« ぶじ帰国! | トップページ | ロスト・メモリーズ 2009: Lost Memories »

2005/09/29

宮廷に大嵐 チャングム究極の選択〈第50話〉

チャングムを主治医にする、という王様のひとことで、やっと落ち着いて来た宮廷に嵐が吹き荒れる。自分が今、宮廷を去ることで起こる波紋も踏まえた上でチャングムと逃避行に出ることを決意したチョンホは「私は怖い」と言いますが、チャングムは「私はすがすがしい気持ち」。

これから船に乗って乗り換える手前までが先週のタイトル「つかの間の和み」。ふたりのアツアツシーンは特に男性ファンの待ちかねていたところのようですが、楽しむどころじゃないっすよコッチは…。しかし大騒ぎになった宮廷はそれどころではない。右議政(右大臣=元チャチャンソン様)は内禁衛の武官、チョンホ腹心の部下(玉すだれの君)を捜索に出します。

また、皇太后様と皇后様も「ありえぬこと」とお怒り。さらにここで皇后づきの尚宮が、ヨンセン淑媛の部屋で王とチャングムが会っていたことを告げ口してしまったのでさぁ大変。

事態はもうチョンホとチャングム個人でどうこうできるレベルでないのは火を見るよりも明らかでした。

↓↓↓今週の脱線。心に残るセリフが多かったのはむしろ前半、スラッカン編。特にチョン最高尚宮様の台詞に何度涙したことか…。というわけで今週はコレを紹介。↓↓↓

「宮廷女官チャングムの誓い」シナリオ・ブック 第1巻
4873762545張 銀英

キネマ旬報社 2005-04-30
売り上げランキング : 11,929
おすすめ平均star
starどちらを優先しますか?
star完訳版を評価
star韓国語は併記されていません!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレです。

チャングムは王様の命令を受けるべきか辞退するべきか。まさに究極の選択です。

(1)受けるべき派
チョンホ様?チャングムは歴史を変えることができる人間。この国の歴史で初めて女性で主治医になることは、ふさわしい人材がふさわしい地位に就くこととなり、それが大切。勢力争いはいつの世もあり、どうにでも流れる。

チャンドク様?医女としていくら力をつけても、奴婢である医女は軽んじられる。患者からの信頼を勝ち得ることは一度もない。望んでいたのはほうびでも名誉でもなく、認められることだった。精進次第で男より実力があることを認めさせることができる。

シンビ?内医院の医女ですら、高官の宴会があるといえば呼び出され、芸者のようなことをさせられる。医術をするために医女になったはずなのに、それはおかしい。

(2)辞退する派
右大臣?王が指名買いしたチャングムをチョンホが連れて駆け落ちしたことが反対勢力に知れたら自分たち改革派の足元がすくわれる。また、チャングムとチョンホとの関係から、改革派が王をたきつけて今回の一件を仕組んだともとられかねない
宮廷の重鎮たち?身分制度や男女の区別があってこその体制。それを無視すれば国の秩序が乱れる。本音は王が自分の意思のみで政治をおこなえば自分たちの存在価値はなくなるので、なんとしても阻止!
ウンベク様?名誉と職場の信頼をともに勝ち取ることは無理

もし王様の命令を辞退すれば「信頼しておる」攻撃を今週も放った皇后様づきの尚宮になるほか宮中で生きてゆく道はないかも…。苦悩の末、チャングムは主治医を受けることを王様に申し上げるのでした。

当然ながら、内医院では、シン医局長が辞表を提出。「患者の信頼をかちえなかった医師は、そこにいても仕方がない」。ただ、やはりプライドもありますもんね…。そして内医院の先輩医女たちもほとんどがとんでもない、と共に辞表を出す動きを見せます。かばってくれるのは「自分は無能だけど医者しかやることないから」と言うチボクさんとシンビだけという厳しすぎる状況です。

「どうしてあなたはそんなに目立ちたいの」。チャングムがひとり頑張っていたことをずっと見ていて、実力は認めることはできてもやはり納得することはできない、という同僚医女たちの心情もわからなくは、ない。

一方、部屋を提供して王とチャングムを会わせたのはなぜか、とヨンセンは皇太后様に呼び出され、皇后様立ち会いのもと締め上げられます。結果だけ見れば皇太后様の言うとおり、ヨンセン自ら宮中の勢力争いに参加すると手を挙げた、ととられても仕方ない行動です。それもチャングムというとびきりの飛び道具を持っていれば。

チャンイに連れられての帰り道、まだ8カ月で持病のフウネツもあるにもかかわらずついにヨンセンは産気づいてしまった!

