« 「茶母」って密偵?チェオクの剣〈第1話〉 | トップページ | ホア男の予防注射 »

2005/11/04

今週のジョンとパンチ〈91-95話〉

息切れしてきた?この頃にはジョンの降板もはっきりしてただろうし、あんまり楽しいストーリーがなくなってきたような気がする…

10月31日
91話(オリジナル:第5シーズン19話)
Silent Partner(邦題:街角の静かな隣人)

逮捕容疑:窃盗
多重事故現場に駆けつけたジョン。飲酒運転で逮捕しようとした男性は耳が不自由だった。この男性はジョンに暴行を加えられた、と被害届を出すという。この男性と親しい耳の不自由な女性にパンチが惹かれる。
きょうのジョン:なんでも完璧にこなすジョンなので、男性が耳が不自由だったことに気がつかなかったことで激しく落ち込みます。ラストのベルトを使ってのスタントは、やりすぎ…
きょうのパンチ:手話、というかハンドシグナルが思いがけず役にたっちゃいました!
〈メモ〉扱いは中途半端、といえばそこまでだけど、ハンディキャップをドラマ化した努力は認めたほうがいいかも。ボニーは手話ができるCHPの最初のボランティアの1人という設定。声が聞こえないところでどうやって意思の疎通をはかるか、という最後のシチュエーションは、おもしろい仕掛けだったなぁ。そしてここで問題です。ジョンはどこで警棒を落としたでしょう…oops!!あとは最初の事故でクラッシュしたアーティー。あごをけがして何も食べられなくなり、話もできなくなってしまってました。
"CHiPs Online"のEpisode Guideへ>>

92話以降はコチラ。

11月1日
92話(オリジナル:第5シーズン15話)
Bright Flashes(邦題:レーザー炸裂!怪盗VS名馬路上の激闘)

逮捕容疑:強盗
自動車レースに出場したパンチ。ぶっちぎりで勝つかと思いきや赤いレーザー光線を照射されて大クラッシュ。レーザーを使った2人はこれが「試運転」で、レーザーを人の顔に当てて目をくらませ、次々に現金を強奪する強盗をはたらく。最初の強盗現場には西部劇の大スターだったウェイン・ケイトーがいて子どもの頃から彼のファンだったジョンは喜ぶが…。
きょうのジョン:馬といえばジョン。ロサンゼルスの街を馬で疾走!なぜ馬に乗ったのか、というのには(一応)理由があり、ジョンが好きなら涙ものですが、ちょっとイタイ!
きょうのパンチ:あのクラッシュだったら絶対死んでますからホントは…。ぶじでよかった。
〈メモ〉このところ誰かが現場でけがしますね。今日はターナーがレーザー光線を受けて救急車で搬送されました。今はレーザーを使ったショーってそんなに珍しくないけどあの頃はきっと新しかったんだね。非公式サイトではジョンがレーザーをよけられることに厳しいツッコミが入っていました。おまけしてあげるなら、犯人は「これから打つじょ」って格好してるからよけやすかったんだと思ってあげよう。
"CHiPs Online"のEpisode Guideへ>>

11月2日
93話(オリジナル:第5シーズン7話)
Bomb Run(邦題:高度1000遭難機に飛び移れ!)

逮捕容疑:窃盗
パンチはジョンについて小型機の操縦を習っているが、なかなか単独での着陸を許してもらえない。CHPは航空ショーにブースを出してPRすることになり、アーティーとターナーが準備に奔走する。ショーの会場にバリクザの元カノ、テリが父親と複葉機に乗って現れる。飛行機のスタントをしにきたはずの2人だが、様子がおかしい。2人はショーの出し物の模擬爆撃を利用して飛行場内に保管されている有価証券を盗み出す計画に加わっていた。
きょうのパンチ:無理だから、ホント。飛行中の小型機から別の小型機にはしごで乗り移るという荒業は手に汗握っちゃいました。とりあえず命綱くらいはつけていってくれ!最後の着陸はまぁ、笑うとこでしょ。
きょうのジョン:任務には非情なヒトなのね、案外。「オレは操縦しなくちゃいけないからパンチが(はしごで)乗り移れ」ってw 
〈メモ〉テリの出現でボニーがキィキィ言っちゃってましたが、ボニーとバリクザってそういう関係なんですか?全然あっておかしくないけど不思議。ブースにチョコレートチップ(CHiP)クッキ−を出そう、というアーティーの提案、ギトレアさんがあきれてたのも笑えます。
"CHiPs Online"のEpisode Guideへ>>

11月3日
94話(オリジナル:第5シーズン20話)
Flare Up(邦題:緊急避難!毒ガスと午後4時の海風)

逮捕容疑:道路交通法違反
「サンタアナの風」が吹くとみんなちょっと挙動不審になる、という話。大学のキャフェテリアで働く男女が学生にからまれる。男性は少年院に3年いたことがあり、少し被害者意識が強く、交通事故の現場から逃げたにもかかわらず、パンチに暴力を振るわれたと主張。この現場では、巻き込まれた車の中にあった漂白剤がソーダと反応して塩素ガスが発生していた。乗っていた子どもたちを助けたジョンはガスを吸って病院に運ばれる。
きょうのジョン:病院で何したかは聴かないから…。「どうせお前は使用人じゃないか」って祖父に毒づく男にするお説教はいかにもジョンらしい。
きょうのパンチ:酸素ボンベをじかに吸いながらのラストの救出劇。がんばった!
〈メモ〉「危険物対応マニュアル」みたいなものが職場に配られます。当時、こうしてドラマに盛り込もうと思った事故か事件がきっとあったのかなあ。本筋の元非行少年が、っていう話はいかにも中途半端。脚本がsloppyです。
"CHiPs Online"のEpisode Guideへ>>

11月4日
95話(オリジナル:第5シーズン5話)
Weed Wars(邦題:トパンガ峡谷の呪い トラック大爆走)

逮捕容疑:大麻取締法違反
郊外の渓谷地域はマリファナ栽培の温床になっていた。「業者」どうしのトラブルが発生、一方の業者がもう一方の業者のトラックを襲い、スクールバスを巻き込んだ事故に発展する。現場をバスに乗らずに目撃していた男の子タイラーにジョンとパンチが事情を聴くが、矢継ぎ早に質問をするパンチにタイラーが「呪い」をかける。その直後からパンチに次々とおかしなことが起き、セントラル全体が「呪い」でピリピリするように…。
きょうのパンチ:おろしたてのペンはインクが漏れるしバイクは爆発するし、笑っちゃうほど次々おかしなことがおきます。子どもはジョンに任せておくべし。
きょうのジョン:どうしてジョンは子どもキラーなんだろう…。今回も若干手こずってはいたけど。パンチが子ども向きじゃないだけ?それはそうとラストシーンで座ってるジョンの姿、アーティーか?ってくらい育ってます。やーん!
〈メモ〉ハイキングに出かけるときの服装が時代を感じます。子どもたちが乗ってた自転車、あんな感じのにみんなで乗っていたなぁ。懐かしい。
"CHiPs Online"のEpisode Guideへ>>

スーパーチャンネルのベルト放送より。
スーパーチャンネルの「白バイ野郎ジョン&パンチ」サイト
★公式サイトは「ジョン&パンチ」の放送が15日で終了し、翌日16日から「パンチ&ボビー」になるため両方の情報が掲載されてます。それにしても番組紹介がスゴイ。

「白バイ野郎パンチ&ボビー」は、それまでジョンを演じてきたラリー・ウィルコックスが、パンチを演じるエリック・エストラーダとのライバル関係に耐えられず番組を降板、パンチの新しい相棒、訓練生ボビー・ネルソン役としてトム・ライリーが加入した新シリーズ。ウィルコックスの脱退以外は大きな変更は無く、住民を助け犯罪と戦う二人のさわやかで行動的な姿を人間味たっぷりに描くシリーズの魅力は変わらない。

まあぶっちゃけその通りだとは思うんだけど…でもバリクザ、ボニー、ターナーの3人も(ジョンも入れたら4人)いっぺんにいなくなっちゃったわけだし(この2人は「ラリー派」だったということ?)トム・ライリーが途中でおかしくなって事実上「パンチ&ブルース」になっちゃってるし。キツイっすよね。それにシリーズの魅力が変わらなかったらこれがラストシーズンにはならなかったわけだしなあ。

|

« 「茶母」って密偵?チェオクの剣〈第1話〉 | トップページ | ホア男の予防注射 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/6909611

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジョンとパンチ〈91-95話〉:

« 「茶母」って密偵?チェオクの剣〈第1話〉 | トップページ | ホア男の予防注射 »