« アメリカが省エネw | トップページ | 今週のジョンとパンチ〈73-75話〉 »

2005/10/06

雨降って内医院は…チャングムは聖母化〈第51話〉

王様に主治医の件を辞退したチャングムだけど、皇后の産んだキョンウオン王子が病に倒れてしまい宮中は大騒ぎに。「そんなに簡単にあきらめるんですか」と言うチョンホですが、医局長を踏み台とし、淑媛さまを苦しめてまでこだわらない、と答えるチャングムでした。

一方、内医院はチャングムが辞退したので万事丸く収まったとし、チャングムをファリンソ(活人署)へ戻して秩序を回復しようとします。そしてファリンソに戻ったチャングムはこれまで治療を拒否されてきた貧しい人々(あれってペクチョンとかですかね…)を受け入れますが、高熱を発した子どもが天然痘にかかっていることに気づいてしまいます。

↓↓↓土曜から地上波で放送されるのでコレにしてみましたが超ネタバレな書物です。要注意!↓↓↓

韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編
4144071340NHK出版

NHK出版 2005-01-26
売り上げランキング : 539
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて宮中では、王様が王子の治療をチャングムに任せてはどうかと皇后に提案しますが激しく拒否られてしまいます。その驚くべきロジックとは…。

以下ネタバレです。

いやー皇后様聡明だと思ってたけどすっげー論理に飛躍がありますな〜(汗)。王がチャングムを主治医に指名したことは自分を戒めるためである。コレはまぁ、間違ってはないか。王としてはどっちかというとチャングムを守るためなんだと思うけど、結果としては皇后からチャングムを取り上げるわけだから。

しかし、これまで自分の指導力のもとチャングムを王を含めた王族の治療にあたらせてきたのは「非常手段」だったからで、時間や人的資源があれば医女になど治療を任せない。

さらに驚いたのは「東宮でもチャングムに治療させるのか」という問いかけでした。あまりのことに王様も反駁不能。皇后様はチャングムを医療に従事するものとして信頼していたのではなかったということになってしまうよね…。自分の流産のときだってさんざん世話になったのに。

前回、医女仲間がチャングムに冷たくしたことに「女の敵は女」「ひがみ」というような意見があちこちのブログに書き込まれていたけど、皇后様ですらこういう認識。つまり女は男より劣る存在であり、医女は奴婢という最下層の人間であるという差別が常識であれば、その枠をはみ出しているチャングムを現代の感覚で見ることはできないわけです。

以前、長い間紛争地域で医療にあたってきたお医者さんと話す機会があったのだ。産まれてからこのかたずっと難民キャンプに住み、理不尽な死をたくさん見てきた子どもたちには「平和」を語ってもその概念を理解してもらえないのだそうです。平和を知らない子は人が殺しあっているのが「常識」であり、人々が仲良く暮らすということが理解できない、と。

これとよく似てる気がします。だから医女も皇后も、時代背景を考えればそれほど責められるべき存在じゃないんじゃないかなぁ。

チャングムが主治医を辞退しても、それをけしかけた、という理由か、ミン・ジョンホへの風当たりはますます強くなってしまった。最大の理解者だったはずの内禁衛の長官(いまの官職は???だけど)や右議政(右大臣)も「ミン・ジョンホが我々の足を引っ張ることになろうとは」と言う始末。内医院を仕切るおっさんに至っては「必ず流刑にしてみせる」と息巻く有様。

ここで内侍府の長官がグッジョブ。チョンホ様が15歳にして科挙を主席で合格した人間であることを王様に思い出させ、王は若きチョンホとのやりとりを思い出します。そしてチョンホと会います。チョンホは、官位にふさわしい人間が性別に関係なくその職務につけるようにしたいのだ、と王に注進するのでした。

一方、王子の病も天然痘と判明。治療法が確立されていないため、都の一般人にも感染の広がりが懸念され、シン医局長はチボクとシンビ、そしてチャングムに最も手厳しいウンビを伴ってヘーミンソとファリンソの視察に出かけます。

チャングムの仕切りで病人は一カ所に集められ、民間療法も含めて予防になるのではないか、という処置はチャンドク様やトックおじさんが人々に広めていました。そこで寝食を忘れてまたまた治療に没頭するチャングムがいます。けれど声をかけたのはシンビだけ。シン医局長は何も言わず黙って立ち去ってしまいました。

医療にあたる者は聡明な人間より深みのある人間のほうがよい。そう言ったのはシン先生だったはずなのにご自分のプライドに結局はこだわっちゃってるの?と思ったけど、深夜、ひとり子どもたちを励まし続けるチャングムをこっそり見にきます。

天然痘が感染するといけない、と王子への面会も拒まれ半狂乱の皇后様。久しぶりにしゃきっとした皇太后様にもたしなめられますがついには食事も摂らなくなっちゃうんだけど、ミン尚宮に励まされます。そのことばがチャングムのことばのパクリ(爆)だったことに気がついた皇后様は、ちょうどチャングムが子どもの1人を完治させたところに直接出向き、王子の治療をしてくれるよう頼むのでした。

解熱や発疹を抑えるなど、積極的に治療するのではなく「病を病ませてみた」のが奏功したようです。もちろんそれではもたずに亡くなる子も出るわけだけど…。

おいおい皇后様、ちょっと都合よすぎないか?という突っ込みはさておき。皇后様に請われて宮中に戻ってきたチャングム。その献身的な治療の様子を聞いたウンベク様も、そしてあんなに手ひどくこきおろしてきたウンビまでもがチャングムへの協力を申し出て、内医院はいきなり一致団結態勢に。

えーと、シン先生は?

そして王子様は快復されました。そして皇后様は自分がどんなことをチャングムにさせようとしていたのか、子どもの命を奪うことがどんなことなのかを認識した、とチャングムに詫びます。よかったよかった。

そして王様、今回もチャングムにまずはご褒美攻撃。さらに奴婢ではあり得ない官位を与えることにします。赤い服の高官たちが一斉にブーイングすると九品が八品に、続いて七品、最後には六品にする!と言い放ってしまう。こうなると王様も意地(やけっぱち)。

そして緊迫の場面にシン医局長が登場。チャングムは母の心で治療している、だから内医院は全員チャングムに従いたい、とする上申書を出すのでした。うぅ。シン先生、みんなが考えていたほど器の小さい人じゃなくてよかったよぅ。

しかしそんなことで高官たちが引き下がろうはずはありません。次なる手を考えているようです。イヤな感じの予告を見てしまいました(爆)。

|

« アメリカが省エネw | トップページ | 今週のジョンとパンチ〈73-75話〉 »

コメント

kioskさんこんばんは。

私はシュールレアリズムだ〜と思って天然痘の子を抱きしめるチャングムを見ておりました(汗)。どうせやるならもうちょっと感染力の弱い伝染病でないと…。

>>シン医局長はシンビの手を引いて・・・。まさか!
ないない…(笑)。でも、なんとなく師匠と弟子の関係がいちばん強そうなのはチョドンとかじゃなくてやっぱりシンビでしょう、って思っただけですよー。

投稿: ruko | 2005/10/10 02:41

チャングムが聖母に。
まったく同感です。
苦しむ子どもたちを抱きかかえる彼女の姿は、思わず手を合わせたくなるような神々しさがありました。(笑)
シン医局長はシンビの手を引いて・・・。まさか!

投稿: kiosk | 2005/10/09 18:01

更紗さんこんばんは。
よく考えてみたら「チャングム」って寡黙な男の人少ないじゃないですか。トックおじさんも、チョンホさまも、ウンベク先生もチボクさんも王様もけっこう饒舌。なのでシン先生の言葉少ないのは私は案外好印象なんですが、確かに大切なことを的確に伝えられなさそうですよね〜。
シンビがわかってくれればそれでイイ、みたいな…。でもそれじゃ医局長はつとまらないっす。
予告編でまたまた気になる発言が出ていましたね(汗)。

投稿: ruko | 2005/10/08 00:35

smappieeさんこんばんは。
チョンホと王様との語らいを見ていて気が気でなかったのは私だけでしょうか?

投稿: ruko | 2005/10/08 00:32

stanakaさんこんばんは。
シン先生は確かにそうですね。自分にも厳しいから他人にも厳しくなりすぎちゃう。そして肝心な時にプライドが邪魔をしてしまう感じがします。そこが豪放磊落な感じがして、チャンドクさんとも最終的には意見交換がちゃんとできるウンベク様と違うところかも。

だから最後の上奏文は一歩踏み出せてよかったんじゃないかなーなんてついおせっかいなことを思ってしまいました。

投稿: ruko | 2005/10/08 00:31

こんにちは、
イクピルは、恋愛も不器用なんだろうなー
と勝手に想像してました(笑)
 しかし後三話しかないのに、まだまだ波乱万丈なチャングムの人生。
どういう決着がつくのか?楽しみですね~

投稿: 更紗♪ | 2005/10/07 12:47

最終回前が大きく展開していく感じになっていくので、次回分は台風の前のしずけさ状態ってな感じになると思います。お楽しみに!

投稿: smappiee | 2005/10/07 02:29

こんばんは!
>チャングムをこっそり見にきます
どうも、シン・イクピル先生は表現するのが苦手なようで・・・。手伝ってやれよーーと思わずつぶやいてしまった。

投稿: stanaka | 2005/10/07 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/6285035

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降って内医院は…チャングムは聖母化〈第51話〉:

» 宮廷女官 チャングムの誓い 第51話「医術の心」 [@もろいことない? チャングムにくびったけ!]
今回のチャングムは「雪解けの内医院」長官があたふたとやってきて、慶源大君が倒れた高い熱とひきつけを起こして意識をなくしたと王様と皇后に告げる。ウンベクが診ているところへ皇后と王様がやってくる。自分... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 00:44

» チャングム 第51話 [dubdub雑記帳]
 チャングム第51話 「医術の心」  王の主治医を断ったチャングム。時期を同じくして,王子が倒れる。辞退を知ったチョンホは,チャングムに「なぜ宮中に戻ったのです。」と問いかける。  王の考えを唯一支持したチョンホに風当たりは強まる。王は,チョンホを呼び,なぜお前は医女を主治医にしようという私の判断を支持するのかと問いかける。  チョンホは,最も大事なのは人であると説く。「優れた人を適所に据えること」,それこそが自分の目指す道だと宣言して,自分はヘッドハンターの生き方をしたいと告げる。  チョンホが... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 01:16

» チャングムの誓い  第51話「医術の心」 [ときどき思いつき日記]
勝手につけたサブタイトル、『今度は天然痘』王の”自分の主治医に”という命令を断り、ファリンソに戻ったチャングム。そんな中、皇后の王子が倒れました。チャングムを担当にしようとする王に「医女を王子の担当にするのですか?!」と反対する皇后。あれ?皇后様、チャ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 13:25

» チャングムの誓い 地上波開始! [PARDES]
さあ、やりますよ〜。NHK総合テレビで 『宮廷女官 チャングムの誓い』。これから第1話見るんですが、もう眠いです(笑)。衛星放送受信していらした方からのツテで録画DVDをチェ一族の崩壊まで見まして、残りのあらすじは、NHKのドラマガイドで確認してましたが、衛星放送で最終回終わってないのに、総合テレビで見切り発車するとは、NHKさんもやりますねえ。それからどうでもいいけど、もうちょっと早い時間に放送し�... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 22:53

» チャングム佳境ですね!あと3つ 追記(カットシーン)あり! [ぼちぼち日記 ]
 次の大きな展開がある回は…ラスト前かな?来週分はそういう意味で言うと、つまんないってかんじるかもしれませんね。(苦笑) 韓国ドラマにありがちな、最終回前がいちばん面白い状態、チャングムも例外じゃありません。  チャングムはご天医になるんです。 『大....... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 04:20

» チャングムの誓い 第51話「医術の心」 [青空侍のシネマ徒然日記]
あらすじ NHK:HPより 高熱から意識を失ったキョンウオン王子の病気の即断を避けたウンベク。中宗は皇后に、チャングムに治療を任せることを提案するが、皇后は拒む。チャングムは再び活人署(ファリンソ)へ戻ることに。しかし中宗のもとへ... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 18:01

« アメリカが省エネw | トップページ | 今週のジョンとパンチ〈73-75話〉 »