« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

家も黄金週間@横浜

家も黄金週間@横浜

今日まで仕事。。。でも職場のみんなは意外にいろいろあってあまり連休ぽくありません。申し訳なし。
というわけでリクエストにお答えして久しぶりにスコーンを焼いて会社に持っていってみた。一時ハマってたんだけどうまくて食べ過ぎることに気がついて長年封印してました。
いやー粉とバターを混ぜ始めてから焼き上がりまで40分。やっぱり簡単です。今回は全粒粉を使ってみたら、ベーキングパウダーは多めに入れたんだけど膨らみがもうひとつ。でも久しぶりに作ったにしてはまあまあかな。
川平ファームのパイナップルジャムも酸味が爽やかな期待以上の品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/29

街は黄金週間@汐留

街は黄金週間@汐留

夏の日差しを受けて出社。こんな日に1日オフィスワークは拷問っす。
汐留もちょっとしたお祭り気分。地ビールがずらりとならび、移動屋台のケバブや中華?のお店も。あと1日がんばろう。
仕事の合間に先輩とこういう陽気ならどこ行くかという話に。先輩的にはジャグワーを走らせ神戸らしい。遠いって。
「飛行機あいてたよ!」沖縄、それもなんと粟国島(あぐにじま)に2日から行く先輩も。4連休なんてめったにないからまた沖縄行けばよかったかな。でも1か月に2回はさすがに贅沢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

脱走常習犯チャングム、そしてアツイ男が救出に〈第28話〉

道ばたで息を引き取ってしまったハン尚宮様。嘆き悲しむチャングムだけど、墓標すらない場所に埋められてチャングムは済州島へ向かいます。内禁衛(ネグミ)の長官に軟禁されていたのを何とか外に出たチョンホ様も、チャングムに追いつけず。

B0009V7V52宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX 3
イ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ

バップ 2005-08-24
売り上げランキング : 6,314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハン尚宮の死を知った宮中にも少なからず衝撃が走ります。「自分も謀反人だから私も済州島に送って」と泣きながら訴えるヨンセンが本当にかわいそう。だってヨンセン、チョン尚宮さまに続いてハン尚宮もチャングムも失ってしまったんだもの…。

以下ネタバレです。

続きを読む "脱走常習犯チャングム、そしてアツイ男が救出に〈第28話〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

ブデチゲ!

ブデチゲ!

新橋の韓国料理店「ママチプ」にて。サムギョプサルも厚切り肉をちょきちょきするタイプで、ちょっとした韓国気分を味わい中です。しあわせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

混んだ電車内にて

原因はなんであれ、一瞬にして50人もの人が命を奪われた福知山線の列車事故にやりきれなさがつのります。
いま、自分のまわりを見渡してみる。みんな帰るべき家があり友や家族がいて予定がある。あんな目に遇うと思って電車に乗り込んだ人はいないはず。
死者の数の何倍もの人たちが嘆き悲しみ、肉体的・精神的後遺症を抱えて一生いきていかねばならない人たちがもっといる。
そんなふうに考えると、後の祭りとはいえ定時運行ってさほど大切じゃない気がしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

猛烈に甘える

きょうはかなり久しぶりに家から一歩もでない休日だった。

そしたらホア男がついてきて離れません…。イヌか?っていうくらい後をついて歩いて、ドアを閉めても開けてついてくる。ソファに座ってもPCの前に座っても膝にのってくる。結局ホカホカな感じでだらだらして終わってしまった…。やらなきゃいけないこともいっぱいあるんだけど、まぁ、たまにはこんな日があってもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

川平ファームのパッションフルーツジュース

那覇空港でひっそり売っていたのを見つけて買って帰り、指示どおり牛乳で割って飲んだときの感動が忘れられない一品。ネットの発達と旅番組でたびたび紹介されているせいで、最近はトップシーズンはとても手に入らない品物になってしまいました。

今回は車を借りたので直接お店で買いました。市街地からだと川平(かびら)への入り口にあり、ちょっと不便な場所なのですがお客さんは引きも切らず。最近はANAの通信販売にも卸すようになったそうです。値段は1.5倍ほどしますが…。
ジャムもおいしいそうなので今回購入!といっても私はほとんどジャム食べない人なので、またしばらくヨーグルト食べようっと。

南の島に行った気分になれる超超超オススメのドリンクです。ソーダで割ったりカクテルにしたりもいいけど、やっぱり牛乳でわった濃厚な味がいちばん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子焼シーサー

米子焼シーサージュースを買ったときに一緒に梱包してもらったのでやっと届きました…。初めて那覇に行ったときに牧志の市場のすみっこに売っていたんだけどその子たちは大き過ぎ、空港の売店などで物色し続けはや7年(笑)。

やっと工房に行けたのでいろいろ迷ってこの子たちにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの真剣トーク

やっとスケジュール調整ができ、数少ない「同志」(と私が勝手に思ってるだけかもしれないが)とごはんを食べに出かけた。どこに行くかなかなか決まらず銀座をさまよい、最終的に久しぶりに「ティーヌン」へ。

いやー喋ったしゃべった。

喋りたらず2次会は3時まで。イチゴのフローズンカクテルを前に話している内容はけっこうハードっす。ま、いつものことだけど。脳みそぐちゃぐちゃ。でもちょっとこれから何をしたらいいか道みたいなものがうっすら見えたかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

次の法王は誰?気が早すぎる人たち

けっこう熱心にチェックしてしまったローマ法王関連ニュースですが、システィナ礼拝堂から白い煙が上がり、新しく選ばれたのは故ヨハネ・パウロ2世の右腕といわれたラツィンガー枢機卿。ベネディクト16世となりました。

子どものころヒトラー・ユーゲントに入っていたというドイツ出身です。OBMちゃんは「悪そう」(=いい人に見えない)と言ってます。ドイツから法王が出たのは1000年ぶりとか、ポーランド、ドイツと2人続けて「地元」以外から法王が選ばれたっていうのもまたニュースらしい。ただ、ドイツはプロテスタントもいるし、その保守的な教義解釈とあいまってポーランドみたいに諸手をあげて万歳って感じではなさそう。

さて。BBCにかなり笑えるニュースが出ていました。

Bets open on Benedict's successor(ベネディクトの後継者についての賭けがスタート)

ダブリンに本拠をおくブックメーカー(賭け屋さん)が早くも次の法王は誰かの賭けをスタートさせたそうな。まぁ、ベネディクト16世は78歳。10年やったら88歳っすからね(苦笑)。現実的っちゃ現実的なんですが…。

このヒト、話題つくりもあってかサンピエトロ広場に賭けのオッズを書いたポスターを貼って警備の人に広場から追い出された、とも報じられています。

で、現時点のいちばん人気はヴェネチア総大司教のスコーラさん。ま、地元ですし。次がウイーン大司教のシェーンボルンさん。ニューヨークタイムスの候補者リスト(もちろん今回の人を選ぶにあたっての、ですよ)を見ると、スコーラさんはラツィンガーさんより悪そうです(爆)。この候補者リストよくできていて候補者をアルファベット順、出身の大陸別、年齢別にシャッフルできちゃう。でもラツィンガー枢機卿が入ってなかったのはナゼ?抜いたんだっけ…。

記事を紹介しているエントリをTBしていただきましたがbenedictXVI.comというドメインもすでに取得されているらしいし、なんかこういう世の中っておもしろいなぁ。

「天使と悪魔」によると、歴代法王の平均在位年数は6年ちょっと。休日はなく1日平均の労働時間は14時間で、枢機卿の間では「(法王に選ばれることは)天国への最速の早道」といわれているとかいないとか。

そんな激務を26年間やっちゃった前の法王もすごいっすけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/21

あんまりです!ママニィム!!〈第27話〉

先週も何から書いていいかわからずタイムアップになってしまいまだ下書きなんだけど今回、22時半頃からはもう泣けてなけて仕方ありませんでした。

チョンホ様が硫黄を食べたアヒルの「無罪」を証明してくれて一安心!そろえた材料でハン最高尚宮とチャングムが無事アヒル料理をつくって身の潔白をはらせるかと思いきや、そうや問屋がおろさないのがチーム・チェ。なんとも卑劣な手段でふたりを陥れます。

以下ネタバレです。

続きを読む "あんまりです!ママニィム!!〈第27話〉"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大失敗

マーブルちゃん拙宅にやってきたのはうるうるとした目がかわゆいマーブルちゃんでした。日頃ホア男を見慣れているのでとてもきゃしゃでちっちゃくて愛らしい!

しかし。

ホア男はケージの中からシャアシャアと威嚇。ビビったマーブルちゃんはケージの中で彫像になってしまった。やっとケージから出てきたはいいが、テレビの上に乗っかって微動だにせず。明るくておてんばな性格と聞いていたのに、ボイスレスキャットそのもの。お気に入りの乾燥馬肉にも手をつけず…。

ひとしきりシャアシャアいった後はけっこうその気になっていたホア男だけど、今回は連れ帰ることに。はぁ、ステージ2も失敗か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/20

ホア男、迎撃

ブリーダーのFさんからお電話があったのは石垣で楽しいダイビングを終えて帰ってきたときだった。マーブルちゃんにヒートが…。そして、去勢ずみのビー君に「カモ〜ン」などとやっているとのこと。いろいろと相談して本日午後、Fさんがマーブルちゃんを連れてやってくることとあいなりました。

っていうか、「その間」私、Fさんと何してればイイんですかね……。

石垣から戻っていったん帰宅、軽く掃除をしてから夜勤。昨日は新しい法王が選ばれたりしたもんで帰宅も遅れ、へろへろです。CNNに映る煙突を見ながら「黒い煙でお願いします!」と真剣に思っていたことは言うまでもなく。今朝起きてなんとかお掃除をして準備しましたが、気配を感じてるのかちょっと今日はオトコな感じですでにシャアとか言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/18

なんと3本

雨がときどきざぁざぁ降るお天気ながら海中は思いの外明るく、とにかくサンゴがすごい!荒れてない海は、豊かです。一緒に潜った子も一人旅でかなり意気投合、明日は朝のフライトで石垣をたつのに安全ポリシーをおかして3本潜っちゃった。
大きなネムリブカ(サメの一種)にキンチャクガニやオオモンイザリウオにも会えたし、また来なくては!な海でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨。

沖縄にダイビングに来て雨に降られたのは4年前の2月以来。。。裏を返せばそれ以外はトップシーズンにきてるということなんだけど。
迎えの車を待ちながら、ヘタレな私は今日は1本でもいいなと思いつつスタッフをいまや2人抱えるサービスに成長した誠さんたちのためには2本行くのが礼儀か?などといろいろ考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/17

ダイビング初日満喫

午後から雨がぱらぱら振りはじめた石垣です。
ただ今日のダイビングは午前中だったので晴れ間ものぞき、まずまず快適でした。
水温は23から24度。5ミリのウェットにベストでほぼ寒さを感じず。透明度透視度もグッド。夏の華やかさこそありませんが魚影もほどほど。サンゴがすごかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子焼工房

米子焼工房ついにきました。

【追記】ダイビングサービスのある伊原間(いばるま)から車で20分ほどの米原にある米子焼(よねこやき)の工房です。こういうちょっと突き抜けたカンジのシーサーは那覇空港なんかにもたくさん売っていますがここが工房。お店の隣では職人さんたちが黙々と型抜きでシーサーをどんどこつくっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

4年ぶりのマエザト

実は今日夜勤明けなのでかなり疲れてます。私以外の泊まり客4人はまだまだ宿の若ダンナ?ヒデにぃと飲んでますが撤収。
白保の民宿マエザトも久々。ヒデにぃの相変わらずの動物的カンに感動。顔をみるなり4年ぶりくらいなのに開口一番「ただいまはどうした!?」ですからね(笑)。名前は覚えてないけど顔は、というのがスゴイ。
宿差し入れの「八重泉」で盛り上がるのもいつも通り。今日のメンバーは商社マン、農業技術のセールスマン、広告代理店のOLさん2人、となかなかオトナなカンジ。楽しい石垣の第一夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日差しが痛い那覇

2年ぶり、快晴の那覇空港につきました。うりずんっていまの季節のことなんだろうか。。。暑くはないけど日差しはもう夏。エアコンもきいてます。乗り継ぎを少し遅らせたのでルートビアをお供にのんびり。
が。モブログで画像を添付するとimage-fullというキモイclassがついて小さな画像がテキスト入力エリアいっぱいの500pxに拡大されて表示されてしまうことが判明(メールくれた人ありがとね)。
なんと沖縄からカスタマーサポートに問い合わせてしまった。何やってんだか。あと30分ほどで石垣行きに乗り継ぎます。わくわく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/15

王様の病気…まさかの逆転劇が〈第26話〉

前回はやっとやっと感動の対面があり、少しずつハン最高尚宮の時代ができるのかと思いきや、やっぱり正しいことを急いでやりすぎちゃった感じ。

そしてもう来週はまさかまさか!?お正月あたりの特番でも「死罪!」なんてところをみどころでやっちゃってるから心の準備はできてるといえばできてるんだけど…。ちょっとNHK海外ドラマグループの人たちのセンスを疑いますな。

ハン最高尚宮のアヒル料理を痛く喜び王宮に戻ってきたはずの王様が高熱を出して意識不明になった。療養に行ったのに具合が悪くなったことから医務官たちもてんやわんや。そしてそのことを知ったチェ尚宮はチョンジュチョナプタンでトックおじさんが死罪になりかけたことを思い出して一計を案じます。

4144071340韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編
NHK出版

NHK出版 2005-01-26
売り上げランキング : 539
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレ。

続きを読む "王様の病気…まさかの逆転劇が〈第26話〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

カメラ好調!

横浜ではすっかりサクラも散り、ここのところ寒い毎日。やっとカメラをPCにつないでデータを吸い出した。

キレイ。発色もピントも悪くないじゃないですか…。というわけでちょっとうれしくなってしまい、写真をトップバナーに貼りつけてみた!この写真はズームをいっぱいいっぱいに使って枝のサクラを撮ったもの。プロフィール写真にも貼ってみた。

うーん、海で試すのが待ちきれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

原油価格が上がって意外な効果

原油価格の高騰で日本でもいろいろな影響が出てきているけどちょっと皮肉なことがニュースで紹介されていた。

たとえば。
・温室で栽培しているバラ。冬の間がんがん暖房をつかって暖かい環境をつくり出荷してたのがふんだんに油を使うと原価割れを起こすので、やめる農家が出ている
・プラスチック製の家庭用品。全部パーツをプラスチックでつくると高くついてしまうため、金属や木の代替部品を使ってプラスチックを減らしている

なるほどね〜。プラスチックって環境的にどうなの、とどんなに声高に叫んでもどうしようもなかったのに値段が上がれば使いにくくなるわけで。資本主義ってすごいね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

石垣島いってきます。

今月あたままでちょっとしんどかった仕事も一段落、と思いきや、次から次からけっこう忙しい。

今週末3連休がついていて、翌日も夜勤なのでどうしようかなぁ、とさんざん悩んだ。2泊までならホア男もひとりで留守番できるが3泊となるとちょっとキツイ。でも幸いいま職場がネコばかさん率が高いため、OBMちゃんがシッティングを1日引き受けてくれることになった。

善は急げ!というわけで沖縄近辺を調べてみた。最初は初めての座間味島を狙ってみたんだけど水温22度を見てもうヘタレの私はだめ。石垣島ダイビングスクールのサイトを見たら26度とあるのでコレは!と思い、5年ぶりに「美海(ちゅらうみ)」に連絡をとる。もちろん旅はマイルで(笑)。

水温は25度。お天気がよければ暑いくらいだけど日光がないと寒い、いかにも春らしい感じ。次の仕事にスパートかけるためにちょっとブレイクしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

間の悪いふたり「At last」

間の悪いふたり、と書いたイギリスのチャールズ皇太子とカミラさん、ぶじ結婚式を済ませました。

英皇太子、ジミ婚で再出発 英国民は思い複雑 (アサヒ・コム)

ついBBCワールドの生中継じっくり見てしまいました。気になった点は。

・今日着る服、かなり悩んだはずのカミラことコーンウオール公爵夫人。ドレスは素敵だったんだけどあの鳥の巣みたいなヘッドドレスはどうかなぁ。
・とはいうものの、やはり正装にはお帽子が必要なんですね〜。ホンモノの上流階級のレディーさまたちをじっくり観察!
・ウイリアム王子、顔はお母さんなのに後頭部がもうお父さんに似てきてます!ヤヴァイ!
・セーラ妃の娘さんたちふたり、けっこうもういい大人なんだ。意外と(失礼!)かわいいし。BBCの解説者が「ファーギー(セーラ妃)がいないのが残念〜」みたいなことを繰り返していたのが印象的。

