« 人質事件の結末 Breaking News〈第2話〉 | トップページ | 市川崑の「戦艦大和」 »

2005/12/13

DCにクリスマス寒波〈TWW-4 第11話〉

クリスマスなので放送がちょっと長めでラスト2分、録画切れてしまいました。しくしく…。それに冒頭。単語は拾えたのでヒドイなまりかと思いきや。1分近く経過して、しまったコレ、ドイツ語…じゃなくてYiddishかい!と点灯。話が微妙につながらないのが悔しいので終わってから最初だけ見直しました   orz 最後に「Tobias....Toby」って出てきたのと「コール・ポーター」が聴き取れたのでトビーの父親だ、って理解はしたんだけど、吹き替えで見たら普通に喋ってるだけだし。

B0007OY2PIWest Wing: Complete Seasons 1-4 (18pc) (Ws)

2005-04-05
売り上げランキング : 64,870
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感謝祭同様盛りだくさんな内容でちょっとしんどかった…。以下、感想です。

えー、ドナ、クリスマスはリース少佐とでありますか!!うらやましいであります(というかちょっと安堵)。でもいつものことだけど何か降ってきちゃったときに四の五の言わず残業態勢に入る潔さは、ちょっと見習いたいかも。ジョシュはいつにも増して雑用が多かったような気が。

いろいろありましたが、今日はやっぱりココかな。オープニングのキャストの中にもちゃんと入ってきたウィルだけど、正式に働き始めたわけではないから?と、West Wingに入ることを拒否してました。

TOBY:Hi.
WILL:How'd it go?
TOBY:Why do you sit in the lobby instead of my office?
WILL:The Holy line of demarkation. Right there. It's where the West Wing starts and I won't go past it.
TOBY:I wasn't listening to anything you just said.
WILL:I said the Holy Line of demarcatation...
TOBY:It's because I didn't care.

ココが執務室、って言われて「見てないデス!」って目を隠したり、挙げ句大統領にアポ入れしてあったのに「お入り」って言われて"No, no, no"ってアンタ、大統領には"Yes Sir"か"Yes, Mr. President"しかないでしょ(笑)。大統領がちょっと機嫌を損ねたところにもってきて"Mr. Justice"と口が滑ってしまう有様...。ホワイトハウスで働く、ってそのくらい凄いことではあるのだろうけれど、真面目もほどほどにしましょう。見てる私は楽しかったですが。

仕事にならないのでサムの部屋にようやく収まりました…。ポスターをガラス窓に貼ったのもウィルなの?

会見室では記者たちにかつがれるCJ。クリスマスのプレゼント交換がもう済んでしまったと言われて「クリスマス・キャロル」を例にとるCJの前にサンタが現れるんだけど、金魚のブローチをプレゼントされた時点で気づこうよwww 久しぶりのダニーです。

しかし。戻ってきたダニーは政権を揺るがしかねない特ダネを拾って登場したのでした。前半と第3シーズンの後半とびとびにしか見ていなかったんですが、この話マジ!?それも、CJは知らされてないわけか…。レオが「4年前と一緒だ。どこから手をつけていいかわからない」と言っているのはレオのアルコール・薬物中毒を公表するかどうかの話だとすると、かなりマズイ感じです。ダニー、すっごい勢いで原稿書いていたよ。

トビーの父がホワイトハウスを訪ねてきて、ジョシュがいきさつを知っていながらも入れてしまいます。トビー激怒。「殺人犯は大統領への明らかな脅威だ」と、セキュリティを呼ぶよう指示しちゃう。けれど外は激しい雪。ダレスもナショナル空港も閉鎖、列車も線路の凍結で止まり、市内のホテルはクリスマスということもあり、満室です。

クリスマスらしいオチ。ジョシュの「重罪犯で殺人犯の父親でも、過去のある姉(妹だっけ?)でも、生きていればどんなにいいかと思うよ」の一言でトビーも思い直します。あんまりトビーに興味を持ってみてなかったのでこのへんのことストーンと落ちてしまっていました。古いシーズンのDVD、どこかにあるかな…。スーパーチャンネルで再放送見てる限り、まだ第1シーズンではその辺の話にはなっていないけど。

すっかり女性らしくなったゾーイ。チャーリーとの微妙な会話も、なんだかそれぞれ成長してしまったんだな、とちょっと寂しい。フランスのブルボン家の血を引く彼をクリスマス休暇に伴ってもいいか、とおねだりしますが「100万年たってもダメ」って最初は言うあたり、ジェドらしいです。

でも大統領、だいじょうぶですか?「話を聞いているはずなのに、実は全く聞いていないことに気づくようになった」。MSの関係でしょうか。心配。

|

« 人質事件の結末 Breaking News〈第2話〉 | トップページ | 市川崑の「戦艦大和」 »

コメント

Snowdrops-Fairyさん、お手数かけます。

TBがかかるエントリとかからないエントリがあるようですね。ココログのTBスパム対策のバグであることは間違いないようです…。すみません。おっしゃる通り、Snowdrops-Fairyさんのエントリからは、外していただいてかまいません。

投稿: ruko | 2005/12/16 23:52

またまたこんにちは。

「デス妻」のほうは無事成功しましたが、こちらは失敗・・・、でした。(残念)

また機会を見て別の記事などにTBさせていただきます。
うちの記事内のリンクはとりあえず消させていただいたほうがよいですよね。
それでは、これからもよろしくお願いします。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2005/12/16 23:43

KEIさん、こんばんは。

私の中ではジョシュが豹変する銃撃から職場復活したころの印象が強烈ですね…。

阪神大震災は、当日の午後から「応援」という形で現地入りして、1週間ほど被災地にいました。ほとんどは西宮にいたんですけど。生まれて最強最悪のインフルエンザをうつされたのは市立体育館の避難所だったはずです。地鳴りを伴う余震は、いまでも忘れられません。

投稿: ruko | 2005/12/16 21:06

rukoさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
こちらからも送らせていただきます。

ジョシュの火事で亡くなったお姉さんのことが語られるのは、
S1の第5話"The Crackpots and These Women"です。
いつも自信満々なジョシュのナイーブな一面を見せつけられて、彼に夢中になってしまったエピソードです。
そういう落差に弱くって(笑)

rukoさん、アメリカで暮らしてらしたのですね。
そして、阪神大震災を経験されてる?
わたしは、震災時、神戸の北区に住んでいました。
(今も、阪神間に住んでいます。)

投稿: KEI | 2005/12/16 04:14

porcorossoさん、こんばんは。
アメリカの学校では毎朝、国旗に毎日忠誠を誓います。そのCommander in Chiefと直接話す機会もある最高の場所がホワイトハウスのWest Wingと考えれば、ウィルのビビリも当然なのかも…。私たち日本人にははかりしれない面がありますね。

ダニーのネタ、そして大統領の健康問題、懸案が少しずつ増えて政権も安泰ではなさそうです。

投稿: ruko | 2005/12/14 20:01

graceさん、こんばんは。
ジョシュは撃たれた後遺症のとき、カウンセリングで火事の話が出たんでしたっけ?通しで見ているつもりですが、みなさんみたいにパッパッと点灯せず、お恥ずかしい…。

投稿: ruko | 2005/12/14 19:58

こんばんは。
Trackbackさせていただきました。
ウィルのホワイトハウス初登場に期待していたのですが、
これまでのウィルと打ってかわった様子にちょっと驚きつつ、
ホワイトハウスで平然と働いている彼らってやっぱりすごいのね、と再確認いたしました。
ダニーの再登場がうれしいです。
ただ、彼の持ってきたネタ、クマーの件、まだまだ引きずりそうですよね。

投稿: porcorosso | 2005/12/14 01:20

TB&コメントありがとうございました。
ジョシュのトビーへの一言、Snowdrops-Fairyさんが書いてるとおり、ジョシュは姉を失ってるし、父親はもうすぐジェドが大統領に当選するって時に亡くなってるから、重く響きますよね~ こういうのが、S1から通して見てるファンへのご褒美です♪

ウィルの「見てないデス!」、かわいかった~♪

投稿: grace | 2005/12/14 00:46

Snowdrops-Fairyさんこんばんは。

ジョシュとドナ…。どーなんですかね(笑)。ココをフォローしているとキリがないので、私は見切って別の楽しみを見つけることにしています、実は。レオの最後の突っ込み「しっかりしろよ」は最高でしたね。

トラックバック受けていないようですみません。どうやらココログのバグみたいです。昨日はSnowdrops-Fairyさんのもきちんと受けていたのですが、今日の午後になって別のFC2ブログユーザーさんもTB送れないと連絡をもらっています。

ココログのほうに問い合わせてみています。もし直ったり、連絡があったりしたらまたこちらから改めてTBお願いするかもしれません。ご容赦をお願いします。

投稿: ruko | 2005/12/14 00:43

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。

今回は、J&Dファンにはたまらないエピでした。
普段はおちゃらけて、からかってばかりのドナがいざ離れていきそうになって、真顔になっちゃうジョシュ、可愛いです。
その感情は、「兄」としてなのか、「男」としてなのか、気になります。

トビーの親子問題。
これまでにそれに直接触れた話はなかった気がしますが、何かがありそうなのは、匂わされていた気がします。

実際スタッフはみんなそれぞれに家族に関する悩みを持っていますよね。
ジョシュは火事から自分だけ逃げて姉を喪ったというトラウマがありましたし。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2005/12/14 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7608418

この記事へのトラックバック一覧です: DCにクリスマス寒波〈TWW-4 第11話〉:

» THE WEST WING Season4−11 [ひとりごと]
THE WEST WING Season4 (ザ・ホワイトハウス) 411 Holy Night   [original air date 2002/12/11] クリスマス休暇直前の12月23日。 Tobyの父がTobyに会いにホワイトハウスにやってきた。 BartletとLeoはクリスマスを前に罪の意識にさいなまれる。 Tobyと父。 突然、会いにやってきた父親にとまどうToby。 Tobyの父親はユダヤ系のマフィアの一員。服役... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 01:13

» ザ・ホワイトハウス S4-11 「聖夜」HOLY NIGHT [Josh & Donna:The West Wing Blog "What's next?"]
クリスマス・エピ。 ジョシュ・ライマンから、目が離せませんでした。 Drama Diary Season4 TOP ザ・ホワイトハウス掲示板1954年クリスマス・イブのニューヨーク、ブルックリン・ハイツ。 ユダヤ系マフィアのジュリーは、通りに停めた車の中で仲間たちにコール・ポーターについて語っていた。 彼が大学時代、Whiffenpoofsというコーラス・グループに所属していたことも。 仲間が2人、車を降り通りの先に消えた後、彼は昨日生まれたばかりの息子の名前を閃いた。 「トバ... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 04:00

« 人質事件の結末 Breaking News〈第2話〉 | トップページ | 市川崑の「戦艦大和」 »