医女たちの冷たいことばが突き刺さります。「出過ぎたことをするから、大切な人まで危険にさらしてしまう」。返す言葉ないよね。シン先生とウンベク先生も一応外で待機してはくれていますが手を出すことはないし…。

シンビとチャングムの懸命なサポートで何とか姫を産んだヨンセンですが、ついに心臓が止まってしまいます。えぇぇぇぇ!心臓が止まる前にも何度もピンチだったけど、心臓マッサージや人工呼吸などでなんとか蘇生に成功。

事態がここまで至ってしまえばチャングムも自分(とチョンホ)が頑張れば何とかなる問題ではないと改めて悟ります。自分は志をもって今回の件を受けることにはしたが、ヨンセンを犠牲にしてまですることではない、と。「人を救う医女でありたい。人を殺す医女になるのはいやだ」。

あー、姫でよかった…。また皇后様の陰謀に巻き込まれずにすみますよ当面は。あとねー、ミン尚宮さまぁ。あなたスラッカンの最高尚宮でしょ。王の御膳はどうしたの…(爆死)。

今回も淑媛を救ったのはチャングムってことで皇太后様と皇后様は苦い顔です。そして、皇后様の息子、チョンウォン大君が倒れた!?

外は秋ですがドラマはまだまだクライマックスですよー。

|

« ぶじ帰国! | トップページ | ロスト・メモリーズ 2009: Lost Memories »

コメント

akkoさまこんばんは。
いやホントにヨンセンぶじでよかった。もしものことがあったら流石のチャングムも立ち直れなかったでしょう…。こうなってくるとチャンイが気になります。ミン尚宮はもう最高尚宮だからあまり淑媛さまのところに入り浸ることもできないでしょうから、いっそチャンイを尚宮にしてもっと下の女官をつけたらどうでしょうか(笑)。

投稿: ruko | 2005/10/10 23:37

rukoさん、こんにちは。
レスが大幅に遅れてしまってどうもすみません!!(大汗)

チャングム、大変なことになってしまいましたね~。
これほど逆風が吹こうとは思ってもいませんでした。
今だから女性も活躍できますが、まだまだ男性優位の時代ですからね・・・。

でも、ヨンセンが助かって良かった♪
ミン尚宮の最高尚宮も結構サマになっていて、面白かったですvv。

投稿: akko | 2005/10/09 12:47

ピックさんこんばんは

>>イクピル、ウンベクなどの人格者かと思われていた医務官ですら

イクピル先生がああいう態度をとることは私には予想できていたんですがウンベクさままで…。前例がないところへたどりつくのはかくも難しいことなのかとつくづく思いましたね。

投稿: ruko | 2005/10/03 23:41

stanakaさんこんばんは

>>あれ、私にはうれしそうな感じに見えましたが・・・
ヨンセンが無事に出産(それも王位継承権にからまず)、という点ではうれしそう、でもそれがチャングムの活躍、っていうところはちょっと…、という風に見えたので。

確かにみなさんいろいろな解釈をされていてそれを各blogやコメントで読むのが毎週の楽しみでもありますね。

投稿: ruko | 2005/10/03 23:40

mitomitoさんこんばんは。
ミン最高尚宮、やっぱりね(笑)。チョン最高尚宮なんて死にそうなときにハン尚宮が見送りに出るのすら断ってたのに…なんてちょっと懐かしく思い出してたりして。

昔、紛争地域で保健衛生の仕事をしているお医者さんと話したときに「平和」を知らない子どもたちに平和を教えるのが難しい、と聞きました。医女たちの行動は確かに不快だけど、彼女たちは医女はこういうもの、女性はこういうもの、と思っているだけに難しいですね。

