« 親切なクムジャさん Sympathy for Lady Vengeance | トップページ | 謀反と身分 チェオクの剣〈第2話〉 »

2005/11/10

全員デスパレート度アップだ!〈第7話〉

今週はちょっと大きく話が動きました!そしてみんな1段階ずつギリギリメーター上がっちゃいましたね。

B00079FUI6Desperate Housewives - The Complete First Season
Teri Hatcher

Walt Disney Home Video 2005-09-20
Sales Rank : 54
Average Review

See details at Amazon
by G-Tools
★このDVDはアメリカ用のリージョンコードなので、対応するデッキでのみ視聴できます。

別のことが見たくて米・ABCのサイトに行ったら、幅300pxの画面でシャンプーのCMが流れてそのあと「日曜放送したThe Desparate Housewives」のダイジェスト3分くらいやってて、ダメだー見ちゃいかん、って思ったのに見てしまいました。えらいことになってました。うわーん。

以下、本筋のネタバレです。

今週のギリギリ度。

スーザン=マイクとの初デートに娘に冷やかされながらキメキメでのぞむも、マイクのところに「古い友人」ケンドラ(もちろん女性w)の来訪者があり延期に。いつもはマイクを張り合ってるイーディーと今回ばかりは意気投合してカウボーイバーに尾行してみたものの…いつもながらのスーザンのトホホが全開。ケンドラと話すことができたけど「注意したほうがいい」と言われ、またマイクの謎が深まってしまいます。そうそう、ヤードセールでメアリー・アリスのところからもってきたブランケットに「デイナ」の刺繍を発見しました。===ギリギリ度4↑

イーディー。メアリー・アリスの家にあった脅迫状を書いた便せんがイーディーが使ってるものと同じことがわかっちゃった。で、今日もおそろしいポール。5000ドルでどうするとか1万ドルでどうするとか、物騒な話してます。イーディーってそういう人なんですか?

そしてマイクが何者なのか、という話ですが、FBIなどの捜査員ではどうやらなさそう。この前「君は近所のパイプを直していればいい」と話していた人はケンドラのお父さんの模様。いったい何を調べているんでしょうか。

リネット=ADHDのクスリが効いて家の中をぴかぴかにしていたら、夫のトムが「あさって6人家に招待したから」ってあっさり言うんだよね。トムっていつも最後は「君が大事」的なセリフですべてチャラにしちゃうけどいつもヒドイこと言うんだよな〜。その上今回は、急すぎると抗議するリネットに「ブリーはいつもやってるじゃないか」と追い打ち。高校生の子どもと幼児抱えてるのでは全然違うことくらい独身の私でもわかるぞ…。そして肝心なときにクスリが切れ、とんでもない手段に出ます。ホームパーティーは成功だったけどトムのプレゼンは…。===ギリギリ度7↑

っつーか最近はそんなに子どもに多動症の薬与えてる親が多いのかアメリカは。こえー。長期的な影響とかだいじょうぶなのか?

ブリ−=ついにレックスから離婚を切り出されてしまいました。それも学校の先生の前で。アンドリューは「お父さんと暮らす」と宣言。ダニエルもガブリエルの策略でニューヨークのモデルスクールの夏期講習に出かけると言い出してブリーはマジ切れ。この前の「ドアはがし」もすごかったけど今回の子どもたちへの仕打ちは怖すぎ。けれど「お父さんと暮らす」はレックスに却下されます。レックスはいったい何を抱えているんでしょう。そして父にも拒絶されたアンドリューがたいへんなことをしでかしてしまう。===ギリギリ度6↑

ガブリエル=ホワニータにバレてることも知らない暢気ぶり。ダメを押すために携帯チェックされてることにもまったく気がついておらず。ジョンは引き気味だが、そのジョンからダニエルとデートすることを聞き、ニューヨークのモデルスクールに口をきいてあげる、とダニエルを東海岸に”追放”する強攻策を考える。もちろんブリーは激怒。さらに、仮病でパーティーをブッチしてジョンとお楽しみのところをホワニータに現行犯で捕まり、写真も撮られてしまった。ラティーナをバカにしてはいけません。ところがそのホワニータが!!===ギリギリ度7↑

|

« 親切なクムジャさん Sympathy for Lady Vengeance | トップページ | 謀反と身分 チェオクの剣〈第2話〉 »

コメント

smileclockさん、お運びいただきありがとうございます!

イーディーのあのセリフには私も受けまくっておりました。そんなイーディーにはたくましく頑張ってほしいのでバーでアプローチしてきた探偵、だいじょうぶかと心配しております。

次週はまた大きく展開するようなので、smileclockさんのレビューも楽しみにしています!

投稿: ruko | 2005/11/13 01:14

こんばんわ。遊びに来させていただきました。
デスパレート最近俄然面白くなってきましたね。

今回はスーザンがイーディと協力してマイクの後をつけてましたが、張り合っていただけになぜ?と思っていると、理由が
「あんたからのほうがマイクを取りやすいから」
・・・・・
やっぱりイーディ、ただでは起きんなw
イーディの目標に向かうまっすぐさ(w)、感心します。

投稿: smileclock | 2005/11/12 22:01

ミントさんこんばんは。ようこそでございます。

足すとリネットとガブリエルが一緒になってしまったんですが、ガブリエルの崖っぷち度はホワニータ姑さんの回復次第なのかなぁと思ったんですよね。リネットは夫のトムも異変に気づいていたようですがもう薬なしでは無理になっているようなので…。とはいえブリーも離婚問題に加え今回新たな問題を抱えてしまったし、暢気なのは今のところスーザンだけですねw

また、よろしくお願いいたします。

投稿: ruko | 2005/11/11 01:34

はじめまして。TBさせていただきました。
「チャングム」のTBのとき、ほかのブログさんのところで、お名前を拝見していました。
今回勇気を出してTBさせていただきます(^^)。
このドラマも「チャングム」同様、女性たちが元気ですね。
今回のギリギリ度、ガブリエルとリネットが同じ7なのですね。
私は、ガブリエルの方が、かなりがけっぷちのような気がします。

投稿: ミント | 2005/11/10 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7006226

この記事へのトラックバック一覧です: 全員デスパレート度アップだ!〈第7話〉:

» 「デスパレートな妻たち」 第7話 [記憶の鞄]
「負けられない人々」 4人の女性たちの上をゆくのがフーバーさんでしょうか。いくら、ブリーの庭が素敵だからといって、倒れた人をブリーの庭に運んでしまうなんて、自分さえよければ、他人はどうでもいいのね。コワ~くって、困った人です。 アンドリューは、大変なことをしてしまったようだ。でも、車を隠してしまうなんて、ブリーもレックスも、それはイケナイ。自首させるべきでしょ。 スーザン マイクとの初デートがダメになってガッカリ。でも、ナゾの女性ケンドラが、恋敵ではないことを知って安心したものの、マイ... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 15:27

» 『デスパレートな妻たち』出演俳優解雇 [昨夜の一杯]
ご覧になってますか?NHK-BSで放送されている『デスパレートな妻たち(Desparate Housewives)』を。 高精細度テレビで映りが悪いナンバー1セレブのテリー・ハッチャーや、 2005年度ワーストドレッサーナンバー1に輝くニコレット・シェリダンが出演しているんだけど、 これは素直に面白いドラマです。奥様たちの心の声が笑えます。 みんなそれぞれ一生懸命に生きてるんですよね。 メインのテーマは違うけど、 名作『セックス・アンド・ザ・シティ』のファンの心をつかめそうな内容です。 ... [続きを読む]

受信: 2005/11/12 14:37

» デスパレートな妻たち<7> [綴り箱のかたすみに]
(BS2)全23話 第7話『負けられない人々』 スーザンはザックが話した「デーナ」についてみんなに報告しますが 誰も「デーナ」のことを知らなかった。 でもスーザンは、ポールのガレージセールで買った ガラスの器を包むのに使われていた赤ちゃん用の毛布に、 「デーナ..... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 18:03

« 親切なクムジャさん Sympathy for Lady Vengeance | トップページ | 謀反と身分 チェオクの剣〈第2話〉 »