« 美内すずえは姫川亜弓だった? | トップページ | FIFAチャリティーマッチ、その目眩いのする中身 »

2005/02/03

最近のモルディブ情報

選挙が終わって一息というところですが、The Haveeru Dailyの英語バージョンをのぞいていたら「リゾートは再開しているが援助の必要な人はまだまだいる」という趣旨で、27万人の人口の約三分の一が今回の津波の影響でなんらかの援助を必要としている、という記事がありました。

さらに、計画されながら費用の問題で頓挫していた津波監視システムが今年中にできる方針、とのニュースも。できたシステムが関知した津波をどうやってリゾートに伝えるか、などなど問題はありそうだけど、ないよりはそりゃ、あったほうがいいよね。

あと、ウェブを漂流していて見つけた情報をふたつ。

1 コリーナさん、FIFAの津波チャリティーマッチの主審に決定(uefa.com
→サッカーファンじゃない人も、ワールドカップの時にちょっと有名になったスキンヘッドの審判のおじさん思い出してください(笑)。そう、福岡空港に行くとたこ焼き持って笑ってる看板の人です…。ちなみに副審のひとりはモルディブ人の模様。
バルサのホーム、スペイン・バルセロナのカンプ・ノウで15日開かれる予定のこの試合は、ロナウジーニョ(バルセロナ)とシェフチェンコ(ACミラン)をキャプテンとしてヨーロッパのクラブチームの選手たちが多数出場、入場料などを津波の被害者の救援金にあてる予定。カンプ・ノウに試合を見にいける人は少ないと思いますが……。

2 「Maldives days」(モルディブデイズ) スマトラ沖地震チャリティー広田行正写真展
→17日から22日まで鎌倉で開催されます。詳しくはコチラ。神奈川県民はがんばって行ってもいいかも〜。
Rakuen Maniac Blogさんの情報)

|

« 美内すずえは姫川亜弓だった? | トップページ | FIFAチャリティーマッチ、その目眩いのする中身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/2797974

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のモルディブ情報:

« 美内すずえは姫川亜弓だった? | トップページ | FIFAチャリティーマッチ、その目眩いのする中身 »