« 松嶋菜々子x2vs.古畑任三郎 | トップページ | ホア男に再度迎撃指令 »

2006/01/06

超ニアミス チェオクの剣〈第10話〉

よっぽど「今、死ににゆきます」が気にいったんだねw 前回のお話でもダメ押しで使っていました。勘弁してほしいっす…。さて、前回の私の怒りはチョ・セウク長官の怒りとなってユンを撃墜しました。当然でしょ。しかしまた強引な展開が続きます。

チェオクの剣 シナリオ・ブックチェオクの剣 シナリオ・ブック
パン ハッキ 根本 理恵

キネマ旬報社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話は動いたんだけど、テンション上がらない…。以下ネタバレです。

ユンが全身全霊をかけて放ったエネルギーを浴びたチェオクは、身体の「気」が動き出して死の淵から生還。けれど払った代償は大きかった…。

っていうかね、ユン、仕事しる(2回目)!!チェオクが助かることを確認したらいそいそと薬煎じてないで空飛んで捕盗庁(ポドチョン)へ戻れ。そんなことしてるからチェオクの「チャン・ソンベク…」っていううわごと聞いてしまうんじゃないですか。あいつだけはぁぁぁぁ!!って真剣振り回してる場合かい。

ようやく快復したチェオクはスウォル和尚から子どもが産めない身体になってしまったことを告げられます。またチェオクが描く「どうせ私はユンとは結ばれないのよ『のの字』」にエクスキューズが増えました…。そのかわり、何としてもソンベクを捕まえようと決意して都に向かいます。

途中で立ち寄った寺には両親の位牌が祀られていました。何者かが半年前に置いていったという位牌の前でチェオクは万感の想いを込めて慟哭しますが、そこにソンベクと不死身1号スミョンがやってきます。

兄と妹再会の期待は素敵すぎるカメラアングルであっさり裏切られました。さらに、さっきまでおんおん泣いていたはずのチェオク。寺の和尚から位牌を訪ねてきた女性について聞いたソンベクが本堂へ急ぐと忽然と消えてます。さらに「チェヒー」の絶叫もうっすらしか聴こえないところまで歩いて行っちゃってるし…。

病み上がりに競歩ですかwww。

一方、捕盗庁に帰庁したユン。チョ長官のお怒り度は当然ながら100%。肉親の、たった1人の息子を失っても私情を厳しく排してきた長官が「お帰り、ユン♪」って言うはずがない。座り込みして許してもらおうだなんて虫が良すぎるのさ。

と思ったらナニちゃんキタ〜〜〜!!!!

父上にユンの赦しを乞うだけでなくユンのところにお嫁に行きたい攻撃。「縁のあるなし」の会話はある意味、身分制度を"悪用"した自分勝手な理屈で、ここは一旦どん引きなんですが、後からチェオクと交わす会話で、ナニちゃんがただのド演歌女じゃないことが判明。ナニちゃんファンだった私の目に狂いはなかったと確信しました。

だって、普通の女じゃできないでしょ。ほかの女を愛していて、自分に愛をまったく感じてない男と結婚した上で、その女との同居を申し出るなんて。ある意味死ぬより辛いことでしょ。その地獄な結婚生活、何年続くかわからないというのに。すごすぎる。

チョ長官も背に腹は代えられない。本当の王の真意を知っているのは自分とユンだけ。そのうえ150人も部下失ってて使える武官の数も足りないんだし。ってことで特赦することにします。もちろん、私情に走ったユンへの叱責は厳しいものでした。正直、甘過ぎと思いますが、まぁお話の展開上やむを得ませんな。

チェオクを選ぶか捕盗庁を選ぶか二者択一を迫られたユンは後者を選ぶことに。チェオクに一応気持ちを確かめますが、確かめてどーすんだ。チェオクに下駄を預けるのは卑怯でせう…。結局チェオクは「肉親です」を通したので「それならナニちゃんと結婚する。私のことは忘れろ」という展開になりました。

泣き所なんですよね、ココ。全然泣けねー…。

それもよりによって捕盗庁にいられなくなったチェオクが新たに配置されたのはバカボンピョンテクの役所。ピョンテク、「チェオクに似た子どもを産んでくれ」と地雷を踏みまくってることも知らず大喜び。

