« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

アメリカの罪と罰を感じる ハリケーン大被害

ハリケーン「カトリーナ」でニューオーリンズをはじめルイジアナ州、ミシシッピ州などで甚大な被害が出ている。

ニューヨークタイムスワシントンポストも通常のウェブサイトと少しつくりを変えて大きく報じているのはもちろん、CNNもぶっ通しで現場から放送しています。ワシントンポストの写真特集とパノラマ写真は圧巻のつくりです。

アメリカ最大の精油精製所ゾーンがメキシコ湾沿いにあるため原油高騰など日本経済に少なからず影響が出るということで日本でもかなり大きく報道してますよね。最終的な被害の規模はまだまだつかめていないようですが、扱いとしてはイラクで1000人近い人がパニックで橋から落ちて死んでいることもすごいニュースだと思うんだけど、何となく命の重さはアメリカ人>イラク人っていう感じがしてイヤです。

さて、罪と罰と書いたのは、カトリーナがこれだけ大きくなったことに地球温暖化って関係ないの?ってこと。確かに京都議定書に今さら参加しても、というのはわかる。しかし、テロとの戦いもだいじかもしれないけど二酸化炭素との戦いはどうなのさ、と思わざるをえない。それもアメリカって最強にして最大の二酸化炭素排出国でしょ。

子ども時代にアメリカに住んで驚いたことのひとつが、真冬、外が氷点下20℃にもなろうかという真冬、子どもたちはもこもこのダウンジャケットを脱ぐと下は半袖Tシャツだったことだった。セントラルヒーティングで暖められた教室はときに暑かった。日本の公立の小学校にエアコンなんて存在していなかった昔、夏はもちろん全館冷房完備。

もう10年以上アメリカには行っていないけれど、そういうライフスタイルは基本的に変わっていないんだよね、たぶん。

そして、ハリケーンでもっとも深刻な被害を受けるのは水はけのよくない低地に住んでいる低所得者層であり、屋根の吹き飛ばされたスーパードームで暑くてつらい思いをするのも車で避難できない弱者であるというこの現実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29

ガラスのカッティングボード

最近、色合いがかわいくてつい手に入れてしまったイギリス製の強化ガラスでできたカッティングボードです。

本格的なお料理をするのには正直ちょっと不向き。表面に細かいギザギザが入っていて、そこにちょっと包丁をとられる感じになってしまいます。ただ、お皿のかわりに使えてしまうので、例えばデザートのケーキなどをここで切ってそのままテーブルに出してもまったく違和感がない。

ジョセフジョセフ イギリス製カッティングボード(まな板)モザイク角型この商品を扱っている楽天市場の「自由が丘Wing」のページにジャンプします

私は横浜のLoftでこの「象のエルマー」みたいなモザイク模様が気にいってこれにしましたが、上のリンクからショップのページに飛ぶとデザインがすごくたくさんあるのがわかります。形も正方形だけでまく丸や変わった形もあり。なんと3年保証(壊れない自信が)もついていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/28

手巻きすし

p1000301.jpgなんと11人でご飯9合完食(汗)。みんなよく食べた!最初6合つくったすし飯があっという間になくなったので3合追加で炊いたという。。。

巻いたものは
・まぐろの赤身/中トロ
・サーモン
・はまち
・イクラ、ウニ
・ツナ
・ボイルえび
・ぼたんえび
・うなぎ

といったところ。のりと一緒に巻くものとして用意したシソとカイワレを意外にもあまりみんな食べなかったのは誤算でした。さすが29な人々です。

今日はエビトーストが上手にできてうれしかったですわい…おすしと関係ないね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27

「海の本」

海に行きたいなーと思って「Deep Blue」を見たらこの本がオススメ。

4048538993海の本
吉野 雄輔

角川書店 2005-07-28
売り上げランキング : 58,329
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

水中写真の吉野雄輔さんがいままで撮った写真のなかから様々な切り口(テーマ)で海を紹介する本です。「宙(そら)の名前」などのシリーズ。これもまた冷たい寒帯の海から熱帯の海まで、多彩な表情をカバー。こっちはかなり癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

Deep Blue

〈2003年、イギリス作品 おすすめ度★★★★〉
imdb詳細情報へ
BBCがつくって話題になったDVD「Deep Blue」をやっとこ見ました。

B0002S0JVUディープ・ブルー スペシャル・エディション
アラステア・フォザーギル アンディ・バイヤット

東北新社 2005-05-27
売り上げランキング : 31
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやーとにかく青かったっす。

この夏、海に全然行っていないのでかなり禁断症状に悪いカンジです。海のドキュメンタリーといえばベッソンの「アトランティス」を思い出しますが、フランス人がつくったのとイギリス人がつくったのはこう違うのかな、という感じがしました。

海というとどうしてもあったかいサンゴ礁の海をイメージしがちですが、冷たい海も相当入っていました。それと、海の青さってことでちょっとしたBGVっぽいヒーリングを期待してる人にはあんまり向かないかも。捕食シーンも多いし、深海の暗黒の海で撮影したすっごい深海魚の映像なんかも満載ですし。

あと、BGMとしてジョージ・フェントン作曲のクラシカルなオリジナル曲をベルリン・フィルの演奏でつけたところも賛否分かれるんじゃないかなー。個人的にはドラマチックにつくりこみすぎの印象があり、若干食傷気味になりました。

とはいうものの、さすが世界のBBC。ミサイルが飛んでいるように見える水中のペンギンやハンマーヘッドなどの乱舞は素晴らしいし、どうやって撮影したの?というようなクジラvsシャチのバトルなどなど。太陽光線を上から見たり水中から見たり(これ、ダイビングするときも青い海では本当に楽しい)見ごたえのある映像たっぷりです。

はー、海行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

皇后様、案外短気…チャングムは強気すぎ〈第45話〉

はー、今日も1時間すぐでしたっ。ボコにされていたチェ・チームの3人ですがそこに割って入ったチャングムに困惑を隠せず。治療法はわかったが病名はわからない、と皇后様に告げるチャングムだけど、チボクさんのプチ活躍もあり、王様がかかっていると疑われる病気はウンベク様&シン先生も、ひとり焦って調べていたチョン医局長も「同着」で判明しました。

そこからまたまたすったもんだ。治療方針がチョン医局長とチャングムでは全く異なっていた。一方、宮中の高官のなかからは皇后様がチャングム(とチョンホ様)を使って独自に王の治療にあたっていることに違和感・危機感を抱く人が続出。いったんはオ・ギョモのプレッシャーもあり、医局長に治療を一任することにして皇后様なのでしたが…。

家庭で作れる「チャングム」の韓国宮廷料理
4334974716ハン・ボクリョ

光文社 2004-11-19
売り上げランキング : 2,030
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
えー、ちょっと脱線しますが病は食から(後述もしますが)ってことで夏バテシーズン、韓国料理でも家でつくりましょうか。ドラマの中の料理を見ていると、ハチミツがけっこうポイントなのかなーなんて思ったりします。

さて、以下ネタバレです。

続きを読む "皇后様、案外短気…チャングムは強気すぎ〈第45話〉"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

「用宗海岸」の謎

台風11号がのろのろと日本に近づいてきていますが、ここ数年ちょっと疑問に思っていることが。

それは、徐々に西から台風がやってくる、という時に必ず中継場所として「静岡市の用宗海岸」が選ばれていること。地図でみても安倍川の河口の近くのわりとつるっとした場所で交通の要衝とか、そういうわけでもなさそうなのにね。

NHKだけじゃなくて民放のネット局も「用宗」はご愛用なのだが、単に静岡市の中心部から近くて防波堤に波があたって絵づらがイイみたいなことで、不便な伊豆などに比べるとロケ地に適しているとされているのか、なんか不思議。経費節減で石廊崎(=下田)に常駐で記者とかカメラマンがいないから、っていうずっこけな理由も考えられそうだけど、そんな程度だったら別に中継せんでもええやん、とつい思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

制作中の映画版「ダ・ヴィンチ・コード」に再度ダメ出し

プロジェクトが終わってちょっと気を取り直しつつある今日このごろ。

お昼に見たABCのニュースで制作が進んでいる「ダ・ヴィンチ・コード」に関して、キリスト教関係者から改めて抗議が相次いでいること、でもヨーロッパ各地のキリスト教の教会は訪れる観光客が増えていることを伝えていました。

ダ・ヴィンチ・コード (上)
4047914746ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 249
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キリスト教関係者の抗議は主にイエス・キリストとマグダラのマリアの関係についてで、ロケ地になった教会の前で抗議しているシスターが取材されていました。また、これに伴ってロケをする教会にもちょっと困っているらしいです。

ふーん、まぁそんなこともあるか、と思って久しぶりにIMDBに行ってみた。トム・ハンクスとオドレイ・トトゥが主演という段階で個人的には相当に映画を見るテンションは下がっているんですが、追加のキャスティングを見てさらにがっかりです。

ティービング→イアン・マッケラン
サイラス→ポール・ベタニー

無理。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/23

熱闘に冷や水 コマトマ部長暴力事件

57年も誰もできなかった夏の甲子園2連覇を果たした駒大苫小牧高校で、部長の暴力事件が親の週刊誌への告発というなんともイヤな感じで明るみに出た。

高野連のおじさんも記者会見で言っていたが「暴力事件」と言っても、部員が起こした事件と部長が起こした事件では本質的に異なる、というところに集約されると思いたい。記者会見で「優勝旗の返還ってあるんでしょうか」と質問していた記者がいたが、そいつの見識を疑わざるをえない。

それにしても、体育会系の暴力ってどうしていつまでもなくならないんだろう。

現役大学生での元高校球児と話したら「殴られない学校は強くない」といった趣旨のことを言っていた。都立高校で3年間野球部員だった彼は私立で暴力を振るわれながら練習してくる学校のほうが「打たれ強く」、試合で対戦しても強いと感じたという。なので、本気で野球やるなら殴られてもいいから私立、そうじゃなくて野球を楽しむ?なら都立、という割り切り方をしていたそうだ。

まぁこれは極論だったとしても、野球部の練習に暴力は組み込まれている、というのがおおかたの見方であり、コマトマを罰するならいくらでもほかの学校を叩けばそれこそホコリが出るということになってしまうんでしょう。

いいのかそれで。野球留学の件にせよなんにせよ、こういうこと考えると高校野球、感動!なんて間違えても言えなくなってしまう…。きっかけが親の告発だったというのも、なんだかイヤ。憶測でモノを言ってはいけないと思いつつ、地方大会などに行けば自分の子が松坂大輔だったり清原和博だったりするお母さんたちが多数スタンドに陣取っていたりするわけで……。告発のタイミングも不自然な気もするし。

どのみち、気の毒なのは生徒。ベンチ入りしていた子たちももちろん、被害にあった生徒(はベンチ入りしていなかったらしい)はこの先仲間とは一生気まずくなってしまうだろうし、明徳のときも考えたけどなんだか残酷だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵ランチ@銀座神谷

p1000295.jpg転勤してしまう先輩と同業他社の先輩と3人で銀座・交詢ビルの「神谷」で優雅なお昼。目にも美味な懐石を楽しみました。懐石だけどヴィシソワーズ出たり、デザートも和洋あわせたかわいいものでした。手前の水羊羹から奥のスイカを乗せたブラマンジェまで…うっとり。

ウェイターの人がガサツだった以外は満足。先輩は「なんか『セレブ』だなー」とか言ってましたが(汗)、お金もってるのはオバチャンたちです。声でけーよ…。
食べて外に出たら大雨になっていました。Barneysで雨宿りも兼ねて少しお店の中を見てまわりましたが、バーゲンシーズンもほぼ終息してもう店内は秋になっていました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

コマトマ、夏の大会57年ぶりの2連覇

まあ、ここで2連覇しなきゃウソかなー。平田君や辻内君のためにも勝ってくれ〜、とかなり素人っぽいことを考えながら見ていました。

駒大苫小牧、57年ぶり夏連覇 高校野球決勝(asahi.com)

準決勝2試合があまりにもハラドキだったので今日の試合はそれに比べると若干物足りなかった?とちょっと贅沢なことも言ってみる。

それにしても雨天中止1度もなくて大会入場者もかなり多かったそうです。そりゃ早明浦ダムの貯水率もゼロになりますわね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/19

平田君ノーヒット…でも将来が楽しみ

hiratarいやーこの写真がすべて語っています。期待も重かったよね…。大会前に傷めて完治していない足首のねんざ、首の寝違えに最後は手首も腱鞘炎っぽい痛みを覚えていたとか。本当におつかれさま!と言ってあげたい…。

平田、一転5打数ノーヒット 最後の打者に (asahi.com)
この記事を読んで彼はまだまだ成長してくれる、と思ったかも。ホームランに不満、と言った前日もそうだったけど、トップクラスの投手を打てない、と自分についてコメントできる客観性は大事だなぁ、と。

一方、甲子園はいよいよ決勝。
夏2連覇の難しさ(asahi.com)
なんと87回大会をやってきて、2連覇したのは1948年の小倉高校以来ないと!優勝校が翌年も夏の甲子園に戻ってこられたのは18回(16校)だけ、というのも驚き、っていうかそれだけ勝利の女神は気まぐれ、ということなのでしょう。

今回、明徳義塾高校の暴力事件による出場辞退が話題を呼んだけれど、その背景にあるのは大阪の子どもたちを中心にした「野球留学」もある。ことしの代表校も青森山田(青森)や酒田南(山形)、江の川(島根)など、選手の出身中学を見ると地元出身者がほとんどいない高校もあり、のんきに「お国自慢」とも言い切れない側面もあります。甲子園に出てこられない高校でも各都道府県で「強豪」といわれているところはそうした留学生を集めているところも少なくないのでした。

そんな中でやっぱり今年は長崎の清峰のように公立(全員地元、お金なし、施設なし)が勝つ、ということもありました。別府青山(大分)や聖心ウルスラ(宮崎)もすべて地元の高校生で編成したチームです。

決勝に勝ち残ったチームは駒大苫小牧も京都外大西も、準決勝を控えて1日余裕があったチームでした。始業式とか問題もいろいろあると思うけど、やっぱりもう少し日程を考えて、決勝には1日余裕をもたせるなどしないといけないと思いますね〜。高校野球で優勝しても、その後もしかしたらプロとして活躍できるかもしれない選手たちを甲子園で燃え尽きさせてはいけないと思う。メディカルトレーナーがいくらいても、休養時間に勝るものはないわけですから。

さて、どっちが勝つでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヨリは刺客、悩んだチャングム結論は?〈第44話〉

ぬもももも、という感じで現れた皇后様にさすがのチャングムもびびりまくりだった前回の終わりから1週間。皇后様からの「王様の病の原因をつきとめよ」というプロジェクトXをもらい、内侍府(ネシブ)の長官と向かった先は菜園。そしてなんとそこにはチャンドク様とチョンホ様がいたのでした。

そして、やっぱりチョンホ様いつもの白馬の騎士ぶりを発揮していたのですね。チャングムの姿が見えないことに不安を抱き、チェ女官長が騒ぎ出す前に長官のところへ行って皇后様への進言を提案していたのでした。チェ女官長への不信感、そして「硫黄アヒル事件」でチャングムにシンパシーを抱いている皇后様が一計を案じ、チャングムは命拾いをしたわけです。

王様と同じ傷寒症の患者さんサンプルも集めたチャンドク様「疫病の村に引き続いて引っ張り出されたわ」ってかっこよすぎよ〜(笑)。

一方、ヨリがとうとう正体を現しました!

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX 4
B000AEMU72イ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ

バップ 2005-10-21
売り上げランキング : 287
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレです。

続きを読む "ヨリは刺客、悩んだチャングム結論は?〈第44話〉"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005/08/18

大阪桐蔭・平田選手、21年ぶりの大記録

ossanいやーきましたね。大阪桐蔭の4番、平田君。本大会出場前の時点で高校通算65本のホームランを打っていましたがきょうの東北戦で3本塁打。21年前のPL・清原番長以来の記録をつくりました!

大阪桐蔭、東北下し4強進出 平田が3本塁打(asahi.com)
おかしいのは1本目打ったとき全然うれしそうじゃなくて、黙々とベースを1周したこと。なんで?って思っていたら試合後のインタビューで「当てにいったのが入ってしまったので個人的には不満」と言ったそうです。さすが、というかなんというか。6日の開幕から今日までにホームランは30本出てるんだけど、甲子園でホームラン打って不満と言っちゃった子は、いないような(笑)。
日に焼けすぎた感じに丸刈りもなんか建設現場にいそうなおっさんっぽくて「高校球児」っぽくないのがイイ!ぜひ次の準決勝もホームラン打ちまくってくださーい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/17

看板に。。。

p1000293.jpg品川駅でみつけたSuicaペンギン。「百貨」と書いてあるのに売ってたのは飴と貯金箱の2種類だけでした。。。むーん。

人気があってありとあらゆるグッズが売り切れて2種類だけになっていたのか、最初から2種類だけの「二貨」だったのか、ちょっと気になりました。

【追記】情報提供がありました。とりあえず19種類はあったらしい。人気沸騰ってことですか。

山手線内でSuicaペンギングッズ発売開始(東日本キヨスク〈!!〉のサイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やたー

p1000292.jpgまだ明るいよ!家路につきました。

6月から寝ても覚めても、状態だった仕事も大詰めです。きょうはまだ日没前なのに家に帰れる〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

敗戦から60年

日本の敗戦(終戦、っていうことば、きれいごとですよね…)から60年目の今日。

エアコンの効いた部屋で高校野球見ちゃったりして、しみじみ暢気な自分を感じます。

この本はお友だちのIZさんに薦められた本ですが、読むと愕然とします。この組織(日本軍)にいた人たちはホント無駄死に以外の何者でもない。

そして、慄然とするのは組織のありようがいまの日本企業とたぶん変わらないこと。少なくとも私のいる企業にはよく似た描写がみられます。凄惨な戦場での体験談も、一度読んでおきたいところ。終戦のときに生まれた人が還暦になるいまです。もう、生のこういう話を聞ける場所は沖縄のひめゆり祈念館などかなり限定されてしまいますし…。

私の中の日本軍 (上)
4167306018山本 七平

文芸春秋 1983-01
売り上げランキング : 11,120
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これを読んだら、特にサラリーマンの人はこれも読んでみるといいかもです。空気。その絶妙なる表現でいかにものごとのありようが決まってゆくか。私はいつも歯がみしてます。

「空気」の研究
4167306034山本 七平

文芸春秋 1983-01
売り上げランキング : 7,352
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

20年の歳月、日航機墜落

群馬県の御巣鷹山(本来は「御巣鷹の尾根」が正しいらしい)に日航のジャンボ機が墜落してもう20年。きょうは仲間が雨のなか、重い器材を背負って山に登っていました。山を降りてきて届いたメールには、きょうも機体の破片の一部や人骨が見つかった場に居合わせた時の様子も書いてありました。

この事故がなかったら、というか、たぶんフジが生中継した生存者の川上慶子さんの映像を見ていなかったら、たぶんいま、私がいまやっている仕事には就いていない。私にとっても実は人生の転機になった事件です。それからもう20年なんて…。

といいつつ、日々の生活に流されて事件自体はあまり勉強できていませんし、事故と接するきっかけもほとんどなかったのですが、この3冊は必読かなぁと思います。1番目の藤田さんはJALのパイロットとして、原因究明、特に圧力隔壁破壊説に長い間異議を唱えてきた人。2番目の山崎豊子「沈まぬ太陽」は、主人公の描き方をめぐって賛否両論あった作品ですが、3巻目の描写は秀逸。この人、1980年代にもかかわらず大阪のひとに「おまへん」とか言わせてて若干どうなの、と思わないこともないのですが、圧倒的に迫ってきます。3番目も綿密な取材に基づいた作品で一気に読ませます。

隠された証言?JAL123便墜落事故
4104620017藤田 日出男

新潮社 2003-08-12
売り上げランキング : 266
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇
410110428X山崎 豊子

新潮社 2001-12
売り上げランキング : 377
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


墜落の夏?日航123便事故全記録
4101163111吉岡 忍

新潮社 1989-07
売り上げランキング :
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夜になってTBSとフジの民放2局がドキュドラマを放送しました。それぞれ力作だったと思います。個人的には両方とも見て正解かなと。TBSは先述したJAL藤田さんと、123便の高濱機長の遺族に、フジは遺族会「8・12連絡会」の事務局長をやっている美谷島さんの一家に焦点をそれぞれあてて描いています。

「もうだめだ」と叫ぶ機長の声が収録されたボイスレコーダーの声は、本当に胸がしめつけられます。こんな日に福岡発の飛行機で事故起こして、JAL最低ですよ…。

ドラマの感想を以下に。

続きを読む "20年の歳月、日航機墜落"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/11

皇后様、コワ!さぁチャングム、何度目の土壇場?〈第43話〉

王様の病状日誌という国家の最高機密(!!)を持ち出して内侍府(ネシプ)の監察官に捕獲されてしまったチャングム。ハン尚宮様の恨みを晴らしたいという気持ちを汲んだ内侍府の長官が個人的に処理してくれ、事なきを得たと思ったが、そうは問屋が、いえ、チーム・チェがおろしません。

監察官に接触しますが「掟」を理由にとりあってもらえず、ついにはタレコミのお手紙。

一方、王様の病気は一向によくなる気配がない。チャングムがなぜ病状日誌を読みたかったのか誰よりも知っているチョン・ユンス。王の病気に別の原因があるのではないかとの疑念がぬぐえない。そしてヨリはますます挙動不審に。

以下ネタバレです。

続きを読む "皇后様、コワ!さぁチャングム、何度目の土壇場?〈第43話〉"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

この夏2度目のマンゴー

p1000287.jpg伊是名(いぜな)で夏満喫中の友だちがマンゴーを送ってきてくれました。持つべきものは友です(感涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

世界陸上、織田裕二のおかしなテンション

去年のアテネでパフォーマンスがおもしろかった棒高跳びの沢野大地をチェックするべく、しぶしぶTBSの世界陸上を見ました。

沢野は悪コンディションの中ぶじ決勝進出。それにしても、どういうタイミングで生放送にしたり録画にしたりしているのか、見せられるほうがあんまり気持ちよくない見せ方しますな、この番組は。あと、いちいち選手にへんてこりんなニックネームつけて盛り上げようとするのも、逆にどん引きなんですケド。

そして何よりおかしいのがキャスターの織田裕二。まぁ、スポーツイベントに女性タレントを出してきてそれがおかしなはしゃぎ方をしているのが男になった、っていうだけ(苦笑)と思えばいいんだけど、この盛り上がり方、中井美穂と全然かみあってない感じ、どうにかならないの(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーター・ジェニングスの訃報

米の3大ネットワーク、ABCの看板キャスターだったピーター・ジェニングスが亡くなった。
Peter Jennings 1938-2005(米・ABCテレビの特設サイト)

CNNがかなりのボリュームを割いてバーバラ・ウォルターズやアンカーマンのライバルだったNBCのトム・ブロコウやCBSのダン・ラザーのインタビューを放送していたし、BBCのニュースサイトでも読者からの意見を募集する大きな扱い。

日本の「ニュースキャスター」にはない、常に冷静で客観的なニュースのあしらい。何かを批判するときでも決して声を荒らげることもないし。最近でやっぱり印象的だったのは9.11の同時多発テロのとき。とにかく出ずっぱりでいろいろなことを伝え続けただけでなく、しばらくしてからスタジオに子どもたちを呼んでテロについてのディベートをやっていたりもした。

もちろん、本人にはあったこともないし、アメリカのテレビのジャーナリズムっていうのがどの程度のものなのか、ということを論じるつもりもない。ただ、常にニュースや情報の中に身を置いていて、見るべきニュース、信頼に足るニュースと判断できたのは恐らく彼のコントロールが上手だったからで、それがなくなるというのが、とてもさびしい。

最後に出演したときのビデオを見ると、明らかに声がかすれてしまっていて、気の毒だった。肺がん。60代の後半といってもまだまだ若いんだよね。発病がわかったのは春で、8月まであっという間だった…。

【追記 06/01/30】長い間後任が決まらず、ようやくアンカーの後釜が決まったと思ったらイラクで負傷してしまったそうです。
ABCのアンカー、イラクで重傷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

空しい「バンザイ」国会解散

郵政民営化法案が否決されて国会解散。いつ聞いてもなんか笑える「バンザーイ」のかけ声を聞きながら、いったい国民はどうしろと?と思ってしまいます。

国民は国会議員に何を求めればいいんだ?誰に私が払っている税金を託せば?しかし何をキーワードにしたらいいんだろうね、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/01

夕涼みで花火

p1000286.jpg鈍い音がするので気がつきました。今日、神奈川新聞(かなしん)の花火大会だった!

いわゆる横浜の花火大会は山下公園の沖で上がるので自宅からは無理なんだけど、今日のは臨港パークであげているので、高度の出る大きな花火限定で見えます(笑)。やっぱり横浜は東京よりかなり涼しい。今日は絶好の夕涼み日和りでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

月曜の朝帰り

いま転がしているプロジェクトで、月をまたぐために大きく改変しないといけない事態が発生。協力は大量にあおげたのだけれど何せ絶対的な量がありすぎ。
昼すぎスタートしていま帰りの下り電車です。。。去年のアテネを思い出しつつ、満員ぎゅうぎゅうの上り電車を見ています。明日はアレに乗らないといけないのか orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »