« CJの葛藤 〈TWW-4 第13話〉 | トップページ | 秘技カメハメ波 チェオクの剣〈第9話〉 »

2005/12/28

デスパレート度、全員stayで年越し〈第14話〉

今回リネットの「宿敵」として現れたマクラスキーさん、「ザ・ホワイトハウス」のランディンハムさんですよね…。最初汚くて一瞬わかりませんでした…。

Desperate HousewivesDesperate Housewives
Original TV Soundtrack

Hollywood 2005-09-20
売り上げランキング : 88,567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

無神経な女ってもともと大嫌いなんですけどスーザンの無神経さがずば抜けていることがますます鼻についてきました。これを勘案すると、今回の展開は本来ならスーザンの度数をアップさせたいところだけど、打撃の大きさがもっと大きくないと理解できないと判断。今回は全員stayとしました。以下ネタバレ。

今回のテーマはバレンタインデー。これを見ると日本の「女性から男性にプレゼント」っていうのは間違っててw男性が女性にプレゼントを贈る日であることがわかります。もう習慣になっちゃってるから仕方ないのかもしれないけど、来年の2月14日はチョコレート業界の思惑に乗りすぎないようにする、というのはいかがでしょうか。

ブリー=え?元サヤですか…。もちろんこれまでの展開を考えると異存はないんですけど、カウンセラーの先生に「カップルじゃないとホームパーティーが開けない」って理由を話すところがブリー過ぎて素敵。ただ、レックスの性癖については気になってますが、なぜ本人に聞かず先生に聞くノカ!って思ってましたが。

ついに白状することになったレックスですが、ココの会話がもう絶妙過ぎました。ビデオやらお道具やらを嬉々として取り出してくるのもコワイ。あれだけ家の中が完璧に片付いていないと嫌なブリーに今までエッチなビデオや道具をどうやって隠し通してきたのかも疑問だけど。
===ギリギリ度12→

ガブリエル=まだメイドさんを雇ってたことに驚きました!!そのメイドさんの前で仕事を探してくれないと必要経費が払えないって堂々と言っちゃうところ、そしてそれをバカにするメイドさんとの対決も、いかにもガブリエルらしい。「アナタは美しいっていうそれだけ。年をとったら何も残らないのよ!」って言い返すメイドさんのセリフもぐさっときますね。

ベッドのセール会場の下着姿…。似合いすぎててコワイんだけど、結局そこもクビになってしまう。買い物で気分転換♪と思うも、保湿剤が高過ぎて手が出ない。普通ならここでゲームオーバーのはずが、その化粧品売り場で働くことにしたのも、たくましくて好きだなぁ。そこにやってきたメイドさんにちゃんとメイクをしてあげて「ハイ、これがあなたのいっぱいいっぱいよ」ってダメを押す負けん気。来年も頑張れ。
===ギリギリ度11→

スーザン=幼児化がどんどん進んでいる気がする。マイクの「そのうち自分の子どもがほしいなぁ」という言葉尻を捕らえて大騒ぎ。ジュリーへの話の持っていきかたもオトナのそれではないし。ジュリーの「よく乗り切ってきたよね、ママも私も」っていうセリフにバカ受け。バレンタインデーのディナーに着てた服の選択といい、ちょっとあり得ないよ…。マイクの体調が悪いことにも全然気がつく様子がなく一方的に自分の言いたいことだけベラベラ喋ってるのも、いまどきだったら高校生でもナイんじゃないか、ってくらい鈍感でしょう。
===ギリギリ度10→

マイク、撃たれる。それもナレーションでは「見当違いのところを懸命に探してた」って言ってるから、やっぱり秘密はポールのところにつながっていると考えるのが自然か。流石にアメリカでも届け出のない銃創は、問題なのねw

ポールにも展開アリ。スーザンが早速みんなに「デイナ」について喋ったのは言うまでもない上に、メアリー・アリス宛のバレンタインデーの花がフーバーさんのお宅に間違って配達された。え、そんなに前からお花注文してたの?それからフェリシア、まだいたの?とダブルの驚きの上に、冷蔵庫に貼ってあったメアリー・アリスの写真を見て「アンジェラ」と口走る。ユタ、15年前がキーワード。ポールは人違いと否定してたけど、早速写真を隠しているところが怪しい。

「リハビリテーションセンター」と書かれた集合写真のなかに一緒に写ってました。フェリシアさん、ニヤリ。気持ち悪いよぅ。

リネット=バレンタインデーに子どもたちから鉢植えをもらって大喜びしたら、お向かいのマクラスキーさんが乗り込んできた。鉢は盗まれたものだと主張されキレたものの、それは事実と判明。体罰を与えるのにエモノはどれがイイ?って子どもたちに聞くのも「らしさ」全開。

ほかに盗まれたものがある、と家に入り込んできたマクラスキーさんとは完全にケンカになってしまったけど、明らかにリネットの方が分が悪いよね。

子どもたちが近所のいろんなお宅からいろんなものを盗んでいることがわかります。どういう育て方してるんでしょうか(汗)ちょっと不安になってきました。その中にはポールが仕込んだフーバーさんの遺留品も。マイクの家から持ってきたって子どもたちから調べ上げられるのもどうかと思うぞ。

バレンタインデーをネグって逃げるトムも、怪しい。逃げなくても。

自転車を壊されたお返しに卵投げるのもどうかと思うし、マクラスキーさんは確かにあんまり感じよくないけど、筋は通ってるので今回のリネットはちょっとおかしいなぁ。マクラスキーさん、息子を子どものときに病気で失っているという過去もあり、子どもが嫌いではない様子。どう、いっそマクラスキーさんにベビーシッターをお願いするというのは。きっと張り切ってしつけてくれる気がするな。
===ギリギリ度9→

〈今週のおことば〉
REX:Well?
BREE:What the hell did your mother do to you?
REX:What?
BREE:Oh, come on, this is reeks of unresolved childhood trauma.
REX:This has nothing to do with my mother Bree, this is a preference.
BREE:It's perversion!
REX:For God's sake, you promised to be supportive.
BREE:What do you want me to say, my husband likes to wear metal cramps around his nipples, hurray?
REX:I want you to say you'll try it, just, just once.
BREE:Try what? Hurting you? You actually want me to hurt you?
REX:Yes! So I can feel pleasure, yes.
BREE:Fine.
------Bree slaps Rex in the face-----
REX:.....
BREE:So, was it good for you, too?

爆笑。reekという単語の意味がわからなかったっす。「不快な臭い。悪臭」といった意味のようですが、またまたキョーレツなことばをお使いですな。

|

« CJの葛藤 〈TWW-4 第13話〉 | トップページ | 秘技カメハメ波 チェオクの剣〈第9話〉 »

コメント

rosedaleさん、こんばんは。

ジュリーが気の毒です。できすぎ?のブリーを母親にもってストレスをためているダニエルと同じくらい…。あそこまで自己チューだともうどん引きですね。

ブリーがレックスに"It's pervesion"と言い放つところでもう笑い死んでいました。絶対ブリーが女王様で正解ですよw

投稿: ruko | 2006/01/07 00:57

また古い記事にコメントを・・・(苦笑)

>ジュリーの「よく乗り切ってきたよね、ママも私も」っていうセリフにバカ受け。

乗り切ったのはあんただけじゃないでしょ、って突っ込む感じで言うジュリーが最高でした。やはり情けない親見てると子供はしっかり者になるんですね。早く成長しすぎてかわいそうな気がする。

今週のおことばで拾われたブリーとレックスの会話、ブリーにとっちゃ一大事なんでしょうけどおかしくて泣き笑い。いいコンビだと思うんですけどね(笑)。

投稿: rosedale | 2006/01/06 16:20

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。TB、お手数かけます。

ガブリエルのキャミソールに抵抗がないのにスーザンのあの服がマズイのはずばり年の差でしょうw 14歳の娘がいる女性はいくらスタイルがよくて頑張っても(テリ・ハッチャ−41歳)やっぱりあれはちょっとナイんじゃないかと。もっと彼女を美しく見せる服というのはあるはず。

今後のスカーボ一家の安寧はマクラスキーさんにリネットが頭を下げられるかどうかの一点にかかっている気がしてきました。あの子どもたちをリネットがしつけ切れないことはもう火を見るよりも明らかですからね…。

投稿: ruko | 2005/12/29 23:41

ミントさん、こんばんは。

ミントさんのレビューにもあった通り、マクラスキーさんがちゃんと筋の通ったことを言っていて、今まで登場したウィステリア通りの住民の中で実はいちばん「まとも」じゃないかと思ったりしました。

今後の展開に期待です。ミントさんも楽しいお正月をお過ごしください。こちらこそまた来年も「デス妻ウォッチャー」よろしくお願いいたします。

投稿: ruko | 2005/12/29 23:36

こんにちは。
今回はTB成功しました。(ヤッタ)

ドラマの主役の筈ですが、残念ながらスーザンには共感できそうに無いです。
同じような衣装でもガブリエルのキャミソールにはそれほど嫌悪感も感じないのに、何故でしょう?

私も「マクラスキーさんをシッター」に一票です。
少なくとも子供達への接し方には問題ないですよね。
でもやっぱり母親との相性も大きいのでしょうね。
クレアを失ったのはやっぱりイタイですね。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2005/12/29 19:54

rukoさん、こんにちは。
スーザンのあの服には、ビックリしました。
あの服こそギリギリの服ですよね(笑)。
マクラスキーさんのベビーシッター役、たしかに一番いい方法です。

来年もrukoさんのレビュー、楽しみにさせていただきます。よいお年を!

投稿: ミント | 2005/12/29 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7882435

この記事へのトラックバック一覧です: デスパレート度、全員stayで年越し〈第14話〉:

» 「デスパレートな妻たち」 第14話 [記憶の鞄]
「バレンタインの悪夢」 今回は、ブリーのレックスへの愛情にびっくり。もうダメだと思っていたのに、そういうわけではなかったらしい。 スーザン ポールが打ち明けたデーナの話を信じていないところは、なかなか冴えていると思ったが、やっぱりちょっとドジ。マイクとのディナーにあんな服を着ていったばかりに、マイクの傷口を広げてしまった。マイクはスーザンへ愛の言葉を口にしていたけれど、本心はどうなんだろう。真実をいわないマイク、何を考えているかはナゾのまま。おまけにリネットの子どもたちが、ポールが置いた... [続きを読む]

受信: 2005/12/29 12:11

» デスパレートな妻たち(第14回) [Snowdrops-Fairyの独り言Ver.2]
今回もやっぱりスーザンの株が下がっちゃいました。 どうにも苦手だ・・・。 印象的だったのは、リネットのエピソード。 自分の経験とダブりました。 詳しいあらすじはNHK公式HPへど [続きを読む]

受信: 2005/12/29 19:49

» デス妻 #14 Love is in the air [ME TELLY & ICE CREAM]
昨日既に15話の放送があったのに、私はやっと14話を見たところ(^^;)。 昨日放送分は今日の夜にでも見ますです・・・・・ 死んじゃったメアリーアリスは、本当はナニモノなんでしょうねぇ。 ★★★★★ スーザンは、「Be mine♪」なんて呑気なこと書いたバレンタインのカードをマイクに渡して上機嫌。…だったのにスカーボ家の子供たちを背負いながら「自分の子が欲しい」と言うマイクのつぶやきを聞いてズッコケる。日本の古典お笑いじゃあるまいし、コケるかね、普通。先週はあれだけジュリーを子供扱いして... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 16:12

« CJの葛藤 〈TWW-4 第13話〉 | トップページ | 秘技カメハメ波 チェオクの剣〈第9話〉 »