« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

スマトラ沖地震でできること~その2~

ユニセフに募金をしたエントリをしてから数日経過。死者の数は毎日増え続け、30日現在、判明しているだけで12万人だという。

さらに、衛生状態の悪化で数100万人の人が健康被害の危険にさらされている、という報道も。ナビの右側にネットで可能な募金の窓口を中心に特集しています。モルディブあての募金もかなり捜してみたのですが結局見つけられなかった…。モルディブの被害状況はあまり伝わっていないが、インドの「Chennai Online」の報道によると、42の島が津波によって破壊され(=flattenedという表現です)、死者は117人を超えたと大統領が言っているらしい。

BBCの報道でも、救援の手が届きにくい場所としてモルディブがあがってます。まだ連絡の取れない島があることや、小さ過ぎて飛行機が着陸不能な島があることなどを指摘。
Aid workers face daunting task
(英語です)

先日のユニセフに続き、国境なき医師団にもわずかですが寄付しました…。募金や支援に関しては以下のblogも参考になります。

インド洋津波:評価機関による、主要慈善団体の効率性・透明性評価一覧
(でこぼこ翻訳ハジメ)
オンライン募金
(ハッピー・トラベルデイズ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホワイトアウトな大みそか

p1000136.jpg昼前から横浜でも雪が本格的になり、もう2センチくらい積もってる。

外に出るのが大好きなホア男も真剣に嫌がってます。帰省で車に乗ったりしている人もいるかも…。みなさん足元にお気をつけて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/30

どんとこい新選組!

日曜日に放映された「新選組!スペシャル」(総集編)。3部あったがそれぞれの最後2分ずつくらい、出演者たちによるトークがあった。近藤・土方・沖田・山南・井上・永倉・原田に三谷さんという超豪華なメンバー。こんなちょっとしかないのかよ〜!と思っていたらきょう、「どんとこい新選組!」のタイトルでもうちょっと放送された。

1年以上にわたって一緒に仕事をしてきたみんなの結束の堅さなどが伝わってきた。やっぱり長い時間を一緒に過ごしてひとつのものをつくりあげ、それがつらくても楽しいこともたくさんあれば、思い出もたくさんできる。こうなるよね…。

それから、それぞれのキャラクターと俳優さんたちがなんだかシンクロしているのが微笑ましかった。ぐっさんが言ってたと思うんだけど、普通のドラマでは絶対にない組み合わせというのも大きいかも。ぜひぜひまたこれからの三谷さんの作品でまた見たいなー。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
香取慎吾

ジェネオン エンタテインメント
2005-02-25
売り上げランキング 37
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
新選組!スペシャル
山本耕史

アミューズソフトエンタテインメント
2005-03-25
売り上げランキング 15
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚しゃぶウマイ!

この時期連休がついているのは何年ぶりだろう。職業柄、大みそかや元日から出勤することにそれほど抵抗がないので、きょうからの3連休、なんだか落ち着かない。

きょうは久々集合した家族と豚しゃぶで鍋を囲んだ。特にだしなどもとらず、沸騰したお湯を準備するだけでスタート。今回はたれの勝利。ごまだれは人形町今半のもの、ポン酢は高知・馬路(うまじ)村の特産品「ゆず畑」。特にポン酢は目についたものを買って帰っただけであまり期待していなかったんだけど、かなり美味!

高知に遊びに行ったことのある妹によると、現地ではかなり有名であちこちで売られていたらしい。

ここ数日、スマトラ沖地震で心を痛める日々が続いていたので家族であつあつの鍋を囲み、おいしいものを食べられる幸せをちょっとかみしめた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/29

モルディブ・リゾートの様子と代理店の対応

被災直後にSTワールドのサイトで現地の安否情報やリゾートの被害状況について詳細なレポートが上がっていてちょっと感心したが、翌日、いったん内容がトップページからは行けなくなっていた。

本日行ってみたところ、改めて感心。被災地域への旅行催行について詳しく情報開示してある。モルディブについてはリゾートごとの被害状況を開示してツアーの催行の有無について公開、さらに1月10日までは取り消し料なしでキャンセルに応じる、と明記してあるのも潔くて好感度高し。

顧客から問い合わせの電話が殺到してその処理に忙殺されることを考えると賢明な判断だと思う。JTBやHISのサイトでもある程度公開しているが、詳細は営業所へ、となっている。

我々が今回手配をお願いしていた代理店(STワールドではありません…)とは「取り消し料100%事件」でちょっとしこりが残ったけれど、年末年始の書き入れ時にこういう形で収入減が発生することは本当に気の毒。返金をするという連絡の最後に「ぜひ次回も機会がありましたら」と言われたので少し気が晴れた。が、現時点では次回モルディブに行くとしたらSTワールドを使ってみてもイイかも、と思っている。

このほか、allaboutのビーチリゾートカテゴリーで現地代理店(STワールドが使っている現地代理店)ともう一店の情報として、被害状況が出ている。今後モルディブ旅行の予定のある方は併せてチェックを。こうしてみると、現地代理店が情報開示に積極的なことも顧客にとってはプラスに働くということなのかも…。

個別にみていくと、水上飛行機でないとアクセスが難しい環礁は催行に△マークがついている。マーレまで行ってやっぱここから先はムリ、みたいになったらどうするんだろう…。あとはやっぱりダイビング。ヴァドゥが安全確認を理由にマリンスポーツをやっていないのが印象的。「ダイブセンターもopen」と早々とやってるリゾートに関しては今後行くことを検討することはたぶん、ないかな。

出国ラッシュがきょうから本格化したわけだけど…。

続きを読む "モルディブ・リゾートの様子と代理店の対応"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まずできること スマトラ沖地震で募金

今回のスマトラ沖地震の関連blogを漂流するうち、このサイトを見つけた。

ユニセフ・インターネット募金
クレジットカードで募金ができます。金額は2000円から段階を踏んで高額にできる。

ユニセフの募金なので、支援相手は子ども中心。モルディブへ、など指定不可

というのはあるけれど、まずは思い立ったらすぐできる、金融機関で並んで時間を消費せずにすむ、年末年始でもOK!という意味では存在価値は大きいのではないか。あと、やっぱりユニセフだから確実にやってくれそうだしね。

余談だが、アメリカの赤十字では3年前の9.11の時点ですでにクレジットカード決済による募金を受けつけていた。アメリカで数年間育った私には、わずかでもお返しができたような気がして、とてもありがたかった。

日本ではまだまだまだまだ、郵便振替が中心。もうちょっとなんとかならないんだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2004/12/28

なんとか、モルディブ旅行キャンセル

キャンセル料100%をほのめかされた津波後のモルディブ旅行。一夜明ければ、またさらに悲惨な被害の状況が判明する。目の前で友人が津波に流されたピピ島の日本人観光客。泣き叫ぶインドの母親。病院でこんこんと眠るヨーロッパ系の少女。4年前お世話になったプーケットのDSのblogを使った掲示板には、行方不明になった人の情報を求める書き込みが出ていた。

こんな記事も。
地球3周の地震波を観測、長野で気象庁 スマトラ沖地震
(asahi.com特集:スマトラ沖地震)

【記事より抜粋】山本雅博・地震津波監視課長は「巨大地震だったので数年単位で余震は続く。しばらくはマグニチュード8クラスの余震の恐れもあり、余震による津波への注意も必要だ」と話した。

昨夜先輩からさずかった作戦も反芻しつつ、キャンセルするべく旅行代理店に電話。

相手の出方によって、どの爆弾から投下するか考えたが、拍子抜けするほどあっさり「事情が事情ですのでお金はお戻しする方向で考えさせて頂きます」との答え。現地代理店と再度交渉の上連絡をもらうことになった。どうやらリゾートは無事なんだからキャンセルチャージよこせ、とかなり主張されたらしいが、夜になって旅行代金の全額を返還してくれる旨の電話をもらい、騒動は収束した。

どうやら最終的にはこれが効いた模様。
インドネシアにおける大規模地震の発生
(外務省海外安全ホームページ)
現地の状況が沈静化するまでの間は、同地域への不要不急の渡航は延期を検討されることをおすすめします。
もうちょっと早くコレ出してもらえれば…。

しかし、ちょっと愕然とするような現実も目にせざるをえなかった。

続きを読む "なんとか、モルディブ旅行キャンセル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪の朝

天国への階段仕事納め(といっても私は明日まで仕事です…)の朝、会社の窓の外にこんな空が広がっていた。雲の間から光が筋になってさしている。「天国への階段」だよね?キレイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/27

恐怖!モルディブのキャンセルチャージ100%

一夜明けてインド洋全体、なんとアフリカまで広がっている。死者の数は2万人に迫る勢いで、目の前で友だちが流されていった日本人観光客の話なども現地から入ってきて、胸が痛い。

モルディブの死者は30人という情報もあるが、だだっぴろい環礁のあちこちからの情報収集がさくさく進んでいるとは、とても思えない。さらに、行く予定だったボリフシに被害はないとはいえ、大変なことになっている現状でとても「休暇」ではないと判断し、キャンセルもありかと同行の友に代理店に電話を入れてもらった。

テレビや新聞では大手の代理店はツアーキャンセルやほかの場所への振り替えをしているということだったのでかなり楽観的だったのだが、大変なことに。

「トップシーズンのモルディブは予約が取りにくいので11日前からキャンセルチャージは100%」

はっきりと断定されたわけではないが、この状況でも(1)スリランカ航空のフライトは復旧する見込み(2)滞在予定のリゾートに被害がない--の2点から、キャンセルした場合旅行代金は返金しないとの回答だったという。

冗談キツイよ。そりゃ観光なくなったら食べていけない国だけど、死人やけが人も出て、非常事態宣言が出たという話もある。首都のマーレは2/3が水没して衛生状態に懸念も出ているという。さらにいえば余震でいつ津波が来るかわからない。本震より大きな地震はこないとはいえ、標高1mの島に何しに行けというのか。

仕事の合い間に調べて日本旅行業協会(JATA)消費者相談窓口に問い合わせをした。

続きを読む "恐怖!モルディブのキャンセルチャージ100%"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モルディブ津波続報

やはり、というか刻々と被害が深刻になって伝わってくる。

スマトラ島沖でM8.9 死者5900人、邦人も不明か
(asahi.com 27日0:06更新=下のエントリとリンク先は一緒です)
プーケットやモルディブ、ツアー中止も スマトラ沖地震
(asahi.com 26日22:37更新)

TBしてくださったblogを見ると、「アイコレ」のSTワールドのサイトがリゾート別の被害状況と取り扱いゲストの安否をかなり詳しくアップしている。現時点では幸いにも不明になったりした人はいない模様。かなり大きな被害が出たリゾートもあるようなので、ここ数週間というより、もう少しロングレンジでモルディブに行く予定のある人は特に被害状況が参考になりそう。HISやワールドツアープランナーなど、モルディブを扱ってる主な代理店のサイトは相変わらずノーテンキなままだった。
【12/28】STワールドのサイトは通常に戻っていました。

1月に行ったヴァカルファリのダイビングサービスのゲストブックをのぞいたところ、ヴァカルもリゾート・スタッフ・客に被害はないとのこと。ことし逢ったゲストで、クリスマスごろから1カ月毎年滞在しているんだ、という方がいてその顔がちょっと浮かんでいたのでとりあえず胸を撫で下ろす。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/12/26

インド洋で津波、モルディブも大きな被害

先月末、滑り込みでお正月の休暇、モルディブのリゾートを押さえてもらった。4度目の今回は選択の余地がほとんどなく、空港からスピードボートで行く南マーレのボリフシの予定だったのだが…。

スマトラ島沖でM8.9の地震 死者1800人以上
(asahi.com 26日20:42現在)

と。死者の数もかなり多く、地震の規模自体が過去5番目に大きいということでニュースの扱いもかなり手厚い。

こういう時にNHKと民放の温度差を感じますな。民放は(モルディブに行ったことのある人がいたのかも)これから年末年始観光客に興味がありそうなタイとモルディブを中心に、NHKはオーソドックスに被害の大きかったインドネシアとインド、次に在留の日本人が多く電話取材しやすいタイ・プーケットを中心に伝えている。

モルディブの場合、日本の大使館はスリランカが兼ねている。正式ルートでの被害状況の把握には相当時間がかかるし、現時点でけが人なし、という情報は、中越地震のときに通信が途絶えた山古志や川口の被害がほとんど入ってこなかったのと一緒で、意味をもたない。夕方どこかの民放のニュースではHISが「ツアー客の10人無事」といっていると報じていたが、それは「10人に関して無事を確認した」に過ぎないわけで。

現地メディアを捜したところこんなのがありました。
The Dhivehi Observer(英語版)
もちろん津波被害がトップニュース。主立った見出しでは
・空港は閉鎖、国全体が孤立状態
・リゾートでは姿が見えないダイバーが複数いる模様。けが人も(どのリゾートなのかは書かれていない)
・リゾートで孤立した宿泊客らの救出などについて何も決まっていない
・ダイブサファリで使われる船が救助活動にも使われている

といったところ。ちなみに、モルディブはほとんど語られることがないが、軍事政権が長い間君臨中。この新聞は反体制派のものなので政府の無策ぶりに関してはかなり厳しく指摘しています。

ボリフシには常勤の日本人ダイビングインストラクターがいて、いまは日本に戻ってきていながら現地と連絡を取り合っており、サイトにアップデートがされてた。とりあえずリゾートに被害はなかったみたい。

さて。リゾートが無事だったとしても食べ物から飲み物からすべてマーレから船で仕入れているリゾート、たぶんしばらくは行くの難しいんじゃないかという気がする。さて、どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/12/25

ホア男にスクランブル(出動要請)

おねむなホア男久しぶりにブリーダーさんよりメールがあり、ホア男がまだ「男」ならちょっと貸してもらえないかと打診が…!

なんかこの時期にヒートがきてしまった子がいるそうですぐにでも、って感じらしい。ただ、そんな人生の一大事を年末にやって、帰ってきてすぐペットシッターさんに面倒見てもらうんじゃちょっと心配、と過保護ママぶり(実は帰ってきてオシッコ男になっていたら困るという打算もあり)で今回はとりあえずパスさせていただいた。

次回もしお呼びがかかったらすぐ出動するからね〜。それにしても図々しいくせに意外と繊細で、フレンドリーだけど寂しがりや…と、なぜか私にそっくり(自爆)なホア男のDNAが次の世代に伝わってしまうことに若干の危惧を覚えなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

「シュレック2」

〈2004年 米映画 おすすめ度★★★★★〉
imdb詳細情報へ

やっと咳が収まってきた…。よかったっす。


シュレック & シュレック 2 ツインパック

関連商品
ファインディング・ニモ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版
スパイダーマン ツインパック
スパイダーマン 2 デラックス・コレクターズ・エディション
by G-Tools

笑うと咳が出て苦しいのでずっと観られてなかったコレ。やっとヤバめの笑いにも耐えられると判断、「2」から鑑賞した。比較してみると「1」ほどのインパクトがなかったのが残念だけど、相変わらず子どもの夢ぶちこわし、昔の映画パロディーなどなど楽しめるディテール満載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

誰も浜口父に「否」と言わないのか

レスリングの天皇杯というのをやっていた。オリンピック効果だね〜。去年もひょっとしてやってたのかもしれないけど全然興味持てなかったと思うし。

吉田/伊調妹/浜口 とアテネでメダルを取った3人がそれぞれの階級で優勝(番長・伊調姉はけがで欠場)。そこまではイイ。しかし例によって娘の会見にずかずか出てきて、口角泡を飛ばしてアジる父親、見苦しいと誰も言わないのだろうか。

26歳になっている京子さん本人の心はわからないけれど、もしこういう態度がイヤだと思っていても、コーチであり父であるこの人を否定するのは無理だと思う。この傍若無人で下品なふるまいを助長しているのは、おもしろがって取り上げ、なんと賞まで与えてしまうマスメディアでしょう。

なんだか、トホホであるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不機嫌なネコ

最初のころこそ一緒にずっと添い寝してくれていたホア男だがさすがに飽きてきたらしい。遊んであげていないが充電は120%状態なため、困る…特に深夜のエクササイズ前後に起こすのはホントに勘弁してください。ただでも狂いまくっている体内時計がもっとおかしくなってしまいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

ついつい見てしまう「完全版」冬のソナタ

ペさんブームをかなりクサしているこのblogだけど、月曜日から始まった「冬のソナタ完全版」、字幕で不自然さが消えてることもあり、動きが取れない状態なのでついつい見てしまいます。

改めてのプチ突っ込み。
(1)どうしてユジンはいつも問いつめられると常に黙秘権行使なんでしょ。どんどん事態を複雑化。
(2)スキー場に出張しているのにミニョンさんはともかくユジンは一体コート何着もってきてるんでしょうか
(3)サンヒョク君はユジンをどんどん悪い方に解釈しすぎ
(4)チェリン、企みが気持ちいいほど決まるね(笑)
(5)やっぱりキム次長(=「先輩」)とチョンアさん(=「姉さん=女性の先輩という意味なんでしょうね」)最高♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュニア・ボナー(Junior Bonner)

〈1972年、米映画 おすすめ度★★★★〉
imdb詳細ページへ
大好きなマックイーンの後期の作品。ペキンパー監督と組んでほろびゆくカウボーイを題材にしています。ペキンパーの作品だけどバイオレンスは兄弟げんかがあるくらい。70年代のアメリカの風俗も垣間見えて、しみじみ。マックイーンの母親役の人がもうあざといくらいの「カウガール」ファッションなんだけどこれがカッコいい!


ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦
サム・ペキンパー

関連商品
ネバダ・スミス
Claxton, Steve McQueen (Jumbo)
拳銃無宿 DVD-BOX 1 ~宮部昭夫篇~
犯罪河岸
by G-Tools

マックイーンの映画は邦題に「華麗」という枕詞をつけるのが多くてこれも正式な邦題は「ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦」。フェイ・ダナウェイと共演してのちに「トーマス・クラウン・アフェアー」でリメイクされた「華麗なる賭け」とか。なんだか、ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/21

「新選組!」”完パケ”鑑賞

薬のせいなのかだるくてとにかく眠い。寝るのが趣味、というと言い過ぎだけど惰眠をむさぼるのは決して嫌いじゃないんですが、身体が睡眠を欲しているとしか言いようがない。

ということで昨日今日と1日起きてる時間が4時間くらいしかないんじゃないかと思いますが、合間にはちょっとこんなもの見てました(実物は1年かけて撮りだめたものですが…)。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
香取慎吾



新選組! 後編 NHK 大河ドラマ 「新選組!」 オリジナル・サウンドトラック 新選組!前編 大河ドラマ新選組!?NHK大河ドラマ完全ガイド

by G-Tools

京都へのぼるまでが、やっぱり秀逸(というか、そこまでしかたどりついてません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

はいえん

詳しく書きませんが生まれて初めて肺炎になりました(泣)。幸い軽症ということでこの年の瀬に入院ってことは免れたんだけど、自宅で療養することになってしまった。

だるく、咳と痰は止まらず、熱がまた上がってます。日頃体力だけでもっているような部分があるので急に病弱になった感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/19

「ガラスの仮面」最新巻…

ゲットしました「ガラスの仮面」最新作。すげー。amazon.co.jpでは売り上げ2位か。

ガラスの仮面 42 (42)
美内 すずえ

白泉社
2004-12-16
売り上げランキング 2

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

関連商品
ガラスの仮面 (第41巻)
S・A 2 (2)
ガラスの仮面 (第37巻)
ガラスの仮面 (第40巻)
しゃにむにGO 19 (19)

むぅぅぅぅ。美内すずえ先生が死んじゃうのが先か、私が月影先生の年に追いつくか。このペースでは紅天女が選ばれるまでにはあと何巻単行本が必要なのでしょう(汗)。

以下、若干ネタバレです。

続きを読む "「ガラスの仮面」最新巻…"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

年賀状をつくる

まだ症状は残っているものの、すぐに咳き込んでしまい、やってることが手につかない状態をようやく脱したので、年賀状作成にとりかかった。

今年はプリンターを新調!年賀状印刷は通常のインクジェットではそれほどキレイには仕上がらないので、写真を超キレイに印刷できるものよりは安く、売れ筋の普及機を選択。


Canon PIXUS iP4100

by G-Tools

キャノンのiP4100紹介ページはコチラ

久しぶりにプリンター売り場に行ったら、時代が進んで小さくなってるかと思いきや意外にもプリンター自体は大きく重くなっていた。しかしさすがにいろんなことが進化していて、印刷速度と静粛性は抜群。

いまどき、両面印刷するのが普通みたいだけれど、私は相変わらず裏面のみ印刷、表は手書きすることにしている。いろんな人の顔を思い浮かべながら、ことしは去年より早めに投函できるように頑張らないと。

5年頑張ったEpson PM770C は弟のところに行きました…。まさかホントに引き取ってくれると思わんかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

飲茶!

p1000130.jpg仲間と3人で久々に中華街へ。飲茶がしたい!という一声からはじまり、萬珍楼点心舗。点心には普通のと「特級」と2種類。これは蚫がのったしゅうまい。

ちょっと早めのスタートだったので店もかなり空いていた。小龍包が記憶にあるものより小さくなっていたことが少し気になったけど、相変わらず手堅いおいしさ。

「2次会」で寄ったカフェでいただいたバニラアイスクリームに「ハチミツしょうが添え」というのが、これが新しいおいしさ。ちょっと癖になりそうな予感がします。ぶるぶる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

チャンピオンズリーグ、決勝T垂涎の組み合わせ

チャンピオンズリーグの決勝トーナメントの組み合わせが決まった。
うひょ〜!


















レアル・マドリーvs.ユヴェントス
FCポルトvs.インテル・ミラノ
FCバルセロナvs.チェルシー
ブレーメンvs.リヨン
リヴァプールvs.レーバークーゼン
PSVアイントホーフェンvs.モナコ
マンチェスターUvs.ACミラン
バイエルンミュンヘンvs.アーセナル


去年一昨年と比べても、どの試合も「決勝の組み合わせ」といっても不思議じゃないくらいゴージャス。スカパー入りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/16

ハン尚宮様の愛に感動 今度は何を?チャングム様〈第11話〉

今回はハン尚宮様が主役といっても不思議ではなかった。

チャングム母ミョンイの出番が終わってから見始めたので、昔のいきさつがぼんやりとしかわからないが、回想シーンで女官なりたて、赤い制服のミョンイ、ハン尚宮そしてチェ尚宮登場。

絶対に今は話せない、と断固としてテソンカンで何を捜していたのか話そうとしないチャングムにハン尚宮様が涙の説得。あぁ、真実がこんなに近くて遠くて、じれったすぎます!

さらに、先週ボロを出したチェ尚宮と彼女の後ろ盾となっている女官長と全面対決姿勢を打ち出した最高尚宮様との板挟みにも。

「風流を楽しみ」といいつつ、スラッカンを預かってきた歴代の最高尚宮たちの悪行の数々をしっかり見てきたチチョン最高尚宮の怒り爆発です。いやいや歴代のみなさんえらいことしてはりますわ。こわ。「私にはこの1回しかチャンスがない」という覚悟も決めている様子でしたが…。

余談ですがこんな記事がありました。
ヨン様ファンでなくても楽しめる韓流スポット
(asahi.com「スパイシー!ソウル」より)
チャングムのドラマを撮影したセットが「大長今テーマパーク」として公開されてる話。

以下ネタバレです。

続きを読む "ハン尚宮様の愛に感動 今度は何を?チャングム様〈第11話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/12/15

川原泉の「ブレーメンII」

川原「教授」の作品は昔から大好きなのだが、「メイプル戦記」だったか「バビロンまで何マイル?」だったかが途中で止まってしまったのをきっかけに長い間、フォローをやめてしまっていた。

ブレーメンII (5) Jets comics
川原 泉

白泉社
2004-09-29
売り上げランキング 4,500
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

こんな作品が出ているとも知らなかったのだが、比較的大きな書店に行ったはずなのだが見当たらず、amazonへ。5巻は最初に注文したときに品切れだったのがやっと届き読了しました。

相変わらずの川原ワールド展開。モーゲンスターン博士って「ER」観てたね(笑)という突っ込みに始まり愉快な登場人物や訪問する星々のネーミング。「差別の話」とくくってしまうにはスケールが大きいし。何しろ一読をおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気管支炎+ぜんそく?

夜明けに咳き込んで目が覚めるだけでなく息苦しい。眠れないので日中もしんどい。咳と痰が出始めた1週間前と比べてドラマチックに症状が改善した感じもしないので10年ぶりくらいに2度目の病院訪問。

病状にあまり変化がないので、今回は和菓子屋(苦笑)をやめ、「呼吸器科」をうたっている内科医院に挑戦した。先生はちょっとぎょっとするほどのおじいさんだったけれど問診も丁寧。アメリカでこの数年流行していて、最近、日本でも流行しはじめている、ほかの症状が改善するのに咳だけが止まらない「ぜんそくのような気管支炎」の疑いがあるとのことだった。この場合、ぜんそく寄りの症状ではアレルギーも疑われるらしい。

さてお会計となったときにちょっと奇妙なことが判明した。前回は(1)咳止め(2)痰を切る薬(3)抗生物質 ともらって1300円払ったんだけど、今回は(1)咳止め(ただし2錠にバージョンアップ)(2)総合感冒薬(3)消炎剤(4)気管支炎症を抑える薬--と、日頃あまり病院に行かない自分としては大量の薬が出たのに、お会計が1200円。

うーむ。。。医療ってコワイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

銀座で個展鑑賞

kao仕事をやっている仲間が銀座で個展を開いている。きょうは久しぶりに高校時代からのつきあいで、会社でも長いこと同志?だった友とランチをしたので、そのあと2人で3丁目の「コバヤシ画廊」へ。

絵を見るのは大好きなのだけれど、描くとなるとまるでダメなので、創作活動のかたわら仕事をする、という彼女をとても尊敬してる。そしてただ自己満足で描くのではなく、こうして自分を追いつめて個展を開く、ということにはやっぱりすごくエネルギーが必要だと思うし。

一見クールでちょっととりつくしまもないかな、と思うけど、実はアツイものを秘めている。この夏、そのアツさを共有して「くどい」「しつこい」と言われつつも(笑)一緒に楽しく仕事をさせてもらったのもちょっと懐かしい思い出だ。

本人にそれぞれの絵の持つ意味や、何を考えて描いたのかを丁寧に説明してもらい、楽しいひとときだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

許しがたきそそう

風邪の具合が思わしくない。咳止めと、痰を切る薬をちゃんと飲んでいるのにどちらも止まらない。マスクをして寝るとわずかにのどに優しいのだが、明け方眠りが浅くなってくると猛烈に咳が出て息苦しくてたまらん。

苦しいんだけど、クサイ。っていうかコレ、ホア男が*ンチした臭いだよ。でもなんでココで臭うの?ともうろうとしつつ考えていたら、前足で何かを引っかく音が。

飛び起きたら、なんと寝室にある椅子の上に私が脱いだ服の上にたっぷり、ホカホカとしていました(激怒)!

前夜は午前3時前に帰宅してまだ2時間ちょっとしか寝てないのに…きょうは朝から出かけなきゃの日なのに…でもこのニオイを残しておくとまたこのあたりでヤラれる!

猛然と起きて洗濯機をまわして消臭剤を大量散布した。

このところ様子がおかしいんだよね。玄関で「出してだして」のシュプレヒコールもしょっちゅうだし。お年頃のフロイラインの香りでも漂ってきているのだろうか(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/13

「局長!」って…局違うから

月曜の夜なのになぜきのう最終回だったはずの「新選組!」のテーマ音楽が流れてるのかと思ったらスマスマではありませんか…。

仕事中だったのでちゃんとは見られなかったのだが「作:三谷幸喜」って確かに書いてあったような。昨日のアノ余韻がぶちこわしですわい(苦笑)。出演していたツヨシ君の名前も「榎本」になっていたような。

それにしても土曜日のSMA-STATION4の隊士ほぼ勢揃い(オダギリジョーがいればコンプリートだった!!)といい、この企画といい、NHKも太っ腹?というか背に腹は代えられないっていうことですかね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

「愛しき友よ」 さよなら「新選組!」

49回、1度も逃すことなく完パケ録画に初めて成功したくらいハマった「新選組!」、ようやく最終回。

最終回だからこそ?の不満を少々。

(1)三谷さんがシドー好きなことは重々わかってますが、捨助の出番多すぎ。イイとこ持っていかせすぎ。
(2)さんざん落としておいて勝先生、近藤を最後だけ持ち上げても!
(3)ひでさん派としては、総司とお孝(優香)の話、もうひとつ共感できず。史実として近藤がかこっていた御幸太夫の妹と総司ってそういう関係だったんすかね?女性の登場人物が少ないからの「彩り」を意識してということだと、ちょっといただけません。
(4)刑場で声をかけるふでさんも、シュールレアリズム。

以下ネタバレです。

続きを読む "「愛しき友よ」 さよなら「新選組!」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

きょうも成田は「韓流まつり」…らしい

昼過ぎ、職場の学生アルバイトのピクミン(ただし推定身長185センチ)から携帯にメールがあった。

「今成田にいるんですけど今日到着の韓国スターって誰ですか?」。

成田でピクミンがいったい何をしているのか興味はあったが、とりあえずググってしまう自分が悲しい(笑)。で、結果、フジで土曜放送中の「天国への階段」で主演しているグォン・サンウらしいことが判明。「韓国ではヨン様をしのぐ人気」とかブームあやかりたい系の記事ががっぽりヒットしたので、空港へ打ち返す。

「かなりやられてますね…この異常さが滑稽です!」と返事がきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/11

歴戦の勇者たち

数日前、まず扁桃腺が腫れてきて、その後猛烈に咳が出て声が出なくなってきた。通常は自然治癒を旨としているもののやはり周囲に迷惑がかかることを考え、病院に通院中。

「行きつけ」とはいかないが自宅から徒歩でいける最も近い病院は、横浜市内の各区で高齢化率ナンバー1だけあり、待合室はいつもおじいちゃんおばあちゃんでいっぱい。とにかく驚くのは恐らく何10年とこの病院に通い続けているのではないかという人が多いのだろう、一人ひとりのカルテがやたら分厚いのだ。

さらにいまは病院を改装だか改築だかしているため、数年前に廃業した和菓子屋さんを臨時に借りて営業中。受付カウンターの上を見ると「神奈川県指定銘菓三色最中」と書いたお菓子屋さん時代の名残が残り、中の待合は「劇的!ビフォアアフター」にでも出てきそうな階段を上がったり降りたりしないと奥に進めないダンジョン状態。一度だけお買い物したことあるんだけど、おじいさんとおばあさんがお店をやっていた。こんなバリアnotフリーの家に住んでいたのですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

「バカ検定」続報

うっかり見つけてしまった「バカ検定」サイト。テレ朝で特番になるらしい。最近、血液型でヒトを分析するのが流行ってるみたいですがバカのタイプで分析するとどうなるんだろうね。

その後も周囲に布教活動を続けてみたところ、私の周囲に多いおバカさんにはこんな傾向が出ました。
1 無自覚バカ 3
2 パーフェクトバカ 3
3 体育会系バカ 2
4 即挫折バカ 2←自分
5 単細胞バカ 1

「無自覚バカ」になった人は私からしてみれば3人ともとても賢い人で、バカの指数もかなり低い、という特徴があるけれど、あとはメンバーを見て特定の傾向を見いだせません。

そしてこの「バカ検定」、思いがけない副産物が。

続きを読む "「バカ検定」続報"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/12/09

陰謀!チェ一族のさだめ チャングム様またしても絶体絶命〈第10話〉

王様は冷麺をおいしいと言ってくれたかどうか、なんてこたーどうでもよくなってしまった今回。

最初から見ていなかった私には、チェさん一族って権力もってんなー、くらいしかわからなかったのだが、今回はチェ一族の闇と、そこで生きていかねばならないクミョンへの洗礼に巻き込まれてしまうチャングムを描いていた。

その後とった行動は許せるものではないけれど「自尊心について」「王様に最高のものを召し上がっていただくということではいけないのか」と涙するクミョンにはちょっとグッときちゃいました。もひとつ、なんかイイ感じのチャングムとジョンホ様ですけどもクミョン、そーいうことだったのか!かなり気の毒だったぞ。

「冬ソナ」でもいつも涙目のユジンよりなんだかチェリンにシンパシー感じて、チェリンの意地悪をいつも仕方ないなぁと思ってしまっていた私です(汗)。「振り向いてもらえない女」の配置っていうのも韓国ドラマのゼヒものなんでしょうか。

チェ尚宮が「殺した友」ってもしかしてもしかして?以下ネタバレありです。

続きを読む "陰謀!チェ一族のさだめ チャングム様またしても絶体絶命〈第10話〉"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

21世紀の元子ママに乾杯 「黒革の手帖」

2度にわたって放送できない週がありながらこれだけのテンションを維持し続けたドラマ、脱帽。原作はマンガじゃないけど、こういう劇画チックな作品をドラマ化させるとテレ朝は潔くていいね。

結末が待ちきれず、原作も買って読了してのぞんだきょうの最終回。原作はちょっとザラザラするかなりビターなエンディングだったんだけど、意外といい感じに終わったのが救いかなぁと。

やはり、安島(仲村トオル)のキャラクターを原作とはかなり違えて描いたところがよかったのかもしれない。原作ファンには申し訳ないけどこのエンディングのほうがスッキリ終われた。

ドラマだけ見た方にはぜひ原作を読んでその違いを味わっていただきたい一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/08

なんと「ガラスの仮面」最新巻が出るらしい

エッジな情報を入手することにおいては他者の右に出る者がいないOBMちゃんから衝撃情報。

「『ガラスの仮面』が出たらしいっす!!」

ま〜じで〜!?というわけで探してみたらば。白泉社のサイトすごいんだね〜!余談だけどサイトのなかの「まるごと川原泉」も必見。聖ミカエルのねこかぶり乙女たちに会えてしまいます。

ガラスの仮面 42 (42)
美内 すずえ

白泉社
2004-12-16
売り上げランキング 22

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

で、単行本42巻は12月16日発売予定。読むのがコワイような。なにしろ1997年か98年に安達祐実が北島マヤ、田辺誠一が紫のバラの人でドラマ化されたとき「花とゆめ」で連載が再開、すわ完結か!と思ったら3回か4回ですぐ連載は終わってしまっていた記憶がうっすらと。頼むよ美内先生、早く完結させてくれないと、読み始めたときはマヤよりも若かったはずの私(爆)が月影先生の年になってしまう。。。。

美内すずえは、書き出したときからもう、どっちが「紅天女」になって終わるのかは決めているという。エンディングはもう決まってるけんね、と宣言している点ではハリー・ポッターさんとこのJ.K.ローリングさんと似てますね。遅筆(と言うべきなのかどうか)のケタは3ケタくらい違う気もするけど。

あぁ、でも42巻買ったら残りもまた読みたくなってしまう。どうしよう。

ハリーといえば最新の日本版単行本、あちこちで売れ残って本屋の経営を圧迫しているらしい。買い取った書店側も書店側という説もあるらしいけど、やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/07

新潟から最新情報?

仕事中、新潟のお友だちHさんから電話。急に時間ができちゃったんで一緒に晩飯どう、と言われ、2日連続はちょとキツイなぁと思いつつ、今回の地震でも現地に入っているだろうし最近の新潟の話を聞きたいので、行くことにした。

Hさんと最初に知り合ったのは10年前(は、はやい)。当時、新潟にいたのだが「新潟地震で被災したとき全国の人からよくしてもらった。今回の震災、何かせずにはいられない」と、真冬で凍結した北陸道を600kmひた走って炊き出しボランティアをした人たちのリーダー役だったのがHさんだった。

今回も小千谷や川口など被害が大きかったところでうどんやラーメンの炊き出しをしたらしいけど、都会/関西vs地方/新潟 とまったく異なるキャラの人たちの中に入りいろんな苦労があったそうだ。あの日はちょうど知事が交代するときにあたっていて、そのときのドタバタや、復興へ向けて腰の重い県庁の人たちの話などなどおもしろい話満載。

韓流ブームの波で新潟ーソウル便も満席でたいへんなことになっている話やら、アルビレックスの最新情報も聞けてしまった。J1残留と観客数の落ち込み防止のため、またすごい秘策をどうも社長は考えているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口、ジュビロで復活へ

夏休みに飛んだスカンジナビア航空の機内誌にデンマークでがんばる姿が特集されてたけど、代表にも本格的に呼んでもらえるようになってるし、アジアカップでは神がかりのセーブもあり。そんなところにいる場合じゃないんじゃないかといつも心配だった川口、ジュビロ磐田と契約が決まった。

ジュビロ磐田オフィシャルサイトでの会見の様子(動画のウインドウが埋まってます)

よかったよかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

ダーツ部始動!

夏にふらっと会社の仲間と渋谷のお店に入ってやって、なんだかハマってしまったダーツ。その後「ダーツ部」やりましょうという話はずっとしていたんだけど、ようやくスケジュール調整ができ、初の「部会」が開かれた。

キックオフミーティングにふさわしく、場所はなんと貸し切り。六本木のLos Cabosというお店。10人以上で、コース頼んでかしてくれるという条件。料理と飲み放題の組み合わせで2時間4000円(ダーツ代金は別)。創立部員?はもともと5人くらいだけど、都合が悪くて参加できなかった人も。それじゃ10人に足りん!ってことでほかの同僚にも声をかけたら、なんとマイダーツ持ってる人が2人。ふたりともお上手でした。

さらに「やったことがない」といいながらものすごく筋のいい先輩などもおり、わいわいみんなで楽しい2時間に。初心者の我々はまず20ラウンド投げられる「クリケット」で練習し、そこからカウントアップで点数を競うという形式をとった。

勤務の都合をつけにくい部署にいる人もいるので難しいけど、また一緒にやりたい。全員そろわなくてもぜひぜひ不定期でも続けたい〜。っていうか、もっと、うまくなりたい(キラーン)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/05

大久保大和…「新選組!」あと1回

予告編の時はちょっとイヤな予感がしたけど、実はとても武士らしくてイイ男だった有馬藤太(古田新太)。三谷さんもかなり思い入れがあるらしくこんな風に語ってます。今回、薩摩人は敵役で西郷さんといい大久保さんといい、いけすかない人物ばかりだったからちょっとうれしかったかも。。。

勇と歳三が別れる場面、予想はしていたけどやっぱり最初に浦賀に行ったときのあれが出てきました。京での日々も、ふたりとも肌身離さず持っていたんだね。万感胸に迫る感じです。

でも「私は大久保大和、箱根から西には行ったことがござらん」と言い切る近藤さんにアノ人が対面。。。。因果応報というとキツイかもしれないけど、万事休す。

ここから余談。
幕末ものを見ると普通に出てくる官軍の人たちがかぶってる赤かったり黒かったりするかぶりもの。歌舞伎の鏡獅子のときのかぶりものにも似てますが、小道具としているもあるんだけど、もっと詳しく知りたい。
・名前は「シャグマ」というらしいけど、どういう由来の品物なんでしょうか
・赤や黒、白といろんな色があるけど、薩摩・長州・土佐で色分けしていたというのはホント?

最終回、どんなふうに終わらせるつもりなんだろう。あと、まだ終わってないのにもう牛若丸タッキーお出ましですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風?

