« リネットとガブリエル、デスパレート度アップ〈第5話〉 | トップページ | みんなハッピー 奇跡の外科手術もね〈第54話--最終回〉 »

2005/10/27

帰ってきたジョンとパンチ…

見ました。「帰ってきた!!白バイ野郎ジョン&パンチ」。ハーランとボニー、そしてターナーには逢えませんでした。オープニングですぐに全員が顔をそろえるので時の流れを一気に感じます。バリクザ、老けメイク?グローシィ(アーティー)も髪の毛真っ白…。本部長になったギトレアさん(巡査部長長かったのにそのあと速いね)は、まぁこんな感じでしょう。

ジョン(ラリー・ウィルコックス)とパンチ(エリック・エストラーダ)はそれぞれ20kgずつ太って年をとった感じ。ジョンは特に第4シーズンあたりからどんどん太っていったのでそれほど抵抗なかったwですが、あの頃みたいにぱっつんぱっつん、というよりも重力に負けてたれてる感じです。悲しい…。そしてパンチの貫禄のつき方には息をのみます。顔もどす黒いし。なのにキャラクターはあのころのまんま。

ストーリーについては正直、これがせいいっぱいか… orzというところでしょう。制作はケーブルTVのTNTで、プロデューサーは主役の2人。「パンチが15年ぶりにCHPに復職する(え、ジョンじゃなくて…?)」というムリめな設定から派生する突っ込みどころが満載、そしておっきく重たくなった2人のアクションシーンは見ていてイタ過ぎ。テレビシリーズが終わったあとそれぞれぱっとしなかった理由がなんとなく透けて見えてしまいます(泣)。

でも、私も含めてですけどファンは許しちゃうでしょう。不仲でPoint of no returnを超えてしまったふたりがまたこうして一緒の画面にたってるんだもん。

CHiPs '99(邦題:帰ってきた!!白バイ野郎ジョン&パンチ)
0780625900
Average Review
starsCheesy....blahhhhhhh
starsIt worthes the money spent!
starsThis is GREAT. I Wish ALL TV SEASONS TO BE RELEASED on DVD

See details at Amazon
by G-Tools

以下ネタバレです。

吹き替えをまだ聞いてませんが主役の2人はオリジナル。BMW、大きいバイクなので大きくなった2人にはあってるんだけどw、やっぱりしっくりこなかった。カワサキのバイクもちょっとだけ出てたけど。あと時代の流れだと思いますが本シリーズでは「拳銃をホルスターから抜いたのはバリクザだけ」っていうのが伝説だったのに思い切りみなさん銃構えていましたな〜…。

1998年。ジョンは警部(captain)に昇進。吹き替えでは「警部」だったと思いますが、おそらくこれは「署長」と同義語です。着実に出世してます。アーティーは刑事の道をすすみ、ギトレアさんはCHPの本部長(commisioner)になってました。装備もパワーアップ。バイクはBMWで、トランシーバーが制服の肩とヘルメットについてます。制服を着ているとき、ジョンは相変わらず手袋と警棒がゴールドw。

「コンビを組んでたのは7年」という発言から、ジョンはいったんワイオミングの農場に帰ってからどこかの時点でCHPに復職、あと2年パンチとコンビを組んだのちパンチが今度はCHPを離れたということになります。

で、ブルース(これまたすげー「とっちゃんぼうや」に…orz)の巡査部長昇進の日、パンチが復職してきた!みんなビックリ。バリクザが家業の飛行機屋を継ぐかどうかで辞めるやめないっていうエピソードがあったけど、CHPって元職員の復職には寛容な組織なのね〜w でも、警部になって捜査チームの編成権も持っているジョンがパンチの復職を知らないまま着任日迎えるなんて、ありえねー orz

そして、大規模な自動車窃盗団の捜査をCHPあげて行うことに。ジョンはそこに復職してきたばかりのパンチをメンバーとして入れます。軽く職権乱用w。ほかのメンバーはブルースとアーティー、そして現代の白バイ野郎ペア、ルーレットとサージェント。しかし捜査をはじめるなりブルースがパンチとの無理な追走から大クラッシュ、リタイア。本来管理職であるジョンもギトレア本部長の懇願で捜査チームに。

パンチがなぜ辞めたのかジョンは知らされておらず2人の間には気まずい空気が…。それも説明されますが、相変わらずのパンチの直感勝負の無茶苦茶な捜査(あれを捜査と言うなら)をだんだんジョンもかばいきれなくなってきた。もちろんギトレアさんもね。一方、窃盗団は1台100万ドルのコンセプトカー(これ「ナイトライダー」のナイト4000?…)も盗み、メキシコに逃亡しようとする。

捜査を進めるうちに旧ペア(ジョン&パンチ)および新ペア(ルーレット&サージャント)の「冷静なほう」、ジョンとサージャントが拉致られ、救出および摘発の大チェースが展開。「西部警察」か…… orz ジョンはぶじに解放される?パンチとの友情はどうなる?

とまぁこんな感じの90分。

キャストの近況ですが、まずジョン。ことしに入って「懐かしのテレビ番組」みたいな特番に2人そろって出演したあと、ラリーは病気で入院。現時点では自宅療養中とのことですが、かなり大きな手術だったとかで、一部では肺ガンの報道も(泣)。ファンとのBBSには、6月27日に質問に答えたあと来ていません。

「マイアミ・バイス」のソニー役のオーディションを受けてドン・ジョンソンに敗れ「ジョン&パンチ」のあとは役者として脚光を浴びることはありませんでした。役の印象が強すぎたのか、また刑事ペアものだと相手との折り合いが問題にされたのかもしれませんが…。ソニーがドン・ジョンソンじゃないっていうかラリー、というのは、今になって思えばあり得ないんだけどね(苦笑)。

「マクガイバー」「ジェシカおばさんの事件簿(日本未放送エピソード3本を含む4本)」「弁護士ペリー・メイスン」などにもゲスト出演はしています(どれも未見)。その後、SF作家のレイ・ブラッドベリ本人とコンビを組んで「レイ・ブラッドベリの世界」という30分のドラマシリーズのエグゼクティブ・プロデューサーとして全65本を制作。プロデューサーとしての手腕はブラッドベリ本人も高く評価しており、うち2本はエミー賞にもノミネートされました。

このほか映画もつくってますが(かなりヤバイ)、いまの本業はネット関連のインフラ整備を主とする公共事業会社の社長(CEO)。BBSでは、かなりざっくばらんに近況やテレビ放映当時の様子を話していました。馬やバイクなどはすべて手放してしまい「(今は)夢の中で乗ってます」なんて書いてあって、泣けました。でも書き込みの端々から人柄がしのばれて(単語の選び方などからも)、イイ人なんだろうなぁと思います。

エリック・エストラーダはメキシコの昼メロ(soap opera)などに出演してお金をがっつり稼いでいる(いた)という情報もありますがパンチにあんまり興味なくて調べてません…。ただ、ラリーさんと同様ファンがつくったサイトなどがあり、たまにチャットに来たりするらしい。バリクザ役のブロディ・グリアはとんぼさんから情報がありましたがカリフォルニアで不動産業を営んでいるとのこと。たまにCMに出たりもしてるみたいです…。ボニーを演じていたランディ・オークスは降板後割と早い段階で俳優と結婚して女優業を引退、4人の子のお母さんだそう。

あと、忘れちゃいけないのがターナーを演じたマイケル・ドーン。ほとんど見ていないので個人的にまったく興味はなかったのですが「スタートレック」のウォーフ、といえばわかるそうです。たぶんこの番組の出演者のなかで最もエンタメ界で成功した人(=稼いだ人)といえるのでは、と事実上の公式サイトに書かれてあります。

「ジョン&パンチ」に関しては、「スタスキー&ハッチ」がベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンでリメイクされ、同時期に放送されていた「The Dukes of Hazzard(邦題:「爆発!デューク」)もリメイクされたところから、「フレンズ」のマシュー・ペリー主演(それもマシューがジョン…ありえないって orz)でリメイクされるという話もあるようです。が、もちろんオフィシャルではない。マシューもつらいね〜。

映画化されればDVD化も間違いなくされると思われますが、今のところAmazon.comでは検索可能ながら、1969年12月31日リリースというあり得ない日付になっていました。イヤな感じ。

DVD化が遅れている理由のひとつについて、テッド・ターナーが70年代から80年代にかけてのテレビシリーズを大量に買い占めていることを挙げているエンタメニュースを読みました。「ジョン&パンチ」だけでなく「フェーム」とか。このため最近、このあたりのドラマがほとんどアメリカのケーブルテレビ局では放送されていないのだそうです。

アメリカに住んでいるファンの人たちはイギリスや日本で観られるのがうらやましい、と話していました。

|

« リネットとガブリエル、デスパレート度アップ〈第5話〉 | トップページ | みんなハッピー 奇跡の外科手術もね〈第54話--最終回〉 »

コメント

smappieeさんこんばんは。
懐かしさがこみあがってきてる人がここ数日多いみたいで、アクセス解析見ると思わず笑ってしまいますよ…。今CSで「若い頃の分」を放送しているのですがさすが70,80年代前半。とにかく基本的に暢気でユルいです。それが好きなんですけどね。

投稿: ruko | 2005/10/30 23:00

若い頃の分は父がCATVでよく見てるのを隣で見た覚えがあります♪
タイトルをみて、思わず懐かしさが込みあがってきます。。

投稿: smappiee | 2005/10/30 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/6687228

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたジョンとパンチ…:

« リネットとガブリエル、デスパレート度アップ〈第5話〉 | トップページ | みんなハッピー 奇跡の外科手術もね〈第54話--最終回〉 »