サンデータイムスのオンライン版では、次男のハリー王子がウイリアム王子を和ませた、とほめる記事をアップしてました。でも世論調査ではぶっちぎりで次の王様はウイリアム王子を希望してる国民のほうが多いそうな。

確かに、チャールズが王様になっても「王妃(=Queen; Her Royal Highness)」の称号は使わず「Princess Consort(和訳、どうなんの?)」ってのもいかにも間抜け。チャールズ、間の悪いまま王様になれずに終わるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出勤前にお花見

05040901きょうから来週金曜まで7連投。昨日も暖かかったのできょうあすでサクラは満開、月曜の雨でみんな散ってしまう〜しくしく。と逆算してきょうは1時間早く起きてお花見してから出勤することにした。

家の近く、木が植わっているのは消防署の敷地内とあんまりイケてるロケーションではないのだけれど、川ぞいにソメイヨシノが並んでいるのはそれなりに壮観。いい感じです。

先輩が教えてくれた「花見は日本の文化っていうけど、ソメイヨシノが植えられたのは明治以後」っていう話を思い出しながらのんびり。気持ちよく出勤すると仕事にも余裕が出ますな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

花見ドライブ?

転勤直前に博多で震度6の地震に遭遇したそのちゃんがぶじ戻ってきた。引越し前は地震の片付けやらアルバイト先の片付け、そして引越し準備に福岡からロシアンブルーのメモちゃんをつれての車での移動とたいへんだったはず。聞けばあったかい食事とかあまりしていないようなので、グリーンカレーを鍋いっぱいつくって横須賀に届けることにした。

野菜もあんまり食べてないだろうから、この前Y本が高知から買ってきてくれた高知のゆずエキスをたっぷり使ったドレッシングでトマト・きゅうり・水菜と新たまねぎと一緒に漬けたスモークサーモンのマリネを添えて。ん〜いい感じです。

おとといくらいから一気に暖かくなってサクラが満開。横横を快調に飛ばしていくと山全体がほんのり白というかピンクというかになったところもあって、それほど接近はできないけどお花見気分は満喫。

結局カレーをそのちゃんと食べ、久しぶりの再会を祝ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

感動の対面!そして運命の温泉旅行〈第25話〉

はー、ココまで長かったですな…。ようやくチャングムとミョンイ、ハン尚宮(ペギョン)の関係がはっきりしました。このネタでずっと前半もたせていたわけなので肩の荷が降りた感じです(笑)。ハン尚宮の心の氷は溶けたと思いますけど、失った親友はもう戻ってこない。

B0009V7V52宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX 3
イ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ

バップ 2005-08-24
売り上げランキング : 6,314
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、チャングムを吹き替えている生田智子が息をのむ音が大げさすぎて気になって仕方ないのは私だけでしょうか…。韓国語を聞いてもヨンエ様そんな大げさに息をのんでないっすよ!

ミョンイ最期の様子を聞いたハン尚宮は、チャングムがミョンイの娘と知ったらチーム・チェが放っておかないとすぐ気づきます。

以下ネタバレ。

続きを読む "感動の対面!そして運命の温泉旅行〈第25話〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマ法王死去の波紋

お葬式の日程が金曜に決まり、こんな感じらしい。

米大統領到着、ローマは厳戒態勢 弔問客500万人に(アサヒ・コム)

ローマの人口は250万人らしいんで、その倍の人間がローマに向かって押し寄せてると。もう狭い通りまで人でいっぱいでたいへんなことになってるそうです。ここはひとつNHK-BSの海外安全情報あたりを見ておきたいところだけど、外務省の5日付の情報は、予想どおりまったく役にたたない(苦笑)。

ポーランドからはローマへの特別列車が出てるんだけど、警備の都合もあってもう一般弔問客は受け付けない(サンピエトロ大寺院に向かう列に並ばせない)ってことになったらしい。イタリア政府は「きても法王様にはお別れできないからローマの中心部にこないで」と言ってるそうですが…。

大量輸送の21世紀だからってのもあるが、BBCワールドの方は落ち着いてきたけどCNNは引き続きジョンポールまつり。ナチスの強制収容所から解放されて死にそうだったところを法王(当時はまだ僧侶見習い)に助けられた女性の話とか、まぁ興味深いっちゃ興味深いんだけどこうやってずーーっとそのニュースばっかりやられてると洗脳される感じがしてキモイっす。

あと、忘れちゃいけないのがコレ。
英皇太子の結婚式、9日に延期 ローマ法王葬儀で

昔ドラマの「ちゅらさん」でいつもおばぁに「間の悪い男だねぇ」と言われていた島袋製作所ことガレッジセールの川ちゃんを思い出します…。っていうかね、お葬式8日で翌日結婚式ってどーなんですかね(苦笑)。このふたり、最初から結婚してればダイアナを不幸にすることもなかったし、とかいろいろ考えると常に間の悪い感じで進捗してるわけで、なんか気の毒というか縁起が悪いというか。

【追記】こんなblogにリンク&TBをしていただきました。なるほど。やはり小泉がヴァチカンに行かないというのは、かなりの人が感じる違和感なわけですね。

ローマ法王葬儀 ブログ読み比べ!Blog-Headline

確か亡くなった直後は行く気満々だったはず。外務官僚が首脳会談など根回ししきれなかったのかなんなのか、興味ありです。しかしこれだけの大舞台。BBCは葬儀参列のために集まった首脳たちの間での話が今後大事なことに発展する可能性もあるよ!って言ってました。なのに日本政府代表として出すのが川口順子ってどういう人選なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

I love you, ランパード

チャンピオンズリーグ観戦ナイトをようやく実施しました…。

しかし。久しぶりにお泊まりの来客、ということでお布団を干したり、ネコ砂が飛び散っているための直前のお掃除などで前日午前6時起きのアタクシ。午前2時に力尽きて起きたら8時過ぎ。もうすでにリピート放送もハーフタイムを過ぎてました。

にしてもチェルシー・ランパードの3点目のシュートは美しかった………。感動でつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

6年ぶり(汗)デジカメ購入!

ほぼ6年ぶりにデジカメを新調しました。CANONのIXYかSonyのCybershotと半分くらい決めてたのに、買ったのはこのひと。

CASIO EXILIM ZOOM EX-Z50 デジタルカメラ

カシオ計算機 2004-10-20
売り上げランキング : 1,241
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それも急に買うことになってしまい、吉と出るか凶と出るかちょっと不安かも。

続きを読む "6年ぶり(汗)デジカメ購入!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

チョンホ様ピンチ、チェ一族の巻き返し開始?〈第24話〉

やはり、眠れる巨悪が反撃に転じるんでしょうか…。

チャングムがつけている帳簿をヨンノに盗み出させ中身を確認したチェ尚宮がミョンイの料理日誌を発見。誰のものなのか考え始める。やっぱり私の(というかクミョンの)指摘正しいよね。チェ尚宮(=ハン最高尚宮)と同じ頃宮中にあがった人間といえばそんなにたくさんいるはずがない。チェ尚宮も当然のごとくミョンイを思い出すんだけど、同じように考えたらチャングムだって何も置き手紙しなくてもミョンイの親友がハン尚宮だと察することができそうなのに…。まぁドラマのキモの部分だから仕方ないか。

横領が横行していたことで王様は大激怒。オ・ギョモとチェ・パンスルは誰がこの騒ぎを仕掛けたのか調べはじめ、チョンホ様にたどりついてしまいます。以下ちょとネタバレ。

続きを読む "チョンホ様ピンチ、チェ一族の巻き返し開始?〈第24話〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

頭痛がイタイ

昨日1日休んでリフレッシュしたと思ったのだけれど、きょうも朝からかなり忙しく働いていたら昼前から猛烈な頭痛が。

偏頭痛がキタ!と思って愛用の鎮痛剤を飲むが1時間たっても効かず、たまらず禁じ手ながらもう1錠飲んだけどダメ。会社を早退した。

家に帰ってガンガンする頭のまま横になったら午後4時過ぎに眠って次に目覚めたら午前4時ですた。ひー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

ローマ法王、死去

この1週間ほど、容体が危ないといわれていたローマ法王のヨハネ・パウロ2世が死去。BBCもCNNもほぼ通しで特別番組をやってる。世界にカトリック教徒は10億人ともいわれているので当然か。

子どもだったので記憶はおぼろげだったが、やはり1978年に即位したときは前任の法王が高齢だったので若いことがクローズアップされていた、という。唯一、信仰する人が増えているアフリカでカトリックの教義にのっとりコンドームの使用に反対したためエイズが蔓延する原因となったともいわれていることなども触れられておりちょっと興味深い。

ローマ法王といってもキリスト教徒が少ない日本ではもうひとつピンとこない感じ(報道のトーンからもそういうニオイを感じる)。本が好きなら、とりあえずコレ読んでみるといいかも。

天使と悪魔(上)
ダン ブラウン 越前 敏弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ダ・ヴィンチ・コード」の作者、ダン・ブラウンの書いたラングドン教授シリーズ。話の主役は「反物質」と、数100年前に絶えたといわれていた宗教秘密結社。舞台はローマ。

法王の後継者を選ぶ「コンクラーベ」がからんできて、それを中継するBBCの人が出てきたりする。法王の交代というビッグイベントをサンピエトロ広場にたくさんの人が集まって見守る様子などはまさにこの小説の中に出てくるとおり。

【追記】法王に最後の別れをするためこの数日間で全世界から200万人がローマに巡礼にやってくるといわれているそうです。すでにローマに到着する飛行機はほとんど満席の状態。っつか、200万人ローマ来てどこに寝泊まりするんでしょうか。考えただけで恐ろしいです(苦笑)。21世紀って便利な時代だけど、こんな落とし穴があるわけですね。

すでにサンピエトロ広場に集まってきた群衆が脱水症状などにならないため、水を配るテントなども設営されているとか。テロを警戒し、木曜日ごろに予定されている警備をどうするかがいまのイタリア政府の最大の課題、とBBCが報じてました。

あとは後継者問題をどーする!っていう話でヨーロッパにおけるカトリックの権威の低下の解説もなるほどでした。フランスでは今後10年以内にカトリックの僧侶の半分が死ぬ(高齢のためか??)という試算もあるらしい。

イタリアではサッカーの試合なども服喪のため中止。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/04/02

It's like a dreamって…

このところ仕事で高校野球をみてます…。

準決勝で4校残っていちばんキャラのたってる学校は間違いなく羽黒(山形)に決定!

主戦の投手、片山マウリシオ君はブラジルからの留学生、監督はアメリカ育ち。なにしろ監督。試合後の囲み会見で開口一番

「It's like a dreamって感じですね」。

英語の発音、超流暢だし(笑)。あすの準決勝、どうしましょうかと聞かれ「私たちのアメリカンスタイルでいきます!」って。山形だろ、山形!

NHKの解説によると、話を聞いていても「野球」じゃなくて「baseball」ということばがつるつる出てくる方のようです。
頭がゴリゴリにカタイじじいたちと、そのじじいたちの威光をかさにきた体育会系何様のおやじたちが仕切っている高校野球連盟としては、かなり苦々しいキャラクターに違いない…ぷぷぷ。

驚きはさらに続く。監督の奥さんはなんとなんと、高校生の女の子たちに混じってアルプスでチアリーディングやってました(驚愕)。もちろんお年はそれなり(ちなみに監督は34歳)。

もうひとつはやはり初出場でベスト4に勝ち残った神村学園(鹿児島)。監督はアトランタオリンピックのソフトボールのコーチだそうで。

もともと女子校だったということで、アルプススタンドの応援もおばさんばっかり(笑)。2回目の試合あたりから気になっていたんだけど、バックネット裏のちょうどテレビにきっちり映るところに必ず神村の帽子をかぶって応援してる一団がいて、策略を感じます。

それぞれの学校のサイトもふるっています。

スーパーイングリッシュハイスクールらしい。
羽黒高校のサイト
「心の教育」が売り。ちょっと「神村家」のニオイが鼻につきます。DJってなんすかね…。
神村学園のサイト

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/01

4月1日

新年度の始まり。職場に新しい人がきたりしてなんとなくざわざわはしているけど、あんまりピンとこない。そんな私も新年度をもってやめたことがあります。

日経新聞を読むのを止めました。

もともと高村薫の小説を読もうと思って購読を始めたけど、ベンチャー企業(特にIT)関連のニュースが充実しているのでけっこう頑張って読んでた。でも高村さんの小説が終われなくなって?ストーリーは未完なのに連載終結、何が次に始まるかと思ったら渡辺淳一。で「失楽園」の二番煎じなのかどうかわからないが毎朝まいあさ、最終面、文化面(この面自体は好きなのに)に濡れ場。

読まなきゃイイと思って我慢してたけど、限界(苦笑)。NIKKEI NETでこれからは記事読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »