« 久しぶりに「職人」との邂逅 | トップページ | ハリー・ポッター6の巻タイトル発表 »

2004/06/30

NotでなくButでなく

しばらく前になるけど、一緒にやってる相方さんから仕事のやり方についてイタイ突っ込み。

「〜じゃなくて」とか「〜はダメ」的な、否定的な表現が多い、と。言い訳を言わせてもらえば、よりよいものをつくりたいのでダメを出していたつもりだったけど....。やっぱりダメを出されてへこんでしまう人も世の中多いわけで、当たり前ながらそれじゃ楽しく仕事やれないじゃん、と。

というわけで「not」をあまり使わないように仕事をし始めると、もうひとつ気になることばが出てきた。それは「でも」。厳密には「no」ではないんだけど、このことば、拒絶のニュアンスがかなり強い。何か指摘され、「でも」で反論。これは結局、指摘した側の言い分は排除、自分がやりたいようにやらせていただきます、っていうことになっちゃう。

ただ、指摘っていうのはむやみやたらとしているわけではなく、いまの手法ややり方がもうひとつしっくりこないから話そうよ、ってことなんだよね。最近「でも」が耳ざわりになりつつあり、ちょっとつらい。

よりよい仕事をしたいと思ったら、やっぱり「but」もできるだけ排除して、柔軟にやっていきたいなぁと思う。

|

« 久しぶりに「職人」との邂逅 | トップページ | ハリー・ポッター6の巻タイトル発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/897149

この記事へのトラックバック一覧です: NotでなくButでなく:

« 久しぶりに「職人」との邂逅 | トップページ | ハリー・ポッター6の巻タイトル発表 »