« アメリカの罪と罰を感じる ハリケーン大被害 | トップページ | 読売新聞が電話してきた »

2005/09/01

仲間割れは末期症状…なんとヨンノ!〈第46話〉

んんー。最初の10分のがしてしまいました。王様は目が見えるようになったんですね結局。立場なし男さんになってしまい、チボクさんにまでダメっぷりを指摘された医局長…。あーあ。

いつものご褒美攻撃をしようとした王様ですが、チャングムの力がこれ以上増すのを危ういと感じたオ・ギョモはなんと、手柄をシン医務官にあげてしまいます。あっけにとられるシン医務官ですが、さすがに王様の前でオ・ギョモを止めることもできず。ってことは次の医局長はシン先生ですかね。まー、ヨリがこれ以上悪だくみできなくなるし、不正は絶対ないでしょうけれど。

B0009V7V5C「チャングムの誓い」で学ぶ宮廷料理 DVD-BOX
ヤン・ミギョン

バップ 2005-09-22
売り上げランキング : 979
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週は久しぶりにハン尚宮様に光が当たりましたのでコレにしました。集中放送のときに何度か見ましたが、宮廷料理なので、まず材料からしてなかなか家庭でつくれる感じではありません…。ママニムファンの方どうぞ!

さて。今週もここからがてんこもりでした!いろんな人のいろんな思惑が交錯した回です。以下ネタバレ。

体調が少しよくなって王様はヨンセンを訪ねます。マメだ…。そしてヨンセンは優しく王様を迎え、チャングムと会って話を聞いてやってほしいと取り次いであげました。そして、ハン尚宮様の無念を晴らしてほしいと王様に訴えるチャングム。

王様の話と番組後の一口メモを足してようやく、先週ちょっと疑問だった皇后様の態度の理由が氷解しました。ハン尚宮、そしてチョン最高尚宮を懐かしむ王様ですが、ハン尚宮の汚名をそそぎ、チェ一族とオ・ギョモを一掃するとどうなるかということ。

たぶん日本版はカットしているのでわからなかったと思うのですが、いまの皇后様にも息子がいました。っていうかね、息子とのツーショットって一口メモのときに初めて見ました、たぶん。

そして、今は亡き前の皇后と王様の間には王位継承第1位の東宮がいます。そう。トックおじさんがあやうく死刑になるところだったチュンジョチョナプタン(カモとチョウセンニンジンのスープ)を食べて、ニクヅクとの食べ合わせが悪くて身体が麻痺しちゃった彼。彼を跡取りとして明に認めさせたのはハン尚宮とチャングムの野菜料理だったですよね…。

東宮には皇太后がついており、皇太后様の後ろ盾で宮廷を仕切っているのがオさんとチェさんというわけ。オさんとチェさんを放逐すれば、チャングムを用いた王の治療などもあって現の皇后がさらに力を持ち、自分の息子に王位を、と思っても不思議ではないということです。

まー、あれくらい気が強ければねぇ。王様を治したい一心、というよりは息子のためだったわけかー。

ということで優しい王様は苦悩するのでした。

一方いよいよ風向きが怪しくなってきたチーム・チェ。医局長がチャングムにゲロしないように不老不死のチェ家の刺客、ピルトゥ(笑)を差し向ける一方、ヨリを呼んで前女官長をお金と弱みで口封じにかかりました。えー、ヨリこれで終わり?もうちょっとこうなったら何かしてください!

明らかに影絵(汗)の医局長に刃を向けるピルトゥですがチョンホ様とチャングムの来訪で果たせません。そしてなんとよりによって医局長は自殺してしまいました…。えー。なんか釈然としません。

「死人に口なし」。少し安堵したチェさんたちはオ・ギョモに自分たちを捨てないように釘を刺しますが、チャングムから呼び出しを受けてしまいます。甘酢を埋めた場所にクミョンと女官長を呼び出したチャングム。なんと医局長の遺書をもっている、ついては皇后様にチクってもいいんだけど、自白してほしいと選択の余地をあげます。

本当に医局長はチャングムに遺書を渡しているのか。時間経過からすればそれは無理っぽい。かといってその物を手にしなければ遺書の有無は確認できない。がめついトックさんちのおばさんの商魂に目をつけて家をあけさせてガサ入れもしますが、あそこのお宅からは2人がかわしたラブレターしか出てきません(爆笑)。

チャングムはクミョンのところに行ってだめ押しです。最高尚宮としてハン尚宮が教えていたのと同じように女官を育てているじゃないの、あなたはチェ一族より自分の誇りのためにできる人でしょ、と迫るチャングム。でもクミョン…。「あなたに誇りを踏みにじられた」とチョンホ様への想いまでチャングムにしゃべっちゃった上に、誇りは踏みつけられてもなくなりはしない、と無情にも切り返されてしまいました。勝負あっちゃったよー残念だけど。

でもチャングムも宮中でのしたたかな生き方をわかってきたね。ミョンイママの料理日誌を監察の書類とともに取られたり、ママの告発の手紙を奪われたりしてますから、もしチャングムが手紙を持っていたとしても簡単に見つかるところには置いてないよね。

さらにさすがオ・ギョモ。海千山千。ユン・マッケを使ってチェ一族とチャングムとの因縁を調べ上げてしまいました。そして、実はすべてを知っているヨンノが切り札になることに気がついちゃいます。

ヨンノ…。気がついたら知りすぎていた女になってしまっていたのね。そういう人はたぶん韓ドラじゃなくても死ぬね……。

一方のチーム・チェも背水の陣です。ヨンノにお金を握らせてほとぼりが冷めるまで身を隠すように指示。オさんとチェさん両方から大枚を積まれたヨンノ、どうする?と思ったらなんとチャングムと対面してますよ!!以下次週!

しかしなんですなー。ヨンノ、散々子ども時代にチャングムの身分が低いからとかいっていじめてましたが、ユンさん密告で奴婢から2階級特進?で宮中の護衛になったというじゃありませんか。コンプレックスの裏返しかよ!

あと、先週私も疑問に思い、ほかのブログでも指摘があった「愛する息子が重病なのに皇太后様どした?」の疑問ですが来週久々に登場するようです。やっぱり皇后が出しゃばっているところに出られない、って感じだったのだろうか。皇后様vs皇太后様、という観点からもまたまた目が離せません。さらにさらに、チョンホ様が捕らえた不法な銀の取り引き。これが最終的に決定的なカードになりそうな予感です。

|

« アメリカの罪と罰を感じる ハリケーン大被害 | トップページ | 読売新聞が電話してきた »

コメント

すまっぴさん
皇后様の「ネタ元」って基本的にはおつきの女官や医女たちのように見えますが、確かにどういう判断基準なのか気になります。ただ、やはり自分の宮廷内での生存をかけたバトルという感じなのですべていろいろ計算してのことなのかな、と思うことも。

さわわんさん
これまでの「チャングム」を見ているとやはり道徳的に逸脱した人はダメな感じもあるので、ヨンノにどんな裁きがくだされるのか…。今晩が楽しみです。

エイさん
えー!なんと残念な。先週の放送を見て気になったのは、ラブレターにたぶんおばさんの下の名前があったんですよね。この前の「大事典」みたいなスペシャル番組ではおばさんに名前はない、ということを言っていたんですが、どうなんでしょう(笑)。

投稿: ruko | 2005/09/08 21:16

こんばんは^^
カン・ドック夫妻が今回出ないなぁと思っていたら、ちゃんと出ていたのですね。ショック!テレビを見ているとき、用があって泣く泣くコンビニに行ったのですが、もしかしたらその時に出ていたのかも。
そのラブレターの爆笑シーンが見たかった・・・(泣)

投稿: エイ | 2005/09/05 21:25

こんにちは。
いやはやヨンノ、チャングムのところにまできましたねー。
長いものに巻かれろ主義もここまでくるとすがすがしさすら感じます(笑)
この先誰についていきたいのかよく考た上でよーっぽど慎重に行動しないと、身を滅ぼしますよね。自分でまいた種ではありますが。

投稿: さわわん | 2005/09/04 23:12

TBありがとうございました。
元々ヨンセンには野心がないせいもあって、皇后様とは仲がいいみたいですね。皇后様って結局側室を世話したりっていうのもお仕事になっていくみたいだから、王様の女関係全部知ってます状態ってことなのかもしれません。

皇后様ってヨンセンが王様と知り合ったあたりの経緯って知ってるんですかね?彼女が本当にチャングム思いの女の子であることが皇后様に見えてたからこそ、位もあがったのかな?って推察してみたりします。

投稿: すまっぴ | 2005/09/04 23:09

stanakaさんこんばんは。

ヨンノ的な人間ってサラリーマン生活していると時々会いませんか?私はそういう器用さは持ち合わせていないし持とうとも思っていないので「まっすぐだけではダメ」((c)チャンドク様)なのですが…。

チャングムに何を言い出すのか、来週木曜が待てません。

投稿: ruko | 2005/09/03 23:25

>ヨンノ、散々子ども時代にチャングムの身分が低いから
これ、気づきませんでした。なーーーんだ、って感じですね。きっとヨンノは宮中の風向きを本能的に読むのがうまいのでは? なので、新進気鋭赤丸急上昇中のチャングムに頼ろうとしたのでしょう

投稿: stanaka | 2005/09/03 23:06

ほえさん、はじめまして。

ドラマをよりドラマチックにおもしろくするため史実を少しいじることは日本の大河ドラマなどでもありますが、そうですか王子の生年まで(汗)。皇后vs.皇太后などとしたほうが確かに盛り上がるのでそういう風にしたのかもしれませんね~。

皇后様に関しては、本来強敵になりかねない側室のヨンセンにも淑媛の称号を送るように進言したり、たしかにキャラクターが読みきれませんね。

投稿: ruko | 2005/09/03 01:14

初めまして。コメントを書くのは初めてなのでおかしいところがあっても許して下さい。

このドラマって実際の年無視しているんでしょうか?豆辞典であったのちょっとおかしいですよ~。だって皇后様が息子を生むのは1534年、皇太后様が亡くなったのは1530年。(NHKBSチャングム基礎知識より)現時点でなぜ皇后様に息子が??でも皇后様、力を持ったら何でもやりそうですね(笑)・・本当に王様を助けたい一心で??


ガイドにチャングムとチョンホ様のラブシーンが写真で載っていたら楽しみにしてたのに・・。カットなんて(泣)

投稿: ほえ | 2005/09/02 23:24

更紗さんこんにちは。

チェさんたちがヤバそうとみるやヨンセンのところに走ってみたり、保身のためとはいえ脊椎反射で生きてますよね、ヨンノ。自分自身を信じられないのだと思いますが、こういう人は本当によくない…。

投稿: ruko | 2005/09/02 11:23

こんにちは、
ヨンノまさに「知りすぎた女」になってしまいましたね。
オ・ギョモからも目つけられて
一体どちらに転ぶのか?
簡単に裏切りそうな女なんで
チェ一族とは下手すると抹殺しそうですが…

投稿: 更紗♪ | 2005/09/02 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/5743637

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間割れは末期症状…なんとヨンノ!〈第46話〉:

» 大長今(宮廷女官チャングムの誓い)<46> [綴り箱のかたすみに]
(BS2、2005.9.1) ネタバレあり 出演/イ・ヨンエ(ソ・チャングム役)チ・ジニ(ミン・ジョンホ役)    ホン・リナ(チェ・グミョン役)イム・ホ(チュンジョン役) 全54話 第46話「医局長の遺言」 チャングムの治療により、王様の視力が戻ります。 やったね&#63733..... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 09:03

» チャングムの誓い 第46話「医局長の遺言」 [ときどき思いつき日記]
王の病気の原因はヒ素。ヒ素が水 → 牛 → 牛乳 → 王 と、長年にわたり体内に蓄積されていたから。病名は誤診ではなかったけど、処方が異なっていたので治らなかった。「あっぱれじゃ!」って皇后さま、時代劇の見すぎ?このドラマの王族のセリフ、時代劇のお殿様...... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 10:56

» 第46話 「医局長の遺書」 [青空侍のシネマ徒然日記]
あらすじ NHK:HPより チャングムの治療により、中宗は視力を取り戻す。病名はユンスと同じながら処方が異なった理由を説明するチャングム。一同は感嘆し、オ・ギョモはユンスから医 [続きを読む]

受信: 2005/09/03 19:57

» 宮廷女官 チャングムの誓い 第46話「医局長の遺言」 [@もろいことない?]
今回のチャングムは「どこかの国の政局かいな?」  ホント、みんな自分の保身に走って人を貶めることなんかへでもない。挙句の果てに自殺者まで出てしまうところまでおんなじ!! さて、前回からの続きです。チャングムはずっと一晩中マッサージ(整体?)を続けて、朝になったところで王様に呼びかけます。で、王様の第一声は「あー、見える!見えるぞ!!皇后!!!」チャングムの名前を口走... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 23:04

» 第46話 「医局長の遺言」 [韓国ドラマファン]
宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX 4イ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ バップ 2005-10-21売り上げランキング : 75おすすめ平均 おとなのはじまり追放編のはじまりですAmazonで詳しく見る by G-Tools [続きを読む]

受信: 2005/09/04 10:45

» チャングムの誓い<46>みた!(ネタバレ) [さわわん BLOG パラダイス]
木曜日に食べまくった豚肉のパワーか、結構元気になりました〓。なんてのんきなことは... [続きを読む]

受信: 2005/09/04 23:04

» 「チャングムの誓い」第46話の感想~。 [エイカンぶろぐ-韓国ドラマの感想など-]
今回は主要人物それぞれが印象的でしたねー。 ネタバレありなので、まだ見ていない方はご注意くださいませ。 第46話「医局長の遺書」 人物ごとに感想かきます。 チャングム 皇后様から誉められまくりで、目を輝かせてましたね。毎度のことですが、チャングムの理...... [続きを読む]

受信: 2005/09/05 21:27

« アメリカの罪と罰を感じる ハリケーン大被害 | トップページ | 読売新聞が電話してきた »