« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/27

立ち上がれ、全国のレッサーパンダよ

「風太くん」からはじまったレッサーパンダ狂想曲。いやーすごかったね。AP通信が配信したため、世界のBBCの5月19日の世界えりすぐりの写真の1枚にも選ばれました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/4562403.stm
(順番にクリックすると出てきます)

となってくると翌日に「とくダネ!」が「バンザイ歩き」をする横浜・ズーラシアのデイルちゃん発掘に成功。これがまた超かわいい。そして日本中の新聞・テレビ記者が最寄りの動物園に「お宅のレッサーパンダは立ちますか?」と電話をしたのか、動物園が最寄りの新聞社に「ウチのも立ちます」と連絡したのか。次々にこんな記事があちこちの紙面を飾っているのでした。

レッサーパンダ鯖江市西山公園動物園でも(福井asahi.com)
彼の名前はヒサシ。
「ヒサシです…」
っていうか飼育係のネーミングセンスがはからずも問われてしまった1頭といえましょう。

ほ〜ら僕だって いしかわ動物園のタンタン(石川asahi.com)
中国原産らしいオーソドックスなお名前。すっくと立ってる感じの写真うつりもすてき。でも君は正直だ。5秒しか立てないと認めています。

「僕だって立てるよ」 東武動物公園(埼玉asahi.com)
海くん。フォトジェニックでかわいいですが「立ってる」と言うには若干説得力に欠ける1枚。でも某所で見た別のショットは風太くんとタメを張れるインパクトがありました。

僕も立てるよ のいち動物公園(高知asahi.com)
タイヨウ君。君の目線の先に何があるのか私は気になる。おいしかったか?

長野市でもレッサーパンダ直立(長野asahi.com)
こういう見出しだと「長野市でもATM強盗」みたいな感じで、「事件」の扱いですな(苦笑)。直立、って猿人っすか?!この記事のスゴイところはこの長野の茶臼山動物園では飼育している12頭のレッサーパンダが全員立てると断言しているところ。一瞬ミーアキャットの群れみたいなのを想像しちゃったじゃないかー。なのに写真がないのはなぜ?

立ちません・・・でも人気上々(山梨asahi.com)
そうか。いまや立たないこともニュースになってしまうノカ。

まぁざっとこんな感じ。「直立」って事件にしてる長野以外は「僕だって立てるよ」的な、むりやり震源地の風太くんにライバル心燃やさせてる紋切り型の見出しになっているところが笑えます。

個人的には仕事をまだ始めたばかりのころ、心がへとへとになったら行って、1時間でも見飽きなかった神戸・王子動物園のレッサーパンダが忘れられないのでかなり微笑ましくこの騒動を見てるんだけど、バカじゃねーの、って思う人もたくさんいるんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/26

楽しいツーショット、そしてチャングム様に大展開〈第32話〉

倭冦のおかしらを治療したことを罪に問われたチャングム。「この者を役所に連れていけ!」で終わった前回ですが「役所」って都のことだったんだ(汗)。それにしても罪人姿何回目ですか!普通の人ならもう3回くらい死んでますから。

チョンホ様助けに来られないじゃん、と一瞬思いましたが都なら造作もないことです。

済州島の長官がチャングムに罪をかぶせようとしたことを暴こうとするチョンホ様ですが今回はネグミの長官のってきません。済州島の長官、あんまりイイ感じしないなと思ったら案の定オ・ギョモ派の人間だし、奴婢がチャングムとわかればオのおっさんが黙って見過ごすはずもなく、引き続きのピンチ。

ここで久しぶりの登場の皇后様も相変わらずのgood job。敵と通じてはならない。しかし住民の命がかかっている、そんなとき自分は治療をするべきなのかどうか、という「済州島の女」のジレンマを医女たちから聞き、王様のお耳に入れます。医女たちも皇后様が話のわからない人だったらそもそもそんな話題を出さないし、お人柄の勝利でもあるかな、と。

王様は明快。チャングムは民を救ったとして恩賞を与えられます。

ということで今回のタイトル「無罪放免」は完結なんだけどこの間15分。このあとなんと大展開でございました。はー忙しい。以下ネタバレです。

続きを読む "楽しいツーショット、そしてチャングム様に大展開〈第32話〉"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「神懸かり」リバプールCL制覇

久しぶりに野球なんか生で見てボケたのか、きょうは本当は早番じゃないのに早く会社に行かなきゃと勘違いしてアラームをセットして早起きしてしまった。さーて、どうなったかな、とテレビをつけたら「延長戦でつか?」。

あわてて録画中のDVDをタイムワープで戻ったらたいへんな試合展開に。そしてとりあえずハーフタイムから見始めてPK戦まで見てしまい、会社に遅刻しました(爆)。

タイトルの「神懸かり」はサッカーマニアで「で、チャンピオンズリーグはどっちが勝つの」と聞いたら「リバプールに勝ってほしい」と突如プレミア贔屓であることを自白した友人にお祝いメールを送った返事に書いてあった。確かにあの怒濤の攻めは勝利の女神がついていたとしか思えん…。

とはいうものの友は冷静にジェラードのチェルシー移籍が止まるかどうかを考え、流出したらバロシュもいなくなるかもしれず、そんなチームがトヨタカップで来日してどうする、興行的にはACミランのほうがよかったんじゃ、というところまで書き込んでました(笑)。

そもそも今シーズンのプレミアリーグを5位で終わったリバプールは優勝していなければ来年はチャンピオンズリーグに出る資格すらないところ。特例で出られるらしいけど、確かにジェラードやバロシュがいなかったらキツイわなぁ。

この週末最初からゆっくり見たい。生で観なかったことをこの前のランパードのゴールを観なかった試合同様、後悔したっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/25

東京ドーム

p1000252.jpg交流戦巨人−ロッテ戦にきてしまいました。
仕事以外で野球見るの久しぶりすぎです。

【追記】
ビール片手に野球見るなんて超久しぶりで、色とりどりのユニホームにショートパンツで営業スマイル満開のかわゆい女の子たちに目を奪われるおっさん状態(爆)。やっぱりエビスはビールも高いだけあって女の子のレベルも高い〜。スーパードライの女の子もかわいかったね…。しかし驚いたのは隣に座っていた魔女Y本が以前、M乳業でブリックパックなどを売るためドームの階段を上がり下りするバイトをしていたことだった。

Y本の解説のおかげでまた売り子さんたちを見る目が変わりました。次回はバックネット裏で鑑賞…じゃなくて観戦したい。

試合はもうひとつ冴えない感じ、っていうか巨人ってこんなチームなんだね、っていう印象です。バッターボックスに立つ前に流れる音楽は選手のセレクションと教えられ、それが「Yah Yah Yah」でずっこけたり。4番の小久保なんてちょっとトイレに行ってる間に元木に変わってて、その元木は敢えなく三振とか。

ロッテは応援がすごかったっす。タテノリの応援って野球であんまり印象なくて、時の流れを感じざるを得ませんでした。とほほ。

しかしやはり野球は外のスタジアムで夜風に吹かれながら観戦するのがいちばん。やっぱり甲子園の1塁側(外野スタンドはハードすぎて素人には無理ですわい)でジェット風船飛ばしたい(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょと頭にきた午後2時半

遅めの昼ご飯を食べに行ったひとりラーメンのお店にて。営業マンらしい40代のあんまりがらのよくないおじさんたちが声高に客先との取り引きの話をしていた。

聞きたくないのに声でかいから聞こえちゃう……。どうも相手が思うように交渉のテーブルについてくれない、というようなことをぼそぼそ言ってる人にいちばん感じの悪そうなおっさんがひとこと。

「そんなことは言うのはなー、女でも子供でもできるんだよ!」

女で悪かったね−!と久しぶりに頭にきました。っていうかそんなドコンサバだから営業がうまくいかないんだ!!ってちょっと言いたかった。

おいしくないランチになったのはラーメンのせいではないでしょう(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

イギリスで「ハッピーアワー」禁止へ

Pubs to scrap Happy Hour drinks(BBC)
イギリスビール・パブ協会に加盟する32,000の団体が「ハッピーアワー」をやめることで合意した、というニュース。ハッピーアワーって日本でもちょくちょく見るけど「午後5時から7時までに飲んだドリンク半額」とか「1杯100円」みたいなお酒の安売りね。このBBCの記事によると、ハッピーアワーなどが引き金になって起こる酔っぱらいの騒ぎによる経済損失はなんと年間200億ポンドにのぼるという試算もあるそうで。

ハッピーアワーは今回の規制推進派から見ると「短期間に大量のアルコールの摂取をあおる」行為となる、と。

そして「迷惑な飲み」(binge drinking)には定義があり、1日の許容量の2倍以上飲むことなんだそうです。記事に図表付きで説明されていますが男性は8単位(=4パイント、およそ2リットル)、女性は6単位(=3パイント、およそ1.5リットル)という単位まで決まっていて16歳以上の男女の調査結果では男性の25%近く、女性でも10人にひとりはそういう飲み方をしているとか。

今後は量販店での安売りなども規制の対象としたい、ってことだそうです。

いやーイギリスもくるとこまできたかーって感じ。でも、ハッピーアワーも問題だけど10人で飲みに行ったら都合ビール10杯飲むような「今回は私のおごりでね♪(I'm buying the next round)」っていう飲み方もやめないと根本的に問題解決しないような気がするのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

風太くん、東スポ1面を飾った男

image.jpgなんか尼崎の列車事故といい北朝鮮の核実験問題といい立て続けに起こった少女監禁事件といい、なんか寒々しいニュースが続くなか久しぶりにやられた〜、っていう感じの楽しいニュース。主役は千葉市動物公園のこの方、風太くん。
友だちは「かわすごい」ってメールに書いてきたが、いくつかこのニュースを書いたblogを読んだら「かわいいはずのレッサーパンダが直立すると不気味だ」って書いている方が。確かに。「かわキモイ」と表現してる人もいました。

2本足で立つレッサーパンダの風太君 千葉動物公園(asahi.com)

最初「着ぐるみ?」と思い、次に「合成?」って思ったけどまさかそんなもんがニュースサイトで紹介されるはずもなく、夕方には民放各局がその映像を流し、AP通信までこの写真を世界に配信してました(爆笑)。そしてそして、コンビニに出かけた隣人が席に戻ってきて見せてくれたのは東スポ。なんと「レッサーパンダたった!」みたいな感じで1面で展開。昔、人面魚とかやってたよね。うん…。

ちなみに東スポのサイトはこちら。あ、新しいぞ、コレ。

googleのイメージ検索などをすると動物園の動物たちの写真撮影を趣味とされてる方々のblogですでに素敵な画像が何枚も紹介されています。2本足で立っている後ろ姿がまた哀愁が漂っていてイイんですよコレが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪い日本人にげっそり チャングム様キツすぎる修行〈第31話〉

はやくも2年の月日が経過。すっかり立派な医女に…なってないのがまたこのドラマらしくていいかも。

着々と医療を学び、ついに鍼を打てるところまで進んだチャングムだったけど師匠のチャンドクさんを練習台にして大失敗、鍼を打てなくなってました。チャンドクさんはこれまでも「料理なら失敗したらつくりなおせるが、治療に失敗は許されない」って何度か言ってきたけどその失敗が痛過ぎてさすがのチャングムも立ち直る機会を逸していました。

もっと優しくしてやれないのかとチャンドクさんにチョンホ様はかけあうけど、チャンドクさんはチャングム自身が失敗した自分を許せるかどうかなのだ、と言って取り合いません。厳しいけどいい師匠だよね。

そんなチョンホ様は倭冦から献上品の馬を積んだ船団を守るため船に乗って済州を離れてしまいました。チャンドクさんも兵士たちの病気治療ということでついていってしまい、島の医女はチャングムひとりに。そんなところにトックおじさんが済州島にやってきますがひどい船酔い。おじさんを鍼1本打てば救えるのにやっぱりダメで、お灸でお茶を濁さざるをえません。

そしてお約束。水軍のいないところに倭冦軍団が上陸してしまいます。
以下ネタバレ。

続きを読む "悪い日本人にげっそり チャングム様キツすぎる修行〈第31話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

モブログ画像問題、いまごろ

きょうになってココログからこんなアナウンス。

モブログにて投稿した画像が引き伸ばされてしまう現象が発生しております
それも
「モブログにて投稿した画像(横幅が500ピクセル以上の場合)が引き伸ばされてしまう現象が発生しております。現在原因調査中です。なお、横幅が500ピクセル未満の場合は、同現象が発生しないことを確認しております」。
なんか謎。モブログで上げる画像で横幅が500px以上で引きのばされたら、真ん中のコンテンツ部分は500px推奨なんだからそれを超えることになっちゃうような?

ためしにモブログで写真をあげてみたら、image-fullのclassは写真にくっついてこなくなってはいるが、実装されてるcssを確認したら相変わらずimage-fullのclassはあり、幅は470pxに設定されてるんでこのcssを書き直さなきゃダメなんじゃないかと思うんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

今さら「サラン」見てます

「お?チャン・ドンゴン若い〜!」と思って見始めた「サラン〜Love」。韓国ドラマっぽくないというか、意外とさらっとしててイイかも。っていうかチャン・ドンゴンをかっこいいと思ってみたことこれまで一度もなかったんだけど、この役がおいしいんでしょうか(笑)。ひたむきさについ打たれてしまうぅ。

気になって調べたら前半と後半で話ががらっと変わって後半、チェ・ジウが出てくるってことのようですけど年上の女性ヨンジを演じているキム・ミスクさんが抑えた感じでいいですねー。韓ドラお約束?のどぎつさがない。もちろん周囲はそれなりにドロドロなんですが…。やっといま5話まで終わったところですが、不治の病の予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

力尽きました

というわけで慣れない和装したりしたもんで、ソウル旅行このかた休まるときがなく、blogをあけたら何もエントリが残っていないじゃないですか!

きょうはホントに疲れ果ててました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

着物de結婚式出席(移動編)

着物を着るのも超久しぶりというのに、車で原宿に行くことにしてしまった。

というのもなにせ重い!そして雨も降るかも、という天気なのに電車なんか乗ってられない…という判断。車のシートを若干倒し加減にして帯の厚みを吸収させる。事前にググったときは「草履は(足の動きが制約されるため)道交法違反になる可能性があるので、草履をはいての運転はNG」とあったが、やってみるとちゃんとクラッチも切れるため草履をはいたまま運転してしまひました。

唯一の問題点は、やはり乗り降りするときのすそさばき。どうしても乱れます。

でも着物きてるとみんな親切だね。いつもいくガソリンスタンドの店員さんとかもドアの開け閉めをやってくれたりちょっとお姫様気分っす。

原宿に駐車場が意外とたくさんあるのも驚き。ラフォーレの駐車場も空車だったし、入れてからわかったんだけどその向かいがわにあるこの日のパーティー会場のビルにも駐車場がありました。

帰りは着物できた先着3人(笑)を池袋まで送り高速で帰宅。ちょっと自信をつけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物de結婚式出席(本番編)

いやー、やっぱり着物いいね。まず会場が華やかになります。

私自身もそうだと思うけど洋服で出席となると黒を選んでしまいがち。やっぱり洋服できたみんなは黒っぽい感じの人が多く、それはそれでもちろん素敵なんだけど、そこに着物のみんなが互い違いに座る感じになったので一気に華やかに。

レンタルなのでみんなと色味がかぶらないようにセレクトしたのもよかったのか、みんなそれぞれ異なるきれいな色味の着物がそろい、素敵な感じになりました!

この日のパーティーは新郎新婦の気合の入り方がわかる、イベントてんこもりのものでした。まずランバダ(!)。お友達によるヴァイオリンの独奏(ちょと長かったな。もっとコンパクトなのを選ぶのは友人の責任であろう)、ブラジリアン柔術(初めて知りました)、そしてサンバ。これだけの趣味をみんなに(やったのはみんなお友だちだけど)見せることができるカップルっていうのもなかなかいないんじゃないでしょうか。すばらしい!

私が着物を着ていこうと思ったのも新婦さんが着物大好きだったからなんだけど、和装と洋装両方見せてくれ、ドレスは手作り。サンバのリズムにあわせてくるくる回ったときのきれいだったことといったら…。

幸せのおすそわけをしていただいた感じで、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物de結婚式出席(準備編)

なんとか無事に当日にこぎつけた。朝イチでまず髪&着付け。やってくれたのは私の担当ではないが女性の美容師さん。事前に着物を持っていく理由がわかった。帯の模様を見てちゃんと結び方を考えてくれていたのと、襟芯やじゅばんのたもとなどを軽く縫いとめて必要以上にはだけたり動かないようにしてくれていたのだ〜。

着付けも苦しくなく、かといって崩れすぎない絶妙の技。せっかく買ったかんざしを持っていくのを忘れたのは若干痛かったが、別人になってお店をあとにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

日本橋三越呉服売り場へ走る

というわけで朝イチで日本橋三越へ走りました。

売り場には着物やはっぴ姿の店員さんがいて、いかにも「呉服」な感じがします。「きものフェア」というのもやっていて、京都の専門店が何店か出てたりもしたんだけど、これから会社も行かなくてはならず、足袋売り場へまっしぐら。

試着させてくれました!幅広の足が日ごろ悩みの私ですが足袋的には「細」のサイズでいけたのも軽い驚き。そのまま草履売り場へも。お値段けっこういい感じです。時間があれば浅草で1万円くらいでつくれるはずなんだけど背に腹は変えられず。ふだんはく靴としてはちょっとお支払いしない金額を支払った。

あとは髪につける飾りなんだけど、そこの売り場には本物のべっ甲細工(お値段20万円から…笑)などしかなく、やむをえず断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

超久しぶりの着物

土曜日に会社の同僚の結婚披露パーティーがあり、着物で出席することにした。

無難な黒の洋服を着ていっちゃうことの是非を考えたのと、新婦さんが茶道をたしなみ和装大好きっ子さん。加えて職場では自分で着物を着られてしまう手練の者たちがずらりといるため。

とはいっても最後に着物着たのはいつか思い出せないほど昔…。そして10年前だったら頼りになったであろう祖母(本人と箪笥の中身)の衰えが激しいいま、やはり頼りになるのはインターネットなのだった(汗)。

今回利用したのは「レンタル着物はるか屋」。着物のみならず着付けに必要なもの一式にバッグと草履までコーディネートして借りられてしまう。本来は試着してみたりしてもいいんだと思うけど、ゆうパックで送られ、着払いで返せばよいということなのと、100着ほどのそれなりによさそうな着物から選べるってことで試してみることに。

続きを読む "超久しぶりの着物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/06

長蛇の列@羽田空港

長蛇の列@羽田空港

初めてきました国際線ターミナル。予想以上の殺風景さです。そして飛行機いっぱいのヒトにチケット渡すのに係員1.5人。我々は早めについたのでなんとかなりましたが列が短くなる気配なし。
この仕切りの悪さ、HIS大丈夫か?
ま、そんなこんなでソウル行ってきます。やー、どうなるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

チャンドク様、なにやつ?〈第29話〉

いやはや、舞台が済州島に移っても相変わらず展開速すぎ、チャングム頑張り過ぎ。っていうか舞台が宮中と済州島と2カ所になったぶん2倍忙しいかも。

チョンホ様の説得で島にとどまり捲土重来を期すことにしたチャングム。そんなチャングムに目をつけたのが医女のチャンドク。番組終了後のミニ解説でやっていましたが当時の朝鮮半島では「人の身体に触れるのは卑しい職業」ということで、医女は奴婢の専門職だったそうな。両班の人には本来顔を上げて話しかけるなどもってのほかのはずなのにシルクのチマチョゴリを着て誰もが明らかに一目置いているチャンドクさん。海千山千なニオイがします。

一方、宮中ではチェ最高尚宮の恐怖政治が本格化。ハン尚宮派と認定されたミン尚宮、チャンイ、そしてヨンセンはとうとうスラッカンからも放逐されてしまった。

以下ネタバレです。あと今回あんまりおもしろかったんで長いです。

続きを読む "チャンドク様、なにやつ?〈第29話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

惜しかった!PSV決勝進出ならず

いやー惜しかった!!アウェイゴールって非情すぎる。3-1で勝っても前回がスコアレスドロー、アウェイゴールをあげられなかったPSVがチャンピオンズリーグ準決勝で敗退。

ヒディンク監督、オランダの国内リーグは制したとはいえ「4強以上に進めない男」、とかジンクスつかないといいですが。

にしてもパク・チソンのゴールよかったね〜。コクーの残る2点、特にロスタイムのネバギバな3点目も目が覚めるようなゴールだったけど。韓国人がチャンピオンズリーグでゴールを決めたのは初めてらしい(東亜日報より)。日本人ってどうなんすかね?と思ってググってみたら稲本潤一のオフィシャルサイトで

「欧州チャンピオンズリーグ・シャルケ04(ドイツ)戦に後半30分から出場。日本人初出場(チャンピオンズカップ時代を含めると2人目)を果たす」(2001年)

の記述が。ってことはアジア選手のチャンピオンズリーグ初ゴールもパク・チソンだったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/03

なんちゃってサムゲタン

なんちゃってサムゲタン少し体調が治ってきた連れですがまだあんまり元気がないってことなので身体にいいものを!ってことでつくってみました。ちょっと入れたお米の量が多すぎたんですがなかなかのでき。

もちろん高級食材の朝鮮人参などは使わず。ル・クルーゼのお鍋に薄くごま油とオリーブオイルを入れてニンニクをいため、そこに鶏を1羽まるまる入れます。みなとみらいのスーパーで内臓を抜いた冷凍のもの(ブラジル産)を売ってたのでそれで手を打ちましたが。軽く焼き色をつけたら水を入れ、ネギをざく切りにしたものを加え、あくをとって米を入れ、30分ほど煮ます。
あとはジャガイモを1/4に切って加えて20分も煮ればハサミを軽くいれれば骨も切れるくらい柔らかくなってるので塩こしょうで味を整えて完成。ここに新キャベツとエノキダケを入れました。やっぱりル・クルーゼは偉大だね。

取り分けて自分のお皿でキムチを入れたりトウバンジャンを加えたりして味を追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人多すぎ@みなとみらい

久しぶりにみなとみらいに出かけた。ある程度覚悟はしたが、すっげー人。駐車場もどこもいっぱいだし。ランドマークプラザはスタバから行列だったけど「ポケモンセンター」が入場2時間待ちの人気。

あと、ヘンな気を発してるおばさま方多し!と思ったら案の定「BYJ Meets Asia」だって(苦笑)。チケット制のイベントらしいんだけど「完売」の字がならぶ。なんかちょっとソウル行くの憂鬱になってきた。

5階の有隣堂では水木しげる先生の「妖怪道五十三次」を展示中。なんかキモかわいいグッズや絵はがきやらいろいろ売っていました!

お隣のクイーンズスクエアも久々。昔はL.L.BeanとEddie Bowerが1フロアずつだったのが一緒になり、アディダスショップがすごい広さで展開。それもけっこう最近流行の女の子向けアイテムが充実。ん〜微妙。Queen's Eastはちょっと代官山っぽいニオイのお店が増えてたかも。レゴショップがたのしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

Diner Mateでごはん

横浜駅東口の通称「裏横浜」にある一見カフェなんだけど美味なイタリアンの「Diner Mate」で海仲間3人でごはん。

久しぶりに春キャベツとツナのピザ「トンノ」。あとはタケノコとホタルイカのソテーやバルサミコを使って煮た牛、アスパラガスをあしらったパスタなどなど春いっぱいの感じに。いつもながら美味にござりまする〜((c)大奥)。

しかし。今日テーブルについたウェイターがちょっとイヤでした…。ドリンクにしろフードにしろ、とにかくオーダーを急かす。いろいろあって選べなくて、でも選ぶのが楽しい時間なのにとにかく早く決めろと言わんばかりの態度。いままでだったらドルチェも盛り合わせてくれたりしたけどそういう心遣いもなく。ちょっと寂しいなぁ。

GW後半、どこか行くか!って話になり最初は大瀬で潜るつもりでガイドの内山さんにメールも出してみたのに話がどんどん進んでなんかソウルに行く雲行きになりそうなんですが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »