« ホワイトアウトな大みそか | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

2004/12/31

スマトラ沖地震でできること~その2~

ユニセフに募金をしたエントリをしてから数日経過。死者の数は毎日増え続け、30日現在、判明しているだけで12万人だという。

さらに、衛生状態の悪化で数100万人の人が健康被害の危険にさらされている、という報道も。ナビの右側にネットで可能な募金の窓口を中心に特集しています。モルディブあての募金もかなり捜してみたのですが結局見つけられなかった…。モルディブの被害状況はあまり伝わっていないが、インドの「Chennai Online」の報道によると、42の島が津波によって破壊され(=flattenedという表現です)、死者は117人を超えたと大統領が言っているらしい。

BBCの報道でも、救援の手が届きにくい場所としてモルディブがあがってます。まだ連絡の取れない島があることや、小さ過ぎて飛行機が着陸不能な島があることなどを指摘。
Aid workers face daunting task
(英語です)

先日のユニセフに続き、国境なき医師団にもわずかですが寄付しました…。募金や支援に関しては以下のblogも参考になります。

インド洋津波:評価機関による、主要慈善団体の効率性・透明性評価一覧
(でこぼこ翻訳ハジメ)
オンライン募金
(ハッピー・トラベルデイズ)

|

« ホワイトアウトな大みそか | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

コメント

寺田さま
コメント、ありがとうございました。私個人は被災地域に届くならどこでもよいのですが、このblogは圧倒的にモルディブについての情報を求めて検索していらしている方が多いので、この情報はたいへん貴重です。

本来の楽しそうなblogもまたゆっくり読ませてくださいませ。

投稿: ruko | 2005/01/01 21:46

ハッピー・トラベルデイズの寺田です。
TBありがとうございました。

モルディブは私もとても好きな場所です。
マーレをはじめ、小さな島々の人たちとの触れあいを思い出すとせつなくなります。
少しでも募金が集まるよう、ブログ上でも随時、情報を更新しています。

モルディブへの募金ですが、東京に在名誉領事館があり、ここで募金先を公開しています。
http://www.taxan.co.jp/news/index.html
以前より、加賀電子株式会社という会社が領事館を兼ねています。ちょっと怪しい気がするかもしれませんが、外務省の領事館リストにもキチンと掲載されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/asia/mol.html
私も仕事柄、何度か連絡をしたことがありますが正式な領事館として活動しております。
モルディブへ、という希望がある場合は、こちらから送金するのが良いのではないでしょうか。

どうぞよろしく。

投稿: 寺田直子 | 2005/01/01 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/2425570

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラ沖地震でできること~その2~:

« ホワイトアウトな大みそか | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »