« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

アジア杯、韓国敗退

えーん、韓国が敗退しちゃったよー。。あの試合内容では仕方ない、という気もするけど。

ちょっと安心したのはイ・ドングクがしっかり復活してたことかなー。ドイツへ向けて不安いっぱいだけど、がんばってほしい。しかしそういえば最近チョンス君はどうしてしまったのだろうか(汗)。

日本とヨルダンの試合は会社で勤務していた時間帯だったのだが、ゴール前のプレーのみに一喜一憂する周囲に正直くたびれた。勝っても負けても半分くらいはどうでもよかったんだけど、久しぶりに川口能活が活躍したのでちょっとだけ盛り上がる。

移籍前、マリノスで輝いていたころに少し見たことがあり、サッカーに少し興味をもったのは実は川口がきっかけだった。鳴り物入りでイギリスに移籍してからなぜぱっとしないか、という裏話も少しだけど知ってるので心を痛めてたしね。代表サポーターというのはホント冷たくて、旬じゃなくなると見向きもしないし。

試合にあまり出られていないからたまに代表に招集されても印象が薄いか、大事なところでしくじるか、だったのが今日だけは神様がちゃんとついてくれていたようで。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30

沖縄マンゴ−広報担当

今年も沖縄の知り合いからマンゴーを送っていただいてしまった。まさに今だけが旬の、沖縄の完熟マンゴーは一度食べたら一生忘れられないくらいのモノだと思っている。この時期(6月下旬から8月上旬くらいまで)うまく沖縄に行けたら大切な人にはふるさと小包で送らずにはいられないくらい。

毎年送ってもらって、なんだかとっても心苦しいので可能な限りいろんな人に食べてもらってそのおいしさを広めることで罪滅ぼしをしているつもり。今回は5個届いたうちの3つを家でカットして職場に持っていった。ほとんどのみんなにはかなり喜んでもらえたようで、広報担当の役割はぶじ果たせたようだ。

印象的だったのは「昔食べたマンゴーが酸っぱかったのでマンゴーにはあんまりいいイメージがなかったんだけど、そのイメージが払拭されました」と言ってくれた人がいたということ。いやー、よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

10年ぶりの声

内線に着信があり、電話に出たら思いがけない人の声だった。

就職して初めて赴任した街で同業他社の先輩だった。ご本人はそういう自覚はたぶんないと思うけどその方に話を聞いてもらったり、ほかの仲間とともにお酒につきあってもらったりしたことで、当時抱えていた心の闇や重荷といったものをだいぶ軽くしてもらった「恩人」のひとり。

お互いその土地を離れて、ずっと年賀状のやりとりだけは続けていたのだがなかなかお目にかかる機会もなくずっときていた。世の中というのは狭いもので、いま同じ職場にいる上司のひとりが、その方となんと20年ほど前に東北地方の街で一緒に仕事をしていた時期があったということでちょっと盛り上がる。

今、仕事がまさに佳境でどうしようもないんだけど、終わったら久しぶりに会えそう。このところちょっとへこむことも多かったので本当にうれしい電話だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/28

清水の舞台から飛びおりる

前から「GMT機能」のついた腕時計がほしかった。時差のある所への旅には比較的よく出るほうだと思うし、別のタイムゾーンに生きているヒトのことを考えたりすることもこれまではあったので。

最初ほしかったのはカルティエのパシャC「メリディアン」だった。まず、女性用のきゃしゃな時計でGMT機能がついたものがほとんどない、というのがひとつ、個人的にもあまりレディースサイズの時計は持ってはいるものの、しっくりくるタイプではないので「ボーイズサイズ」というのにちょっとあこがれがあったため。

腕時計といえばホントに日本の人はロレックスが好きで、今頃になって男性にとってのロレックスが女性にとってヴィトンを持つのと同じような意味合いを持つのだなぁと思ったりもした。というわけでいろいろ調べていて、ついにカルティエではないブランドで、サイズも手頃でデザインも申し分ない時計を探し当てた。

スイスの知る人ぞ知る、というメーカーのものなのだが機械式なのでお値段が今まで自分が身につけてきた時計と比べるとケタ違い。即断即決を旨として生きてる私としては珍しく熟慮を重ねた上でついに入手しました。いやー、素敵です。この時計に似合うような人間にならないと、と少し背筋が伸びる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー

ジェネオン エンタテインメント
2002-04-26
売り上げランキング 7,904
おすすめ平均

>Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

ちまたに記事が氾濫しているが「なぜ今日本人が『冬ソナ』にはまるのか」をまとめないといけないという弟の話で、いまの韓国を知るために映画は何がオススメかと訊ねられた。

