« 雪の日 | トップページ | 「ハイ」に注意 時効警察〈第2話〉 »

2006/01/21

ここはどこ? 輪舞曲〈1話〉

韓ドラウォッチャーのみなさんのブログでは賛否両論というより「否」が多かったように感じた「輪舞曲」。でも視聴率は20%を超え、月曜日の昼過ぎには韓国の主な新聞サイトのエンタメページ(韓国版)に「チェ・ジウ主演ドラマ日本で大健闘」の見出しが躍ってました。

というわけで百聞は一見にしかず。大盤振る舞いの初回再放送を「時効警察」を我慢して今、見終わりました。

とりあえず次回以降も観ようと思いましたが、シーンによって極端に異なる撮影色調の違いや監視カメラ風に処理した映像の挿入のテンポの悪さなど、制作者側の意欲が空回りしていますね…。それが観ているときの違和感に少なからずつながっている気がします。日韓共作の「ちゃんぷるー」だから、っていうのではなく、一本きちんとした「背骨」が通ってないところに肉付けしている感じというか。

I believeI believe
絢香 L.O.E

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユナ(チェ・ジウ)が日本語を話したくないという気持ち、展開的には、わからなくもありませんでした。しかし妹のユニに指摘されるまでもなく、ぢゃどうやって日本で行方不明になった父親を捜すんですか、ってことになってしまいますから。お父さんが実は橋爪功だったっていうオチだけはカンベンしてくださいねw 杉浦直樹、「クライマーズ・ハイ」に続いて悪役楽しんでいます。

あとは前述した通り、東京や横浜などいろいろなところでロケをしているのですが、風景の切り取られ方が東京や横浜を生活の拠点にしている者としては「ヘンな味」になっている、っていう点がしんどかった。首都圏の見慣れた風景なのに、色調がおかしいために全体がつくりものっぽく見える。敢えてやった演出、あるいは「韓国人視点」なのかもしれませんが、ちょっといただけない。

韓ドラ風に「ほっとするキャラ」設定があったのは救いでした。塩見三省をトックおじさんの役どころにもってくるとはw 絶対「神狗」関係者だと思ったもん。街の八百屋のおばさん(岡本麗)が四天王にハマってそれとなく通訳できる、でもかなりテキトーに、っていうのも「いまの日本」ならではの無理ない設定なので、もう少しこういう「リアリティ」を広げてほしかったなぁ。

サマンサ・タバサとのアクセサリーのタイアップとか、確実にまだ「韓流」な人たちを取り込もうとしていますが、ドラマの芯をしっかりさせないと。話題倒れで終わってしまわないことを祈ります。

【追記】1週間たってるのでいろんなことを忘れてました。月曜日に自動URL翻訳で読んだ記事が「輪舞曲」を「盆踊り」と翻訳してあり、会社の自分の席で悶絶。なぜ、そうなったのかw

それから、私の「韓国」への興味の原点は2002年の日韓W杯共催。懐かしいウォンビンと深田恭子ちゃんの「フレンズ」でした。フカキョンでも頑張れば韓国語をカタコトで話せるようになるんだから、と勢い良くハングル講座を録画しはじめたころは「秋の童話」が細々とMXテレビでやっていただけだったのに…。

「フレンズ」はいま観ても佳作だと思っています。無から有が生み出された感じがあり、愛が感じられました。同じTBSのドラマなのに4年の歳月ってザンコク。

|

« 雪の日 | トップページ | 「ハイ」に注意 時効警察〈第2話〉 »

コメント

更紗さん、こんばんは。

ダメですよぅ、更紗さんみたいに映画からドラマまでいろんなネタ制覇しちゃってる人はもっと暖かい視線で見てあげないとw でも、オリジナリティは少し考えてほしかったですね。アジアの各国へのマーケティングを考えるのに元ネタがわかってしまうようなアイデア持ち込みはマズイっすね。

まさか「初雪」まで使うとは。あんまりやるとパロディーかと思うからw、ねぇ。

投稿: ruko | 2006/01/22 23:02

こんにちは♪
私には日韓どうのって言う前にパクリすぎたーって印象がぬぐえなくって・・・
 まあ突っ込みどころは満載ですけど、さらっとその辺りは流して竹野内くんメインで見たいと思ってます(笑)

投稿: 更紗 | 2006/01/22 17:24

mitomitoさん、こんにちは。

「フレンズ」は発売と同時にDVD買ったくらいでしたw しばしいろんな人に貸して布教しましたもん。「冬ソナ」なんかより全然前ですね、思えば。フレンズを観てなかったら「シュリ」「JSA」との出会いもなかったし、ソウルに遊びに行こうとも思わなかっただろうし、韓国サッカーのファンになることもたぶんなかったと思います。

おっしゃるとおり私も「日韓関係の今」をたいらな視点で観たかった…。でもこの展開ではちょっと厳しそうかなと。公式サイトのイントロでプロデューサー(たぶん)がものすごく肩に力の入った発言をしているのも、かなり悪い意味で気になってます。

投稿: ruko | 2006/01/22 13:57

ぐるくんさん、こんにちは。

実は少しだけ期待してたっす。だって元祖日韓共作ドラマつくったTBSですもん。でも、先に「アジア各国に売る」といった戦略?が裏目に出ているようで、散漫な感じになっていますね。台湾や韓国の人があれを観て、日本のイメージを持たれるのも困るんですけど…。

投稿: ruko | 2006/01/22 13:41

こんばんは。
私も「フレンズ」はホントによく出来たドラマだと思います。
あのドラマが韓国との”出会い”を描いているとしたら、「輪舞曲」はさらに深いところにグィっと踏み込んでもらいたいですね。

投稿: mitomito | 2006/01/22 02:50

 rukoさん、TBさせて頂きました。

 なんか「視聴お疲れ様~」ってお互いに声掛け合うようなドラマだよねw
 まずは続きを見るつもりでおりますが・・・

投稿: ぐるくん | 2006/01/21 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8263714

この記事へのトラックバック一覧です: ここはどこ? 輪舞曲〈1話〉:

» ひとりごと<136>  『輪舞曲』見てみました〜 [「ぐるくん」のひとりごと]
 『輪舞曲(ロンド)』初回放送を見た。  ドラマタイトルは『冬ソナ』もどきだし、ヂウ姫も主役出演するので、最初から楽しみにと言うより、突っ込み所が多そうな気配が興味を引いた。  なにせアジアン・マフィア「神狗」なる秘密組織がらみのダークな設定。  そのボスは「風間ホールディングス」社長、風間隆一郎。  西嶋ショウこと金山琢己(竹野内豊)の正体は24年前にソウルで殺された父親の死の真相を暴くと言う秘... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 18:40

» 『輪舞曲』(1話) [雲のゆくえ]
取り合えず1話目は見てみよかーって感じで見ました。 竹野内豊カッコイ〜〜〜 韓国の人と喋ったとき、好きな日本人俳優の名前でよく聞くのがカレなのでこれはナイスキャスティング。 ... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 02:42

» 「ロンド 輪舞曲」 [今日のわたくしゴト]
警察学校を中途退校で、組織へ潜入捜査って、 「インファナル・アフェア」のトニー・レオンかい? 懐中時計と腕時計の違いはあるけど、 古い時計を大切に持ってるところは、「ナイスガイ」のテピョンかい? 婦人警官で、私服警官を目指すって 「ナイスガイ」のジウですか、、、。 「早く民間委託になるといいねえ」って、いうセリフを聴いたら 「八月のクリスマス」ですかあ、、、。 ヒョニーちゃん、今回は「美しき日々�... [続きを読む]

受信: 2006/01/26 00:23

» 「ロンド」を見て考えた。韓国ドラマの魅力ってなんだろう [今日のわたくしゴト]
「ロンド」を見て、考えさせられる 韓国ドラマの魅力って、なんだろう。 「ロンド」は、韓国ドラマ風な絵ヅラ満載。 韓流スター、ヨン様巻き、夜のハンガン風な水辺。 韓国ドラマ風な絵ヅラが見たいわけではありません。 韓国ドラマ風な絵ヅラにすれば、ドラマが面白くなるわけでもありません。 私が韓国ドラマに期待しているものは 日本のドラマには、ありえない韓国の論理です。 それは、私の知らない世界。 私にとって、新鮮な考え方。 「チャングムの誓�... [続きを読む]

受信: 2006/01/26 00:24

« 雪の日 | トップページ | 「ハイ」に注意 時効警察〈第2話〉 »