« 緊迫 ザ・シールド〈51話〉 | トップページ | 加湿器稼働!! »

2005/12/20

寂しい…〈TWW-4 第12話〉

日本語でうまく言えないんですけど"It's heartbreaking." レオは、いるのに。ジョシュと話してるのに。大統領と並んで歩いているのに。と、レオが出てくるたびにそんなことばかり考えていて、楽しいシーンで笑えなかった。私でもこうなのだから、先乗りしてUS版やUK版のDVDで見ている皆さんのご心中をお察しいたします。

CNNがレオがいなくなってしまった穴をどう埋めるのか、という続報を書いています。生前のインタビューなども含めた訃報のビデオを見ることが可能です。

'West Wing' challenged by death (CNN Entertainment)

第7シーズンでこれまで収録された14話のうち、レオが出演しているのは7話。また、放送は9話まできたところでホリデーシーズンで放送が止まっているため、脚本家たちが今週中にも今後の展開をどうするか再考する、と書かれてあります。

B000CQK46Wザ・ホワイトハウス<セカンド・シーズン>コレクターズ・ボックス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下、集中力がないながら、感想です(ネタバレ)。

発展途上国への助成金を巡る多数派工作が苦戦中。反対している議員から、突拍子もない提案がされたり、選挙で勝ったばかりの民主党の1年生議員が逃げまくって捕まらなかったり。

ドナ、がんばった!!「この法案が通らなかったら辞任する」ってジョシュが言ったから、というわけではないのだろうけど、ダレスのターンテーブル前での「騙し」、すばらしい機転です。普通思いつかないと思うんだけど…。けれどドナの奮闘空しくこの議員は逃げ切りに成功してしまいました。

「乳牛と大統領のツーショット写真」の撮影を受けてしまったCJは、現れたのがヤギだったことに仰天。ヤギは寒さに弱い、と言われて「空き部屋」にしばらく待機させておくことにしますが、予想通りそれはウィルの部屋。

ウィルも苦労してますね。5年間やってきたチームにいきなりとけ込むのがそもそも無理、というのもあるけど。工作がうまくいっていないからジョシュは機嫌悪いし名前覚えないし。名前間違って呼ばれるってホントにイヤなのに…でも、タイミングもよくないよね。あのタイミングで就任演説の話をしにいかなくても。

挙げ句、部屋に戻ってきたらヤギ。CJとの初めての会話も、いつもだったらquoteをとるくらいおもしろかったのに、今日は無理です。

結局、法案は否決されてしまいます。ジョシュとバートレットの執務室でのやりとりがまた泣けるんだ。ジョシュ、「(頑張るのは)レオに認めてもらいたいからじゃないのか」ってズバッと言われちゃうのだよね。

あきらめないバートレット。現在のWの政権とは異なる外交政策が強調されています。この失敗を忘れないために、と全員でヤギと写真を撮ることに。こういうところが好きなんだよなぁ。ビタースウィートというか。

改めてジョン・スペンサーさんのご冥福をお祈りしたいと思います。

そうそう、ゾーイのカレ、うざい…orz もともとフランス人の英語がキライなのに、もう出てくるシーンが苦痛(苦笑)。

|

« 緊迫 ザ・シールド〈51話〉 | トップページ | 加湿器稼働!! »

コメント

porcorossoさん、こんばんは。

フランス人の英語、聞いてて正直くたびれます。別の言語を聞いている感じで。そしてこのゾーイ彼、そのイヤな部分を前面に出している印象があり。チャーリーですら挑発にのってしまいましたもんね。

正直、あんまり出番増やしてほしくないなぁと思っております。

投稿: ruko | 2005/12/25 22:58

こんにちは。
不思議な気分でこのエピを観ています。
TWWは現在も米国で続いているし、レオも出ているのに、演じるジョン・スペンサー氏はもういない...。
さびしい限りです。

>そうそう、ゾーイのカレ、うざい…orz もともとフランス人の英語がキライなのに、もう出てくるシーンが苦痛(苦笑)。

フランス人の英語って英語というよりフランス語に聞こえてしまうこと、ありますよね...。(^^ゞ
私もどうも、あの音が苦手です。

投稿: porcorosso | 2005/12/25 16:28

KEIさん、こんにちは。

スペンサーさんが眠りについて1週間たってしまいました。アメリカではいちばんみんながハッピーな季節のクリスマス、どんな気持ちで家族の方達が過ごしていらっしゃるのかと思います。

ジョシュがまたトラウマを抱えてしまうんだなぁ、と大統領との会話を見ながら考えてしまいましたよ…。

投稿: ruko | 2005/12/25 11:24

rukoさん、おはようございます。
TBありがとうございました。
こちらからも送らせていただきます。

わたしは、CJとの場面では、クスクス笑いを抑えられませんでした。
あまりに2人が絶妙で…
逆に、胸がズキッとする場面もあったし、
レオの存在の大きさを思わせる大統領とジョシュの会話は1番泣けました。
笑ったり胸が痛んだり、忙しかったです(苦笑)
これから先、こんな感じが続いて行くのでしょうね。

投稿: KEI | 2005/12/24 07:53

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

最近、exblogも調子悪いことがあるみたいで、ココログさん頑張ってメンテナンスしてください!という感じです。お手数かけます…。

さて、そうですね。快調に軽口も飛ばしていて、これが第7シーズンまで続くのだと私も不思議な気持ちで見ていました。

昔の映画を見て亡くなったスターが出ていても違和感はないのに、やっぱり現代の現在進行形のドラマだからなのでしょうか…。

投稿: ruko | 2005/12/22 01:30

こんにちは、トラックバック失敗いたしました・・・。
コメントだけ、残させていただきます。

何だか、今回のエピでのレオはとっても軽やかで、逆に励まされているような、不思議な感じでした。
しばらくは、この不思議な感覚が続く気がします。


投稿: Snowdrops-Fairy | 2005/12/21 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/7738723

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい…〈TWW-4 第12話〉:

» ザ・ホワイトハウス S4-12 「多数派工作」 GUNS NOT BUTTER  [Josh & Donna:The West Wing Blog "What's next?"]
大幅に遅れてのUPとなりました。 訃報から初めてのシーズン4。 まるでジョン・スペンサーさんへの追悼エピソードのようでした。 Drama Diary Season4 TOP ザ・ホワイトハウス掲示板海外援助法案の投票を夜に控え、票の獲得に懸命なジョシュ。 しかし、世論調査の国民の大半が海外援助が多過ぎると削減を望む結果に苦戦を強いられる。 高い税金を取られ、それが子供の学校ではなくアフリカにつぎ込まれることが問題だという。 現実のアメリカを考えると、特に貧しい世帯には切実な思い... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 07:38

» THE WEST WING Season4−12 [ひとりごと]
THE WEST WING Season4 (ザ・ホワイトハウス) 412 Guns Not Butter   [original air date 2003/1/8] 海外援助法案の上院での投票が夜に迫っていった。 ジョシュは多数派工作に奔走する。 C.J.は海外援助法杏のアピールのため、「ヘファーー・インター・ナショナル」という団体と大統領との写真撮影をセッティングする。 団体からやってきたのは、乳牛ならぬ、やぎ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 15:53

« 緊迫 ザ・シールド〈51話〉 | トップページ | 加湿器稼働!! »