眠っているベッドの枕元が窓なので、早朝から猛烈な風と雨が窓に叩きつける音で目が覚めた。

暴風警報が出たのは昨日の夜だったけど、ちょっと風が出てきたなぁ、くらいだったのに。。。ダイビング器材干したりしないでよかったよぉ。。。バルコニーにポインセチアを出しっ放しだったことにも気がついたけど、風雨がすごすぎるので取りに行く勇気が出ない。窓を開けたらホア男も必ず出ていっちゃうしなにかと面倒くさい(涙)。

雨がおさまるのを待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

潜りおさめ

先月の大瀬に直前で体調を崩して行けなかったくみちゃんが体調復活。ことしの潜りおさめということで再度大瀬崎へ行くことにした。

器材買い換えに悩んでいたあさちゃんもついに腹をくくって新しいSプロの重器材をゲット。先週は八丈に行っていたはずだけど声をかけたら「いくいく」ってことなので3人旅。

くみちゃんの新兵器はコレ。腕にはめた状態でバックルの締めかげんを調整できるのと、水深6mより浅い深度になると自動的に3分の安全停止カウントダウンをしてくれる機能つきのダイブコンピュータ。ちょっと見、ステンレス(チタンだけど)のスタイリッシュなデジタル時計みたいに見えないこともない。最近のはマレスのNEMOといい、デザインがシンプルで小さくなってて、イイですな〜。

くみちゃんの新しいコンピュータ、あさちゃんの新しい重器材。かく言う私もマレスのメッシュバッグを新調。まぁ、それだけ長いことダイビング続けてきちゃった、ってことなんだろうね。

お天気がイマイチとはいえ、先月に比べて圧倒的にダイバーの数も減り、特にウエットの人が少ない冬のビーチになっていたけど水温はまだ20度。一昨年は11月の中旬ですでに水温が17度でフードなしでは寒くて死ぬ!って感じのログブックが残っている。あたたかすぎ。柵下でかわいいイロイザリウオを見せてもらったけど、まだまだ小さい。

夏から秋にかけてCカードをとったばかりの初心者を連れたツアーに水中で多数遭遇。透視度が悪いときは、別のパーティーと混じると混乱が起きて迷子が出るので、近づかないというのが鉄則だと思うんだけど、私たちに吸い寄せられるように次々いろんな人たちがきて、なんだかなぁ、な状態。

ふつうはだいたい現地を15時頃出て、渋滞に巻き込まれまきこまれヒィヒィ帰るのだが今回は比較的のんびりゆっくりログをつけて16時半頃現地発。函南の「荒磯」で早めに夕食を食べて休憩し、帰途についた。熱海から先の国道も、西湘バイパスの出口も渋滞がなく、記憶にある限りこんなスムーズに帰れたことはないってくらい気持ちよく帰れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/03

DVD売れまくり

一応、DVDを買うときは厳選して買ってるつもりなんだけどちょっとアテが外れたなぁと思うことが、たまにある。あと、ちょっと勢いで買っちゃってアテはずれ、というのがないこともない。たとえばモルディブのDVDは、音楽がどうも気に入らず、あとビーチの風景ばかりで飽きてしまった。デヴィッド・ウェンハムが主演の「ダスト」も、マイナー過ぎてレンタルも難しいし、WOWOWでもたぶんやらないだろうと思って買ったらあまりにもバイオレント。

というわけで、お店で買い取ってもらうのもイイけど、思い立ってamazon.co.jpのマーケットプレイスに出品してみることにした。一応アカウントは持っていて、前に限定品の本をちょっと売ったことがあったものの、長い間休眠状態だったんだけど。。。

ためしに3点出したら24時間以内に全部売れ、また3点出したら48時間以内にすべて売れてしまった。中古でもいいからほしい、という人たちがかなりいるんだね〜。それも、オンラインだから現品見てないにもかかわらず。個人的にはやはりDVDはクッションつきの封筒に入れて送った方がいいと思うので、梱包に関する出費をどれくらい乗せるかというのはあるが、郵送費用はamazonが負担してくれるので、おそらく店頭買い取りよりはいい取り引きになったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/02

まずはチュッカヘー!チャングム様〈第9話〉

皇太后様、さすがでございます!!

先週納得がいかんかった「ノサングン事件」、あれ以上書くとうざいかと思ってしなかった疑問に「っていうか、16歳の娘の母にしてはノサングンさん年とりすぎてませんかね」というのがあったんだが、今週さらに秘密があかされました。
なるほど。

というわけでぶじ女官になったチャングムだけど、見習いのときにはわからなかったいろんな苦労がてんこもり。チョバンねえさんも意地悪に磨きがかかってます(汗)。見てて心配なのがヨンセン。100回鞭で打たれてもいいから部屋を変えてくれとか、ピュアでいい子ですけど「口は災いのもと」にならないといいんですが。

今週の名言は
「あの子(チャングム)はワケアリのかたまりなんだからさ〜」(byドックさんとこのおばさん)

そういえばこんなコラムがありました。
韓国人の意識を変えた骨太ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」(asahi.comコラム「スパイシー!ソウル」)

以下、ネタバレありです。

続きを読む "まずはチュッカヘー!チャングム様〈第9話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元子ママ転落スタート!「黒革の手帖」

最終回まであと1回、いよいよピンチですな〜。

今回のエピソードを見て思い出したことばがある。むかし、ある県の大物(?)県会議員と話しているときにこんなことを言っていた。

「こんな仕事をしているから人に嫌われることはある。でも、人に恨まれるようなことをしちゃいけない」。

なにせ、恨まれまくりですからね〜。特に波子&市子、やっぱりより「恐ろしい」のは橋田や村井(渡辺いっけい)よりも、女。女の敵は女。シャクちゃんの波子、気がついたら大阪弁というより神戸弁ぽくなっている気が。。。彼女のいやらしさは天下一品。出番が終わっても不快感があとを引くくらい。

しかし恐るべし長谷川(津川雅彦)。以下ちょいネタバレ。

続きを読む "元子ママ転落スタート!「黒革の手帖」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

おそるべしCSS

わーい、キレイにできたぁ!と思ったプチ改造。会社行って一休みしたときにこそーりWindowsのIEで開けてみましたよ。

げ。

全然ダメじゃん。家に帰ってMacのIEで見てもやっぱりキモチ悪い。まだまだ道は遠いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »