« イイお話で…〈第16話〉 | トップページ | 異国じゃなくて倭国 チェオクの剣〈第11話〉 »

2006/01/12

特濃です けものみち〈1話〉

うひー。めちゃめちゃ濃かった。これでもか、っていうくらい濃い顔ぶれですw 米倉涼子、決してお芝居が上手ではないと思うので、どうして私の狭い辺境偏愛ストライクゾーンにいつも入ってしまうのかわからないんだけど、今回もキてます。デカイからだろうか…。導入としては十分すぎました。

けものみち (上)けものみち (上)
松本 清張

新潮社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あんまりみんなが濃過ぎて、田丸麻紀がどこに出てたのかエンドロールまで気づかず。どうやら最後に出て来た民子(米倉)のジュエリーブランドで働く人らしい。以下、ネタバレしています。

もとは1982年に和田勉演出で名取裕子と山崎努がやったドラマでDVDも出ていました。コレも濃そうです。機会があったら観てみたい。

一見、紳士なホテルの支配人、佐藤浩市がどのくらいワルいのか、なんでワルいのか。今から楽しみです。ホテルの中(バーなど)はわかりませんが、外観は私の勤め先の近くに比較的最近できたばかりの三井ガーデンホテル銀座を使っていました。一応デザイナーズホテルだったのね…。

意外だったのは民子の夫にもっとヨレてくたびれたキタナイ中年男をもってこず、田中哲司をあてたことでした。奈々美(上原美佐)との関係を強調するためでしょうか。仲村トオルが出ると「黒革の手帖」テイストが出てしまうのでちょっとどうかと思ったのですが、好きなのでまあイイです。

若村麻由美、平幹次朗とたたみかけるように出てきて、もうキャスト的には満腹、胸焼け一歩手前です…。若村さん、気持ち悪キレイな役(和田版では江波杏子さんでしょうね…)が似合っていました。着物の色使いなどもとてもおもしろく、歩いているのか滑ってるのか、という気持ち悪い歩き方もキますね。

お話としては「民子さん、あなた、夫が明らかな不審火で焼け死ぬなりそんなに羽振りがよくなったら、よっぽど捜査サイドがバカじゃなければ怪しまれないですか?」っていうところに尽きると思うのですが、鬼頭(平)がもみ消してくれるんでしょうか。ドキドキ。

原作は未読ですが、これだったら「黒革」よりもっとおもしろくなりそう。スポンサーの問題もあると思いますが、ジュエリーをどのくらいやってくれるのかも楽しみのひとつになるかも。これまでのように微妙にチープではなく本当に豪華な出演者を確保し、中島みゆきがエンディングを歌うなど、視聴率2位に躍り出たテレ朝の勢いも感じるドラマといえそうです。

「チェオク」やめて木曜日はこれに絞りたいくらいです。あと4回…。もつかな。

【追記】トラックバックさせていただきました。

けものみち<1> (綴り箱のかたすみに

|

« イイお話で…〈第16話〉 | トップページ | 異国じゃなくて倭国 チェオクの剣〈第11話〉 »

コメント

えるさん、はじめまして。コメントとブログ紹介ありがとうございます。
エレガントなページに麗しい情報満載でうれしくなりました。あの個性的なジュエリーをどなたかがおつくりなのか興味もありましたので。

公式サイト、初回放送直後に見たときはまだジュエリーのページは工事中でしたので、大阪から戻ったら見にゆきます!

投稿: ruko | 2006/01/24 01:29

http://jewelrystyle.blog21.fc2.com/blog-entry-62.html
こんばんわー。この件の事情通です(笑)ジュエリー情報は番組HPのマスカレードでも、見られます。記者会見は上の記事ですよ。
http://www.tv-asahi.co.jp/kemonomichi/

投稿: える | 2006/01/23 02:02

更紗さん、こんばんは。

みんなの思惑がどう絡んでねじれて、化学変化を起こしていくのかが楽しみですね。米倉さんはヘタクソですがまわりがあれだけスゴイのでとりあえず安心して見ていられそうです。オリーブオイル、どぼどぼ、って感じですけどもw

お仕事がんばってくださいね。韓ドラ以外のレビューも、楽しみにしています。

投稿: ruko | 2006/01/17 21:23

rukoさん、こんにちは~
米倉涼子、確かに下手くそなのに、ハマってますよね(笑)

佐藤浩一の狙いは・・・
鬼頭の財産かな?それじゃあ単純すぎるかー(笑)
どこまで「悪」にみんな染まっていくのか?楽しみですね。

TBはまだ入らないようですが、お気遣いいただいてありがとうございます。
取り敢えず毎回トライしてみますね。

仕事24日からになりました。今後はレビュー遅れると思いますが、今後は日本ドラマ米国ドラマでもよろしくです。

投稿: 更紗 | 2006/01/17 08:48

あおさん、こんばんは。

悪い女って、自分をある程度殺して生きる、っていう部分があるので米倉さんのデクな演技でもなんとか保ってしまうのかもしれないですね。演技力に疑問という点では今クール、菊川怜さんと双璧かと(汗)思うのですが、私には米倉さんはinで菊川さんはoutですw

次回またどんな展開になるのか。奈々美(上原美佐)がどうからんでくるかも楽しみですし、もちろん佐藤浩市も、もっと悪くなってください!って感じで。

投稿: ruko | 2006/01/16 22:50

rukoさん、こんちちは!
「けものみち」私も見ました。
松本清張のドラマって見ていて
ハラハラ、ドキドキで面白いです。
佐藤浩市の「目的」が何なのか
早く知りたいところです。
本当に、米倉涼子の悪女はハマリ役ですね。
私の方では記事はアップしていないので
こちらを楽しみに拝見させて頂きます!

投稿: あお | 2006/01/16 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8131140

この記事へのトラックバック一覧です: 特濃です けものみち〈1話〉:

« イイお話で…〈第16話〉 | トップページ | 異国じゃなくて倭国 チェオクの剣〈第11話〉 »