« 「CHiPs」リメイク決定 | トップページ | プルーフ・オブ・マイ・ライフ »

2005/12/11

ビーチか、洞窟か LOST〈第6話〉

なんとミニスカ姿のキム・ユンジンを見られるとは思っていませんでしたw ロストしてしまった人全体としては、水のある洞窟を生活の拠点にするか、ビーチに残るかという選択を迫られます。水を大量に持ってみたこと、ありますか?阪神大震災で断水だったとき、ポリタンクに入った水の重さにショックを受けたのを思い出します。

AXNの「LOST」公式サイト

ipod_125-125.gif★画像クリックでApple Storeへジャンプします。アメリカのiTMSでは、1話$1.99でエピソードを購入できます(アメリカ版のMusic Cardが必要ですが…)。

以下、いつも通りネタバレしながら感想を。ロックの今回の「まるっとお見通し」にも、また注目です。

美しいイブニングドレスを身にまとったサン。金無垢の腕時計からも豊かな生活を送っていることがわかります。一方ジンはウェイター姿。制作者が韓国ドラマを勉強したのかどうかわかりませんが、状況としては「ありがち」といえるお金持ちのわがままお嬢とビンボーさんの恋ですね。駆け落ちするしかないと訴えるサンでしたが、ジンはサンの父に会い、承諾を得ました。

でも、その代償は高かった…。

結婚前の輝くような笑顔と、太陽が照りつけるビーチで常に陰鬱なサンの対照的な姿のフラッシュバック。子どもじゃないんだから、こうなることはある程度予想の範囲内だったはず。でも、やっぱり何不自由なく育ったサンには、実際に直面するまで現実のものとして考えられなかったんだね、きっと…。

いまや父と一心同体となってしまい、人に危害を加えているジンから逃れるため、秘かに英語を学びシドニー空港から自分の意思で「LOST」するつもりだったのに。だから、逃げるために学んだ武器の英語を使うことは、なんとしても伏せていないといけなかった。ちょっと解せないのは、自らの意思で飛行機に乗ったのに、ひたすら耐える女なのは、なぜ?罪悪感から夫に従って「貞淑なアジア系の女」を”演じて”いるのか?

どっちみち、やっぱりウォルトとは英語で話していたのですな。

夫のジンがウォルトの父のマイケルを突然襲います。助けを求めるウォルトの叫びに応じて飛んできたのはサイードとソーヤー(ちょと意外!----でも「イイ奴説」にまた根拠♪)の2人。航空保安官の手錠でジンを残骸に拘束しますが、韓国語で話すばかりで要領を得ません。魚を手づかみで捕まえられるなんて沖縄の海人だってなかなかできないよ…。助かってよかったねーマイケル。

一方、この日水をくみに洞窟へ向かったのはジャック、ケイト、チャーリー、そしてロックの4人。ジャック以外、だいたい山に行きたいメンバーは固定されてきた。チャーリーは明らかに誰にも見られない場所でこっそりクスリをやらないといけないから。ケイトの動機はいまだ不明。

「ハチ騒動」のあと、日中の洞窟の中で、4人は男女の遺体を発見。「アダムとイブ」と言います。気になるのは遺体が「置かれた」ということ。死んだ人をそこに置いたということは、ほかにもまだ誰かいる、ということになりませんか?あと、死後40年から50年経過しているということ。熱帯雨林の気候で腐乱せずミイラ化しているのはなぜ?そして、ジャックが拾ってパチった白と黒の石は何?

ジャックは、(1)水を46人分ビーチに長距離運び続けるのは合理的ではない(2)洞窟のほうが直射日光がささず涼しく、消耗を防げる(3)出入り口が狭いので侵入者から身を守りやすい---という理由で洞窟での生活を提案しますがケイトは浮かぬ顔。水を持ち帰るジャックとケイト、洞窟に落ちた残骸から何か使える物を探そうとするロックとチャーリーの二手に分かれることにします。

っていうよりロックはチャーリーと2人になれる機会を探してましたね(汗)。チャーリーの素性を知っているだけでなく、詳しいしw でも、クスリを探し求めていることもずばり言い当てます。前回の対ジャックに続きこの「まるっとお見通し」はいったいなに?

そしてまた謎言。「島は望む物を与えてくれるが、自分からも何か島に与えなくてはいけない」。ドラッグをチャーリーからもらって「上を見ろ」。なんとそこには無傷のギターが!!!!

ドラッグよりも何よりもギターがほしい、というチャーリーの気持ちから考えると、ドラッグとギターの交換じゃ割に合わないよ。それに、ロックは自由に動けるようになった代わり、何を島に与えたんでしょうか。考えたらコワイ、っていうかあまり考えたくない。

ジャックの提案に「自分の国をつくるつもりか」と反発するサイード。感情で話しているのではなく筋は通っていて(1)ビーチで火を焚き、少しでも発見される努力を続けるべき(2)洞窟に入るということはそこで「生活する」ということを意味する。自分たちは遭難者だから、「生活」に集中するべきではない----。「負けを認めたくない」っていうのもちょっと意味深です。

そして、ビーチか洞窟か、ジャックは浜にいる人たちを説得することに。「ソバカスちゃん(=ケイト)がどっちにつくかみんな興味があってさ」と探りを入れたのはソーヤー。ただ、それがビーチか洞窟か、ではなくサイードを選ぶかジャックなのか、というところに落としているのがソーヤーらしすぎる。

ケイトは相変わらず謎めいてます。発見されたら犯罪者。でも、島からはどうしても出たい理由がある。ただし発見される確率を上げるためにビーチに残る、というわけでも、なさそうだし。「イブになりたくない」も、なんだか深読みしてしまう台詞。

一方、サンはこっそりマイケルに英語で話しかけます。ジンがマイケルを襲った理由は、義父からもらった高価な腕時計を浜で拾ってしまったマイケルが着けていたためであることがわかります。あまりスマートとはいえない解決策だったけど、とりあえずジンを拘束から解き、腕時計も返して誤解も何とか解けた様子。でもこのまま英語を話さずグループの中にあり続けるのは不可能でしょう。サン、どうする。

マイケルにとっての収穫は、父が目の前でボコボコにされたことをきっかけに息子のウォルトが不安になり、父と子の間に少しずつ会話(とコミュニケーション)が生まれつつあるということかも。

結局、ざっと見たところ「洞窟組」のほうがやや劣勢の様子。山深いため妊婦のクレアは無理でしょ。夜を迎え、それぞれがたき火を囲みながら想いを馳せます。ハーリーが聴いているらしいBGMの曲がいいね。

次回はいよいよチャーリーの過去が明かされます。今日の「bee(B)じゃなくてCだろ?」って軽快なときとクスリを求めてギリギリのときのギャップが気の毒。ロックにドラッグを渡してしまい、禁断症状が出るだろうし、どうなることやら。

|

« 「CHiPs」リメイク決定 | トップページ | プルーフ・オブ・マイ・ライフ »

コメント

KEIさん、こんばんは。
お父さんが裏社会の人でもお金があればそれなりの教育を受けていて不思議ではないので、サンの英語力を隠す理由にもうひとつ説得力を感じれないんですね。加えて、シドニーの空港でお花を渡す余裕があったジンがなぜあれだけサンに高圧的で束縛するのかを考えているうち、第2の理由かもしれないことにいきあたりました。

「イブになりたくない」。意味深セリフではロックがぶっちぎりですが、ケイトもいろいろと意味深です…。

投稿: ruko | 2005/12/14 20:03

rukoさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
こちらからも送らせていただいたのだけど、
なんと2度も…お手数ですが、1つ削除してください。すみません。

>ジンにわかっちゃマズイってことなのですが、
その理由が彼から逃げようとして学んだからなのか、
貧富の差による学歴の差からくるギャップで
彼を傷つけたくないためなのか、どっちなのか。

後者を全く考えていませんでした。
逃げるためだとばかり…
でも、長く勉強していた可能性は十分にあるのでした。

それぞれの過去が紹介される度に、更に深まって行く謎。

ケイトの「イブになりたくない。」意味深ですね。
まだ過去は描かれてないサイードの「負けを認めたくない。」の一言や人を問い詰める時は、いつも彼というのも気になります。

投稿: KEI | 2005/12/14 09:51

ミントさん、こんばんは。

>>サンは英語を話せたんですね。すごい演技力です

あはは。ジンにわかっちゃマズイってことなのですが、その理由が彼から逃げようとして学んだからなのか、貧富の差による学歴の差からくるギャップで彼を傷つけたくないためなのか、どっちなのか。どのみち、このまま島で暮らしていくには他者とのコミュニケーションは必須ですから、どこかでサンは腹をくくらんといかんでしょうね。

ウルトラCで、ウォルトから英語を勉強するふりをする、とかもアリかも、などと思っております。

投稿: ruko | 2005/12/13 20:38

rukoさん、こんにちは。
サンは英語を話せたんですね。すごい演技力です(笑)。
でも、いまどき英語を全然理解できない方がおかしいですよねえ(って私はしゃべれませんが^^;)。
サンがこれからどうするつもりか気になります。

投稿: ミント | 2005/12/13 15:41

porcorossoさん、こんばんは。

「TRICK」は深夜のテレビみたいなぁ、のタイミングがうまく合った時は見ていましたw。映画になったりちょっとブームっぽくなってからはほとんど見ていませんでしたが…。

ケイトの過去第2弾、「なぜ」追われることになったのか、は必見じゃないですか?じゃないと、なんであんなに島を離れたいのかが、わからないから。逃げたいだけなら、島に遭難していて「死んだ(と思われるかもしれない)」現状はむしろ、好都合なのに、ねぇ。

投稿: ruko | 2005/12/12 23:56

ちょしさん、こんばんは。

サンとジン、ケイト、ロック。みんな疑問符だらけです。「すべて、謎」じゃなくて「ずっと、謎」とか「いつも、謎」のほうがイイかも。ホントに焦れますな。

ロックは「島の目」(=アレ?)と絶対対面しているので、何かあったと確信はしてますがナニ…。

こうなってくると、誰かの過去は見たいんだけど、また新たに問題提起されて「むきー」ってなってしまいそう(笑)。

投稿: ruko | 2005/12/12 23:54

こんばんは。
>ロックの今回の「まるっとお見通し」にも、また注目です。
まるっとお見通しってぴったりの表現ですよね。(^o^)
(もしかして、TRICK、観てました?)
何であんなに周りの人の心が読めるのか、ロックって不思議な魅力があります。

>ケイトは相変わらず謎めいてます。
言われてみれば、彼女の行動も不可解なことが多いですよね。
一体、何を考えているのか。
さらなる彼女の過去の話もありますよね。
そのうちに。では。

投稿: porcorosso | 2005/12/12 23:51

rukoさん、こんばんは!
まだまだサンとジンの関係はつかめませんね。
ケイトの行動も謎だらけだし、じれるなぁ~~。
ロックは何かを代償に動ける足を島からもらったのでしょうか?人の心も見通せちゃうみたいだし・・。彼自身が島の目になったのか!?なんて思っちゃいます。
もう、謎だらけです。じれてます!(笑)

投稿: ちょし | 2005/12/12 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7578042

この記事へのトラックバック一覧です: ビーチか、洞窟か LOST〈第6話〉:

» LOST 1-6 [深謀遠慮]
第6話 原題:House of the Rising Sun 邦題:閉ざされた心 今回は題名通り"心"に焦点が置かれた回だったかな。 [続きを読む]

受信: 2005/12/12 20:38

» LOST 第6話「閉ざされた心」 [閑遊閑吟 ]
さあ、今日はお待ちかね、韓国人夫婦ジンとサンのエピソードです。 サンに対して高圧的な態度のジン、 ジンの行動に時折嫌悪の表情を見せるサン。 他のメンバーたちとは交わろうとしないこの夫婦、一体どんな過去が? と言ってもいつものように完全にネタ晴らししてくれないのがこのドラマ、 今回もそう簡単には全容が明らかにはなりませんが。 サンは有力者の娘でジンはしがない使用人、 道ならぬ恋に悩みながら愛をはぐくんでいた二人でしたが ジンは意を決してサンの父に結婚したいことを話します。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 22:51

» LOST(ロスト) Season1-06 [ひとりごと]
LOST(ロスト) Season1-06 House of the Rising Sun Air Date 10/27/2004(ABC) [お話] 航空機が墜落して7日目。 ジャックがジャングルの奥の谷に水のわき出る場所を発見する。 ケイトやロック、チャーリーとともに、谷に向かうジャック。 一方、海岸では、ジンがマイケルにいきなり殴りかかる。 周りはジンの言葉を理解できず、何故、殴りかかったのか、理由が分からないでいた。[キャスト] ・サン(Sun-Soo Kwon... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 23:43

» 「LOST」 第6話 [記憶の鞄]
「閉ざされた心」 ジャックとケイトが谷に水をくみに行く準備をしながら、楽しそうに話しているのを見つめるサン。そしてサンは、捕った魚を木にたたきつけるジンを少しきつい表情で見る。 これまで見てきて、サンはジンに対して冷ややかな感じがしていたが、やはり、理由があった。 今回のフラッシュバックはサンとジン。サンはお嬢様で、ジンはウエイターだった。サンは駆け落ちをしようと思っていたようだが、ジンは、サンの父親の許可をもらって結婚しようとしていた。そして、ジンが父親の下で働くことで、父の許可がお... [続きを読む]

受信: 2005/12/13 15:36

» LOST 1-6 「閉ざされた心」 [There for you ]
離れ離れ… AXN LOSTジャックとケイトが、ホットな雰囲気。 2人を見つめる、相変わらず悲しげなサン。 ************************************** ジンは、サンと結婚するために彼女の父親を説得する決心をしていた。 ところが、あなたは父を知らないと、サンは不安な様子。 そんな彼女に、ジンは結婚指輪の代わりに一輪の花をプレゼントする。 ************************************** ジンが、マイケルに突然殴り... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 09:33

« 「CHiPs」リメイク決定 | トップページ | プルーフ・オブ・マイ・ライフ »