム、去る? | トップページ | 滋養あり »