« 昼ドラの佳作「いのちの現場から8」最終回 | トップページ | 壮絶氷河でダイビング »

2004/05/28

熱帯魚の意味は ホームドラマ!

話の展開は、予想通りといえば予想通りなのだが、毎回いろいろ考えさせられる。

この家のリビングには巨大な水槽があり、たくさんのカラフルな熱帯魚が泳いでいる。最初はこの水槽の意味についてまで考えてなかったのだが、この水槽も「家族」なんだとふと気がつく。ひとくちに熱帯魚といっても、砂の中に住んでるハゼから魚たちの身体を掃除するエビ、魚たちも種類が違えば食べるものの好みも、水槽のなかで暮らしている場所も微妙に違う。それが調和がとれた環境になっているのがアクアリウム。将吾(堂本剛)がつくった「家族」も、そうやってあの「水槽」(=家)でそれぞれが環境に適応しているのだなあ、と。

深い。。。かも。

恐れていた展開が予想とおりやってきた。来週、またまた切ないな。

|

« 昼ドラの佳作「いのちの現場から8」最終回 | トップページ | 壮絶氷河でダイビング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/674548

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯魚の意味は ホームドラマ!:

« 昼ドラの佳作「いのちの現場から8」最終回 | トップページ | 壮絶氷河でダイビング »