« 最高尚宮様の志〈地上波第11話〉 | トップページ | ブロガーの欲求と著作権の両立の例 »

2005/12/18

見失った自分 LOST〈第7話〉

ベースと引き換えに麻薬をロックに渡したチャーリー。今回はチャーリーについて描かれました。「これから」はとても気になるところですが、過去自体はケイトやジャックのようにまだまだ…ということは、恐らくなさそう。ちょっと安堵です。

AXNの「LOST」公式サイト
→元日から4日間、集中放送あり!!特に序盤を見逃した方、ぜひ。
→出演者インタビューが掲載されていますが、超ネタバレてる人が何人かいます。読む時はお覚悟を。

B00005JNOGLost: Complete First Season (7pc) (Ws Ac3 Dol)

2005-09-06
売り上げランキング : 3,608
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★このDVDはアメリカ版なのでリージョンコードが異なります。日本の通常DVDプレーヤーでは再生できません。

きょうは改めて「LOST」ということばの新しい意味について気がつきました。以下ネタバレ。

チャーリー、気の毒…。兄と弟ってこういう関係が多いのかな。結局、兄のリアムに振り回されて現在に至っているということ?教会の懺悔室で毎週しっかり懺悔しないと気が済まない性格。そして、本来の音楽的才能はチャーリーがもっていたはずだったのに。そしてドラッグも最初やってたのはリアムだけだったのに。

もうバンドをやめようと決意して懺悔室を出たところででメジャーデビューする話に。ここでLOSTという言葉が出ました。

CHARLIE:"Sometimes, you get LOST in it"(字幕:自分を見失うときがある)

今までは「行方不明」という意味でだけ考えていたのですが、この用法を考えると、ほかにもlose→lostの単語には意味がありますよね。例えば「負けた」という意味でも使います。サイードが「負けを認めたくない」と言ったときに使った単語は"defeat"だったと思うのでピンときませんでしたが…。

と、あわてて辞書を開いてみたらこのほかにも(1)死によって人を失う(=ジャックだ)(2)減らすこと(例:減量。追っ手をまくという場合にも使う=ケイトのこと?)(3)没収される(4)徒労に終わる。無駄骨を折る(5)持っていたものを失う(=サンとジン。愛はどこ?)(6)遅れる----などなど。私が見ている辞書では11の意味があり、そのうえに自分を見失うという意味の"lose oneself"や優位を保てない、失敗といった意味の"lose out"、さらに確実に敗北が決まっている、という意味で"losing battle"という用例が紹介されてました。

うーん、深いぞ。

さて、チャーリーの保護者格にもなったロックですが、オニw 禁断症状に苦しみ始めたチャーリーを散歩に誘ってイイ奴じゃないかーと思ったら、イノシシのおとりですよ。けれど、また意味深。ヤクを返せと迫るチャーリーに「3回までは渡さない。選択の余地を与える」と説明します。冒頭の懺悔でも牧師さんに「人生は選択の連続だ」と諭されてました。そして、その後もクスリをおねだりに行くチャーリーには羽化しようとしているガの繭を見せ「苦しまなければ強くならない」とも言うし。

この蛾が最後まで印象的な描かれ方をしていました…。ちょっとほっとします。

まぁ、オニといえば兄のリアムのほうがひどいけど…。ちんまりシドニーで小市民に収まり、チャーリーをジャンキー扱いしたわけだから。今頃「守ってやる」と言われても、ねぇ。

ビーチではジャックが最後の荷物を取りにきました。すかさず「病院」のテントを自分のモノにしようとするソーヤー。ケイトとジャックの距離感も微妙だし。そして、救難信号の発信位置を突き止めるための仕掛けがようやく完成。三角測量の要領なのでサイードとケイトが山に入り、ビーチのブーンが2人の準備を待って一斉に電波を発信させることで合意します。

洞窟に戻ったジャックとチャーリーを崩落が襲います。チャーリーが「オレがロックの神だ」と「神」のひとことを口にした途端崩落したような気がしたのは私だけ?ギリギリで外に逃げられたチャーリーに対してジャックが中に閉じ込められます。

