« 忘れてたかも…〈第17話〉 | トップページ | チョンホ様来日なのね。 »

2006/01/19

気づけ!第2弾 チェオクの剣〈第12話〉

ため息…。イ・ペク両武官が男っぷりをぐぐっと上げたところだけが私の中での最大の「見せ場」でした。チェオクがソンベクを男性として意識しているからの一手で逃げるんだろうけど、ここまでネタばらししていて気づかないってちょっと考えられない。「泣き」「溜め」ともに私のドラマ鑑賞ペースにはまったく合わないし。

チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラックチェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ キム・サンミン ホン・ジュ

ポニーキャニオン 2005-11-16
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下、短めに終わらせたい。ウォネ様の言葉を借りれば「やってられない!」状態です。

ユンがチェオクへの執着だけで動いている、とバッサリ斬ったイ武官に、チェオクに執着してる、と逆ギレ。チョ・チオの玉砕を目の当たりにしていたウォネ殿としては、指揮官は冷静でないと困る、と思うのは当然。

そこにいつもおとぼけのペク武官が素敵すぎるフォロー。朝やってきた援軍の到着速度が速過ぎたことからウォネを確認にやらせることで冷却期間を置き、かつウォネが父を盗賊に殺されたことから捕盗庁(ポドチョン)の仕事に没頭している話までさせてガス抜きしちゃいました。

すばらしい。

一方寒い洞窟のなかのふたり。「謀反人の妻」「7歳だった妹」「お前の名前は」などなど鍵になる会話が交わされながらまだ、兄と妹であることに気づかず。意識失ってから「私の名前は」って言って、どうする。

ダメ押しでムカデに咬まれるチェオクを夢中で毒抜きしたソンベクに逆に毒が回る。寒くてもけがだらけでもそこは二人の世界。何やってんの。

洞窟から煙のようなものが上がってるのに「やっほー」って言うだけでSWATの兵士を偵察にすらおろさないユンもユンなら、救出されたらソンベク死んじゃう、って黙ってたチェオクもチェオク。

挙げ句、え、ソンベク出口知ってたわけ?チェオクと洞窟で心中したかったんですか?ハァァァ。

滝の前の対決シーンは、見物でした。チェオクが敵側に身を投げ出したのを見たユンはソンベクとチェオクを交換しないと言いますがまたもペク武官が「漢」ぶりを発揮。ま、逆噴射なんだけど、結局ソンベクたちを取り逃がしてしまいました。

ウォネ殿が土壇場で援軍とともに戻ってきたので相手側にもかなりのダメージは、与えられたけど。

ラストのテントのなかのユンとチェオクのシーンは、もう勝手にやってください……。くどいようだけど、ユン、あんた王様の特別の計らいでいまそこに立ってるのを忘れたのか。責任放棄で奴婢宣言。チェオクはあっさりユンを振ってしまうし。

陰謀は着々と進行中。王様はチョ長官への不信をあらわにし、チョ長官は自害を考えるところまで追い込まれます。ナニちゃんのまたも捨て身の説得でなんとか思いとどまりましたが。チョン・ピルジュンもまだまだ先の手を考えているようで。

謀反がどうなるか、この一点のみが、あと2回我慢するためのモチベーションとなりそうです。っていうかこれで私の「韓ドラアナフィラキシー」が確定しそうな予感がします。こういうパターンがある意味王道だとすると、当分、新しい韓国ドラマに手をつけられる気がしない。

やれやれ。

【追記】TBさせていただきました。
茶母(チェオクの剣)<12>綴り箱のかたすみに

「チェオクの剣」第12話 (韓国ドラマファン

|

« 忘れてたかも…〈第17話〉 | トップページ | チョンホ様来日なのね。 »

コメント

akkoさん、こんばんは。体調もどられてよかったですね…。

ノロウィルスってお年寄りがかかるものだと思っていました。気をつけないと。

さて。
>>チェオクの心は、死を覚悟して王様に会いに行くと決めた時点で、
>>もうユンには無かったんじゃないか

なるほど、賢明な解釈ですね〜。あそこでユンを愛した自分は死んだ、と。思いもよりませんでした。

チェオクの切迫感が私にはどうしても理解できない、というのは現代の安定した社会に暮らす者の傲慢なのだろうか、ともついつい思ってしまいます。

投稿: ruko | 2006/01/26 00:43

rukoさん、こんにちは。
ようやく体調も戻ってきたので、またPCの前に座ることができました。

TBはまたしても、全部空振りでした・・・。一体どうなっているのでしょう?やっぱりFC2さんのバグなのか!?

