« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | ちょっと残念な。 »

2004/06/27

芹沢先生、いさぎよい散り際

ついに芹沢鴨退場。

先週、総司にはたらいた暴行の理由や、斉藤一に「お前はもういい」って言ったことなどなど、こういう散り方ができるんだったら、もうちょっと生き方もかっこよくすればよかったのに。。。

釈然としないのはお梅さん(鈴木京香)。「一緒の墓に入れ」って言われたくらいであれほど男を憎んでいたのがころっと変わるというのはどうも納得いかないです。一般的に言われてるように、刺客たちに斬られてたほうがしっくりするのですが。

当然ながら、次に心配なのは山南さん(堺雅人)。先週、新見(相島一之)に「足元すくわれるなよ」と言われてたが、今週も芹沢のテカに情けをかけて斬られそうになってた。その優しさがやはり死を招くんでせうか。

|

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | ちょっと残念な。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/856528

この記事へのトラックバック一覧です: 芹沢先生、いさぎよい散り際:

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | ちょっと残念な。 »