« 久しぶりの休日 | トップページ | 清水の舞台から飛びおりる »

2004/07/28

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー

ジェネオン エンタテインメント
2002-04-26
売り上げランキング 7,904
おすすめ平均

>Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

ちまたに記事が氾濫しているが「なぜ今日本人が『冬ソナ』にはまるのか」をまとめないといけないという弟の話で、いまの韓国を知るために映画は何がオススメかと訊ねられた。

というわけで、彼に紹介するのは失念してしまったが「リメンバー・ミー」。主演はキム・ハヌルとユ・ジテ。無線機を通じて30年前と交信できてしまう、というお話。DVD買うほどかなぁと思ったのだけど静かに淡々と進んでいてちょっとほろ苦いんで今の自分の気分にはけっこう合うかも、と見始めた。初見のとき同様、ラストに出てくるキム・ハヌルの姿にはちょっとがっかりだが、久々にちょっと心やすまる。

|

« 久しぶりの休日 | トップページ | 清水の舞台から飛びおりる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/1074868

この記事へのトラックバック一覧です: リメンバー・ミー:

» リメンバー・ミー [ある在日コリアンの位牌]
 昨日、イルマーレを紹介しましたが、このリメンバー・ミーも時空を越えた恋愛物語、ファンタスティック・ラブストーリーです。イルマーレから先に見た人は、少し洗練さが足りないと思うかもしれませんが、1979年、政治的に激動していた韓国を舞台にした映画なので、社会性も感じられ興味深いです。  この映画では、時空を越える媒体として無線機が使われます。そして生き方によっては、二人の運命を変�... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 18:01

« 久しぶりの休日 | トップページ | 清水の舞台から飛びおりる »