投稿: ruko | 2005/10/03 23:38

女性が女性の地位向上を引っ張るというのは、
いつの世もあることですよね。
酒の宴に出されることに、医女の勉強をして、
修練を積んだ女性たちですら、疑問に思わないというのが不思議です。

そして、イクピル、ウンベクなどの人格者かと思われていた医務官ですら、
時代の価値観を越えることはできないんですね。
能力は認めいていても、、、

実におもしろく作ってあるドラマだと思います。

投稿: ピック | 2005/10/01 14:57

おはようございます。
>皇太后様と皇后様は苦い顔です。
あれ、私にはうれしそうな感じに見えましたが・・・。まあ、微妙な立場であることは確かですが。印象は人によって違うことも今回のチャングムで学んでいます。

投稿: stanaka | 2005/10/01 09:14

私も今までと同じようにスゴン様のところに入り浸ってるミン最高尚宮を見て「スラッカンはいいのか?!」って思っちゃいました。
医女たちのやっかみ、ヒガミはほんとに見苦しくて、キレそうでした。
自分たちの置かれてる立場を向上させたいなんて、これっぽっちも思ってない人たちに、チャングムを批判してほしくないですよね。

投稿: mitomito | 2005/10/01 01:45

更紗さんこんばんは。
登場人物しぼってるから仕方ないって思いつつ、つい大好きなミン尚宮様に突っ込みを入れてしまいました。このドラマ観てると王様はいつも食事ばっかりだし(笑)。来週の病気もまたまたただ事ではなさそうです。
またチャングムが大活躍しちゃうんでしょうか?内医院のみんなは王子の病気でも手を出さないつもりでしょうか。

投稿: ruko | 2005/09/30 22:10

すまっぴさんこんばんは。
王様、なぜチャングムを救おうとしているのか、という動機が今後明かされるのかどうか気になります…。才能とか国のためとかだけじゃないような(笑)。
シンビは別として、ほかの医女仲間とはあまりにもモチベーションなどが違い過ぎ、とても凡人のみんなはついて来られないんですよ…。

投稿: ruko | 2005/09/30 22:08

>ミン尚宮さまぁ。あなたスラッカンの最高尚宮でしょ。王の御膳はどうしたの…(爆死)。

笑っちゃいましたが確かにそうですよね~
ヨンセンの難産で王様も絶食でもしてたんかしら?(笑)
この王様、何かあると「余も食べぬ」とかって言ってたし・・・
次回は皇后の息子ですし、どうなるか?
最後まで楽しめるドラマですね。

投稿: 更紗 | 2005/09/30 20:56

同僚たちはなんでもいいますよね?(-。-)y-゜゜゜
チャングムは皇后様から世継ぎを殺せって言われて苦悩したっていうのに。
王様も才能あるチャングムを宮の外に出したくないから、死なせるわけにいかないからこそ、の苦肉の策があの命令だったんですけどぉ…
でも韓国ではああいう場合、やっぱりヨリみたいに言うこと聞いちゃうのが常なんでしょうね?>本来

ま、やらないって言ってしまうから「さすがのチャングム」なんですが。

投稿: すまっぴ | 2005/09/30 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/6176947

この記事へのトラックバック一覧です: 宮廷に大嵐 チャングム究極の選択〈第50話〉:

» 50話。波紋〜ヨンセン生まれましたぁ〜! [【過去ログ倉庫】ぼちぼち日記]
 王様のチャングムを自分の主治医にする発言は大臣の間で、宮中で波紋を呼んでます。その騒ぎを聞いたチョンホ。結局部下に言付けて宮を出てきました。皇后もびっくりです。王様に話 [続きを読む]

受信: 2005/09/30 01:19

» チャングム 第50話 [dubdub雑記帳]
 チャングム第50話 「波紋」  外伝的な内容か,などと言ってましたが,とんでもないことでした。  王様に主治医になることを命じられたチャングム。しかし,チョンホとチャングムは,一歩違いで宮中を去る。宮中では,医女である者を主治医に命じた王の命令に対し,驚きと反発の声が高まる。  駆け落ちした二人だったが,幸せな時は短く,捕まってしまう。って,早く捕まりすぎましたね。しかし,チョンホくん,怖くないですかと聞かれて,「私は怖いです。一夜の夢ではないかと。」って気が利いてますね。  さて,主治医... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 12:39

