« ドリームバトン | トップページ | こんな日にココログ不調 »

2005/10/20

男ふたりのプライド頂上決戦に「大長今」〈第53話〉

思えばあっという間の1年でした…。いよいよ来週が最終回です!でも私のチャングムの肩に力の入った「アタクシ」ぶりへの忍耐力もそろそろ限界。マジで。今度は、ブラックジャックですか?特に後半つらかったです。

チョンホへの想いを正直に打ち明けたチャングム。「どうなるか考えなかった」ってチョンホ様に言っちゃってますが、ちび時代の「お父さんは王宮をお守りする武官デス!」失言からいつもソレだよ。思わず言っちゃうんだよね…。おかげでこの会話を外で立ち聞きしちゃってた王様は逆に恋心メラメラです。

王朝に伝わる秘宝の弓とチャングムのノリゲをかけた息詰まる弓勝負。この前練習ではあれだけヘタレだったのにチョンホ様次々に的中させます。王様も負けていません。4発放って双方一歩も譲らず。

『宮廷女官チャングムの誓い』シナリオ・ブック〈第2巻〉
4873762561張 銀英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレです。

王様は最後の1発を外しました。すっかり先週から王様ファン(苦笑)の私としては、あれは王様の情けか?って一瞬思ったんですが、さすがチャングムの彼です。チョンホ様は王様に遠慮することもなく最後の1発も的中。後で「臣下として不忠」って王様に言上していたけど…。

そして双方の想いをかけた王様とチョンホ最後の会談が行われました。駆け落ちをしたがその日のうちに戻ってきたことまで王に正直に話すチョンホ様。自分はチャングムを女性としてだけでなく人間として、高い志をもつ人間として愛している、チャングムは王の主治医になるべき人間だ。そのためなら自分は首をはねられても構わない。

「王様(チューナー)」「王様」とうるさい赤服どもと比較してチョンホ様の言っていることの意味を考えた王様は一夜考えて重大決心です。

一方の後宮ではババァ(皇太后)の説得もあり、皇后様がついにチャングムを側室にするべく命令を出そうとしていましたが、待ったがかかります。

「大長今(テジャングム)」の一代限りの称号、それも官位にすれば赤服の次くらいの位を授ける、と王様。正直な心情の吐露に少しぐっときました。1人目の皇后は追放、その父も宮中から追放して王位についた。后(きさき)も側室もいるが、それぞれの後ろには「勢力」がついている。ま、ないのは淑媛(スグォン=ヨンセン)だけですわな。チャングムをそういう場に置きたくない。しかしそばには、いてほしい。

こう言われたらいくらチャングムでも逃げられないですよね。それもお体があまりよろしくないのに…。というわけでついにチャングムは歴史に名を残すこととなりました。

内医院はこれまでの確執がどこいっちゃったんですか!ってくらいみんな歓迎ムードばりばり。でも赤服たちがこの事態をそのまま見過ごすはずはなく、チョンホ様は追放されてしまいました。それも(王様の病気を見越してか?)身分回復はいまの東宮の王位の間も許さないという厳しい処分。

ま、考えようによっちゃこれでもう一発どんでん返しあればチャングムは「妾」じゃなくてすむかもね…。

連行されるチョンホ様を追いかけ、その昔ミョンイママと父チョンスが一緒に歩いた城壁?のところに追いついたチャングム。でもチョンホ様に冷たく追い返されてしまいます。チョンホ様精一杯の最後の愛情表現ですね。日本のドラマだったら滂沱の涙のチョンホ様が入ったりしてもよさそうな。

ココから、チョンホ様を忘れるの!とでも言わんばかりにまたまた医術に打ち込むチャングム。ここからもう後半、正直流してました。西洋医学で麻酔が出てくるのだって確か19世紀の前半ですよ。世界初の全身麻酔手術をやったって言われてる「華岡青洲」だって19世紀初頭の人っすよ。鍼麻酔考えて、外科手術って……臨界点超えました。ブー!

王様はだんだんお加減が悪くなってついに腸閉塞になってしまいました。鍼も投薬も効かないという最悪の状態に。

ここで手術を提案するチャングム。内臓がどうなってるかとか、わかってるんすかね。チャンドクさんじゃなくたって止めるよ。それも「ウサギで試しただけでしょ。王様で試すなんて」って言われてるのに、また「でもコレやれば助かるかもしれないのに、手をこまねいているわけにはいかない」って正論振りかざすから。

予告も最後だと思ったらまた捕縛されてましたね…。あと1時間でどんなハッピーエンドにするのでしょうか。

|

« ドリームバトン | トップページ | こんな日にココログ不調 »

コメント

さわわんさま!
おかえりなさい(笑)。よくなってきたかな…。今回のエントリはチャングムにきびしーく書いたら全然TBつかなくて笑っちゃいましたよ〜。本当にあと1時間で終わるのか、番組表で確認したくらいです。

投稿: ruko | 2005/10/24 23:45

こんにちは! 徐々に復活してます。
臥せっているときに、お見舞いのコメントをありがとうございました。体力が非常に落ちているので、ぜひまたパワーの付くものを食べにいきたいです~(^^)

ここ1年あまり、チャングムの無謀っぷりには鍛えられてきたつもりでしたが、外科手術にはのけぞりました! やっちゃうんでしょうか?! そして1時間で、このドラマはまとまるのでしょうか?! ドキドキです。

投稿: さわわん | 2005/10/24 23:39

お父さんこんばんはです。

モルディブ行ってガツガツ朝から晩まで潜ってるダケなのは日本人の悲しい習性ですね…。あんなに美しい景色や太陽は水中だけで楽しまなくてもイイと思うのに。ヴァドゥーって私のイメージではそれほど大きい島とは思っていなかったのですがそんな小さいのですか。あー、また行きたくなってきました。

投稿: ruko | 2005/10/22 21:15

smappieeさんこんばんは。
チャングムとチョンホに焦点を絞って見てしまうと「お邪魔虫」以外のなにものでもなく見えてしまうであろう王様ですが、なかなかあれだけの度量を示せる男の人っていないと思うのです。来週の涙は王様のためにとっておこう、と考えてます。

投稿: ruko | 2005/10/22 21:13

53話みましたよ
あと1回で最終回?
さてどうなるかな~

モルのこと
モルディブ ヴァドゥー・ダイビングパラダイスです。
テレビもなにもない一周5分の小島、日の出、夕暮れと毎日、息子が写真を撮るので、お父さんも写真を撮りました。

それから近くのリゾート、ラグーナ・ビーチリゾートとエンブドゥ・ビレッジに行きました。
どちらも大きい島です。
設備は上、しかしまた行くとすればヴァドゥーにすると思います。
なにせダイビングもしない女性で今回28回目と言う人もいましたよ。

投稿: きよみ野お父さん | 2005/10/22 10:13

チャングム、子供時代以来のお間抜けぶり失言が発覚ですね~。いや、ヨンノが死んだとき以来でしょうか。(-。-)y-゜゜゜

ほんと、こうしてみると王様かわいそうですよね。
ほんとうだったら有無を言わさずに側室にできたものを、独対して彼女の本心を知ったがために主治医にしちゃうなんて…男として優しすぎるよぉぉぉ~って思っちゃいました!

投稿: smappiee | 2005/10/22 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/6492683

この記事へのトラックバック一覧です: 男ふたりのプライド頂上決戦に「大長今」〈第53話〉:

» 53話 進歩的な医者チャングムです茶 [【過去ログ倉庫】ぼちぼち日記]
[続きを読む]

受信: 2005/10/22 01:24

» チャングムの誓い 第53話「ふたつの愛」 [ときどき思いつき日記]
「ミン・ジョンホを慕っているのか?」「・・・・はい。」王様は翌朝の散歩にチャングムとともにチョンホ様も誘います。散歩の途中、チャングムとチョンホ様の縁について聞く王様。「予と同様、縁が深いそうだな」「命の恩人だとなぜわかった?お互い名乗り出たのか?」王...... [続きを読む]

受信: 2005/10/22 06:41

» チャングムの誓い<53>みた!(ネタバレ) [さわわん BLOG パラダイス]
病気で3週間近く寝込んでしまい、週末で50〓53話を一気に見ました。病み上がりと... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 23:33

« ドリームバトン | トップページ | こんな日にココログ不調 »