« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

祝!ケイト助演女優賞

アカデミー賞授賞式。ケイト・ブランシェットが「アヴィエーター」のキャサリン・ヘプバーン役(エヴァ・ガードナーにあらず…失礼)でようやく助演女優賞受賞。やっぱり最初の「エリザベス」で主演女優賞をもらってほしかったなぁ。グウィネス・パルトロウはやっぱりMIRAMAXのお金の力でしょう。

今回は私が好きなふたりのケイト、ブランシェットとウインスレット両方がノミネートされてたんだけど、主演賞はヒラリー・スワンク。ケイト・ウインスレットは今回4回目のノミネートながら、受賞ならず。まぁ、仕方ないか。ケイト・ウインスレットはいつも体型のことをネタにされる気の毒な女優さんなんだけど、今回も去年の秋くらいにびっくりするほどやせていたのがリバウンドかかっているっぽく、ドレス姿みててちょっとドキドキしました。

あと、見てて強烈だったのは舞台上のスペイン語系対決。「モーターサイクルダイアリーズ」の主題歌をアントニオ・バンデラスが歌うのの前振りで出てきたサルマ・ハエックとペネロペ・クルス。2人仲良く立てばいいのにサルマがどうしても一歩前に出たい!ペネロペが大人だったので半歩下がってことなきを得ましたが、こわいよ〜。ついでにコワかったのは歌うバンデラスを客席から見守るメラニー・グリフィスのお直ししすぎたお姿だった。

司会のクリス・ロックはやっぱりちょっと違和感あったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

ちょっと慣れてきた?

若殿を座敷牢に入れて1週間強が経過。水曜日に*ンチがゆるくなりあわてて獣医に連れていったがその後は順調。少し幽閉にも慣れたのでリビングルームとキッチン限定で少し自由にさせる時間もつくった。至るところで自分の残したニオイにフレーメン現象をおこしまくっているのがおかしい。

ようやく気力メーターがあがってきたのでオスの証で下のほうが黄色くなった(泣)カーテンとシェードをお洗濯。そこそこ暖かかったので、床を拭きあげるつもりで窓を開け放ってみたら、窓のサッシが拭き取れなかったかつて液体だったものでガビガビになっていることが判明。割り箸なども出動して拭いたけどまだ完全にはキレイにならないし、たぶん水流したりしないとダメな気がする。こういうときおしゃれな折りたたみ式網戸は機動性が悪くてイカンですな。

ということで日光浴しないとビタミンDをつくって摂取できないかとテラスに放ったが寒いのかすぐ戻ってきてしまった。一時に比べると猛々しさがかなりダウンしたのは、やはりニオイにアクセスできないため元気がなくなってきたってことか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

もうすぐアカデミー賞 カウチで6連発

いよいよ月曜日、アカデミー賞の授賞式。去年は猛烈に忙しかった余波もあり、劇場で見た映画が「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」「大脱走」(リバイバル)「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「スウィングガールズ」の4本とここ5,6年でホントに映画を見ない1年になってしまった。そのせいなのかどうかわからないけどアカデミー賞に向けてのモチベーションもなんだか上がらない…。そっか、WOWOW解約すると生で受賞式見られないのか?くらいで。

相変わらず体調がもうひとつ優れないのできょうはカウチ映画鑑賞デー(無料視聴期間ありがとうスカパー)に。

1シュリ
ハン・ソッキュ キム・ユンジン

アミューズソフトエンタテインメント 2000-07-21
売り上げランキング : 20,851
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈1999年 韓国映画、おすすめ度★★★★〉 DVDももちろん持ってるけど、つい見ちゃうね〜。イ・バンヒのキム・ユンジンのだんごっ鼻もいいけど、ジャンギル兄貴(=ソン・ガンホ)最高です。そういえばキム・ユンジン、アメリカABCの「LOST」というドラマに出演してるそうで…。韓流ブームなのにすっかり忘れ去られているのが寂しいかも。

と、これを皮切りに6本も観ちゃった…。

続きを読む "もうすぐアカデミー賞 カウチで6連発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

さすが皇太后様!いいことづくめでコワイ〈第19話〉

糖尿病をわずらう中国の使者に山海の珍味でなく滋養のある野菜料理を出して後に引けなくなってしまったチャングム。チェファミリーの総力を結集して使者にご馳走を出したチェ尚宮チーム。結果は思いがけない展開に。

使者殿はチャングムの料理を高く評価した。ここまでは驚かない。「食習慣を変えて身体が軽くなり、気持ちもおおらかになった」という発言には昨今の「キレやすい子どもとキレやすい食事」もダブる。「料理をお気に召していただいた」ってことで手柄を自分のもののように女官長に報告したチェ尚宮。最高尚宮様の容態は悪くなる一方だし、万事休すか?とあきらめかけたところで、コレが韓国のドラマなんでしょうな〜。

いままでほとんど見た記憶のない皇后様登場。母のように慕っていた尚宮を看取った女官、チャングムに会いたいとおっしゃる。ここで意外にも長官様がチャングムの太平館での活躍を皇后様に報告!これが皇太后様に伝わるところとなった。

悪知恵、深慮遠謀もほどほどにね<チェさん。 以下ネタバレです。

続きを読む "さすが皇太后様!いいことづくめでコワイ〈第19話〉"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/24

愛子ちゃん初スキーの裏事情?

皇太子のお誕生日に合わせたような格好で、前の週、奥志賀で初めてスキーをしたという愛子ちゃんの映像が解禁されて放送された。

先週、なんとその奥志賀で皇太子ご一家と同じホテルに泊まるという体験をした友だちから詳細なレポートをメールでもらっていたのでなんか笑ってしまった。

この友だちはいろんなことに意識の高い人なのでその考察も深いんだけど、とにかくSPだらけで「皇太子ご一家と万が一にも直接接触」なんてことが絶対になかったという。そればかりか、どうも地元長野県警の幹部なども便乗して来てたらしい様子やら、一見厳重に見えるその警備が、爆弾や銃の持ち込みチェックなど、本来の「テロ対策」として考えられることは何もしてないズルズルの様子なども報告が…。

確かにね…。皇族のお出ましとなると、報道関係者ですら立ち位置が決められ、後続の人たちに動きがある間は文字通り「禁足」(動くこと禁止)となっちゃったりする。でもそういえばセキュリティーチェックらしいチェックもほとんど経験したことないよね。

レポートには同世代の人間がひとりもまわりにはおらず大人に囲まれた愛子ちゃんの様子などもあわせて書かれてあり、そんなんでいいのかい、という友人の疑問にいちいちうなずいてしまったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

スカパー、奇跡が!

チャンピオンズリーグ決勝Tの初日、レアルvsユーヴェの試合はスクランブルがかかったままで結局見られず。先週インフルエンザで会社を休んだこともあり、仕事が遅れていたため残業して23時過ぎに帰ってみたら、なんとなんとチャンピオンズリーグチャンネル見られるようになっていました!

しかし久しぶりの残業と食欲不振による低血糖で猛烈な眠気。誘って一緒に見るはずだったY本にもさすがに「今からくる?」というメールを出す体力もなく、肝心のバルサvsチェルシーはDVDに録画することになってしまった。くやし〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

イチゴの保管方法

やっぱり風邪にはビタミンCかなぁ、と、一応いまが旬のはずのイチゴを買ってみた。

皆様、イチゴはどのように保管されてますか?私は冷蔵庫に入れるんだけど、傷みが速い気が。考えてみたら温室で育ててるわけだから常温で保管するのがいいような気もするけど……。

どうもうまくない。でも久しぶりにbamixを使ってヨーグルトとハチミツを使ってスムージ−をつくってみた。おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/21

今さらだけどチャリティーマッチについて

胸を躍らせてみた(笑)FIFAの津波チャリティーマッチだけど、テレ朝。あなたたちは間違っている…。

ほぼフルに放送したのは前半のみ。なぜってそれは後半、中田が下がったから。後半に関してはつまみ食いもいいところで、気がついたらゲームが展開して、じゃなくてチャ・ドゥリの世界選抜チーム6点目のゴールで放送も終了って感じ。

まぁ、相変わらずロナウジーニョがめっちゃ楽しそうにプレーしていたのを見られたのでよしとするしかないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

体調が…

タミフルを飲み続けて5日、さすがに熱と悪寒は引いたんだけど、咳(=たん)が止まらず。

ホア男を幽閉したのでここは勢いよくカーテンなども洗濯して一気にさわやかな家にしたいところだけれどとても気力がなく、きょうは本当は松さんのサイトのオフ会に行こうと思っていたけど断念。録画して見ていなかったドラマ鑑賞など、1日リビングルームのソファから微動だにせず終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

恐るべし「韓流バブル」@CS

スカパーの無料視聴をスタートしたはいいが、チャンピオンズリーグを見るためには本登録しなくてはならないことが判明。ちゃんと書いとけ!というわけであわてて書類を発送したが、間に合うんかいな。

で、無駄にいろんなチャンネルが見られるのでひととおり見てみた。インパクトが強烈にあるのは「代ゼミ」。ホストみたいなおっさんが八百屋みたいなトークで数学3を教えとる…。「最強の数学」らしいよ。なんじゃこりゃ。あとは「京都チャンネル」ってナニ?BBCが見られるのはいいね〜。あとフジのスポーツ局、地味にプレミアとかやってて渋すぎです。

そして何よりも驚いたのがドラマ系チャンネルの「韓流バブル」。ペさんの若いころの作品のあれやこれや、ビョン様やらそれはもうたいへんな数の番組を放送中。このペさんブームがなかったらいったいソフトとして何をかわりに放送していたのか考えただけでかなり笑えてしまいます。

それにしてもKNTV入ってもいいかな、と思ったら単体で月額3150円。ピッサダー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

ついに若殿(バカ殿?)幽閉

ホア男。日曜日の漏電事件で、ついに春のムラムラが命取りになるのではないかという懸念が捨てきれなくなったため「そんなにたいへんならもう(去勢しちゃって)イイのよ」とおっしゃってくれたFさんと相談のうえケージを購入することにした。といっても何しろこれまで自由気ままに3次元をほしいままにしてきたため、ペットショップでよくみかける小さなケージではおそらく発狂間違いなし。散々悩んだ末その名も聞いて驚け「マイティーハウス」を購入した。

組み立て簡単ワンタッチとかおいしいことが書いてあったが何しろ重い。1時間かかりましたて。かつおぶしとホカホカマット、そしてあくなき奴の征服がアダとなりあっさり投獄に成功した。

しばらくたって出られないことに気がつき、ただいまいろいろ悪あがき中。にしても、賢いなぁと思うのは、最初「中2階」に置いたホカホカマットを蹴り落としたのだが、2回目以降ちゃんと落とさないように降りられること。これはこれで観察のしがい、あり。

でも、なんか人間の勝手で自由にさせたり閉じ込めたり。ちょっと申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

どこまでもまっすぐなのねハン尚宮様、チャングム〈第18話〉

チョン最高尚宮とハン尚宮そしてチャングムの息の根を一気に止めるべく走り出した女官長とチェ尚宮。チョンホ様を奪われた怒りと嫉妬が新たなるモチベーションとなり「ダークサイド」に確実に移行したクミョンも交え向かうところ敵なし状態。

クミョン、チョンホ様に疫病のことを心配してもらえなくてマジ切れてましたね。かわいそうだけどこわいっす…。

最高尚宮にとどめをさすべく新たに2つ手を打った。(1)病状が悪化する投薬の指示(2)疫病がスラッカンで流行した管理責任が最高尚宮にあり、と進言。このまま一気にチェ尚宮を最高尚宮にしてしまおうとはかるが、ここはさすがに皇太后様。長官のフォローもあり最高尚宮の「代行」をたてる、ということでまるく収めてしまった。しかし代行はもちろんチェ尚宮。

勢いづいたチェ尚宮はハン尚宮とチャングムを、明からの使節団の接待にあたる太平館に出してしまう。明の使者はいつも難癖をつけて朝鮮王国の後継者問題にいい返事をせず、今回こそは、と王様は意気込んでいるが、今回の使者殿はことのほかグルメと評判。

「どっちにしても恥をかくだけ」。おーほっほっほっ!とチェ尚宮←「ベルばら」のデュバリー夫人思い出しました(汗)

さて、こんな切羽詰まった状態なのにハン尚宮とチャングムは料理人としての心意気を示します。以下ネタバレ。

続きを読む "どこまでもまっすぐなのねハン尚宮様、チャングム〈第18話〉"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/16

京都議定書発効

その昔、底冷えのする京都で世界中の科学者や政府関係者たちが徹夜でヘロヘロになりながらCO2などの「温室効果ガス」の排出量をどれだけ減らすのか相談し続けた国際会議の現場にいたので、きょうの京都議定書発効は、なんだか感慨もひとしお。

いま思い出すとちょっと滑稽なんだけど「地球の危機」について真剣に討議してるんで、いろんな問題がこれ以上ないというくらい複雑にからみあって、政府、NGO、そして議定書に反対する経済団体も含めていろんな会合が同時多発的にあちこちで開かれていた。京都・宝ケ池の国際会議場は周囲にホント何もなく、雪も降った12月の会場では食料が枯渇。臨時に深夜まで開いた売店ではカップめんが飛ぶように売れ、インターナショナルな顔ぶれがカップヌードルをすする、という「No Border」な光景が繰り広げられていたのも懐かしい。

とはいっても、日本のCO2排出量は減るどころか増える一方だし、最大の排出国アメリカは批准する気ないし。でも、BBCなんか見ていると特にヨーロッパではこの発効を「大きな『はじめの一歩』」と見ているようだ。さぁ、日本どうする?

あと、どうでもいいんですがこの京都議定書発効という記念すべき日が偉大なる将軍様のお誕生日と同じ日ってのがどうもビミョーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

深夜の悪寒、それはインフルエンザ

未明にとてつもなく寒くて目が覚める。エアコンはちゃんとかかってるのに。そしてハゲシイ頭痛。

でも今日は絶対に穴を空けられない午前8時からの勤務。なんとか出社、仕事もがんばった(泣)。ちょっと遅い昼休みに行った診療所で症状を聞いた先生は「じゃ、インフルエンザの検査しましょうか」。鼻に綿棒を入れて分泌物をとられ10分後。悪寒でふるふるしながら診察室に入ると先生はマスクで完全防備。

「インフルエンザ、陽性だったよ。特効薬出すから」。

というわけで「タミフル」を処方された。勤務があがるのをこれくらい待ちきれなかったことは久しくなかったかも。っていうかさー、年末にひどい風邪引いて肺炎まで起こして、年明けから手洗いとかうがいとかちゃんとして、昨日までピンピンしてたのにどーいうことなのさ〜……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

FIFA津波チャリティーマッチはテレ朝放送!

サッカーのスーパースターたちがスマトラ沖地震の被災者のためにバルセロナに集結するチャリティーマッチ、テレビ朝日が16日23:15から放送することになった模様です。試合は15日の21時(ヨーロッパ中央時間)キックオフなので録画ではありますが、フジの地上デジタルあたりでひっそりやるのではないかと内心がっかりしてたので、テレ朝がんばったな〜と。

気になる出場選手。uefa.comの11日現在の最新のメンバー表では、ロナウジーニョチームにいたはずの中田英寿の名前が消えちゃったかわりにパク・チソン(PSVアイントホーフェン)がエントリー。このほかイラン代表でハンブルガーSVで高原の同僚のマハダビキアが加わってました。シェフチェンコチームはブッフォンのかわりにインテルのGKトルドが、このほかチェルシーのランパード、インテルのヴィエリ、ローマのトッティなども加わってます。スゴすぎ。

「参加を確認できた選手」とあるので中田様も今後お出になるのかもしれません…。どんな事情があるのかわからないが、前も書いたようにアジアの被災地のための試合で、かんむりにもAFCがついてるにもかかわらずのこのありさま……。

声かけられたら二つ返事で参加すると返答し、参加するのが心意気ってもんだと思う。出場する選手の多くはホントにいま現在の世界トップレベルの選手で、盛りを過ぎた中田より活躍している選手が名を連ねている。サイドビジネスの収入でみたって、ベッカムやジダンなどがきっちりメンバーに名を連ねている現時点でどんな言い訳も通用しないと個人的には思う。nakata.netをのぞいたら「プレーできるのがうれしい」と書いていた。やめときゃいいのに津波が起こったときはタイにいた、とも書いている。これ以上傷広げなくていいから、ね。

それにしても日本選手で声がかかったの、中田だけか?それはそれで、寂しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/13

漏電ブレーカーを落とした男

かなり楽しい気分だったが、春を迎えたホア男を24時間以上野に放ったことはなかったのでちょっとした胸騒ぎとともに帰宅したら…。

玄関の電気がつかない。

きましたね(泣)。とりあえずシューズロッカーの中に格納してあるダイビング器材の中から水中ライトを探し出し点灯。ブレーカーを確認するとメーンのブレーカーは落ちていないが「漏電」にあたる部分に異常サインがでている。

このまま勢いよくスイッチを戻していいものかどうか。まずはホア男をキャリーに閉じ込める。原因はほどなく、テレビの上からただよう臭気で判明した。テレビの上でおしっこするなんて(号泣)。

タイマーの電気がいつ切れたのか見てみると午前7時過ぎらしい。ということは時間はかなりたっているね?やっちゃった跡もほぼ乾いてるし。ここまで確認してから東京電力のカスタマーセンターに問い合わせ、ブレーカーの正しい戻し方を教えてもらう。

一瞬、このままエアコンも効かず、ほんのりおしっこくさいカバンなども洗濯できないのではとおびえたが、電気がぶじついて安心。テレビは、というと最初のころは激しい上下動を繰り返してもう見られないかと思ったが温まると同時にイヤな臭いは発しつつも画像は安定。

若殿の幽閉を決断する時がいよいよきた模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

キタナイぞ女官長 最高尚宮様お別れですか?〈第17話〉

病んだ尚宮様とオルゲサルのいきさつから、やっとハン尚宮がなぜ怒っていたのか理解したチャングム。チョンホ様に語る様子を遠くから見て嫉妬メラメラで引き返したクミョン。ヤバイっすよ。嫉妬のもつエネルギーは大きいですからね。案の定あとで毒はいてたじゃないですか。

「あなたは私が絶対手に入れられないものを手に入れたんだから」
ガクガクブルブル。それにしても、筆をプレゼントしたチョンホ様、ねーねー、墨つぼのついたノリゲはどうなったのさ〜〜。そろそろ気がついてほしいっす(笑)。

第2の料理対決は「1年中食べられる刺身」。500年前の話だけに、生の魚を食べられるのは真冬と相場は決まっている。「氷を手に入れられることができるのはチェパンスル商会だけ。さらに魚を生きて宮廷まで持ってこられれば…」と広がるチェさんたちの野望。一方のハン尚宮はチャングムなしで事態を打開しようと街に出る。

その一方で、最高尚宮様は「おのれチェ尚宮、この私をコケにしおって」と大激怒!以下ネタバレです。

続きを読む "キタナイぞ女官長 最高尚宮様お別れですか?〈第17話〉"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/11

春節の横浜中華街を満喫

ことしはまだ温泉ツアーの計画もない海の仲間と、横浜中華街で新年会をすることになった。「よしもとおもしろ水族館」を覗いて、意外と楽しかったのはいいんだけどモルディブを逃しているだけに海に行きたい病に再罹患。とほほ…と外に出てきたら夕暮れの中華街大通りはこんな感じになっていた。

春節だから、ってことで関帝廟にもおまいり。花粉症をもってるくみちゃんは呪文のように「凍頂烏龍茶」を唱えお茶の専門店を次々にのぞく。晩ご飯は「スープ炒飯」が有名な節筵(せつえん)。味はなかなかよかったけどテーブルはガタガタだし、食べ物をサーブする順番は厨房の都合におまかえだし、お皿の下げ具合など気も利かなく、ちょっと残念。ただ、アルコールを飲まずに「食べ」に徹したのでひとり2000円で満腹に。

「春節できょうは入場無料です」の声にひかれて「横浜大世界」にも入ってみた。どんな施設なんだかよくわからなかったのだが、中国気分をなんとなく味わえる。上海の京劇学院からきた人のプチ舞台も見られたりして。

しめは中国茶の専門店でお茶。全面禁煙、お店にいられるのは1時間だけ。店員さんも心なしか余裕がなくて最初はちょっとどうかと思ったが、お茶について質問すればきちんと答えてくれた。最近ちょっとした中国茶ブームだけど、お茶が好きでこうなっちゃったのかな、と最後は納得した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッグの中に…

旅に出る前はいつもありとあらゆる手で妨害工作をしてくるホア男。今回は排泄物攻撃に細心の注意を払っていたはずだったのだが…

着替えやスキージャケットなどをあらかた用意し、ジャケットとスキーパンツをまず底にしまい、帰り濡れていることも考えてダイビング用のウオータープルーフバッグを入れ、別室にゴーグルなど小物類を取りに行ったわずか30秒の間にバッグの中で放尿されました。

ぷーん…

発狂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

ドメスティックバイオレンスな日々

ブリーダーのFさんちから連絡が途絶えてはや10日。多少の「おしっこ池」には動じなくなってきたが、最近ホア男がときどき凶暴になってきた。私に向かって激しくシャー!そして爪をジャキーンと出しての攻撃。最初はショックだったがすこし慣れてきたのでカメラを向けてみたら、暗闇の中に光る眼のこんな化け猫ショットが撮れました。

思春期を迎えた息子に「ババァ!」と呼ばれてショックを受ける母親の気持ちがちょっとわからなくもないかもしれない今日このごろ。ついでに言うと、ひと暴れして落ち着くとスリスリして甘えてくるあたり、まさにDV(ドメスティックバイオレンス)の加害者そのもの。スリスリされれば悪い気はもちろんしない。これが人間だったらサイアクですね…。

どうやら、マーキングされた場所を掃除するのが許せないらしい。さらに、終わった後にする消臭スプレーのシュッシュという音も威嚇されているように感じるのか、きょうはアイロンかけで霧吹きをしている私に向かってシャーが出た。

マーキングによる被弾もオレオレ詐欺同様巧妙化。昨日はなんと、かばんの中に入り込んでやらかされた。仔猫のころから人のカバンの中に入ってくるようなことしたことないのに。これに伴い定期入れが死亡。iPodが奇跡的に難を逃れたのはよかったが、ケースはほんのり臭う。さらに、お気に入りのファイロファクスの手帳と財布も一部被弾。財布はナイロンだが手帳は当然、革なので、いまこいつをどうしようか考えあぐねている。とほほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

祝!日韓とも初戦勝利

どっちかというと1次リーグでモルディブ相手に引き分けたりして監督が交代するなど迷走が続いていた韓国のほうが気になってたワールドカップの最終予選。韓国はクウェートを下し、日本もまた北朝鮮に辛くも勝利。よかったよかった。

しかし、まがりなりにも仕事中にこんな美味な試合観戦できるんだからサポの視線じゃなくて一応プロの目線で見てほしかったのに大黒の決勝ゴール、見てたはずの人間が大声で喜んでるだけで誰が打ったか即答できなかった、っつーのが、今夜の激痛でした。

日本(と韓国)でワールドカップの開催がなかったら、私が韓国に興味をもつことも、海外のサッカーに興味をもつことも絶対になかっただろうなぁ、と思うとかなり感慨深い。そんなワールドカップからもう3年。来年はドイツ大会なんだね。時のたつのはホントに速い………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカパーがキタ!

FIFAの津波チャリティーマッチの放送権を買う財力があるかどうかはわからないが、22,23日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントをどうしても見たい!そして受信料は断固拒否ですが海外のニュースを見るにはNHK-BSをのぞくとスカパーに入らざるを得ない…。と言い訳をしてスカパーチューナーを購入した。仮登録は連休後にする予定。

日本時間24日午前4時から拙宅でバルセロナvsチェルシー、観戦したい方は名乗り出てください(笑)。

買ったのはY電機だったんだけど、チューナーは12,000円なのに工事費が20,000円かかるかもしれん、と言われてそんなアホな!と思ったのだが、工事の方の努力のたまもので、説明されていた最低ラインの13,000より安く10,500円で工事完了。

問題はアンテナのある場所がホア男お気に入りの幅30センチのテラスつきだし部分ということ。「ちょっとさわるとすぐ受信できなくなるので気をつけて」と言われた。いまは寒いのであまり動いてないけど、季節がよくなったら絶対受信できなくなりそうな気がする…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

ソルロンタン

p1000167.jpgこの2週間「チャングム」でソルロンタン(牛の骨などを煮込んでつくる白濁したスープ)に焦点が当たっていたため食べたくてたまらず、韓ドラ大好きなさわわんさんと会社近くの韓国料理店にランチに出かけた。

お手軽コリアンなのでそれほどは期待してなかったけどスープの濁りはほとんどなく、塩味もかなりきいてた。もう一人の参加者、肉食獣Y本は「肉が少なかった」。まったくです。

「人間ひとつの欲望を達成すると次の欲望が…。欲望ってきりがない」とさわわんさんに言われたけど、ソウル・明洞で食べたシンソンソルロンタンのソルロンタンを思い出してちょびっと切なく(笑)。

初めてソウルに行ったとき、帰りに仁川の空港で食べたのもそうだったけど、あっちのはスープに味はついていない。自分で塩やキムチを投入して好みの味にしていただく。あ〜、ソウルいきて〜〜〜。

早くペさんブーム終わって(哀願)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/07

鍋に完膚なきまでの敗北

台所用品がけっこう好きです。楽天からメルマガが届くたび、特価で売っているル・クルーゼの鍋、ココットオーバルがほしくなって深呼吸3回とか(笑)。そんなあたくし、料理のキャリアは20年以上。高級で美しい料理はつくれないけど味とセンスにはそれなりに自信があるっす。

でも…。

去年の夏、オリンピックの仕事でいっぱいいっぱいだったときつい通販で買ってしまったCRISTELのフライパン。IHでも使える5層ステンレスのフライパンで取っ手が取れる。ガラスのふたもついているので使い勝手は悪くないんだけど、ちょっとお高かった。

炒めたり焼いたりすると、どうしてもきれいにできない。油の量も調節してみたし、火加減もいろいろやってみるんだけど、特に炒め物。取り扱い説明書を見るとあまり炒め物は得意じゃないみたいだけど、どうやったらキレイにできるんだか見当がつかないんだよね。

焦げるのがイヤならテフロンかそれに類したノンスティック加工がいいんだろうけど、使っているうちにやっぱりコーティングがとれてくるし、取れたコーティングをできあがった料理とともに摂取してしまうことを考えると、どうしても抵抗が…。

マジで困ってます。誰か上手にステンレスのフライパンで炒め物をつくるコツを教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉の苦労を語る(笑)

職場のウエブデザイナー、Sさんとランチに出かけた。職場のなかでは親しい部類だと思うけど、思いがけずふたりとも4人きょうだいの長女と判明。構成は若干違うが、いつも「お姉さんだから」と親に厳しくされた経験もダブり、盛り上がる。

その中で一人っ子の話に。やっぱり姉(というより「大姉」って感じか)には一人っ子の気持ちはわかりにくいし、一人っ子の物事や人の接し方ときょうだいが多い人の人や周囲への接し方はおのずと違ってくるよね、っていう話に。なんかいろいろ納得できることがあったカモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

ついにJ事務所も妥協か?アノ人の顔写真が

全然感情移入はできないものの、なんとなく見てしまう大河ドラマ。誰が誰を演じてるのか気になってNHKのオフィシャルサイトに行ってみた。

びっくり。

FLASHアニメーションの中なので切り出すのは簡単ではないが主役のタッキーさんがお顔をさらしてます。ジャニーズ事務所といえばウエブ上での所属タレントの写真使用についてテッテー的に避けており、もちろん去年の香取慎吾の近藤勇も例外ではなかった。「3年B組金八先生」なんてジャニーズの所属タレントがシルエットなので学校に来られなくなっちゃった子の名前だけ入った卒業アルバム状態。

なぜ今回こういうことになったのか、知りたいね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

ハン尚宮様苦渋の選択、チャングム目を覚ませ〈第16話〉

この2週間、見ていると猛烈にソルロンタンを食べたい衝動にかられてしまいます…。

予想通り、チャングムの「秘策」だった牛乳を入れて煮込むという技は「味をごまかす」と皇太后様に一刀両断されてしまった。皮肉なのはチェ尚宮が「あの方法でやるといい」とクミョンに指示していたのが牛乳を入れて煮込む方法だったが、クミョン本人は賢明にも「貧しい人たちは牛乳を使えない」と、丁寧に煮込む作戦をとったということ。

勝負にこだわり、料理の本質(今回の課題:貧しい人の参考になる食事)を忘れてしまったチャングムにハン尚宮様は皇后お気に入りで病気で臥せっている尚宮の世話をさせるため宮中から追い出してしまう。笑いが止まらないチェ尚宮は兄や女官長を動かし、チャングムがいないうちに次の勝負を設定し、一気にカタをつけようとする。

以下ネタバレありです。

続きを読む "ハン尚宮様苦渋の選択、チャングム目を覚ませ〈第16話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

久しぶりにディスクをメンテナンス

ずっと先送りしてきたNortonの最新バージョンを買ってディスクをメンテナンス。

この1,2カ月、ときどきHDDがいやな音を出すことがあったのと、メーラーのEudoraがなぜか挙動不審で、割り当てメモリを増やしても問題が解決していない。さすがにマズイかと。WindowsからMacに乗り換えたらそのマシンでいきなりトラブル、 みたいな話をよく聞くんだけどこれまであんまりマシントラブルを経験してないのでバックアップもそんなにちゃんとやっていないし…。

案の定「重大な欠陥」が見つかりCD起動で修復。デフラグに3時間かかりました。これからはもうちょっとこまめにやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/04

FIFAチャリティーマッチ、その目眩いのする中身

さっきのエントリではさらっと流してしまいましたが、15日のスマトラ沖地震チャリティーマッチ、たいへんなことになっています。許されるのならば(もちろん許されるはずもないが)15日カンプ・ノウにいたい!

有名どころをあげるだけで…
シェフチェンコ(ACミラン)チーム→GK カシーリャス・ブッフォン DF マルディーニ・プジョル MF/FW バッジオ(!!)・バラック・ベッカム・デルピエロ・アンリ・ネドヴェド・ラウル・トッティ・ジダン
コーチ:リッピ・ヴェンゲル

ロナウジーニョ(バルセロナ)チーム→DF カフー・ザネッティ MF/FW アドリアーノ・カンビアッソ・チャドゥリ・エトー・中田英・ロナウド
コーチ:ライカールト・ジダ

めまいがします(笑)。やちゃさんと必死にググって放送予定を探しましたが日本での放送予定をキャッチすることできず…。ヨーロッパvs南米・アフリカ・アジアって感じですね。やっぱりこういうところで選ばれる中田英には敬意を表さんとイカンのだろうか。複雑。っていうかアジアのトッププレーヤーといえば中田英とチャ・ドゥリなのね……。ヨーロッパでがんばるほかの日韓選手たちよ、奮起せよ、と。

この試合、10万人を収容できるFCバルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウを球団は無償で提供。チケットもカテゴリ1(「屋根つき」…笑)で29ユーロと値段も手頃。収益は国際赤十字に子どもの保護を中心に使ってもらう目的で渡すのだそう。今回の津波はヨーロッパのバカンス客たちに甚大な被害が出たこともあり、この試合も含めてみんなの思い入れが深いことを感じる。

さて、AFC(アジアサッカー連盟)かんでるはずなんだけど、震源地を抱えてるアジアとして、ピンときてない感じがするのは、どうなんでしょ。

もちろんこれほど華々しくするのは不可能だけど、ワールドカップの最終予選だっていままさにやってるわけだし、なんかもうちょっとなんとかならんのか。中越地震のときは新潟でチャリティーマッチやったけど、今回は、やらないんだよね、この時点で動きないんだから…。国立とか横浜国際・埼スタを埋めてお金集めてアピールできないの?って気がします。

こんなエントリがありました。
津波関連のニュースは、もうないのか?(掬ってみれば無数の刹那)
なんだか日本人として歯がゆいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

最近のモルディブ情報

選挙が終わって一息というところですが、The Haveeru Dailyの英語バージョンをのぞいていたら「リゾートは再開しているが援助の必要な人はまだまだいる」という趣旨で、27万人の人口の約三分の一が今回の津波の影響でなんらかの援助を必要としている、という記事がありました。

さらに、計画されながら費用の問題で頓挫していた津波監視システムが今年中にできる方針、とのニュースも。できたシステムが関知した津波をどうやってリゾートに伝えるか、などなど問題はありそうだけど、ないよりはそりゃ、あったほうがいいよね。

あと、ウェブを漂流していて見つけた情報をふたつ。

1 コリーナさん、FIFAの津波チャリティーマッチの主審に決定(uefa.com
→サッカーファンじゃない人も、ワールドカップの時にちょっと有名になったスキンヘッドの審判のおじさん思い出してください(笑)。そう、福岡空港に行くとたこ焼き持って笑ってる看板の人です…。ちなみに副審のひとりはモルディブ人の模様。
バルサのホーム、スペイン・バルセロナのカンプ・ノウで15日開かれる予定のこの試合は、ロナウジーニョ(バルセロナ)とシェフチェンコ(ACミラン)をキャプテンとしてヨーロッパのクラブチームの選手たちが多数出場、入場料などを津波の被害者の救援金にあてる予定。カンプ・ノウに試合を見にいける人は少ないと思いますが……。

2 「Maldives days」(モルディブデイズ) スマトラ沖地震チャリティー広田行正写真展
→17日から22日まで鎌倉で開催されます。詳しくはコチラ。神奈川県民はがんばって行ってもいいかも〜。
Rakuen Maniac Blogさんの情報)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

美内すずえは姫川亜弓だった?

ガラスの仮面 (第42巻)
美内 すずえ

白泉社 2004-12-16
売り上げランキング : 141
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やっと見ました。「THE 少女マンガ」。美内すずえの特別インタビューと「ガラスの仮面」の作品紹介の1時間。ストーリーを知ってる人間にすると、あらすじはほとんどどうでもよくて「で、どうなるの」って感じではありました。

驚いたのが、劇中劇としてマヤが演じるさまざまな芝居、これをすべて脚本から書き、マンガに落とす「場」を選んでいたという話。「これをやってなかったらもっと早く終わってた」と語る美内センセ。演劇が舞台のマンガにもかかわらず芝居に関してはずぶの素人で最初にやったのは書店に行って演劇の入門書の購入。芝居を見に行くことで勉強したっていう話もびっくりだ。

1976年に連載をスタートして約30年。番組では「ガラスの仮面」に至るまでのデビューの過程も紹介された。やっぱり、というか天才だったんだね〜と思うと同時に、亜弓もマヤも彼女の分身なんだねって感じたかも。

長い連載のなかにあったいろいろなハプニングも紹介。マヤが「奇跡の人」でブレイク、大河ドラマに出演して出会う恋人里美茂。ファンからは「マヤちゃんの恋人は桜小路君じゃないの?」の大ブーイングを浴びたとか。さらに、この恋をきっかけに乙部のりえの策略にハマったマヤの仇討ちをすべく乙部のりえと同じ舞台に立ち彼女をギャフンと言わせたことでファンの間で亜弓さん株が急上昇。好敵手であり実は親友?のような現在のポジションを獲得したというエピソードも紹介されていた。

VTRの中には美内センセの「ネタ帳」も登場。「結末に近い部分の記述もあり、アップでの撮影は断られた」そうな。それにしても「紅天女」ってもう初期のころからあおり続けているにも関わらず、ストーリー、キャラクターともにどう描いていいのか考えあぐねた結果、連載のペースが急激に落ちたっていうのも天才らしい「ガックシ」かもね。

ファンのみなさんにエンディングを読むためには「健康で長生きしてください」って言い放っちゃうところもスゴイです。いやいや(笑)。

でも6年かけて42巻の話の進展具合は、さすがに許せないかもね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/01

指揮官はつらいよ「救命病棟24時」4話

ドラマ見た直後にだーっと書いてアップロードボタンを押したら「メンテナンス中です」のメッセージが出て立ち直るのに36時間かかりました(泣)。

この日の主題は仕切らなきゃいけない人のつらさ、だったかな。下にいる人間は自分が一生懸命やってればそれでよくて、そのことについて評価もしてもらいたいし温かい言葉もかけてもらいたい。時には自分がやってることが全然ダメでも気がつかず「一生懸命やってるんだから」と逆ギレしたりね。自分をフォローしてくれない上の人間に対しては文句言ったりグチこぼせばいいけど…。

ホワイトボードに貼り出された大量の「解決すべき問題」。進藤の指摘する「チームをつくって交代でやらないと」というのはまったくの正論。だけどそこまで手が回らない黒木医局長(香川照之)。今回は特にそうだけど進藤って正式に組織の一員でもちょっとアウトサイダーというか一匹狼というか、命を救うことにベストがつくせれば何をしてもOKっていうところが。前回のシリーズでもそれをニコニコ笑いつつフォローしていたいっけい医局長がいたから、第1外科の教授がチクチク言ってきてもなんとかなったわけで。

そういう「みんないっぱいいっぱい」の中で「白衣はきれいなものに着替える」「無精ひげ禁止」などを命じる看護師長さんはさすが、と思った。でも戻ってきた大友(MEGUMI)に「おせんべい食べるとのどが乾くのよね」と嫌味を言わずにはいられない。

このほか望先生(京野ことみ)の過去とか、病院を抜け出したヒロキ(石黒賢)とか、まだ目が覚めきらない寺泉センセイ(仲村トオル)とか、もりだくさん。でも今週ホントにどうかと思ったのは…。

続きを読む "指揮官はつらいよ「救命病棟24時」4話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »