« 「用宗海岸」の謎 | トップページ | Deep Blue »

2005/08/25

皇后様、案外短気…チャングムは強気すぎ〈第45話〉

はー、今日も1時間すぐでしたっ。ボコにされていたチェ・チームの3人ですがそこに割って入ったチャングムに困惑を隠せず。治療法はわかったが病名はわからない、と皇后様に告げるチャングムだけど、チボクさんのプチ活躍もあり、王様がかかっていると疑われる病気はウンベク様&シン先生も、ひとり焦って調べていたチョン医局長も「同着」で判明しました。

そこからまたまたすったもんだ。治療方針がチョン医局長とチャングムでは全く異なっていた。一方、宮中の高官のなかからは皇后様がチャングム(とチョンホ様)を使って独自に王の治療にあたっていることに違和感・危機感を抱く人が続出。いったんはオ・ギョモのプレッシャーもあり、医局長に治療を一任することにして皇后様なのでしたが…。

家庭で作れる「チャングム」の韓国宮廷料理
4334974716ハン・ボクリョ

光文社 2004-11-19
売り上げランキング : 2,030
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
えー、ちょっと脱線しますが病は食から(後述もしますが)ってことで夏バテシーズン、韓国料理でも家でつくりましょうか。ドラマの中の料理を見ていると、ハチミツがけっこうポイントなのかなーなんて思ったりします。

さて、以下ネタバレです。

医局長の治療もむなしく、というかチャングムの懸念したとおり、王様の症状は悪化してしまいます。皇后様一発目の激怒り。菜園での患者たちの治療を受け、ウンベク様やシン先生も「それはどうなの」というようなアブナイ所にまで鍼を打つ治療を勧めました。ビクビクしながら鍼を打つ医局長ですが、とりあえず王様の症状は落ち着きました。

一方「ワライタケの件の疑いが晴れたわけではないぞ」と長官に釘を刺され、牢こそ出られたものの謹慎処分となったクミョンとチェ女官長。

えーと、アヒル事件のときを思い出すと、こんな一大事に王様のお食事をお出しするスラッカンに最高尚宮が不在というのはいかがなものか、とワッショイワッショイとなって次の最高尚宮は…って展開になったはず。今回の王様の病気はあのときに比べてもはるかに深刻だと思うのに、ライバルがいないって素敵ね、チェさん。

王様の病気を心配するどころか、ヨリを呼び出して恐ろしいことを言う女官長。ワライタケを仕込めと命令したのは医局長のはずだから、王様の治療日誌に、医局長がヒ素を処方するよう命じたと書き足しておけとオニな命令をヨリに出します。

ビビったヨリの退出を見送ったあと、 若干間違っていながらも流石の読み。医局長が命じたにしろ、実行犯はヨリだから、ヨリの背後を探るようにとヨンノチームに命じました。で、あっさり前の女官長とつながっているところまで判明。

あー、マジこういう人(チェ女官長)こえーっす。自分でも言ってたけどやられたらやり返すっていうか何倍返し?

さて、王様の容態がまたも急変。それも今度は目が見えないという恐るべき状態。皇后様2発目の激怒り。ヨンセン淑媛のところで談笑してるチャングムはネグミに踏み込まれて連行されるし、ヨンセンの胎教に悪過ぎでしょう。

捕まってもあわてないチャングムとチョンホ様。王様の視力が低下しているのは治療が間違っていたからではなく病気が進行したから、と説明します。そしてお縄がかかっているにもかかわらず、自らに王様を脈診させてほしいと申し出ます。

やっぱりただもんじゃないね、この人。たぶんチャンドク様でも言い出せないよ。医女って奴婢っすよ?両班のチョンホ様と結婚するっていう話だってあきらめな、っておばさんに言われてるのに王様触っていいわけないじゃありませんか(汗)。

苦悩する皇后様ですが、チャングムにすべてを託すことにします。そして、なんと王様に触って脈診しちゃいました。お薬をはやく処方せよ、と迫る皇后様に調べたい事がある、と言って医学書を読みあさり、外出までしてしまいました。チョンホ様もチョンホ様ですよ。衆人環視のところで「あなたと一緒にいられるなら(牢屋入りも平気さ)」なんて。くー。

「あれを疑っているのか」(シン先生&ウンベク様)。病気ではなく食べ物、特に水に原因がありそうですが、このあたりも卓越した味覚がチャングムを助けてる予感。

で、気がついたらスラッカンでちゃっかり料理してるクミョンに何やら処方食をつくらせて王様に食べさせていますがどうもいっこうよくなる感じがしない。その上「おえ」とかなってしまい、皇后様、3回目にして最大のマジギレです。

高貴な人がマジギレしてはいけません…。深慮遠謀がはたらくわりに案外短気だよね、皇后様。このへんもマスキュリンです。

しかしこの展開、どこかでデジャヴーじゃありませんか?そう。まだ医女見習いだったチャングムがハン尚宮様を葬った場所で会った少年を治療したときもこんな感じじゃなかったでしたっけ。食わせる→おえ→親激怒→結局治った! みたいな。

チャングムだけでなく女官長とクミョンまで投獄。チョンホ様も入ってますんでいわば「オールイン」(意味が違うが…笑)。

そしてまた「正直に話すまでヤッチマイナー!」となったところで来週か?と思いきや長官様の待ったがかかり、王様の症状は実は快方に向かっていた事が判明します。やれやれ。

チャングムは全力で王様のお体をマッサージしていましたが、現代でいうところの何の病気で、なんで目が見えなくなったりしたのか、来週の解説を聞きたいところです。あと、面目丸つぶれになってしまった医局長、そしてチェさんの包囲網がじわじわ迫ってきたヨリ、ピンチじゃありませんか。どうなる?

そういえば。この前久しぶりにのんびりスカパー見てたら韓国の染五郎(ウソ)、シン・ハギュン主演の「ナイスガイ」(タイトルで引きまくり)っていうドラマやっていました。前後がまったくつながらないのですが、シンビ役の女優さん発見。おでこですぐわかりました(笑)。

|

« 「用宗海岸」の謎 | トップページ | Deep Blue »

コメント

mitomitoさん
皇后様、確かにすごいギャンブルですが、その度胸があるならあそこまでマジキレなくても、とついつい思ってしまいます。私にはあの十分の一も勇気ないのに(汗)。
「ナイスガイ」はシン・ハギュンがけっこう好きな私としては気になっているのですがあのドラマをちょっと見るとまるで染五郎(染五郎はむしろ苦手)…。で、フォローするエネルギーがないんです(笑)。秋から本気で見ようかな。

更紗さん
ベーチェット病…。はるか昔に「ブラック・ジャック」で読んだことがあるような。難病ですよね。やっぱり鍼やマッサージは現代の常識では若干??ですが…。それにしても私が気になっているのはそのころ日本の医療のレベルってどんなもんだったか、ってことですね。おでこからちょんまげが生えているように見えた「おかしら」の治療のときからきになってるんですけど。

さわわんさん
んーこのへんがけっこうご都合主義だなーと思う瞬間だったりします。今回がどういう食餌療法なのかわかりませんが確か牛のスープだけ飲ませ続けて最後は「あと3年は牛を口にしないでください」そんなぁ…(笑)って感じで。ただ、王様を治したってことになれば皇后様の後ろ盾がなくてもあの王様のことだからかなりチャングムを厚遇しそうだし、のぼるチャングム下るクミョンみたいになるんでしょうか。ま、入牢してますけど。

投稿: ruko | 2005/08/28 00:23

こんにちは。
夏バテなわたくしに韓国料理をつくってくださいまし(切実)。
さて、そうそう、少年の治療と同パターンですね。好転反応みたいなものなんでしょうか。でも周りで心配する身にとってみたら、治療が悪いんじゃないかと思ってしまいそうですね。
本当に牢屋に戻されるとはびっくりでしたが。

