« さすが皇太后様!いいことづくめでコワイ〈第19話〉 | トップページ | ちょっと慣れてきた? »

2005/02/26

もうすぐアカデミー賞 カウチで6連発

いよいよ月曜日、アカデミー賞の授賞式。去年は猛烈に忙しかった余波もあり、劇場で見た映画が「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」「大脱走」(リバイバル)「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「スウィングガールズ」の4本とここ5,6年でホントに映画を見ない1年になってしまった。そのせいなのかどうかわからないけどアカデミー賞に向けてのモチベーションもなんだか上がらない…。そっか、WOWOW解約すると生で受賞式見られないのか?くらいで。

相変わらず体調がもうひとつ優れないのできょうはカウチ映画鑑賞デー(無料視聴期間ありがとうスカパー)に。

1シュリ
ハン・ソッキュ キム・ユンジン

アミューズソフトエンタテインメント 2000-07-21
売り上げランキング : 20,851
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈1999年 韓国映画、おすすめ度★★★★〉 DVDももちろん持ってるけど、つい見ちゃうね〜。イ・バンヒのキム・ユンジンのだんごっ鼻もいいけど、ジャンギル兄貴(=ソン・ガンホ)最高です。そういえばキム・ユンジン、アメリカABCの「LOST」というドラマに出演してるそうで…。韓流ブームなのにすっかり忘れ去られているのが寂しいかも。

と、これを皮切りに6本も観ちゃった…。

2. 仮面の男(The Man in the Iron Mask)
レオナルド・ディカプリオ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-02-18
売り上げランキング : 1,019
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈1998年 英制作 おすすめ度★★★+半〉 imdb詳細ページへ ディカプリオのコスチュームプレイかぁ、と全然見る気がしなかったんだけど、おっさん三銃士 アトス=ジョン・マルコヴィッチ、アラミス=ジェレミー・アイアンズ、ポルトス=ジェラール・ドパルデュー が意外とよくて最後まで見てしまった。特にアラミス。ジェレミー・アイアンズってどっちかというと苦手な俳優だったんだけどなんでだかこれよかったす。ダルタニアンの設定がかなりどひゃーでどっちらけなのと、ディカプリオの2役は無理(苦笑)な点をのぞけば、かなり楽しめた。「アヴィエーター」どうなるかなぁ。ケイト・ブランシェットがエヴァ・ガードナーらしいんでこれはかならず劇場で見ないとと思ってますが…。

3.イブの総て(All About Eve)
〈1950年 米制作、おすすめ度★★★★〉―韓国ドラマではありません…
imdb詳細ページへ
(DVDは、ないらしい)
古典中の古典なんだけど意外にも見ていなかった。イブ(アン・バクスター)がホントにbitchで、迎え撃つマーゴ(ベティ・デイヴィス)とのbitch対決には、素直に感動。流行らないと思うがスーザン・サランドンとシャーリーズ・セロンあたりでリメイクしてほしい。

4.ニューヨークの恋人 特別編(Kate & Leopold)
メグ・ライアン

ハピネット・ピクチャーズ 2003-11-27
売り上げランキング : 2,314
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈2001年、 米制作 おすすめ度★★★★+半分〉 imdb詳細ページへ ヒロインはメグ・ライアンじゃなきゃいかんかったんか〜コレ?もっと若い娘にやらせるべきだったような…。もうこういう役はしんどいでしょ。でもヒュー・ジャックマンが文句なくかっこよく(笑)気持ちよく2時間見られてしまいました(汗)。あり得ない!と思いつつやっぱりこういう作品には女性は弱いでしょう…。やっぱり「ヴァン・ヘルシング」見とくんだった…。最近どうしてるのかと思ってimdb見にいったけど、ぱっとしないすね〜、ヒュー様。
5.めぐりあう時間たち (The Hours)
ニコール・キッドマン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈2002年、米制作 おすすめ度★★★〉 imdb詳細ページへ 映画館で見たときはなんでこんなに陰気なの観ちゃったのかよー!と激しく後悔したんだけど改めてみるとニコール・キッドマンとジュリアン・ムーア、そしてエド・ハリスがうまくてついつい最後まで観てしまった…。
6. 若草物語(The Little Women)
ウィノナ・ライダー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
〈1994年 米制作 おすすめ度★★★+半〉 imdb詳細ページへ ジョーがウィノナ・ライダーでお母様がスーザン・サランドン。ハイハイと思って途中から観たらまだ子どものカースティン・ダンストがエイミーデ出てるわ、不気味な役ばっかりやってる感のあるクリスチャン・ベールがローリーだわ、骨太で病弱そうに見えないベスはクレア・デインズだわ、配役の「妙」(strangeのほうでお願いします)で最後まで観てしまった。成長したジョーが思ってた以上に「うざい女」でちょっとがっかり。

|

« さすが皇太后様!いいことづくめでコワイ〈第19話〉 | トップページ | ちょっと慣れてきた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/3106304

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐアカデミー賞 カウチで6連発:

« さすが皇太后様!いいことづくめでコワイ〈第19話〉 | トップページ | ちょっと慣れてきた? »