そしてようやくホコリが収まって来た捕盗庁ではカマ村急襲情報がなぜ敵方に漏れたかを調べます。

ピルトゥ改めペ武官は、やっぱり悪役だったんだねw あれが韓国の悪役顔なのか?追いつめられて頭を壁に打ちつけて死にますが。このペ武官を手がかりに内通者の候補が挙げられ、軍から出世をやめて敢えて捕盗庁にやってきた人間がもう1名いることがわかりました。ここを手がかりにどう情報が漏れるか調べるつもりの長官とユン。

チェオクは自らの手でソンベクを捕らえるべくチュクチを訪ねます。身分が良民になると、髪を結い上げてちゃんとした服装ができるんだ…。助けを求めたチェオクの願いをいったんは断ったチュクチ。しかし、今回ナニちゃんに続く2人目のイイ女登場。

チュクチ妻。妊娠したことを告げ、この幸せをもたらしてくれたチェオクには恩を返さないといけない、とチュクチを送り出します。危険な任務であることにかわりはなく、むしろチュクチが死んだら自分は子どもとしんどい生活が待っているというのに。

こういうところはイイのよ、マジで。なのになぁ。バランスが悪すぎる。

チュクチを手に入れたチェオク、さっそく地方の役所に赴きますが、チュクチに捕盗庁の武官の格好をさせ、チョ長官の書類を偽造しています。ありえん!!そして引っかかったかに思えた役所の担当者はチョ長官の筆跡を知っていたためこの偽手紙が捕盗庁に通報されちゃいました。

そしてこんなことをしでかすのはチェオクに決まっているとチョ長官はお見通しです。あーあー、どうすんだ?

イ・ウォネもっと出しなさい!!←意味なく逆ギレ

|

« 松嶋菜々子x2vs.古畑任三郎 | トップページ | ホア男に再度迎撃指令 »

コメント

mitomitoさん、白馬からおかえりなさーい。

よろよろスキーヤーの私はお天気の悪い間隙をつく形でお正月安比で滑ってました。雪多かったですね。

さて、ナニちゃん。ユンのあのキャラでは彼女の提案を受け入れるとも思わないのですが、そういう形の愛もあるかな、って案外私は同情しました(個人的には”マジ勘弁”ですが)。

今回のピョンテクのはっちゃけぶりは評価アップした人とダウンした人で分かれましたね。ある意味空気が読めてない無邪気さが羨ましいかも?

投稿: ruko | 2006/01/11 01:11

rukoさん、こんばんは。
ナニちゃんの決断、ビックリでした。
彼女はユンとチェオク、両方の想いを知っていて、ユンの辛い姿は見たくないからと選んだ決断みたいだけど、あまりにも自己犠牲ですよね。
人の気持ちをわかり過ぎるとツライだろうなぁ。
ナニパパが彼女の決断を知ったらまた黙っちゃいないんじゃないかな?
ピョンテクは地雷踏みまくりでしたが、一途な気持ちはけっこう伝わってきて、意外とポイントアップしちゃいました。

投稿: mitomito | 2006/01/11 01:01

smappieeさん、こんばんは。

TB障害報告、ありがとうございます。FC2ブログの不調は解消したのかなと思っていたのですが…。ライブドアからのTBも、昨日は確かどなたかから受けていたと思うのでちょっと原因はごめんなさい。

特に障害報告などもあがっていないようなので、また別の機会に試してみてください。時間をおいてうまくいったり、1ついって次がダメだったり、いろいろあるみたいです。

投稿: ruko | 2006/01/09 00:33

ライブドア本館からとFC2の過去ログ倉庫からのTBが入ってないようですね。

投稿: smappiee | 2006/01/08 23:57

更紗さん、こんばんは。

IP対策と私がとった具体的対策に関して、更紗さんのブログのほうにコメントしておきましたので読んでみてくださいませませ。

投稿: ruko | 2006/01/08 18:00

okoさん、ことしもよろしくお願いいたします。

耐久鍋レース拝見していますよ!

さて、okoさんは「時代劇に見える現代劇」と見てSnowdrops-Fairyさんは「時代劇ならではの荒唐無稽さ」で鑑賞、と。アプローチの方法はいろいろありますが、やっぱりハチャメチャっていう点ではやっぱり一致しちゃってますね…。

ナニちゃんみたいなしんどい選択をなぜしたいのか。これも愛の形とか言われても…と思わないこともないのですが。

そろそろ、もうちょっと高いところを目指した韓国ドラマが見たいです。お決まりのすれ違いに交通事故、記憶喪失とか貧富の差(時代劇なら身分制度)とかを排して。日本語版や字幕をつくる人はたいへんだと思いますけどねw

投稿: ruko | 2006/01/08 17:51

rukoさん
 こんにちは~。こちらでもお聞きしときますね。
私の聞きたいのは、私のブログ独自の禁止ではなく、
ココログの自分で出来るセキュリティ設定がどうなっているか分からないのですが。
例えば、エログのTBに対して「禁止IP」とか入れられていませんか?
と、言うのも私も「goo」からだけTBが入らない時期が映画ブログの方でありまして
色々つついてみると、結局エログ対策で入れた「禁止IP」が「goo」のものだったため、TBが受け付けられなくなっていたんですよ。
もし、そういったものがココログにもあるのでしたら、ご確認下さいませ~

投稿: 更紗 | 2006/01/08 15:35

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
号泣はしていないけど、ウルウルしていたokoです(〃∇〃)

ナニお嬢様、言っちゃいましたね。
何ていうか・・・私は・・・怖い。

最近は時代劇の格好をした現代劇だと思うことにしています。
だと気持ちが楽に見れそうです。
そこまでして見るのか???
と自分でツッコミを入れてしまいました(-_-;)

投稿: oko | 2006/01/08 04:45

akkoさん、こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

チェオクが暗すぎる、というのが私がドラマにもうひとつ感情移入できていない理由なのですが、身分制度のことをNHKサイドが編集などしてぼかし過ぎたため?と思っています。

チュクチとその妻が生まれてくる我が子に希望を託す様子が描かれて初めて、子どもを産むことすらためらわれる、それだけのしがらみがある、ということが納得できたような面もあり。

ただ、そうすると無邪気にチェオクに結婚してくれと言い寄っているピョンテクの意図がわかりませんし、どこに軸足を置けばいいのかよくわからなくなっちゃうのですよね。

というわけで私は陰謀がどう暴かれるのかに視点を集めて見ているわけですが…。 チュクチは一服できるネタなので、最後まで大切にしてあげてほしい、に同感です。

ps TBよかった…。でも、どうも今度は更紗さんのところ(SeeSaa)からのTBがおかしいみたいなんですよ…。ライブドアは送信できてるのにTB送信欄にping URLが残ってしじゅうダブリTBになったりしてしまうし。なにかとご迷惑おかけします。

投稿: ruko | 2006/01/07 22:16

satesateさん、こんばんは。

後半お風呂に入ってしまったsatesateさんのエントリに思わず笑みがこぼれてしまいました。その気持ちわかります。私は古畑を見た後から、1.3倍速で見てちょうどよかったんで(汗)。

ラストまでがんばりましょう…。頑張れているのはブログのエントリのみなさんの感想を読むのが楽しみだったのと、かぶる時間帯におもしろいドラマが他局になかったおかげだと思ってます。そうでなかったらたぶんギブしてましたw

投稿: ruko | 2006/01/07 22:11

それから、TB今回は大成功でした!!
万歳、ですvv。
細かい情報を下さって、どうもありがとうございました(涙)。

投稿: akko | 2006/01/07 17:12

rukoさん、こんばんは。
少しご挨拶が遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願い致しますvv。

それにしても、今回も内容が濃かったですね~。チェオクが復活して、ユンは自分のあるべき場所に戻り、ナニお嬢様との結婚が決定。チェオクとソンベクはニアミスして、お互いがまだ兄妹であることを知らず。チェオクは異動になるも、ソンベクとの再会を果たすべく、チュクチとともに策を実行・・・。

奇跡的に助かったにしては、元気すぎるのがちょっと苦しいところですが、やっぱりチェオクは元気じゃなくちゃ!ユンはナニお嬢様と結婚して本当に幸せになれるのかを、もう一度よく考えてみたほうが良いんじゃないかと思います。チェオクに未練があるのに、一緒になったって・・・。ナニのほうは、それでも今よりは幸せになれるというのだから、こちらも辛いですね。

身分制度が今回はかなり問題になってましたが、本当に良く分かるようにドラマを作るものだなぁと感心してしまいました。チェオクが卑屈なのにも理由があったんだなと・・・。

チェオク、もう自分を活かす道はソンベクと相対することしかないと思ってます。チュクチの奥さんにはこれから子供も産まれるんだし、お願いだから、あまり無理させないでね^^。

投稿: akko | 2006/01/07 17:10

rukoさん、コメント&TBありがとうございました。

まさに、「ナニお嬢さま、キター」な回。
そして、私も rukoさんの決意同様に
「でも最後まで見ますよ!」。

後半、水戸黄門なら
そろそろ印籠が出る時間帯に
風呂に入ってしまったワタシ。
風呂に入るなら前半がチャンスだったのに。

投稿: satesate | 2006/01/07 15:54

viviさん、こんにちは。

>>「飛べよ」

今頃再確認したのですが、私自身がファンボ・ユンという男がまったく好きなタイプではないのが、この最強悲恋に入って行けない最大の理由のようです…。もちろんチェオクのうっとうしさと強引さもそこに加わってきてますます引いた状態になっているわけですが(汗)。

謀反の結末を見届けるまで、まだまだしんどいですね。

投稿: ruko | 2006/01/07 15:51

今後起こるであろう何かのための前段階の今回。
比較的静かな流れでした。

韓ドラ特有のすれ違いになんとも、、、
飛べよ!と私も突っ込みました。
ナニお嬢様の強引なプロポーズにはナニするのって!
向こう見ずなチェオクの思い込みの頑固さはチャングムも真っ青で、、、、

投稿: vivi | 2006/01/07 14:58

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

なるほど、それは新しい見方ですね。確かに日本の時代劇だって考えてみれば、例えば水戸黄門は絶対火縄銃で撃たれたりしないとかw、荒唐無稽な設定はいくらでもあるわけで、そのへんもこれは時代劇だからと思って見る、というのはひとつの手かも。

私は今週の涙は一滴残らず「新選組!!」で流してしまったと思われ、チェオクにもユンにも涙が出ませんでした。たぶんユンの行動がまったく自分の好きな男のタイプと逆だからではないかと思われ…。

でも最後まで見ますよ!←決意

投稿: ruko | 2006/01/07 01:22

あおさん、こんばんは。コメント催促してすみません…。

昨日から1日たって考えてみるとこんな無茶な提案、あの最終判断すらできないユンが受け入れるわきゃないんですよね。女としてそんなことを口にできたナニちゃんに素直に感嘆したのですが、「妾として囲う」と考えるとどん引きですし。

どん引きつながりでいえばピョンテクは私もカンベンしてほしかったです!

投稿: ruko | 2006/01/07 01:11

更紗さん

SeeSaaブログからのTB不調といったようなことはオモテのサポート情報などには特に出ていないようなのですが、お手数かけてすみません。

ちょっと前はFC2ブログからのTBが不調でしたが、サポセンから納得のいく回答はきていません。たいへん申し訳ないのですが、試して失敗だったらコメントだけにしていただく、方式をしばらくお願いできませんでしょうか。

投稿: ruko | 2006/01/07 01:09

ちょしさん、こんばんは。

ナニちゃんの選択では絶対に幸せになれっこないじゃないですか。第一、あの融通が利かないユンがそんな状況を受け入れるはずがない…と思ってます。

ピョンテクについてもまったく同感です。和みキャラはチュクチたちに任せてほしいです。軍籍の件はわざわざ別の役所にいるピョンテク呼んでいる間に自分たちで調べたほうが早いような…。なにしろ隊員150人死んでるわけですから、調べも比較的するするいくと思うのですけれど。

投稿: ruko | 2006/01/07 00:55

ぐるくんさん、こんばんは。

私は無邪気なピョンテクが傷に塩を塗る感じでザラザラひりひりしてしまいました…。今回はチュクチ妻のけなげな決意がいちばんホロリとしましたね。

今回の「忘れえぬ人」はそれぞれの愛する人っていう意味だったと思ったんですが、私は敢えて引っ張り続けている兄と妹のところ、と判断して見出しにとりました。

やれやれですねw

投稿: ruko | 2006/01/07 00:49

更紗さん、こんばんは。

別のブログで「チェオクを妾として囲うことにもやぶさかではない」とナニちゃんの行動を表現しているのがあり、こう書くとまったく違ったニュアンスになるなぁと感じた次第です。ナニちゃんはそこまでえげつないとは思いませんが、やはり身分制度を信じ切っているようなので、そこが落とし穴でしょうか。

投稿: ruko | 2006/01/07 00:47

rukoさん、こんにちは。
やはり皆さん、なかなかはまりきれてらっしゃらないようで・・・。
私の中には「時代劇≒ファンタジー」という認識があるようで、「ありえね~!」な設定や言動も案外受け入れられています。
これが現代劇なら「お前無しには生きられない」なファンボも、「私は木です」のチェオクもノーサンキューですが。

視線が主人公達に振り回されている脇役に行きがちなのはいつものことです。
でもナニお嬢様とは残念ながら「縁」がなかったようです・・・。
「天晴れ」な女性だとは思うんですけどね。

来週もきっと号泣するだろうな・・・、と今から思っています。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/01/07 00:35

こんばんは☆
やっぱり今回も微妙な展開でしたよね、
ツッコミどころが満載で。
今回は派手なアクションが無くて安心しました。
ナニちゃんウォッチャーのrukoさんらしく、
やっぱり番組中の山場は、そこですか?
でも普通の人にはできませんよね~。
ナニ様の発想、凄すぎです。
いや、でもそれもまた「愛」?!
ユンの幸せを願いたいのはわかるんだけれども、
3人で暮らし始めるのは、どうかな~???
ドロドロ三角関係間違いなしだし。
ナニ様にとっては、イタタな生活に違いないし。
普通はチェオクとユンを見守って
自ら身をひく所かなぁ~、っと思ってしまいました。
でも、この方が今後の展開が楽しみかも。
チョ長官も、後押ししちゃってましたね~。
そして、チェオクは「兄のような存在」と
言い切ってしまいましたね。
もっと素直になれば良いのに、と思いました。
(結構感情移入して見てるじゃないか、、、私。。。笑)
あえて語るとしたら、こうですかね?
「感想聞かせてください、、、」ってあったので、
何だか真剣に語ってしまいました。

追伸>おバカなピョンテクは問題外です。
そして、またもやチェオクとソンベクのすれ違いにじらされまくりです。
いつ分かるんだよ~?

投稿: あお | 2006/01/06 22:19

ところで、うちからTB入りませんが
何かあるんでしょうか?

投稿: 更紗 | 2006/01/06 20:35

rukoさん、こんにちは!
私も今回は無理やりな展開だなーと思いつつ、行方を見守りました。
ナニお嬢さま、肝っ玉が座ってると思いますが、本当にそれで幸せになれるんだろーか?
私にはマネできませーん。
ピョンテクの活躍も正直ちょっと食傷気味・・軍籍の話を聞かなくても調べればわかるだろ、と突っ込んだ私はやっぱり野暮ですよね?
でもストーリーは気になるんですよね。rukoさんの言うとおり、面白いのに、ちょっとバランスが悪い、とっても惜しいドラマです。

投稿: ちょし | 2006/01/06 14:18

 rukoさん、今年も早速TBさせて頂きました。
 よろしくお願いいたしま~す。

 rukoさん同様、泣くに泣けない微妙な展開・・・w
 ピョンテクの無邪気で一途な告白が一番心に沁みた程です。
 「忘れえぬ人」って言うこの回のテーマを反映していたのはチェオクのうわ言だけ?
 それとも別にあったのかな? 見所も分からない・・・orz

 

投稿: ぐるくん | 2006/01/06 08:44

今年もよろしくです。

さて、チェクチの妻は泣かせてくれましたね。
この夫妻はトック夫婦とはまた違った意味で
ドラマの盛り上げ役です。

ナニの気持ちも痛い
彼女はチェオクとユンは結ばれない運命と「身分制度」による自分の保身を信じているようですけど
それは甘いぜお譲ちゃんって気が・・・
ただ、彼女の決意は評価してます。
チェオクもナニもお互いの気持ちを知りつつ尊重しているあの会話もうるっときましたよ。

投稿: 更紗 | 2006/01/06 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8024247

この記事へのトラックバック一覧です: 超ニアミス チェオクの剣〈第10話〉:

» ひとりごと<129>  チェオクの剣 #10 [「ぐるくん」のひとりごと]
 ユンは瀕死のチェオクに「半湯剛気(パンタンカンギ)」と言う気功術を施す。  「息を吹き返した!」って、チェオク呼吸停止状態だったの?  まぁっ、奇跡は起きたようだ・・・  薬を煎じ飲ませようと必死の看護をしているユンは、チェオクの「山を降りよう、チャン・ソンベク」とのうわ言を聞いてしまう。  心荒れるユンは「私でなくてもいい。 私を忘れてもいい。 でもあやつだけは、チャン... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 08:22

» チェオクの剣 第10話「忘れえぬ人」 [閑遊閑吟 ]
チェオクが息を吹き返しました。 ユンのカメハメ波攻撃(注:rukoさんのブログ参照)が功を奏したんですね。 まだ静養が必要なチェオクをそのまま残して山を下りるユン。 ポドチョンではカマ村の一件が敵側に漏れていたことでスパイがいると断定。 カマ村の件を知っていたのは ウォネとペク武官ともう一人長官に随行しているペ武官だけでした。 ペ武官とは・・・あのピルトゥ(注:『チャングム』を調べてね)だった! 結局悪役なんだなあ。 長官を人質にして逃げようとしたペ武官でしたが、 ポドチョンに... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 14:11

» チェオクの剣 第10話 [あおサンの猫の爪]
いよいよ第10話です。お正月早々から、放送していました。新聞のテレビ番組欄を見な [続きを読む]

受信: 2006/01/06 21:48

» チェオクの剣(10話〜) [私の趣味日記]
 ネタバレあり  第10話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  チェオク助かったのは良いけど、寝言でソンベクの名前よんじゃ駄目だよ{/ase/}ファンボユンがショック受けてるじゃないの{/hiyo_cry1/}  それはそうとチョセウク、「このままチェオクが死んだ方が良かったと考えておる。」って、ひどい{/ee_1/}{/face_ang/}しかもファンボユンとナニお嬢様を結婚させようとしてるし... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 12:51

» チェオクの剣 10話 忘れ得ぬ人 [まいぶろぐ]
前回のユン殿の気送りでチェオクの意識がもどり、今後起こるであろう事への前段階という所でしょうか、おとなしめの展開でした。 ナニお嬢様と婚約してしまうユン殿にナニそれと突っ込みたくなりました 分からないです。 ナニお嬢様も自分の想いだけで突っ走るのもすごくひきましたし ユンもセウク長官の言うがままにだし、、、 チェオクが戻って来てもなんか皆驚かないのが不思議で、、、 ソンベクがチェオクと すれ違い も韓ドラの定番ですかいと突っ込みました。 こんな時についさっきいたチェオクなら空だって飛べ... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 14:59

» チェオクの剣 第10回「忘れえぬ人」 [今日のわたくしゴト]
ようやく、兄妹って、分かるのか!と思ったら、 また、すれ違い。「天国の階段」か、、、。 「チェオクの剣」は、私の中で、「天国の階段」、「悲しき恋歌」に続く系譜として 位置付けられています。 「チャングムの誓い」、「1%の奇跡」にしても 私が面白いと思うドラマは叙事的。 事件が事件を呼ぶ、もしくは、事件の上の事件が積みあがっていくタイプ。 それに対して「チェオクの剣」は叙情的すぎて、、、。... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 15:39

» 「チェオクの剣」第10話 [韓国ドラマファン]
チェオクの剣 シナリオ・ブックパン ハッキ 根本 理恵 キネマ旬報社 2005-12売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools NHK BS-2にて毎週木曜日放送中。番組情報やあらすじなどは、「 [続きを読む]

受信: 2006/01/07 16:58

» チェオクの剣**10** [嫁いだ先の杖♪−杖の日記−]
さてと、今回はワイヤーアクションも無く 気持ち楽に見ることが出来ました。 ツッコミもしないように努力をして これは最近の韓国ドラマよと自分に言い聞かせ するとね、涙がポロっとでましたよ。 自分勝手な感想は続きからどうぞ... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 15:28

» チェオクの剣 第10回「忘れえぬ人」 [ときどき思いつき日記]
ファンボ・ユンの“半湯剛気(パンタンカンギ)”の術によりチェオクは息を吹き返します。だけどさ、ユンの前でソンベクの名前を出しちゃまずいでしょ。しかもうわごとで。絶対ゴカイするって。長官はナニちゃんと結婚するように言うし。追い風とばかり、ナニちゃんはユン...... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 19:10

» 『チェオクの剣』(10話)-忘れえぬ人 [雲のゆくえ]
どうしよう、、、 今まであんなにウザイキャラだったピョンテクに癒しを感じてしまった(笑) 彼が求愛して、果たしてホントにチェオクと一緒になれるのかどうかっていうのはよくわからんのだけど、ストレートな愛情表現はなかなかいいかも。 ... [続きを読む]

受信: 2006/01/11 00:09

« 松嶋菜々子x2vs.古畑任三郎 | トップページ | ホア男に再度迎撃指令 »