« カメラ好調! | トップページ | 日差しが痛い那覇 »

2005/04/15

王様の病気…まさかの逆転劇が〈第26話〉

前回はやっとやっと感動の対面があり、少しずつハン最高尚宮の時代ができるのかと思いきや、やっぱり正しいことを急いでやりすぎちゃった感じ。

そしてもう来週はまさかまさか!?お正月あたりの特番でも「死罪!」なんてところをみどころでやっちゃってるから心の準備はできてるといえばできてるんだけど…。ちょっとNHK海外ドラマグループの人たちのセンスを疑いますな。

ハン最高尚宮のアヒル料理を痛く喜び王宮に戻ってきたはずの王様が高熱を出して意識不明になった。療養に行ったのに具合が悪くなったことから医務官たちもてんやわんや。そしてそのことを知ったチェ尚宮はチョンジュチョナプタンでトックおじさんが死罪になりかけたことを思い出して一計を案じます。

4144071340韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編
NHK出版

NHK出版 2005-01-26
売り上げランキング : 539
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレ。

王を診察している医務官たちの間では「本当に王は風邪なのか」ということが問題に。公の場では「風邪だ」と言い切った侍医とチョン・ユンス医務官ですが、病状に不審な点があり、書物で似た病状がないかどうか密かに調べることにしました。

そして。寝た子を起こしてしまった、ということなんでしょうか。まず、チェ尚宮からの手紙を預かったチェ・パンスルはチョン・ユンス医務官に接触。「国いちばんの医務官に誤診などあるはずがない」とことば巧みにもちかけて食べ物に責任がある方向にもっていこうとします。

おいおい、王の健康を預かる医務官が根本的治療をやめてこんなことしてイイのかよ!!

スラッカンに役人がやってきてハン最高尚宮を捕縛してしまいました。原因を調査するため、チャングムはチョン医務官と村を再訪。本来は市場でパンスルの仕込んだうそつきが毒キノコを持って待っているはずでしたが、意外な展開を迎えます。王様が2度も食べた名産のアヒルは温泉水を飲んでいたと医務官たちが大騒ぎ。硫黄が入っていると。そりゃ温泉なんだから水には硫黄が混じってますって(汗)。

猛毒の硫黄を王様に食べさせた、と調査班は大騒ぎで、ハン尚宮は本格的に逮捕されてしまいました…。あーあ。

チャングムはまず菜園のウンベク様を訪ねますが、ウンベク様はいなくなってました(汗)。チュンジョチョナプタンの一件を恩に着ているトックおじさんはアヒル料理を再現する一方でチョンホ様のヘルプも求めます。素早い行動でアヒルは無害では、というところまで行ったはずなのに、アヒル売りを謀反人として役人が捕まえに!

そしていつの間にかハン尚宮もチャングムも謀反の罪ということになってしまうのでした。ひー。それに、ハン最高尚宮が拘束されたら早速太平館で禁足令が出ていたはずのチェ尚宮もクミョンも実家に帰るは、サウォンウォンをふらふらしているは勝手に女官長に会うは、やりたい放題だよ。どういうことさ。

いてもたってもいられないチョンホ様は内禁衛(ネグミ)の長官に事の次第を報告しますが、長官はこの動きの影にさらに大きな陰謀のニオイを嗅ぎ取った。

医務官たちも「硫黄アヒル」に問題がないことを認識していますが調べにきた長官にはぬけぬけとウソをつきます。こいつら、王の侍医であるにもかかわらず職業意識のかけらもないぜ。

ひとまず長官の政治力もあって取り調べは中断。牢にいるチャングムのところに差し入れにきたおばさんからノリゲを渡されたチャングムは自分が命を救った武官がチョンホ様と知ったのでした。これまた長かったな〜ココまで!!まだチョンホ様は知らないけどね。

巻き返しをはかるチーム・チェはオ・ギョモの政敵、チョ・ガンジョとハン尚宮たち(ハン尚宮、チャングム、そしてチョンホ)を結びつけて一挙に放逐しようとします。けど乙女クミョンが捨て身のお願い。チョンホだけは助けてほしいと強力アピール。もしチョンホをほっておかないのであれば役所に訴え出るとまで言うクミョンに冷徹なおじさまとおばさまも折れざるを得ず…。

チャングムもハン尚宮も自分のまったく意図していないところで宮中の勢力争いに利用されちゃってるけど、やっぱり例の横流しの暴露がまずかったんじゃないかな。とりあえず牢からでられることになった2人だけど…さて、オ・ギョモ一派とチョンホ様たち、それぞれ次はどう出る?

|

« カメラ好調! | トップページ | 日差しが痛い那覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/3711067

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の病気…まさかの逆転劇が〈第26話〉:

« カメラ好調! | トップページ | 日差しが痛い那覇 »