« デセプション・ポイント Deception Point | トップページ | キタ!お机バンバン〈地上波第12話〉 »

2005/12/24

チャングム関連画像の「公式サイト」見解

「チャングムの誓い」後半集中放送もいよいよクライマックス。皆さんの中には大長今 MBC公式ホームページで会員登録している方もいらっしゃるのではないでしょうか。登録することで見られる映像や、有料会員になると見える大きな画像などコンテンツは多彩ですが、画像の著作権に関してのおことわりが見つけられず、問い合わせをしてみました。

インフォメーションに、以下の記述がありました。

=====ここから転記=====
本サイトの著作権は、韓国MBC放送及びエイアイエスシー株式会社(以後、著作権者)に帰属します。本サイトのデータを、いかなる形でもコピー、複製、再出版、掲示、配布することはできません。ダウンロードしたデータを著作権者の許可なく複製、展示、翻訳、翻案、送信することはできません。
=====ここまで転記=====

トップページにわかりやすく記載していないと、無断使用している人間に「気がつかなかった」などと言質を与えるので微妙ですが…。というわけで、チャングム関連の画像、ブログなどでは使ってはいけないということ、改めて皆様ご理解をお願いします。

また、ブログのトップで「画像は著作権者に帰属します」と断って画像を使っている方を先日、目撃しました。MBC(ほか、著作権者)側に許可を得てやっていなければ、侵害に変わりないと思うのですが、どなたか専門の方、ご存知ありませんでしょうか。

問い合わせた際、メールを出した理由について、画像を無断使用したブログからのトラックバックやコメントが増えて苦慮していること、何らかの形で許可した画像が個人のブログに掲載されている可能性はあるのか、ということも確認してみました。それについての回答は以下の通りです。

韓国では、日本よりも著作権に対する認識が甘いため、韓国のサイト上には、沢山の画像が流出しておりまして、それらを使って、日本人の方々が画像を二次使用・三次使用しているケースが多分にございます。これらの無断使用に対しては、弊社でも頭の痛い問題ではありますが、なかなか解決が難しいことを感じております。

日本の著作権の認識も決して厳しくもないと思うのですけどね(汗)。基本的に、韓国MBCがサイトで公開している画像には「ロゴのすかし(iMBC.com)」が入っています。有料のPlus会員になって、大きなサイズの画像を閲覧することができても、すかしが入っていることには変わりないそうです。

上記の著作権に関する文言と「すかし」、さらに枠の中に書いた見解を踏まえると、日本のNHKサイト、あるいはMBCの公式サイトに掲載されていない、高精彩でサイズも大きなオフショットの画像などは「流出画像」である可能性が高く、これをブログなどに使用すると、著作権を侵害しているおそれが大きい、ということが改めて確認できました。

自分のブログに画像を貼るのはいけない。けれど「えー、クミョンのホン・リナさんが結婚したの!?」なんていうニュースをほかのみんなと共有したい----そんな場合は、やはり発見した記事へリンクを貼るというのが正しい対応の方法ではないか、と考えています。

著作権について、もう少し考えてみたい方はこちらをご覧ください。けいさんのエントリで調べていただいたフジテレビの著作権ページからリンクが貼られていた著作権情報センターのコンテンツです。子ども向きですが、大人用サイトよりむしろわかりやすいつくりになっていました。

楽しく学ぼう著作権 コピーライト・ワールド(社団法人 著作権情報センター)

ネットでの画像の使用などは著作権問題の中では氷山の一角であるということを認識させられます。

著作権とブログに関する私見に関するエントリは以下の通りです。
・ブロガーの欲求と著作権の両立の例(12/19)
・画像無断使用について「新選組!!」サイトに警告(12/09)
・TV画像のクリッピングは許されるか(11/26)

また「自分は許可を得て画像をブログで使用している」という方がいらしたら、その旨をエントリ(できれば、画像の近く)に明記していただきたいと思います。今の私のTBやコメント削除の判断は安全のマージンを高くとるため、グレーのものは排除させていただいている場合が多いためです。

また、個人ブログレベルで許可を得て画像が掲載できるのかどうか、ということにも興味があります。情報がありましたら、ぜひ共有したいと考えております。

|

« デセプション・ポイント Deception Point | トップページ | キタ!お机バンバン〈地上波第12話〉 »

コメント

Sayopeeさんこんばんは。

一般的な傾向としても日本人って権利はすごい主張するけど義務を果たさないな〜なんて思うことがときどきあり、この著作権問題などは権利をもっていない側がなぜか権利を主張しちゃっている不思議なケースではないかと思いつつみています。

ブログ関連本なんかを読んでも著作権への配慮(テキストの盗作や引用なども含めて)などを書いている本はあまりみかけないので「アフィリエイトで儲かる(フツーにやってたら儲からないし…)」ばかりじゃなくてもっと基本的なことを啓発してほしいなどと思ってしまう今日この頃です。

投稿: ruko | 2006/06/01 00:22

rukoさん、こんばんは。
ものすごく今さらですが、こちらの記事にTBさせていただきましたので、よろしくお願い致します。

著作権を含めた知的財産はまだまだ勉強しないといけないなあと、今日研修を受けて感じました(^_^;)。

投稿: Sayopee | 2006/05/31 23:33

けいさん、こんばんは。

著作権の問題についてはさまざまな捉え方があります。(tomoさんのコメントなども読んでみていただければ)性善説に立てば、tomoさんのような考え方も成り立つ可能性もありますが、そうではないこともままあります。

ですので先日エントリした「MI3」のように「この画像は使ってもいいよ」っていうやり方が明快でいいな、と思ったわけでして。

権利と義務のバランスをどう取り、発信者と受信者双方にメリットのある結論が出るまでは、やはり制作者たちの考え方を尊重した方が、安全なような気が私はしています。

ここまで考えて敢えて画像を使う場合、制作者サイドに訴えられるリスクも含め「自己責任」と言っていいと思いますが、そうではない方々のほうが現状は多いようですので、けいさんの取り組みもどなたかの役に必ず立つと信じておりまする。

投稿: ruko | 2005/12/26 00:21

rukoさん、問い合わせされたのですね!
ありがとうございます。
MBCさん、正直ですね。
実際に放送局が取り締まるというのは難しいと改めて思いました。それだけに公式サイトからの画像減少が心配されますよね。

私もチャングムのエントリの最下部に地味ですがこの件に関する但し書きを付ける事にしました。
一人でも気が付いて変えてくださるといいのですが・・・
rukoさんのエントリもリンクさせてくださいね。

それからチャングムへのTBが重複してしまいました。すみませんm(__)m

投稿: けい | 2005/12/25 23:23

tomoさん、こんばんは。

インターネットやブログの爆発的な普及によって、メディアのあり方が激変しているのは事実で、現実が追いついていないのは理解しております。ですので、tomoさんがどのように受け止めていらっしゃるかは、よくわかりました。

ただし、広告やパブリシティの問題については、わたしは「作り手」の立場からも一連の問題を見ていることもあり、意見が異なるところです。

ことばは足りませんが、一般ブロガーの使い方は必ずしも発信者側(著作権を主張する側)が納得する形になっているかどうか、コントロールが不可能になってしまいます。また、つくり手側は相応の対価を支払って画像をつくり、ウエブにアップしているわけで、そのコストが一般のブロガーたちのブログに掲載されることに見合うものか。また、二次、三次使用された画像が"悪用"され、海賊版の写真集になったりした場合は、どうしましょう。引用した一般ブロガーに悪意はなくても、結果として海賊版をつくった人間を利する行為となってしまうと感じます。

「宣伝してあげている」的なモノの見方は、ちょっとブロガー側に都合よく解釈し過ぎているのでは。

この問題は、今後も情報を収集していきたいと考えています。

投稿: ruko | 2005/12/25 23:06

いつも楽しく拝見しております。
チャングムの誓いに関してはメイキング画像等数多くの画像を自分のブログで紹介していました。
ブログの著作権に関してはあくまでも私的なものの延長と捕らえていました。これはある意味認識不足であったことは否定できません。

今までのメディアというの物は与えられるもので決して与えるものではありませんでした。
それがブログという手段でパラダイムシフトが起きてしまいました。メディアが私たちの手にある日突然落ちてきたのです。
その中で情報をどう使うか、これは肖像権の二次使用を含めてまったく想定していない問題が起きたと認識しています。
肖像権および著作権はあくまでも収入手段の権利の保障と考えた方が自然です。ブログのような私的マスメディア(言葉に矛盾があります)的情報手段を前提に作られてはいないと思いますが。これが三次使用以降になると問題は違ってきます。

これは大変難しい問題です。なぜなら情報活動の範疇には、広告、パブリシティーなどか含まれ、ここにあげた物は逆に権利者にとって大変都合のいいものです。これに一連のチャングム関連のブログも私は含まれると思っていますし、自分のブログもそうでありたいと思ってまいりました。
どこかでボーダーラインが必要でしょうね。対処法には問題は残りますが、とりあえず画像映像の二次使用は避けるようにします。
最後に素晴らしい問題提起をしていただいて、ありがとうございました。

投稿: tomo | 2005/12/25 21:54

okoさん、こんにちは。

ブログでの紹介、ありがとうございます。実感としては、ルールを守ってブログをつくっている方のほうが多数なので、あんまりしつこくこのことを書き続けるのも正直どうかな、って思うこともあるのですが…。

あとは、侵害を続けている方に申し上げたいのはこうした画像を義務(許可を得たり、お金を払うなど)を果たさずに使うことは、結果としてご自分がお気に入りの女優さん・俳優さんの肖像権も侵害し、活動を妨げる結果をもたらす可能性があることをわかってほしいです。

紹介など、お任せしますのでよろしくお願いします。

投稿: ruko | 2005/12/25 11:32

こんばんは。
半分寝ながら12話の感想を書きましたが、この記事を読んで目が覚めましたよ(*´∇`*)

画像を入れることが出来たら、わかりやすい記事になるんでしょうね。
でも、ダメな事はダメな事。

コレだけではありませんよね。
有名人では無い人様のお顔も簡単には貼り付けられませんよね。

例えね、読んでくれる人が減るかもしれなくてもね、ルールはきちんと守ってやらなくてはダメよね。と言っても人任せで・・・ごめんなさいね。

気をつけているつもりでも、私も何かやっているかも・・・その時は注意してくださいね<(_ _)>

と言う事で長い文章になってしまいましたが
rukoさんのこの記事をリンクさせていただきたく思いますがよろしいでしょうか?

投稿: oko | 2005/12/25 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7798597

この記事へのトラックバック一覧です: チャングム関連画像の「公式サイト」見解:

» 知らなかったでは済まないようです [地上波でチャングム!]
チャングムの公式サイトの一番下には「許可なく転載を禁じます。」とあります。 その [続きを読む]

受信: 2005/12/25 23:29

» 知的財産のお勉強 [Blog(ブログ)@Sayopee.net]
 職場で知的財産に関する研修がありまして、最初の講義は昼食後ということも手伝って睡魔に襲われた時間帯があったのですが(^_^;)、後半はグループでケースを考えるということで、なかなかためになるものでした。  仕事においても写真やイラストの使用で著作権がどうかな?..... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 07:02

« デセプション・ポイント Deception Point | トップページ | キタ!お机バンバン〈地上波第12話〉 »