» 大長今(宮廷女官チャングムの誓い)<50> [綴り箱のかたすみに]
(BS2、2005.9.29) ネタバレあり 出演/イ・ヨンエ(ソ・チャングム役)チ・ジニ(ミン・ジョンホ役)    ホン・リナ(チェ・グミョン役)イム・ホ(チュンジョン役) 全54話 第50話「波紋」 チョンホは宮中に辞職願を出し、 チャングムはトックの家に置手紙を残し、 二人..... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 20:51

» 宮廷女官 チャングムの誓い 第50話「波紋」 [@もろいことない?]
今回のチャングムは 「ワイドショー:愛の逃避行と中宗、ご乱心!前代未聞の主治医抜擢」 チャングムはトック夫妻に置手紙、チョンホは上司に辞職願いをそれぞれ置いて逃避行へ。チョンホは王様がチャングムを主治医にする待ち合わせ場所という言葉を聞いた、その足で待ち合わせ場所の二股の木の所へ。やっぱり止めましょうと言うのかと思っていたら、あらら・・チョンホは手を差し出す。それをに... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 23:01

» 『チャングムの誓い』(50話)〜〜自ら望まなくても歴史を変える人 [雲のゆくえ]
『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブック (第2巻) 日韓友情年2005 チャングム ファン・ミーティングが10月30日にあるそうです。 ゲストはハン尚宮様とチビチャングム! これは楽しそう〜〜〜 (でも、この日はマッキーのコンサートに行くからムリだわ…ザンネン....... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 01:31

» チャングムの誓い 第50話「波紋」 [ときどき思いつき日記]
あら〜、チャングムとチョンホさま、道行。こんなことでもないと一緒になれない、と行かせてやろうとするおばさん。叔父さんはあとを追いかけ、二人が来たことをつかんだものの、どぉーして、違う方向の船に乗っちゃうかな。役所からも追っ手が来て、連れ戻される二人でし...... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 04:40

» チャングムの誓い 50話 [ドラマ囲炉裏の会]
<チャングム学校のホームルーム> ♪キ〜ンコ〜ン、カ〜ンコ〜ン♪ さあ、みんな、席について、ホームルームを始めるぞ。 こらぁ、チボク走り回るな。  あれ?トック叔父さんはまた遅刻か?  おおかた、行き先の違う舟にのってしまったんだろうな、、、  おお、チャングムとチョンホ、随分大荷物だなぁ〜  どこか出かけてたのか? よ〜し、じゃあ今日のホームルームの議題は 「医女チャングムは王の主治医になるべきか」 みんな、活発な意見、発表してくれよ。 皇后:  医女が王様の主治医になるなどあり得... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 14:01

» チャングムの誓い 第50話「波紋」 [青空侍のシネマ徒然日記]
あらすじ NHK:HPより チョンホは宮中に辞職願を出し、チャングムはトックの家に置手紙を残し、二人で船に乗る。二人の逃亡に気付いたトックは後を追いかけ、チョンホの上司右議政も追っ手を送る。 チャングムを主治医に命じるという中宗... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 18:39

» チャングムの誓い [エンタメ!ブレイク?]
さあ、日本全国チャングム祭りがはじまります! 05年韓流ドラマブームの本命が遂に地上波登場。NHK総合にて10月8日夜11時10分より放送開始! [続きを読む]

受信: 2005/10/06 05:57

» 第50話 「波紋」 [韓国ドラマファン]
[続きを読む]

受信: 2005/10/09 12:41

» 辞退してはなりません【第50話】 [「チャングムの誓い」で英語学習]
 第50話で、逃げたチャングムとミン・ジョンホが、連れ戻される船の上でのシーンで... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 07:50

« ぶじ帰国! | トップページ | ロスト・メモリーズ 2009: Lost Memories »