今回の騒動で見えてきたこと。
・これまで黙ってジンの命令に従ってきたサンが、服装について初めて反駁した。
・マイケルは建設業の仕事を8年やってきた。てきぱきと指示する様子にウォルトも感心している様子。でも、洞窟に住みたいと話すウォルトに対し、自分を襲ったジンと一緒にいることになるため、素直に同調できない。ハーリーが「中国人」と呼び続けていたのを「韓国人」と訂正してあげた。
・ジャックはチャーリ−の麻薬中毒に気づいてたかも。

疑問は、ケイトとサイードの居場所をソーヤーが知ることができたのは、なぜ?ジャングルの三角形の一点は広いよ。そしてなぜソーヤーはあんなにケイトだけをかまう?ケイトも過敏に反応し過ぎな気がする。パイロットエピでサイードを「アルジャジーラ」と呼んでたソーヤー、きょうは「モハメッド」って言ってましたね(汗)。

チャーリーは自ら志願してジャックを救出へ。家族がいる人間はダメだ、と主張するところに、チャーリーの本質的な「良さ」が出ていたような気がします。内心、身体がいちばんちっちゃいからチャーリーが便利では、って思ったけど。だってブーンが「アンタは無理だ」ってハーリーに言うんだもの。

ま、結果オーライということで。そして、ついにイノシシの丸焼きをつくっているロックの元に3度目のお願いをしに行ったチャーリーは「クスリを燃やす」という選択をします。このことを知っているのはロックとジャックだけ。1人で苦しまなくてよくなった、ということがよかったのかも。ようやく「自分を取り戻した」ということでいいかな。

一方の救難信号発見作戦。不安材料は最初2つと言ってたけど、三角形の2点がブーン→シャノン、ケイト→ソーヤー----と選手交代してしまったので4点に増えたね、両方ともマズくない?と思っていたら、伏兵はサイードの元に現れました。信号をキャッチしたと思ったら、えっっっっっ。ダレ?

次回はソーヤーです。待ってた!クリスマスプレゼントですなw

|

« 最高尚宮様の志〈地上波第11話〉 | トップページ | ブロガーの欲求と著作権の両立の例 »

コメント

rosedaleさん、こんばんは。

最近、FC2ブログからのTBが不調という報告がきていたのですがexblogもあんまりよくないのですか…。ココログ側の「トラックバックスパム対策」の暴発だと思います。ごめんなさい。

さて、
>>辞書をたまに見てみると、既に知ってる単語でも知らない意味をたくさん持ってたりして

loseなんていう単語、あまりにも普通すぎて辞書なんか見ないじゃないですか。びっくりしました。

次回、ソーヤーのプリンヘッド前を楽しみにしてまいりましょう。

投稿: ruko | 2005/12/20 21:57

ミントさん、こんばんは。

「中毒」から脱するのって並大抵じゃないと思うんですよね…。現にジャックの薬をあさろうとするシーンもあったくらいだし。専門外とはいえ医師であるジャックの目も光るようになったのでぶじ立ち直ってくれたらいいな、と思ってます。

投稿: ruko | 2005/12/20 21:40

porcorossoさん、こんばんは。

やっぱり、Godで落ちましたよね…。こわいよー。

ソーヤーは、言い方(表現方法)は間違ってると思いますが、指摘は意外と筋が通ってるんですよね。襲われているマイケルをとっさに助けに行ける正義感もあるし。というわけで日曜日が楽しみですw

投稿: ruko | 2005/12/20 21:29

TBありがとうございました。こちらも送ろうと試みたんですが、こちら側には、送信できませんという表示が出て…でもちゃんと出来てました(^^;)

「lost」の意味、深いですねぇ。辞書をたまに見てみると、既に知ってる単語でも知らない意味をたくさん持ってたりしてお勉強になりますよね。

とりあえず来週からは私も茶化さずにマジメに見ます♪(来週はソーヤーだし。笑)

投稿: rosedale | 2005/12/20 21:10

rukoさん、こんにちは。

>チャーリーの中毒脱出はまだまだこれから
ご指摘ありがとうございます。そうですよねえ。
経験がないので(笑)、かん違いしてしまいました。
正しくは「ドラッグ中毒から脱する決意をした」というべきでした。
確かに、この島の環境は更生施設にぴったりですね。

投稿: ミント | 2005/12/20 12:45

こんばんは。

>チャーリーが「オレがロックの神だ」と「神」のひとことを口にした途端崩落したような気がしたのは私だけ?

「God」で落ちましたよね。やはり、神の怒りでしょうか。(^^ゞ

>次回はソーヤーです。待ってた!
今週のチャーリーのお話も良かったですけれど、ソーヤーの過去は更に気になります。
まさにクリスマスプレゼントですね。

投稿: porcorosso | 2005/12/20 02:10

ミントさん、こんばんは。

チャーリーの中毒脱出はまだまだこれから、というところだと思いますが、逃げ場がないし、ジャックの薬を盗まないとするとドラッグの補給もあり得ないわけなので、下手な更生施設に行くよりよかったんじゃないかと…。

これで元気になるといいですよね。そういえばこのところクレアを見てませんね。

投稿: ruko | 2005/12/19 20:09

ちょしさん、こんばんは。

サイード襲撃は驚きました。うーん、花火を打ち上げたとき、ソーヤーが映ってなかったのが怪しいですが、ソーヤー善人説をとっているため、ロック容疑者説を唱えたいところ。確実に島から帰りたくなさそうだから…。

来週は楽しみです。彼のトラウマ解明を待ってます。

投稿: ruko | 2005/12/19 20:05

rukoさん、こんにちは。
「LOST」の意味、そんなにいっぱいあったのですね。とても意味深です。
チャーリーがドラッグ中毒から脱したのが、私はうれしいです。
ロックさん、ますます予言者めいてきましたね。

投稿: ミント | 2005/12/19 16:50

rukoさん、おはようございます。
“Lost"の意味の考察、なるほどです。深いですね~~。
今回は何だかいい話だわ~♪と思っていたら、
サイード、がつん!!ですよ。
もう、このドラマ、まったりさせてくれませんね。
一体誰なんだ~~~。(いらいら)
ジャックとケイトは勝手にやってくれ状態ですが、私も密かにソーヤーに注目しています。
スーツ姿も格好よさそうです!

投稿: ちょし | 2005/12/19 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7687501

この記事へのトラックバック一覧です: 見失った自分 LOST〈第7話〉:

» LOST 第7話「暗闇の中で」 [閑遊閑吟 ]
ビーチ組と洞窟組に分かれてしまった生存者たち。 ジャックはケイトがついてきてくれないことにちょっとがっかりしてますね。 サイードは例の救難信号の発信先をつきとめるべく、頑張っています。 ケイトの協力が得られて、ちょっと嬉しそう。 ソーヤーはいろいろな物資を独り占めしていることをケイトにとがめられ、 ちょっとすねちゃいました。 ケイトをめぐって三つ巴の戦いか!?(笑) さて、今日のお話の中心はチャーリーです。 ロックに残りのクスリを預け、禁断症状が出始めました。 ロックといえ... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 09:54

» 「LOST」 第7話 [記憶の鞄]
「暗闇の中で」 今週のフラッシュバックはチャーリー。数年前、チャーリーは信心深いクリスチャンだった。人気バンドのロッカーとしてもてはやされながらも、その自堕落な生活に嫌気がさしていたようだ。でも、兄のお前は「ロックの神」というほめ言葉にのせられて、活動を続けていた。ある日、兄の態度にうんざりして、解散だといったものの、兄に「バンドがなければただの役立たず」といわれ、深く傷つき、それからドラッグに手を染めるようになったらしい。 それから何年かして、兄はシドニーで堅実な家庭をつくっていた。そこへ... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 16:44

» LOST 1-7 [深謀遠慮]
第7話 原題:The Moth 邦題:暗闇の中で 今回も良かった。 チャーリーと蛾は、一見単純な対比だったけど、すごいずっしりきたね。ここらへんの描き方はうまい。 以下ネタばらし [続きを読む]

受信: 2005/12/19 21:07

» LOST [ME TELLY & ICE CREAM]
日曜の夜ってどうしても落ち着いて見ることができず 結局いつもマジメに見てない「LOST」。 先のエピをアメリカで見ちゃってネタバレ自爆したせいでもあるかも。 こういうのは先を知らずにドキドキして見たいっつーのよ。 で、昨日観て(いつもだけど。笑)て思った点。・ハーリーはいつになったら痩せるのか。 あのレベルのオデブさんが普通以下の食生活になったら 一気にガクンと減量すると思うんですが。 彼のせいで危機感がまるで感じられん。(好きだけど) ・ソーヤーはいつプリンちゃんになるのか... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 16:14

« 最高尚宮様の志〈地上波第11話〉 | トップページ | ブロガーの欲求と著作権の両立の例 »