« 素敵ランチ@銀座神谷 | トップページ | 制作中の映画版「ダ・ヴィンチ・コード」に再度ダメ出し »

2005/08/23

熱闘に冷や水 コマトマ部長暴力事件

57年も誰もできなかった夏の甲子園2連覇を果たした駒大苫小牧高校で、部長の暴力事件が親の週刊誌への告発というなんともイヤな感じで明るみに出た。

高野連のおじさんも記者会見で言っていたが「暴力事件」と言っても、部員が起こした事件と部長が起こした事件では本質的に異なる、というところに集約されると思いたい。記者会見で「優勝旗の返還ってあるんでしょうか」と質問していた記者がいたが、そいつの見識を疑わざるをえない。

それにしても、体育会系の暴力ってどうしていつまでもなくならないんだろう。

現役大学生での元高校球児と話したら「殴られない学校は強くない」といった趣旨のことを言っていた。都立高校で3年間野球部員だった彼は私立で暴力を振るわれながら練習してくる学校のほうが「打たれ強く」、試合で対戦しても強いと感じたという。なので、本気で野球やるなら殴られてもいいから私立、そうじゃなくて野球を楽しむ?なら都立、という割り切り方をしていたそうだ。

まぁこれは極論だったとしても、野球部の練習に暴力は組み込まれている、というのがおおかたの見方であり、コマトマを罰するならいくらでもほかの学校を叩けばそれこそホコリが出るということになってしまうんでしょう。

いいのかそれで。野球留学の件にせよなんにせよ、こういうこと考えると高校野球、感動!なんて間違えても言えなくなってしまう…。きっかけが親の告発だったというのも、なんだかイヤ。憶測でモノを言ってはいけないと思いつつ、地方大会などに行けば自分の子が松坂大輔だったり清原和博だったりするお母さんたちが多数スタンドに陣取っていたりするわけで……。告発のタイミングも不自然な気もするし。

どのみち、気の毒なのは生徒。ベンチ入りしていた子たちももちろん、被害にあった生徒(はベンチ入りしていなかったらしい)はこの先仲間とは一生気まずくなってしまうだろうし、明徳のときも考えたけどなんだか残酷だ。

|

« 素敵ランチ@銀座神谷 | トップページ | 制作中の映画版「ダ・ヴィンチ・コード」に再度ダメ出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/5616984

この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘に冷や水 コマトマ部長暴力事件:

« 素敵ランチ@銀座神谷 | トップページ | 制作中の映画版「ダ・ヴィンチ・コード」に再度ダメ出し »