« リメンバー・ミー | トップページ | 10年ぶりの声 »

2004/07/28

清水の舞台から飛びおりる

前から「GMT機能」のついた腕時計がほしかった。時差のある所への旅には比較的よく出るほうだと思うし、別のタイムゾーンに生きているヒトのことを考えたりすることもこれまではあったので。

最初ほしかったのはカルティエのパシャC「メリディアン」だった。まず、女性用のきゃしゃな時計でGMT機能がついたものがほとんどない、というのがひとつ、個人的にもあまりレディースサイズの時計は持ってはいるものの、しっくりくるタイプではないので「ボーイズサイズ」というのにちょっとあこがれがあったため。

腕時計といえばホントに日本の人はロレックスが好きで、今頃になって男性にとってのロレックスが女性にとってヴィトンを持つのと同じような意味合いを持つのだなぁと思ったりもした。というわけでいろいろ調べていて、ついにカルティエではないブランドで、サイズも手頃でデザインも申し分ない時計を探し当てた。

スイスの知る人ぞ知る、というメーカーのものなのだが機械式なのでお値段が今まで自分が身につけてきた時計と比べるとケタ違い。即断即決を旨として生きてる私としては珍しく熟慮を重ねた上でついに入手しました。いやー、素敵です。この時計に似合うような人間にならないと、と少し背筋が伸びる。

|

« リメンバー・ミー | トップページ | 10年ぶりの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/1102225

この記事へのトラックバック一覧です: 清水の舞台から飛びおりる:

« リメンバー・ミー | トップページ | 10年ぶりの声 »