« 勝センセイ、斬りまくりです 「新選組!」 | トップページ | バックアップ大失敗 »

2004/11/22

おもしろい!「豆乳鍋」

仲間が集まってわいわいつつく鍋は、どんな鍋でも楽しい。

基本的にずぼらで面倒くさがりなので「カニ鍋」は苦手だし、フグにもあんまりそそられない。今回初めて「豆乳鍋」というのをつくってみたんだけどこれがハマりそうな予感です。

まず、「濃い豆乳」(成分無調整で、にがりを入れたら豆腐がつくれるタイプ)をゲット。それを熱していくと表面に湯葉ができる。これをまずすくって食べるんだけど、すくうとすぐに次の湯葉ができて、おもしろいほど湯葉が食べられる。

こんなに湯葉ができると思っていなかったんで、豆乳鍋の前に水炊きをやったのでみんなポン酢で食べてたけど、わさびしょうゆを用意すればよかった、とみんなが帰ってから思いついた。。。

最初は湯葉だけ食べていたが、そのうちに用意していた水菜を湯葉の膜がはってきそうなころあいに鍋に投入、「水菜湯葉」になった状態で引き揚げて食べると、湯葉のふわふわと水菜のシャキシャキがあわさってこれまた美味。湯葉に飽きたらだし汁(今回はかつおだし+鶏のだし、うっすらしょうゆ味)を投入してほかの野菜を入れてもりもりいきます。レシピを最初見たときは動物性たんぱく質がないことについて若干疑問を感じていたんだけど煮詰まった豆乳はけっこう濃厚で、だしを入れても弱くなりません。植物性たんぱく質のみでOK。

シメは今回うどんにしましたが、これも卵など入れずともじゅうぶんに野菜のだしが出て滋養のある仕上がり。この冬はあと2,3回これやりたいかも。

|

« 勝センセイ、斬りまくりです 「新選組!」 | トップページ | バックアップ大失敗 »

コメント

おっとnatsumikanさま久しぶりですね!

はい、聞いておりました。豆乳鍋の伝道士でございます。豆乳鍋の元ネタサイト(allaboutのhttp://allabout.co.jp/gourmet/stylishrecipe/closeup/CU20011101A/ 参照)では、鉄鍋を使うことになっていました。「鉄鍋のほうが雰囲気が出る」としか書いておらず、いま思えば鍋のプロモーション記事か?って感じもしますが、私はホーローのお鍋を使いました。やはり焦げはできましたが、時間がたつとするっとはがれて「なんちゃって油揚げ」みたいな不思議な食べ物?になってましたね。

くせになりそうでしょ?

投稿: ruko | 2004/12/10 00:33

こんにちは!
もう妹さんからお聞き及びかと思いますが(笑)、昨日我が家で実施しました。
なんだか、火加減が強すぎたようで、湯葉のできっぷりがそれほどでもなく、土鍋の底がばっちりこげていました・・・。

次回はこの反省を生かして、火加減控えめでじっくりやろうかと思います。でも出来立ての湯葉をわさび醤油でいただくのはほんとおいしかったです。

投稿: natsumikan | 2004/12/06 10:59

guminomi2さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

豆乳鍋、おすすめです。野菜はなんでもあいますが、湯通しした油揚げを入れてみてください。とってもおいしかったです。弱点は湯葉がかなりエンドレスにできるので、最初のエキサイトが終わるとどこで湯葉に見切りをつけるかが難しいところかもしれません。

投稿: ruko | 2004/11/27 00:12

なんともうまそうです。野菜大好き人間にはぴったりの
鍋です。濃い豆乳が手に入ったらつくってみます。

投稿: guminomi2 | 2004/11/26 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/2040557

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろい!「豆乳鍋」:

» 豆乳鍋をつくってみたら [保科晶の雑記帳]
ブログでいかにもうまそうな豆乳鍋の記事を見て、これはつくるべし! (めったにこういうことは思わないのであるが) 湯葉がエンドレスに出来る、とあったので、いっ... [続きを読む]

受信: 2004/12/13 12:23

« 勝センセイ、斬りまくりです 「新選組!」 | トップページ | バックアップ大失敗 »