« 伊豆遠征決定〜 | トップページ | 「日輪の遺産」 »

2004/05/04

ムボー?GWのラー博突入

ramen.JPG横浜に住んでもうかなりになるのに、ラーメン博物館に行ったことがなかったのが、ひょんなことから実現。連休中は10:30開店らしい。朝からラーメンかよ!という突っ込みはさておき、11時ちょっと前に到着した。すでに整理券を受け取るための列がにょろにょろと伸びていた。我々がゲットしたのは「34」。1つの番号に40人ほど割り振り、少しずつ入れて行く仕組みだとか。

近くでお茶して、小1時間待って入場。テナントのうち旭川の「蜂屋」には行ったし、すでに180分待ち(!)の看板が出ている「すみれ」にはとても待つ気がしない。というわけでとりあえず久留米の「魁龍」(かいりゅう)に並ぶ。待ち時間も1時間とほどほど。。。と思うあたり、すでに壊れているかも。

「博物館」とはいうもののつくりは思いのほかちゃちく、行列の長さが長い店を地下1階に置き、行列をうねうねと地下2階や地上1階まで延ばす仕組み。それほど行列が伸びないか、回転が速い店は地下2階にあるようだ。「待ち時間5分」とかあると、つい「おいしくないのかも」などなど邪念も渦巻く。

それにしてもスゴイ人。びっくり。

1時間で「魁龍」に入店。出て来たのはカーキ色のスープ。かなりこってり系は好きな方だと思ったが、やられた。おいしくてスープもかなり飲んじゃったんだけどじわじわと効いてくる感じ。もう1つくらい行っとくか、と「春木屋」も行ったが、それでギブアップ。

「すいている」の基準はいったいいつなのかちょっと知りたい。

|

« 伊豆遠征決定〜 | トップページ | 「日輪の遺産」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/546319

この記事へのトラックバック一覧です: ムボー?GWのラー博突入:

« 伊豆遠征決定〜 | トップページ | 「日輪の遺産」 »