« デスパレート度、全員stayで年越し〈第14話〉 | トップページ | 新選組!!なのか紅白なのか… »

2005/12/29

秘技カメハメ波 チェオクの剣〈第9話〉

忙しいのにライブで見ましたとも。今年最後の放送、最初から最後まで突っ込みどころ満載でしたw ストーリー的にはとうとう本物の黒幕が出てきたり、朝鮮半島ではドラマの悪役はやっぱり日本人におまかせなのね!!とか思うところもあったんですが、廃人の皆様には申し訳ないながら、ワイヤーアクションをしのぐ「最強バカップル」に口あんぐりでした……。ユン、仕事しる!!

チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラックチェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ キム・サンミン ホン・ジュ

ポニーキャニオン 2005-11-16
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下なかばヤケッぱちの感想です(当然、ネタバレ)。

NHKさん、絶対狙ったでしょ「今、死ににいきます」。それも、チェオクの遺書2回全文読み聞かせの念の入りよう。もっと韓国語勉強しておくんだったと思う場面が何カ所もあった。

ユンへの想いをアツく語り、王宮へ忍び込んだチェオク。広い宮中、どうやって王様御一行の居場所を突き止めたんでしょう。GPSか?そして、聖書もびっくり。水面を走るはしる。そして前回のチオもかくや、とばかりに護衛の兵たちに滅多斬りにされます。反撃ゼロ。とどめをさせない刀っってことは、案外ナマクラなのかも。王様、気をつけたほうがいいよ。

それでも王様に面会できて直接お話できちゃう♪奴婢が王様に何か言上なんて、可能だったんでしょうか。Neverに1万ウォンでいかが?あと「失血死」っていう単語ありますね。ま、身体をユンに刺し貫かれてたはずのスミョンも死なないんだから、このへんは流して、と。都合良くチュクチたちに見つかるところも、また見どころができたというところでスルーで…。

獄につながれていたチョ長官とユンは王様の密命を帯びた男(顔の判別が不可能ですが衝立の後ろに控えてた人ですね、恐らく)によって放免されます。それも王様のお腰のベルトまで賜って。

なのにユン、事件の捜査はすっかりうっちゃらかしてチェオクひとすじ。王の侍医を刃物で脅して治療させたり、もうハチャメチャ。王様に特赦してもらったんだよ!?おかげで王様、朝議でチョン・ピルジュンを筆頭に赤服たちから、やいのやいの突き上げ食らってるのにさー。働こうよ。

挙げ句、チェオクを連れて師匠のところに行っちゃいました。瀕死の病人を馬に乗せて長距離移動…ここまでくると笑うしかありません。もちろん、チェオクの捨て身の行動がなけりゃ処刑されてた、ってのも事実だけど、せっかく助かった命、チェオクを救うことに全力を投じるなら、とりあえず長官にはキチンと言っていけって。

対照的にウォネ殿、本日も大車輪のお働きです。150人も兵が死んでるので長官を前にした軍議もペク武官とウォネ様の2人とちょっとさびしめでしたが、山の砦付近を調査し、ソンベクの恩人イ・ハクチョルの追跡に成功。例のハンセン病の村(「カマ村」)を突き止めます。偽金もつくってた。やっぱり「もののけ姫」のパクリか。

とって返し、捕盗庁(ポドチョン)は村に急襲をかけることにしますが、動きはチェ・ダルピョン(商人)に筒抜け。どう考えてもへたくそすぎるな地下への入り口からダルピョンが会いに行った黒幕は………これだけ引っ張ってやっぱり重臣のチョン・ピルジュンでした。はぁ。

ピルジュンの命を受け、タルピョンがカマ村に送り込んだ人たちは家紋のついた和服に腰には大小を差した異形の者たちですよ。そう、刀の柄を見ればどう見ても日本人ww たぶんこの前火縄銃を持ってきてた人たちだよね。もちろん、村の人たちはハクチョルさんも含めて皆殺し。「異国の者」と吹き替えてましたが日本(倭国)と言っているかどうか教えてください!どなたか。

しかしハクチョルさんもただでは死なず、脇差を抱えてダイイングメッセージに。チョ長官とウォネ殿が現場を検分した後、タイミングよく到着したソンベクはスミョンの助けを得てこのメッセージに気がつきました!チョン・ピルジュンに詰め寄るソンベクですが…。

どんな謀反でどんな大義があったとしても、日本人を手下として使ってる時点でもう圧倒的に韓国的にはNGでしょう(爆)。でもピルジュン、「任せておけ」と言ったよ。この虐殺絶対捕盗庁がやったことにするね、間違いない。

一方、チェオクを師匠のスウォル様のところまで連れていったユン。師匠の渾身の治療でもチェオクは意識を回復しません。そこで生きるか死ぬかどちらかの大技をかけることになります。カー、メー、ハー、メー、ハァァァァァ!!(←最後のハァ〜は私のため息でフェードアウト)

ぷぷぷぷぷぷぷぷ。もうダメ、許して。っていうか韓流に言うなら「私を罰してください」。「チャングム」の48話、チェ尚宮の断崖シーン(リポビタンDか!?)と同じくらい笑ってしまいました。年明けどうしようかな。もうここまで来たら乗りかかった船だから最後まで見届けないといかんと思いつつ。ワイヤーアクションより引くネタがあったとは。ホント、やられました。

そうそう、憤慨しすぎて忘れてた。ナニちゃんに会えなかった。寂しいです。

|

« デスパレート度、全員stayで年越し〈第14話〉 | トップページ | 新選組!!なのか紅白なのか… »

コメント

更紗さん、こんばんは。

おっしゃっていること、いちいち同感です。「今、死ににゆきます」のもともとの台詞が何だったのかわかっていたら、苦情のメールをNHKに出したいくらいでした。

「倭人」を「異国の者」と言い換えたり、身分のことを曖昧にしたり、こうした「改悪」が行われていると知ったら韓国の製作サイドはどう考えるかもちょっと気になっています。特に「倭人」の表現に関しては日本人に都合のいいように変えてしまっているので、歴史認識にセンシティブなかの地の方たちがどう考えるか…。

日本人が外国からどう見られているか、は大切な問題だと思います。どうしたもんでしょうね。

投稿: ruko | 2006/01/04 23:19

謹賀新年。今年もよろしく御願いします。

「今、死にに行きます」?そんな訳だったのね・・・
rukoさんの言われるドラマの真髄変える訳し方は考えてほしいですね。
韓流ドラマ熱も冷める冷めないではなく、
ちゃんとどういった形で海外から見られているか?を日本人は知るべきなんで「異国の者」はやめて欲しいわ。
しかも刀とか姿でバレバレなのにね~

私はオリジナル茶母でハマった口なんで、
チェオクの剣を先に見てたら、ハマれなかったかも・・・

投稿: 更紗 | 2006/01/04 19:34

mitomitoさん、こんばんは。

「いま死に」やっぱり狙ってたんですね、NHKさん。こういうところに力入れるのではなく、正しくストーリーを伝えることに腐心していただきたいのに…。

>>”異国の者”はもちろん”倭国の奴ら”ですよ
そうだと思いました。きょうも「遠い路」を放送していたり、NHKさんはまだまだ韓国からのソフトで何か狙っているのだと思いますが、そろそろ見ている側のほうも出演俳優さんたちに熱狂するだけでなく、少し成熟して、客観的に日本は韓国からどう見られているのか、という部分をみてゆかないと、何も生まれないような気がしている今日このごろです。

投稿: ruko | 2006/01/03 23:59

rukoさん、カメハメ波に爆笑させていただきました。
今回は時間がなくてオリジナル版の方しか見てないので「今、死ににいきます」っていう訳にビックリ。
NHKも狙いすぎだってば。。。
ちなみにKNTVでは「私はこのように死にます」という訳でした。
ご指摘どおり、”異国の者”はもちろん”倭国の奴ら”ですよ。

投稿: mitomito | 2006/01/03 22:53

rukoさん、こんにちは!
今回は切ないはずなのに突っ込みどころが多過ぎて素直に泣けませんでした・・(^^;
14話で終ったというのもやはりスタッフもこのテンションを持続できなかったのか?なんて思ったりして。
でも、ここまで来たんですもの、頑張って見続けましょう!突っ込みつつ、楽しみましょう(笑)。

今年はお世話になりました。ブログでお話できて嬉しかったです♪来年もヨロシク。
良いお年をお迎えください。

投稿: ちょし | 2005/12/31 14:12

rukoさん、こんにちは。

「カメハメ波!」にまずは大爆笑です。
そして「今、死ににいきます。」への言及に「そうだったのか!!!」と「ヘ~っ」ボタン連打です。
「失血死」には私も一票。

ホント、頭冷やして省みると「突っ込みどころ」がありすぎて、困っちゃいますね。
その上このドラマ、陰と陽とか動と静とか、哀と楽とかありとあらゆる対極にある要素をこれでもかと詰め込んであって、そのスピード感についていけません。

それでももちろん最後まで見ますよ。
なにせシン・スンフンのあの挿入歌が流れるだけで涙腺緩むという「パブロフ現象」が身についたことですし。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2005/12/31 00:22

viviさん、こんばんは。

ユンの暴走、さすがに引きますよね。チェオクに救ってもらった命だからこそ、王のためにガンバルっていう風にならないのはなぜなのか。もしそれが身分問題だったとしたら逆にまた台無しのような気もしますし。

チェオクが治ったらチョ長官はそれでよしとするのか、公私の別は厳しいチョ長官の次回のリアクションを楽しみにしていますが、予告編ではナニちゃんとの縁談話も出ていたようなので、自分の息子には厳しいけどユンには甘いのかもしれない、などなどいろいろ考えております。

投稿: ruko | 2005/12/30 23:46

akkoさん、こんばんは。

>>何も知らない民を女・子供まで皆殺しにするのが日本人
このドラマに熱狂した韓国の方がいっぱいいらしたという現実を考えると、今後これ以上日本人のカトウたちが活躍(暗躍か)しないでください、お願いです、っていう感じです。

チェオクの遺書は悪くなかったと思うんですが2回は読み過ぎ?とついつい思ってしまいましたです。

私は韓国ドラマをそれほど数こなせていないのですが、こういうのは異例の展開なのですか?来年はまた勉強したいところです。

投稿: ruko | 2005/12/30 23:44

ぐるくんさん、こんばんは。

チェオクの遺書も感動的…って思ってたのに「今、死ににいきます」(今、あいにゆきます)ってやられてもう超カックン状態であとは…という感じでした。

チュクチやペク武官のおもしろいシーンもなかったので特にイタさが2倍3倍に身にしみちゃいましたね。

こちらこそ来年もぐるくんさんのノーカット版解説楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

投稿: ruko | 2005/12/30 23:41

あおさん、こんばんは。

はい、私も笑いすぎて腹筋が痛くなりました…。最後のユンの術でエントリの見出しが「カメハメ波」に決まってうれしくなったのが救いでしょうか。

一緒にがんばって最後まで見終えましょう。私は第1回の放送を見て追いつめられたソンベクを追う一団のなかにいる人いない人を見ていろいろ読んでいます。

投稿: ruko | 2005/12/30 23:39

今晩は♪
私もはまれない一人です
突っ込みまくりの回でした
ユンが仕事をほっぽり出してチェオク命みたいな行動はどう考えても、誰か止めて下さいよーーってかんじでした。

投稿: vivi | 2005/12/30 22:55

rukoさん、こんばんは。

チェオクが感動的な遺書をユンに宛てて書いたり、師匠のところにチェオクを連れて行って蘇らせたりっていう良いシーンも多いのですが、あまりにもあり得ない設定がありすぎるのがほんと、残念です。しかも、何も知らない民を女・子供まで皆殺しにするのが日本人という設定には、もう笑うしかないでしょう。

私は最後の展開が気になるから、最終回まで頑張って観ようと思っています。

こういうドラマも韓国ドラマとして、アリなんですね~^^。

投稿: akko | 2005/12/30 17:43

 rukoさん、おはようございます。
 昨夜のチェオクは「いやはや」だらけで、疲れましたw
 重~い雰囲気を受け止めさせてくれる泣き所もなければ、払拭する場面もなくて・・・

 rukoさん命名のカメハメ波(悟空もびっくりユンのハンドパワー)で救われましたw

 来年もよろしくお願い致しますね。
 よいお年をお迎え下さい。

投稿: ぐるくん | 2005/12/30 09:28

rukoさん、こんばんは☆
今回は本当に「引きまくり」を通り越して、笑いまくりでした。(笑)
最後に出てくるあの奥義(←秘儀?)は確かにカメハメ派でしたね!
第9話は、有り得ないことばかりで、本当に次回からどうしましょう、、、
っていうか、実は予告編が一番気になった私です。
そして残りの5話は、私はここまできたら意地で見終えますよ!

投稿: あお | 2005/12/30 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7897482

この記事へのトラックバック一覧です: 秘技カメハメ波 チェオクの剣〈第9話〉:

» チェオクの剣 第9話 [あおサンの猫の爪]
第9話。。。年末の忙しい最中、明日まで会社に行けば、休める。。。っと思いつつ、半 [続きを読む]

受信: 2005/12/30 00:47

» ひとりごと<125>  チェオクの剣 #9 [「ぐるくん」のひとりごと]
 シリアスに進めるべきか突っ込みに徹するべきか、大いに悩む第9話だ。 フゥ〜  ユンの命を救いたい一心のチェオクの「直接王様にお話しする」発言に半ばあきれながら、ウォネは国王に会う手立ては「死んで幽霊になれば、あの塀を越えられる。」と告げる。  ウォネにすれば、その位無理な事なんだとチェオクを諭したつもりだったのだが、チェオクはユンと過ごした歳月こそが自分の記憶する人生そのものなのだ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 09:18

» チェオクの剣 [私の趣味日記]
 ネタバレあり  第9話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  うわ〜、チェオクまた無謀な行動してるよ{/ee_1/}{/hiyob_hat/}塀を乗り越えて王様に近づけたのはいいけど、王様の側近の者達に切り刻まれてるし{/kaeru_shock2/}それでもチェオクは王様にに、ファンボユン達が敵によって謀反に仕立て上げられたことを必死に説明したおかげで彼らの命は助けられてよかったー{/kaeru... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 20:48

» チェオクの剣 9話 免罪 [まいぶろぐ]
チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック アーティスト: TVサントラ, キム・サンミン, ホン・ジュ, JUST, キム・ヘウン, ペイジ, キム・ソンミン 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2005/11/16 メディア: CD ウォネの幽霊じゃなきゃ忍び込めないと言った言葉にヒントを得たのか、王宮に死を覚悟で「死にに行きます」とユン宛の遺書を書いて忍び込むのですなあ、、、池のほとりを散歩?している王様と目があったチェオク、水上を滑って近づきますが直ぐ護衛の兵士が... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 22:56

» チェオクの剣 第9話「免罪」 [閑遊閑吟 ]
ウォネさまったら、ちゃんと止めてくださいよ、チェオクのこと! 王宮に忍び込んじゃいましたよ、本当に~。 当然のことながら滅多切りです。 これで息があるのが不思議です。 幸いにも王はチェオクの嘆願を聞いてくださいました。 セウク長官もユンも釈放され、ポドチョンに戻りました。 でも、でも、チェオクは瀕死・・・。 医者にも見離されてしまいます。 ユンは決死の覚悟で、国一番の医者と言われる王の侍医、 ク・ドファン先生に診察をお願いしますが、 その先生が全て手を尽くしても意識は戻り... [続きを読む]

受信: 2005/12/31 14:08

» 茶母 7−9 斜字はカットシーン [【過去ログ倉庫】ぼちぼち日記]
 7話のオープニングでは最初からのあらすじがしっかりお話されてたんですね。すごくわかりやすい鴨。(笑)そんでもって…チェオクが撃たれてしまってたころにユンが風邪?で倒れて [続きを読む]

受信: 2006/01/03 00:00

» 『チェオクの剣』(9話)-免罪 [雲のゆくえ]
年末年始で忙しくって、KNTV版の『茶母』の方しか見てません。 今回は結構長かったから、カットされてるだろうし、セリフも置き換えられてるんだろうなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006/01/03 23:03

« デスパレート度、全員stayで年越し〈第14話〉 | トップページ | 新選組!!なのか紅白なのか… »