今回の展開にはいろいろ考えさせられました。一番冷静になっているのがペク武官だったり、チェオクの心はソンベクのほうへ移ってしまったり。

でも、チェオクの心は、死を覚悟して王様に会いに行くと決めた時点で、もうユンには無かったんじゃないかと思っています。今回、洞窟の中で自分のソンベクへの想いを再確認してしまったというか・・・。

ユンはチェオクに振られると、生きていても仕方ないと思うでしょうから、無謀なこともしかねないと心配になります。

冒頭のシーンでソンベクを追っていたのはユンでなくてチェオクだったことを考えると、ユン危うし!かも、ですね。

投稿: akko | 2006/01/25 14:41

mitomitoさん、引き続き。

ギリギリの状況を一緒に過ごすと恋愛に近い感情や恋愛が実際に生まれやすい、っていうのはあるんですけどチェオクの暴発ぶりが、ユンの粘着執着モードとあわせてただごとではないです。

たぶん年齢的にもう、そういう熱い恋愛みたいなものをちょっと一歩引いてしか観られないから入れないのかもしれん、と思いちょっと愕然としたりもしてw

投稿: ruko | 2006/01/22 14:00

viviさん、こんにちは。

viviさんのエントリについたコメント読んで昼寝をしていたネコが起きるくらい大笑いしてしまいました。激しく同意です。

あのネタバレ「墨發」はなんだったんだよ、え?っていう話に戻っちゃいますね。確信を持てていなかった視聴者がわかってるのに本人が…っていうのが。7歳だから覚えてないっていうのも説得力弱し。

更紗さんが次回大きな展開ありと予告してくださってるので、あと2回頑張りマス。ユン、死ぬんじゃないのかな。これだと誰か死なないとムリそう。

投稿: ruko | 2006/01/22 13:53

rukoさんのドンビキっぷりがよーく伝わってきます。
最後のユンの暴走モードにはなんか呆れちゃいましたよ、ほんと。
イ武官とペク武官の働きがなかったら、どーなってたと思うんよ?言いたい気持ちでいっぱいです。
急速にソンベクに対して恋愛モードに陥っちゃったチェオクは「ソンベク=兄」なんて図式は思いつきもしないのかな、と良心的に解釈してます。
でも、やっぱ「気づけ!」ですよね。

投稿: mitomito | 2006/01/22 03:06

飛んで来ました。ドンビキのお仲間です
チェオクの信じられない鈍感さ、茶母として推察力があると設定されているのに、兄を捜しているはずなのに、目の前の男が色々語っているのに、、、
視聴者に明らかにさせていて、本人達は知らないでラブになっているのを見て切ないモードにひたれという作りに、ドンビキです。
後2話であの最初にたどり着く訳ですが、このドラマのテーマはナニなのでしょう?
不思議なドラマです

投稿: vivi | 2006/01/21 21:55

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

イ・ウォネがいてくれなかったら私たぶん4回くらいで終了していたと思われます…。ペク武官も、トックおじさんほどの圧倒的なやらかしキャラではありませんでしたが十分和みキャラクターで好きでしたし。

主人公に入っていけないのはそれにしても、キビシイかなw

投稿: ruko | 2006/01/20 22:35

あおさん、こんばんは。

ソンベクの「新しい時代」っていうのがどんなものなのか、って考えると流れる血の量が多すぎ…って思ってしまいますね。もちろん私は封建社会も身分制度も肯定するつもりはないのですが、ソンベクは自分がピルジュンの手駒であることを解っていないと思いますし。

なので、どんな素敵な未来予想図を描かれても入れない(泣)。どちらが正しいのか、というのは私も何とも言えないですが、そのためには王も、民も犠牲になってもやむを得ないという理屈は私には、NOですね。

投稿: ruko | 2006/01/20 22:23

ぐるくんさん、こんばんは。

涙もろい自慢、私もいいですか。私なんか目尻に泣きぼくろついてますからw 

でも
>>一滴の涙もなく視聴完了
同じく。糸電話盗聴器も凄かったですが、チョ長官を生かしてどう利用するつもりなのか、おそるべしピルジュン、という感じ。ナニちゃん、いつも短刀持ち歩いてるのでしょうか。今回初めて恐ろしいと思いました。

投稿: ruko | 2006/01/20 22:20

更紗さん、こんばんは。

なんか申し訳ないです、文句多くて。この前HDDを整理したとき「チェオク」は全部消し去ったのですが、一応第1回の冒頭だけ再度見たんですよ。アノ人がいません。

更紗さんの予告もあり、悲劇の予感のニオイは感じてます。

「けものみち」悔しい〜。そりゃ平幹次朗ですもん、一筋縄でいったら困りますってw

投稿: ruko | 2006/01/20 22:17

こんにちは。
TBさせていただきました。

ペク&イ武官!サイコー!!
元々イ・ウォネは大好きでしたが、ペク武官の漢っぷりに感動しました。
主人公三人以外のキャラには結構はまれてますよ。私。

泣き所は結構あるんですが、それは決してチェオクやファンボの号泣シーンとはかぶらないだけで。(苦笑)

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/01/20 19:18

rukoさん、こんにちは!
今回、やっぱりどん引きしました。(苦笑)
そして、ペク武官のいつにない冴えに感動(←ちょっと言い過ぎ)した所に同感です。(笑)
こういう展開になっていくとは、思ってもいませんでした。
っていうか、本当に早く兄妹って気付こうよ、、、(汗)って感じです。
今回も感動の涙どころか、どこまでも引き続けてしまったストーリーでした。。。
最終回がどんな終わり方をするのかが楽しみなんですが、
「正しい」のがどちら側なのかがいまいち見ていて伝わって来ないんです。
ソンベクの言う民が平和に暮らす世の中も間違ってはいないですよね?
でもやっぱり、ドラマ的にはポドチョン側が正解なんでしょうか?

投稿: あお | 2006/01/20 14:39

 rukoさん、お邪魔します!
 TB,今回も貼らせて頂きました!

 この12話、泣き所らしいんですが、一滴の涙もなく視聴完了。
 私、かなり涙もろいんですけど・・・orz

 悲恋がどうのと言う前に、洞窟の中でボロボロ状態のチェオクとソンベクが可哀想でしたw

 ナニさんって、やっぱスゴ!と改めて恐がりつつも、「糸でんわ型盗聴器」に目を奪われたのは言うまでもありませんw
 
 

 

 

投稿: ぐるくん | 2006/01/20 11:40

こんにちは♪
もう完全に視点がちがっているので、のれないでしょうね。
まあ廃人になった方は「13話」かららしいんですけど・・・
私も忙しくなるので最終話までレビューかきあげるために
二度目の視聴見終わりました
放送日にあわせて「公開」しますが
ラストの展開rukoさんはどう感じられるか?楽しみにしてます。

「けものみち」は民子の悪女変身ぷりはなかなか見事でした。
でも鬼頭は一筋縄ではいきそうにないですわー

投稿: 更紗 | 2006/01/20 08:43

satesateさん、ごめんなさーい…。でも早速の訪問ありがとうございます。

ユンが上がってくるのはもう無理じゃないですか?残り回数も2回だし。私は今夜、口直し(にしては味が濃過ぎますが)で見ようと思っていた「けものみち」の録画に失敗していたことに気づき、大ショックでした。

無条件におもしろいドラマ…。現時点でのトップランナーは私の中では「時効警察」かも。

投稿: ruko | 2006/01/20 01:10

rukoさん、こんばんは。
今、まさにPCの電源を落として
早く寝なくちゃ、と思っていたところに
rukoさんからコメントが。
もう、罪作りなrukoさん、私を寝させないつもりぃー。

