« あんまりです!ママニィム!!〈第27話〉 | トップページ | 久しぶりの真剣トーク »

2005/04/22

次の法王は誰?気が早すぎる人たち

けっこう熱心にチェックしてしまったローマ法王関連ニュースですが、システィナ礼拝堂から白い煙が上がり、新しく選ばれたのは故ヨハネ・パウロ2世の右腕といわれたラツィンガー枢機卿。ベネディクト16世となりました。

子どものころヒトラー・ユーゲントに入っていたというドイツ出身です。OBMちゃんは「悪そう」(=いい人に見えない)と言ってます。ドイツから法王が出たのは1000年ぶりとか、ポーランド、ドイツと2人続けて「地元」以外から法王が選ばれたっていうのもまたニュースらしい。ただ、ドイツはプロテスタントもいるし、その保守的な教義解釈とあいまってポーランドみたいに諸手をあげて万歳って感じではなさそう。

さて。BBCにかなり笑えるニュースが出ていました。

Bets open on Benedict's successor(ベネディクトの後継者についての賭けがスタート)

ダブリンに本拠をおくブックメーカー(賭け屋さん)が早くも次の法王は誰かの賭けをスタートさせたそうな。まぁ、ベネディクト16世は78歳。10年やったら88歳っすからね(苦笑)。現実的っちゃ現実的なんですが…。

このヒト、話題つくりもあってかサンピエトロ広場に賭けのオッズを書いたポスターを貼って警備の人に広場から追い出された、とも報じられています。

で、現時点のいちばん人気はヴェネチア総大司教のスコーラさん。ま、地元ですし。次がウイーン大司教のシェーンボルンさん。ニューヨークタイムスの候補者リスト(もちろん今回の人を選ぶにあたっての、ですよ)を見ると、スコーラさんはラツィンガーさんより悪そうです(爆)。この候補者リストよくできていて候補者をアルファベット順、出身の大陸別、年齢別にシャッフルできちゃう。でもラツィンガー枢機卿が入ってなかったのはナゼ?抜いたんだっけ…。

記事を紹介しているエントリをTBしていただきましたがbenedictXVI.comというドメインもすでに取得されているらしいし、なんかこういう世の中っておもしろいなぁ。

「天使と悪魔」によると、歴代法王の平均在位年数は6年ちょっと。休日はなく1日平均の労働時間は14時間で、枢機卿の間では「(法王に選ばれることは)天国への最速の早道」といわれているとかいないとか。

そんな激務を26年間やっちゃった前の法王もすごいっすけど。

|

« あんまりです!ママニィム!!〈第27話〉 | トップページ | 久しぶりの真剣トーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/3810599

この記事へのトラックバック一覧です: 次の法王は誰?気が早すぎる人たち:

« あんまりです!ママニィム!!〈第27話〉 | トップページ | 久しぶりの真剣トーク »