投稿: さわわん | 2005/08/27 22:18

こんにちは、現代でいうとこのベーチェット病のようなものみたいですね。
でも現代でも難病なのに
マッサージとか鍼で治るもんだろうか?と
不思議に思っていますが・・・

来週またチェ一族が画策してくるみたいですし
まだまだ最終回まで気が休まりませんね~

投稿: 更紗 | 2005/08/27 09:40

皇后様、けっこう短期でしたね。
なかなか王様の病気が治らなくてイライラしてるせいもあるでしょうが…
自分の全てを賭けちゃってるし、彼女も必死なんでしょうねー
「ナイスガイ」…確かに日本語タイトルはアララって感じですが(韓国語タイトルの直訳は”いい人”なのでどっちもどっちかな)かなりイイ仕事してますよ!

投稿: mitomito | 2005/08/27 02:27

エイさんこんばんは。いやー夏も終わったな、と思いまして…。

チェ女官長コワイにはコワイんですが、また最後に牢は言ってたですよね。今度は何の罪でなんでしょうか。気になります。

投稿: ruko | 2005/08/26 23:39

こんばんは♪
またブログの背景が素敵な感じに変わりましたね^^深海にいるようで、落ち着けます。
チャングムは大胆すぎですよね。でもそのくらいでないと、解決しないのだろうなぁとは思いますが・・・。実際に自分がこの場にいたら、何ができるんだろうなぁとか、チャングムに比べたら何もできなさそう・・・とか思ってしまいます(汗)
ユンスは結局チェ一族を一瞬でも裏切ったことが、今後に影響してしまいそうな感じですね。今まではヨリが動く係りだったし、医局長という立場だったので何とか宮中でもやってこられたみたいですが、今後はどんどん落ちていきそう。チェ女官長、ほんと怖いっす!(ブルブル)

>チャングムがハン尚宮様を葬った場所で会った少年を治療したとき
あの少年、なんて言ったか忘れてしまったのですが、チャングムに予言みたいなのをしてましたよね~。
印象的でした。

投稿: エイ | 2005/08/26 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/5638411

この記事へのトラックバック一覧です: 皇后様、案外短気…チャングムは強気すぎ〈第45話〉:

» チャングムの誓い 第45話 [ときどき思いつき日記]
「誤診でございます」ユンスの誤診をついたチャングム。ウンベクとイクビルも誤診に気づきました。あせる医局長。そのまわりをなぜか虫が飛んでいる・・・命拾いをしたのに女官長とクミョン、態度大。オ・ギョモたちは皇后がしきたりを無視し、オ・ギョモたちを無視してこ...... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 13:50

» 「チャングムの誓い」第45話の感想~。 [エイカンぶろぐ-韓国ドラマの感想など-]
先週から引き続く、王様の謎の病気騒ぎ、チャングムも皇后様も満身創痍という感じですが、今週は無事解決となるでしょうか~~?! [続きを読む]

受信: 2005/08/26 20:51

» 『チャングムの誓い』(45話)〜〜女たちの賭け! [雲のゆくえ]
ひゃぁー、今日も1時間キンチョーしたわー。 チャングムもチェ一族も、捕まったり釈放されたり、めまぐるしいったらありゃしない。 [続きを読む]

受信: 2005/08/27 02:22

» 大長今(宮廷女官チャングムの誓い)<45> [綴り箱のかたすみに]
(BS2、2005.8.25) ネタバレあり 出演/イ・ヨンエ(ソ・チャングム役)チ・ジニ(ミン・ジョンホ役)    ホン・リナ(チェ・グミョン役)イム・ホ(チュンジョン役) 全54話 第45話「失明の危機」 一般患者の治療の結果、病名こそは分からなかったものの 王様の病気を確..... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 09:41

» チャングムの誓い<45>みた!(ネタバレ) [さわわん BLOG パラダイス]
このドラマを見始める前に、 「王さまの診察も担当するほどになった女性の話」 とい... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 22:16

« 「用宗海岸」の謎 | トップページ | Deep Blue »