速攻なコメント&TBありがとうございました。

やっぱり、ソンベク知ってたんですね。出口。
分かりづらかったんです、あの展開、、、。

もう、復活しなくていいから、死んだと思わせてください。

ペク殿、イ・ウォネ氏とrukoさんの仰るように
部下の「漢」っぷりが上がったというのに、
やつらの上司、ファンボ様の男っぷりが上がるのは、いつなんでしょうね。

最近、バカな子ほどかわいい系ドラマが続いているので、
そんな心配せずに見られる
無条件に面白いドラマがみたい、今日この頃です。

お邪魔しました。
これで、心置きなく私も安眠できます。
おやすみなさいませ。

投稿: satesate | 2006/01/20 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8240136

この記事へのトラックバック一覧です: 気づけ!第2弾 チェオクの剣〈第12話〉:

» ひとりごと<139>  チェオクの剣 #12 [「ぐるくん」のひとりごと]
 第12話はかなり大事なエピソードが盛りだくさんだ。  駄文が長くなる気配・・・お許しを  チェオクとソンベクの行方を寝ずに捜索したユンたちであったが、依然不明のままであった。  ユンは疲れきっている兵たちに更に捜索を続行するよう命じる。  そんなユンにウォネは「兵といえど生身の人間です。」  「私の目にはチェオクに対する執着だけで動いているように見えます。」  「チェ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 11:22

» チェオクの剣 第12話 [あおサンの猫の爪]
いよいよ残す所あと2話になってしまったこのドラマですが、今回どえらい展開になって [続きを読む]

受信: 2006/01/20 14:31

» チェオクの剣 第12回「許されぬ愛」 [ときどき思いつき日記]
イ・ウォネの祖父と父は盗賊に殺されたんですね。だから所帯ももてなかった・・・・そんなイ・ウォネはユンに苦言を呈します。ユンはウォネを排除。チェオクを思うゆえでしょうか。ナニちゃん、久しぶりに演歌度アップ。「一体何が父上をそこまで追い詰めたというのですか...... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 14:40

» チェオクの剣(第12回) [Snowdrops-Fairyの独り言Ver.2]
人の「業」という言葉がありますよね。 このドラマに出てくるキャラクターはどれも、どこまでも「業の深い人間」だなと感じます。 そしてあまりにも「救い」がありません。 彼らの行 [続きを読む]

受信: 2006/01/20 19:01

» チェオクの剣 第12回「許されぬ愛」 [今日のわたくしゴト]
苦言を呈した部下を左遷ですかあ、、、ファンボ様。 「指揮官が冷静でなければ兵士は生き残れない」 祖父と父を盗賊に殺されたイ武官。 ここまで独身だったのは、ファンボ様のせいだったのね、、、。 「三代続くのは難しい」え、チェ一族の女官長、チェ女官長、クミョンのこと? 「俸禄の安い者同士、賭けにでてみないか」 あら、ペク殿、ファンボ様可愛さに、ファンボ様の肩をもったわけではないのですね。 い... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 01:30

» 茶母 12 [【過去ログ倉庫】ぼちぼち日記]
 今回はいつもやさしくユンやチェオク、チュクチを見守るナイスガイ、ウォネのバックボーンがこそっと描かれてました! [続きを読む]

受信: 2006/01/21 03:26

» チェオクの剣 12話 [まいぶろぐ]
チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック アーティスト: TVサントラ, キム・サンミン, ホン・ジュ, JUST, キム・ヘウン, ペイジ, キム・ソンミン 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2005/11/16 メディア: CD 小早川信木を見てましたので、今日見ました。小早川は脱落の気配、、、 ユンのあくまでチェオク命の言動にうんざりのウオネ。私もです。 さて今回も暗い洞窟の中の映像で、あのたいまつや焚き火の燃える燃料は一体何?あんな洞窟に可燃性の物があるのかと... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 22:03

» 『チェオクの剣』(12話)-許されぬ愛 [雲のゆくえ]
チェオクの剣 シナリオ・ブックド恋愛モード突入〜〜〜 字幕版を夜中に見てものすごく盛り上がった12話なんだけど、あぁん、そのセリフをカットして欲しくなかったーーー チェオクの 「寒い…抱いて…」(たしかNHKは「寒い・・寒い」だった) 今まで中性的なイメージ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 02:52

« 忘れてたかも…〈第17話〉 | トップページ | チョンホ様来日なのね。 »