というわけで、彼に紹介するのは失念してしまったが「リメンバー・ミー」。主演はキム・ハヌルとユ・ジテ。無線機を通じて30年前と交信できてしまう、というお話。DVD買うほどかなぁと思ったのだけど静かに淡々と進んでいてちょっとほろ苦いんで今の自分の気分にはけっこう合うかも、と見始めた。初見のとき同様、ラストに出てくるキム・ハヌルの姿にはちょっとがっかりだが、久々にちょっと心やすまる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久しぶりの休日

まだまだやらなきゃいけないことがとめどなくあるが、前日、精神的に背中から冷水を浴びせられるような出来事が2回もあり、さすがに厚顔無恥な私でもちょっと限界。今日は休むことにした。

疲れ果てて横になっているのだが眠れず、頭の中に後ろ向きなあんなことやこんなこと、むなしい気持ちその他が際限なく吐き出されてくる。とにかく身体を動かそう、ってことで洗濯、掃除をてってーてきに。ゴトクをクレンザーで一心不乱に磨き、2カ月ぶりにピカピカになったガラストップのガス台にちょっとした達成感。同時に眠気もようやく訪れてくれ、午睡をたのしむ。

そうこうするうち、前日の「つうこんのいちげき」のとどめに関して気にしてくれていた相方さんから電話でうまい具合に進捗があった旨、報告があった。安堵すると共に自分のダメさ加減にまたちょっと落ち込んだ。

夕方から久しぶりに車を出してお買い物。リモコンロックがきかなくなり、電池の消耗かと思ったがボタン電池を交換しても相変わらずロックがかからない。初めての修理に出さなくてはならないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

100本目のメモリアルダイブ

久しぶりにくみちゃんからメールがあり、来月、久米島に行くことが決まったという。

いいなぁ〜、と深々とため息が出てしまうけど、まぁこちらは仕事だから仕方ない。くみちゃんのバディ、まきちゃんが今回めでたく100本目を迎えるということなので、本当は一緒にいってお祝いしてあげたいんだけどなー。。。

ダイバーには珍しい習慣があり、100本、200本(=ちなみに「本」とは使ったタンクの本数、すなわち何回潜ったかをあらわす単位)と節目をお祝いする。私の100本目はモルディブで、DSからお祝いのカードが夕食のテーブルに届いた。200本目は大瀬崎。ガイドの内山さんが横断幕をつくってくれて記念撮影をした。

そんなわけで、どんな人でもお花をもらうとうれしいように、潜った本数をお祝いしてもらえるのは本来、かなりうれしいものなのだ。しかしなんだかまきちゃん、あまり喜んでない様子。ちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

とてもとてもpragmatic

夕方、弟からメール。来月、オリンピック関係の仕事で1カ月近くアテネに出かける、ついてはスーツケース貸してくれないか、という話。

キタ〜。

materialな姉と違い、弟は徹底的な合理主義者。パソコンのプリンターも今なら安いものがたくさんあるが「年賀状をプリントする時以外、自宅でプリンターを使う用途を思いつかない」という理由で私の5年落ちのプリンターを毎年末に借りにくる。海外旅行も最近行った場所はクロアチア・モロッコ・スペイン・ポルトガルなどなどマニアックな場所に行っているせいか、ふだんはバックパックで出かけるとかでスーツケースは持ってないという。

山積している仕事をちょっと横にどかして午後8時過ぎに帰宅。やってきた弟の手には白いスーパーのポリ袋が。中を見るとお財布、タバコとライター、そしてお茶のペットボトルが入っている。これが彼の外出の定番スタイルらしい。。。。

近所の「Diner Mate」に久々に食事でもと思ったがヨレた半ズボンとTシャツの彼とおされ〜ないまどきカフェスタイルの店に行くのが若干気が引ける姉。電話したらちょっと奥まったところにあるカウンターしかあいてないと言われ「じゃ、ぜひそれで」ということで出かけた。もちろん「お願いだからそのポリ袋はお店にもってはいらないで」と拝み倒したことは言うまでもない(笑)。

ちょっと久しぶりに話したのでなかなか楽しかった。きょうだい4人の暑気払い、どこかでやりたいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

「長州を討て」 強烈ニューキャラ登場 新選組!

いやー先週の池田屋事件もなかなか迫力はあった。しかし。ドラマも折り返し点ということなのだろうけれど、ちょっと宣伝し過ぎの感もありちょっと引き加減で見ていたのだが、今週はいろんな新展開があり別の意味で楽しめたかも。

先週の予告編で宇梶剛士が出てたので誰なのかと思ったら西郷隆盛ではないですか!眉毛は似てなくもないと思うが、そう来たか。。。って感じ。それなりに出番はあるんでしょうね、ちょっと期待。

それとようやく登場、寺田屋のお登勢(戸田恵子)。最近殺伐としたシーンが続いていたので、鼻血のシーンでは大爆笑。確かにおみつさん(沢口靖子)と一対一で勝負させたい!!なんか、試衛館時代のまったりに戻りたくなってしまう。

来る人いれば去る人ありで佐久間象山先生暗殺。最後まで「自分を殺した人の名前を知りたい」で、字解き「さんぼんがわ(川)なのかさんずいのかわ(河)なのか」とか聞いて、もう(泣)。。。高杉亘、これ1回で出番終了?

あと、歳三さん鋭すぎです。ホント、毎回おいしいとこ持って行くよね。どうしてクレジットが近藤→沖田→土方の順なのだろうか。やっぱり藤原竜也のほうが役者としての格が上ってこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

アジアカップ 日本代表に激しいブーイング

 久しぶりに早く帰宅できた。食事の後動けなくなったソファーでサッカーアジアカップを見始める。

が。

 今回アジアカップは中国でやっている。前回のオマーン戦のときは仕事をしながらだったのでさほどひどいとは感じなかったが、中国の観衆による日本への激しいブーイングが印象的だった。確か前回の試合も今回も、テレビ解説のアナウンサーは「オマーンびいき」「タイびいき」という表現で逃げていたが、日本に対する反感のブーイングであることは明らか。なんだかつらくなってきて早々に見るのをやめてしまったのだった。

なんで、と選手たちも不本意なんじゃないかと思うけど、これが現実なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

ホア男、抗議の?**

前日書いたとおり、月曜日からこっち全然家におらず、家に帰ってきたらへろんへろんで寝床直行な生活を送っている。おかげさまでホア男の機嫌はすこぶる悪い。っていうか、悪いを通り越し「なー、なんでなんだよ〜」とばかり、よじのぼったりすり寄ってきたり、実はいじらしい限り。

きょうは勤務上は休みだが、出社しないと仕事が進まないため少しゆっくり寝てから家を出ることにしたのだが。。。

ネコの宿命、ゲロ吐き。ホア男の場合、いきなりゲーッとくるのではなく、事前に「スピー、スピー」という高音でえづいた後に発射!となる。だいたいは床の上にするので間髪入れて拭いておしまい、となるが、10日ほど前は食卓の上で「スピースピー」が始まり、マッハで床の上に降ろした。

そして本日。スピースピー音に気がついて駆けつけたときすでに遅し。ソファーの上においておいた、洗濯がすんだ服の上にやってくれました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

分厚くつくれるか 「人間の証明」

「白い巨塔」の成功に気をよくした?フジの名作ドラマ化。

第1回を逃してしまったのだが、第2回を見てまずコレに仰天。最初「スマスマ」のコントか、草なぎ君の「なんじゃこりゃー!」かと思ってしまった(笑)。日本人のハーフにも見せるのがちょっとつらいんじゃないですかね〜さすがに。

と、茶化してはみたが、ドラマとしてはかなりいい出来になっているんではないかと思う。今週の泉谷しげると平岩紙のエピソードもいい感じだったし。

あえて言わせてもらうなら、郡恭子(松坂慶子)をめぐるエピソードの中の息子部分がうるさいな、と。来週以降も期待ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激忙

いやー、先週バンコクに逃げ出した時点でこういう展開になるのは火を見るより明らかだったんだけど。

どれくらい忙しいかって、日付が変わる直前に行ったトイレの鏡を見て、ウオータープルーフのマスカラが相当量落ちて目の下にすげーくぉわいクマ状になっていたくらいの忙しさです、ハイ。ディスプレー見すぎて目こすったりしたからだろうか。

あんまりにも根をつめていたせいか気持ちに余裕というものがなく、軽い気持ちでからかってきたヒトにマジ切れしてしまった。いかんですな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

ギリシャって....

アテネオリンピックまでいよいよ1カ月を切り、テレビを中心にオリンピック一色になってきた。

今回特徴的なのはアテネ、というかギリシャ、というかが一種「ネタ」になっているということだと思う。私たちが先月行ったときには街の中心部までは来ないといわれていた路面電車が開通しちゃったはいいけど3時間で故障したり、そうかと思えばEURO2004に優勝したら1日でパナシナイコ競技場前に30万人が来られちゃう特設の祝勝会場がつくれちゃったり。

きょう聞いた話でバカ受けてしまったのは、組織委員会が巨額のお金を出してチェコかなんかの会社から借りた警備用の飛行船が強風で離陸できず、試運転ができない状態という話。それも、秒速3メートル以上吹いたら飛べない代物で、5、6メートルは吹いてるために飛べないとか。

夏場には強めの季節風が吹くことはアテネに住んでればだれでも知ってるらしい。やってくれる。。。

しかし自分の仕事に関わってくるとなると笑えない。実はかなりシャレにならない事態が現時点で進行中で、ギリシャ人のせいで会社に泊まり込み、とかいう事態だけは避けたい。ぶるぶるぶる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

バンコクより暑いぜ

いやー暑い、と思ったら東京の本日の最高気温39.5度。発熱してるよ。しばらく前に、汐留にできたビル群が海から入ってくる風を遮断する「ついたて」の役目をしてヒートアイランド現象に拍車がかかっているという新聞記事が出ていたが、確かに横浜に帰ってくると少し涼しかったり、家を出るときはそうでもないのに電車に乗って降りるとひょえー!となる。

今日は夜勤だが、仕事の山が待っているので昼には出社。しかしあまりにもあまりで外気に触れたくないので初めて横浜から京急→都営浅草線→大江戸線 と会社のすぐ近くまで電車に乗ってしまった。

ちなみに先週行っていたバンコク。雨季なので日はときどきかげり、本当にカーッと晴れて熱帯の日差しを全身に浴びないといけない時間はあまりなかった。あと、アテネと同じで湿度も低め(川の街なのに不思議)で、東京のほうが暑さ的には耐えられない感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

障害てんこもりも韓流? 東京湾景〈3話〉

慣れというのは恐ろしいもので、3回まで話が進んできたら亮介(和田聡宏)のキタナさに抵抗がなくなり、むしろ「なんかこいつ、いまどき滅多にお目にかかれないイイ奴?」とか思い始めてしまった。

予想どおり、サトエリと中村俊介が怖い感じになってきた。サトエリはリストカットの前歴あり、中村俊介には李麗仙オモニがついてることを考えると今後の展開がおそろしすぎる。タイトルに書いた通り、障害てんこもりも韓流?

早瀬(佐藤隆太)、このままただのイイ人で終わるのか?

あと、最近実は職場の一部でこんなものが流行しているのだが、家族関係を表すのにサザエさんが使われている。これ、どこにもっていくつもりなんでしょう。

ちなみにこの占いでは私はサザエさんだが、昔上司に「はなざわさん」と呼ばれていた(号泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

ついに池田屋!! 「新選組!」

歴史的大事件だけにいろいろ見所はありますが、あえて言わせていただければ
「待たせたな」 by歳三
に尽きますな。くー。ちょっと久しぶりに胸がときめいてしまったぜ(笑)。

今頃になって近藤さんに対する周斉センセイの「おまえはつまらん!」が効いてきた感じ。迷いを見せることで厚みをもたせようとしているけど、やっぱりまっすぐだけではつまらないんだね、と思ってしまう。

あと、今回のハイライトは以下の通り。

続きを読む "ついに池田屋!! 「新選組!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイスに狂喜乱舞

11時前に帰宅。金曜の晩に妹がシッターに来てくれたので、食べ物には困っていないはずだがとにかくまとわりついてたいへん。

びっくりしたのが「スパイスマーケット」で買ってきた袋を出した途端のリアクション。キャットニップとかを開けたときに来る感じと同じノリノリ感。ひー。刺激の強い香りのものだったから挑みかかった、という感じとはまた違うイッちゃった空気が漂う。いったいこの「鳥のスープ」ミックスの中に何が入っているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

お仕立ては300バーツ

タイのガイドブックなどにはよく悪い人につかまってスーツをつくらされたヒトのトホホ談などが載っているけど、やっぱりちょっとシャツなどつくってもらえたらいいなあ、などと思っていた。気に入ったデザインのシャツを持参して友だちに相談したら、1枚300バーツで仕立ててくれるところに出してくれることになった。

ただし布は自分でゲットせねばならぬ。というわけで午前中ワールドトレードセンターを見て回っていたわけだが、日常づかいによさそうな綿の布はどいつもこいつもぺらぺらでムリ。結局、シーロムにあるジム・トンプソンの本店に行くことになった。シャツ1枚、布どれくらい必要かと聞いたら2.5メートルとのお答え。さんざ悩んだ末、リネン(麻)とちょっと薄手だが許せる綿とそれぞれゲット。布だけのお値段は合計で6,000円くらいしてしまったが、仕立て代が300バーツと考えると、自分が気に入ってるシャツをつくれるなら納得かな。

買い物を終えて友だちがときどき行くというタイ式マッサージへ。全身マッサージ2時間。極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Harry5の巻ゲット!

昼間、ワールドトレードセンターをうろうろしているときに立ち寄った書店で「Harry Potter and the Order of the Phoenix」のペーパーバックが山積みになっているのを見つけ、即ゲット!

Harry Potter and the Order of the Phoenix (UK) (Paper) (5)
J.K. Rowling

おすすめ平均 
思春期ハリー

違和感あり&冗長。
ローリングさん、すみませんでした!
出版社の売り方の姿勢

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

一連のハリー・ポッターの洋書には大きく分けて3種類ある(と思う)。ひとつはアメリカ版。表紙の絵から違い、もちろん英語はすべて「米語」になっており、1巻の「賢者の石」はもともと「Philosopher's Stone」だったのが「Sorcerer's Stone」と言い換えられたりしている。Bloomsbury社が出しているUK版にも大きさが異なるものが2種類あり、「Children's Edition」とあるほうがおそらくサイズがひとまわり大きいものなのではないかと思っているんだけど比べてないのでわからない。私は小ぶりなほうの本で1巻からそろえており、amazon.co.jpではアメリカ版とChildren's Editionしか手に入らないため買うのを逡巡していた。

荷物が重くなるとかそういうことは当然度外視。これでしばらくの間、くたびれたときの逃避場ができる。。。ただ、hem,hem Umbridgeにまた会わなきゃならないのはちょっと勘弁だが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優雅なタイ料理

獣医の友だちは朝から野犬の予防接種・避妊去勢ボランティアだということでまたも昼の集合に。名残惜しいながらきょうはもう夕方には帰らねばならぬ!ってことで、初めてBTSに乗ってみた。5分おきにきて静かで快適。いきなりジム・トンプソンもベタなのでシーロムにある「デザイン・タイ」に出かけるが、なんと閉店していた。しょえー。かなり歩いて力つき、タクってサイアムスクエアへ戻り、ワールドトレードセンターをぶらぶらする。

そうこうするうちに友だちと連絡、夫ののぶちゃん様がお迎えにきてくれた。3人でフォーシーズンズホテルにある「ザ・スパイスマーケット」へ。

lunch.jpg前菜の盛り合わせはこんな感じ。辛さも上品でイイ感じ。ゆっくり食事をして、レストランの外のカフェでお茶をしておしゃべり。すべてゆっくりのんびりで、癒される。レストラン併設のショップには気の利いたスパイスのセットなども売っていて、おみやげゲットにも最適。

それにしても、このホテルはちょっと前まで「リージェント」だったらしい。私の泊まったヒルトンはラッフルズに、ただしヒルトンはもっと上のクラスの「コンラッド」をつくったみたいだし、メリディアンはインターコンチネンタルになってたし、なんかいろいろたいへんみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

ん〜ナイス!タイの携帯電話

cellphone.jpg6時過ぎにドンムアン空港着!早速携帯のレンタルをしているブースを訪ねるが、最初に行った場所では「いま、在庫ないんですよ。隣どうぞ」と言われた。いきなりおおらか、マイペンライ(タイ語の「ケンチャナヨ」)っぷりだぁ。というわけで隣に出店していた店で借りたのがコレ。コンパクトで、もちろんカメラもついてて、液晶ディスプレーはカラー。こんな端末がほしいよ。。。。

ちなみにレンタルのためにはディポジットとしてクレジットカードで25,000バーツの伝票が切られる。ぶじ返却できるとその場で破棄してくれますが。友だちと1日2、3回数分の通話をしたのみ。パケット通信などはやらず実費は600バーツのみ。

今回モブログを断念した理由はただひとつ、自分でPCの端末を持っていなかったので、ココログでこの電話からメールを送れる設定ができなかったためでした(泣)。

アテネでかわした会話を思い出し、公共交通機関に乗るのはやめてタクシーで中心部へ。しかしタクシー利用にはちょっとこわいオチが。

続きを読む "ん〜ナイス!タイの携帯電話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝8時の成田空港にて

p1000055.jpgスゴイ人です。夏休みですね。っていうか、こんな時間に成田に来るのは初めてなのですが、朝出発する便がけっこうあるんですねー。たいへん。

YCATでぶじに後輩の「元」ラフ君と合流、久しぶりなのでつもるは話をしながら空港まで。前日仕事でなんだかんだやってるうちに完徹だったという彼、3泊4日のソウル旅行になぜかゼロハリのスーツケースというアツイいでたちだった。ほかにスーツケース持ってない、っていうんですけど、10日ぐらいヨーロッパ行けそう。今日も朝からあつい。。。

とそんな彼も中学時代からのお友だちとソウルへ向かって旅立ってゆきました。私もそろそろ出かけます。今回は現地で携帯をレンタルする予定。写真を送ったりできるのか、たぶんできないんだと思いますがもしできたら現地レポート、モブログしてみたいかも。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

成田までの連れ、なぜかget

blog書いてるといったい誰が私の近況を追跡してるんだろう、と時々思うことが。

ご近所に住んでる会社の後輩の「元」ラフ君からメールがあり、私と同じ日程でソウルに行くらしい。時間も10時発のフライトとぴったり(笑)。ということでうまくいけば明日の朝YCATで合流できるはず〜。飲もう飲もうといって全然実現してないんで少し事情聴取できたらいいかなー、なんて。

それにしても韓国語検定受けるくらい韓国になぜハマってんだか、そっちを取材するほうが先決だな、うん。

というわけで明日から土曜まで(帰国は日曜朝)バンコクに行ってまいります。プチ充電、うまくできるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そぉがぁはぁたぁぁぁ!

日本代表はあんま好きくない、と公言してはばからない私ながら、生で山本監督を近くに見てちょっと親近感がわき(笑)、久々に早い時間に帰宅できたのでチュニジア戦をながら観戦することに。

お。珍しくU-23唯一(ってことは日本代表唯一か?)の私のお気に入り、松井大輔がスタメンで出とる!平山・田中達・石川などが温存されていたのでけっこう映るし、ちょっと楽しく観戦してたのに。

曽ヶ端。。。。。退場!オーバーエージで呼ばれてんのにあんな恥ずかしいことやっちゃーいかんでしょう。うっうっうっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

これホントに「月9」? 東京湾景〈2話〉

韓国ドラマを意識しているというのは先週書いたが、ベタな展開まで似せなくてもいいような....。ちょっと不安になってきた。

30年前の自分の母親といまの自分を仲間由紀恵が2役でやってるんだけど、はやくも「ま、ま、まさか!?」な展開の予感がする。

こういういちゃもんをつけるのは本来、テレビドラマ好きとしてはどうかというのはわかりながら突っ込むと、人生はそれほど「偶然」によって動くものではない。ので、ドラマティックであればあるほど、鼻白んでしまう。それも、今回のドラマではそうした偶然がすでに幾重にも重なっている。「涼子」の名前しかり、「東京湾景」の4文字しかり、美香(仲間由紀恵)が在日/韓国人であることを知っていること、そして今日出てきた暗示。最終的には「運命」とか「宿命」とかでなんとかしよう、ってことなんだとは思うが、どうも。。。

韓国の歌をBGMにもってきたり、チャン・ドンゴンと映画に出た仲村トオルを「特別出演」(先週から、だけど)させたり、相変わらずいたれりつくせり韓国大好きモードですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

 歳三さんコワイ 「直前!池田屋事件」

いよいよ来週は池田屋事件。いい味出してる土佐のカメちゃん(望月亀弥太=三宅弘城)も斬られちゃうのね、たぶん。

三谷さん、着々と?土方歳三ダースベーダー化?を進めている様子。夏だから近藤は白い麻を着ているけど、トシさんは真っ黒。今週はとうとう拷問も始め、どんどん「鬼の副長」に加速して行っている。あと、気になるのは山南さんの扱い。なんとなく、芹沢が死んで「総長」になってからは、政治的にあんまりよくないベクトルに近藤さんをけしかけているように見え、おいおい、それでイイのかよ、と突っ込みたくもなってしまい。。。

総司にも、いよいよ病魔が忍び寄ってきた。明らかに今週から顔色が悪いメイクに。いま思えば、いちばん最初に浪士組ができたときに「けほ、けほ」とイヤな咳をしていた対馬の浪人。あいつが総司に結核をうつしていったに違いない。ひでさん、こんなに早くから気がついているなら、総司を労咳で失う現実はつらすぎです。

つらいといえば先週に引き続き平助。。。総司の名前を借りてモテてるのがばれるなんて。諭した近藤さんのセリフがとてもよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙

今日は参議院選挙の日。選挙といえばやはり業界的にはお祭りなので、夕方から明け方まで仕事。

結果は自民党が49議席、民主党が50議席。にぎにぎしく「自民敗北、改選数割る」と大見出しが躍った新聞もあったが、よくよく見ると。。。

自民の改選前議席は50。民主は38。つまり「自民敗北」といっても1議席減らしただけ。自民党と連立を組んでる公明党に至っては議席増やしとるやん。要するに民主党は社民党や共産党(15議席が4議席に激減)を見切った有権者の票を拾ったってことになる。政党がたくさんあった時代から二者択一になりつつある、という意味では選挙制度が小選挙区になって10年たつ以上これは仕方ないんだろう。

与党が暴走したときに野党が結束できなくてとめられないんじゃ意味がない。

もちろん、東北や九州といった従来「保守的」とされていた1人区で民主党が自民の候補を破る、といった動きはあった。でも、民主党といっても、もともと自民党にいて、自由党に行って、小沢一郎さんと民主党に合流した人たちもいたりするわけで必ずしも「民主党」の名前がその通り「リベラル」ってわけでもない。

引き続き、この国はホントにどこに行くのかなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょうが降りました

p1000054.jpg玄関の方でカタカタとおかしな音がした。ホア男が何かやらかしているんだろうと思って行ったら姿はなく、ドアをすごい勢いで何かが叩いている。ちょっと前から雷雨だったのでそろそろと開けたら。。。。しょえー!

ひょうが降ってました。それも大きい物は2、3センチはあります。もっと大きかったらガラスが割れたりしちゃうよー。おかげで急激に涼しくなったのは気持ちいいんだけど。ちなみに現時点では東京はそんなものは降っていないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/10

ハマる予感 ダーツ

ギリシャ料理がお開きになって、久しぶり?の金曜の夜の渋谷ってことでみんなあんまり帰りたくない様子。どうするどうすると歩き回っているうちにダーツバーを発見し、やってみることになった。

8人いたので4人1チームに分かれる。全然こういうモノに疎くて知らなかったが「ソフトダーツ」といってティップ(先端)の部分が樹脂でできた矢を、細かいメッシュ状になった的に向かって投げる。的には電気が通っており、刺さった場所を感知、自動的にスコアを計算してくれる仕組み。

ゲームの種類も何種類もあって、最初とりあえず「初心者向き」とあって始めたゲーム「クリケット」はどうして点数が入るのかわからず(苦笑)。理屈っぽく、学生時代はブーメランを投げていたという相方さんはゲームを半ばも過ぎてから理由がわからず点が入るのがイヤだと言い出し、店員を捕獲。

ルールがわかると猛然と投げ出したはいいが、20投する前に自分が全部の点数をクローズしてしまい、ゲームオーバー。意図せず終わらせてしまった、とひとり悔しがっていた。アツイぜ。。。

2ゲーム目はもっと初心者向きの「カウントアップ」で、的に当たったらそれがそのまま点数としてカウントされる。最終的になぜか私が勝ったんだけど、狙ったところにはもうひとつ行っていない。。。どう投げたら狙ったところに行くんだろう。

まずい。気がついたら練習とかしていそうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

スブラキはどこ?

p1000053.jpgきょうは会社のみんなとアテネオリンピックへ向けてギリシャ料理で「キックオフミーティング」。行ったのは渋谷の「エーゲ海」というお店。写真はギリシャの代表的なお料理、ムサカ。これが巨大でこれだけで満腹に。前菜には私どもが現地で食べたことがなかったような食べ物がいくつか盛り合わせてあり、びっくり。

ただ、コースが前菜・サラダ・ムサカであとデザート、ってのはどうなんでしょ。ムサカももちろん代表的な料理なんだけど、肉を焼いた「スブラキ」がかなりお気に入りだった相方さん。現地でもふたことめには「スブラキプリーズ」だったんだけど(苦笑)、スブラキが出ず食事が終わったことに不完全燃焼な様子だった(くすくす)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

ちょっと不安な日曜日

旅に出ることでモチベーションを上げたので静かになった夜、ざくざく仕事を片付けていたら、背中から急に話しかけてくる人が。

口から心臓が出そうになりながら振り向くと、前の職場の上司のひとりだったBさんじゃないですか。近くの部署まで来て私に気がついたんだとか。

日曜日は選挙なのだが、選挙プロジェクトに使うシステムがどうも不安定らしい。そういえば先週の日曜日も「再立ち上げ」なんていう社内放送が何回か流れてたっけ。

「前のときみたいになるんじゃないかって心配なんだよね」ってぼそっとつぶやいて帰っていった。それって2001年のアレですよね。私が「あぁ、いまタコみたいに手が8本あったら同時に電話に出られるのに」と思ってしまったアレですよね。

やだー絶対!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

バンコクいくぞ

抱えているプロジェクトは大変なんだけど、やっぱりこのへんで休んでおかないとと思い直し、当初は働くつもりでいた15日から18日、4連休を取ることにした。

最初は座間味遠征を検討。14日は頑張れば最終の那覇便に乗れるのでマイルでチケットも取れそう、と思ったら、15日はクイーンざまみが満席。フェリーでちんたら行くのもいいけど1本潜れない!時間がもったいない!!とついビンボー根性が出てしまった。

ついでに言うと仕事のことも気がかりだったりするんでダイビングが100%楽しめなさそうな気もしてしまい、沖縄はやめることにした。

ふと思い立ったのがバンコクにいる友だち。早速去年遊びに行った共通の友だちから自宅の電話を教えてもらいスケジュールを確認、期間中バンコクにいることを確認した。よっしゃー。

あとは手配のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

うーん、ペラペラ 東京湾景〈1話〉

韓国ドラマブームにのろうとしてるちょっと意地汚めなフジのドラマ。

仲間由紀恵をリッチな在日3世、その父は石坂浩二に設定。しかし滑り出しはやはり日本人との恋愛がうまくいかないというところからなのは、どうなんだろ。

とケチをつけつつ観ていたが、風景をキレイに撮影しよう、と韓国ドラマテイストを活かしてるのは、よし。出会い系サイトで出会った男にどうもまったくグッとこないのだが、展開が気になるのでしばらくは観てみようかな。

羽田空港(あれ、ホントは空港じゃないよね?どこなんだろう)の「書」がばらばらーん、と垂れるシーンは意外性があっておもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本へ。

きょうはアテネに一緒に行った相方さんとふたたび、今度は日帰りで熊本に出張。

羽田空港は2月に雲仙に行って以来なんだけど、第2ターミナルと関連施設がだいぶできあがり、取り付け道路の工事なども進んでいた。バスに乗ってターミナルから移動する旅から解放されるね。。。けど、道路工事などの関係で空港中央ICを降りてからターミナルにつくまで少し時間が多めにかかりそう。バスで羽田に行く人は要注意かも。

前日が遅番で26時過ぎまでの仕事だったのだが、飛行機は8時半の便。さすがにしんどいので飛行機の中では寝てたいんですけど、前回同様仕事への情熱をアツく語られ、ついついおつきあいして気がついたらもう熊本(泣)。

仕事は思ったよりあっさりと展開、予定より1本早い便で帰ってこられた。帰りの機内のことは聞くな。。。。さすがに会社に顔を出すのはよそう、と直帰、家についたら「秒殺」だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

「局長」誕生、バージョンアップ?

芹沢センセが退場して番組公式サイトも新しく。

隊士がずらりと並んだ新しいサイトの入り口を見るにつけ思うのは、これだけインターネットが発達してもまだジャニーズ事務所は所属タレントを絶対にウェブで露出させないつもりなんだろうか。かなり不自然、というか今更ながら何様?あと、そういう主張が受け入れられてしまう不思議。

今週は、かわいそうな平助(中村勘太郎)に注目。あと、やっしーの武田観流斉。ほかのみんなよりもう一段階、セリフ回しが現代っぽすぎ。「は〜い、メロンパン入れでーす」と、いつ言い出すか気が気じゃないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

修理代19,425円なり

4年前に「原則メンテナンスフリー」ということで買ったダイバーズウオッチのCitizen ProMaster。チタンで、文字盤に太陽電池が仕込んであるので電池交換いらず、というウリで、いままで伊豆からモルディヴまでいろんなところに一緒に出かけた時計だった。

今回もハードな仕事が予想されたんでギリシャに着用していったのだが、帰りの飛行機の中で時差を調整しようとして、なんとリュウズが飛んでしまっていたのに気づいた。ってかさ、仕事はハードだったんだけど、時計のリュウズ飛ばすようなハードなことしてない。。。。よね?だいたい、ネジ式で巻き込んである水密タイプのリュウズだよ?

修理に持ち込んだら、メーカー持ち込みで見積もりをするっていうことで待っていたのだがおよそ2万円かかるってことで。買ったときは35,000円くらいだったと思うんだけど、かなりビミョー。でも、直してもらうことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

うっうっ、相変わらずいい奴

ドラマの余韻にひたってたらアテネの友だちから携帯に着信〜。

今回のアテネ出張では何かとお世話になったのだけど、2年近く会ってないうちにちょっと全体的に繊細さが薄れたな〜と思って観察していた。ま、ギリシャみたいな、いかにもアバウトで細かいところは気にできなさそうな国だから仕方ないのかもしれないけど。。。明らかに相方さんが引いてる場面もあったくらいだったんで。にもかかわらず、多忙な相手にちょっと今回ド厚かましいお願いをしてみたんだが、そのミッションを果たすべく、の電話。

私がお願い(その実態はおねだり)メールを書いてからすでに1週間以上たっているため、内容に変更はないか、ほかにほしい物はないのか確認してくれた。こういうところは昔から全然変わらない。

ちょっとうれしかった。それにしても携帯ってホント便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の中心で、愛を叫ぶ 完走できるかな

「セカチュー」とか略してるのに若干抵抗がありつつ、山田孝之も綾瀬はるかもかわゆくて好きなのでとりあえず1回目見ることにした。映画版の森山未来→大沢たかおはまだいいが、ドラマ版の山田孝之→緒方直人、これちょっとどうなんすかね〜。。。

とりあえず1987年当時の小道具で出てきたウオークマン、あれと同じの持ってた!と懐かしくなってしまい、時の流れを感じる。今回は特に原作も読んでいないので先入観なしで観ていくかな、という感じだが、グッと来たというほどでもなく、観続けるためにはもうひとつモチベーションが足りない予感が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

ハリー・ポッター6の巻タイトル発表

ハリー・ポッター第6巻のタイトルが「Harry Potter and the Half Blood Prince」と決まったそうで。ヒントは当然ながら「血」(魔法使いの血の濃淡)が問題となった第2巻「秘密の部屋」なんだそうである。しかしこれを伝えるニュース速報記事「ハリー・ポッターと混血の王子」は、ちょっといただけないかも。

ぬおー。どれくらい著作が進んでいるのであろうか。知りたい。知りた過ぎる。

というわけで無駄にウエブをさまよい、ローリングさん公式サイトを訪問。FLASHを見事に使ってなかなかかわゆいサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »