« ホアキン、ゴールデングローブ賞受賞 | トップページ | 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 »

2006/01/17

うわーん…アンフェア〈第2回〉

「バカかお前は」。エンドロール見ながら自分に言ってました。「アンフェア」、篠原涼子を格好よく描きすぎの感もあるし、細かい突っ込みを入れ始めればキリがありませんが、私の大好きなテイストだった…。火曜日はコレで決定です。「TWW」は、後回し。

推理小説推理小説
秦 建日子

河出書房新社 2005-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「LOST」ではないけど、なんだかたくさんの人が怪しく見えてきます。あと、西島秀俊って、ドラマで見るたびに、どんどんよくない顔になっていくね…。不思議。以下、ネタバレ。

いきなり脱線しますが「無駄に美人」ということば。数年前に朝ドラのヒロインだった宮地真緒って、某ブレイクスルーな繊維会社の水着キャンギャルがデビューなんだけど、社内では「無駄に巨乳」って言われてた、っていうのを友だちから聞いたのを思い出しました。

でも無駄な美人の雪平(篠原)、仕事には無駄がないですねー。いろんなものをそぎ落として、必要なものも何か落としてきちゃった、って感じの殺伐さ加減がイイ。そして、第1回を観た皆さんがレビューしてましたが、登場するみんながこれまた曲者ぞろいです。

お気に入り当確を先週果たした「時効警察」を真剣にやると、こうなる、って感じかもw すごいマジで展開しているんだけど、パーツパーツはなんだかデジャヴな感じで。パソコンを駆使してさまざまな情報を雪平に提供している蓮見(濱田マリ)は「24」チックなニオイがするし、家政婦の木村多江は「ゆりかごを揺らす手」か?そしてミステリー作家の久留米(井上順)、あれ絶対、"死化粧"ですよ…。こわ。

いちばん気になるのは、検死官の三上(加藤雅也)でしょう。まさか加藤雅也がただのバカキャラのはずないし、と思っていたら今日現場から証拠を個人的に押収してました…。捜査車両に乗ってから薄笑いを浮かべていたのがめっちゃ気持ち悪かった。

今後の展開的にちょっとなぁ、って思ったのは瀬崎さん(西島)。敏腕編集者の設定なんだろうけど、意外と頭よくないの?平井と理恵子の関係、そして理恵子が平井の家に行くって言っていたことを、なぜ雪平を呼んだ段階で言わない?周りが見えなくなるタイプ?

あとは「アンフェア」っていうキーワード。瀬崎は栞を持ってたから、知ってる(見てる)でしょ。私はミステリーマニアではないのでよくわからないが「アンフェア(な展開)」っていう表現はそんなにしじゅうしていて、見落としたりピンときたりしないのか、っていうところが説得力が弱い印象でした。

男が警察官で女は新聞記者、のカップルは知ってるけど、逆って聞いたことないなーw どちらの職業も、最前線でやっていこうとすれば時間的にも精神的にも非人間的なことになるのは明白なので、結婚生活が成り立つはずがないですね…。

いずれにせよ次回も楽しみ。「古畑」じゃないけど平井は導入に過ぎないんだよね、多分。

【追記】TBさせていただきました。
アンフェア<1〜2>綴り箱のかたすみに

|

« ホアキン、ゴールデングローブ賞受賞 | トップページ | 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 »

コメント

更紗さん、こんばんは。

私は最初、瀬崎が鈍いのかとちょっと好意的な雪平視線で見てましたが、俯瞰してみるとわざとボケているともとれ、また不気味です…。無表情な演技させたら西島さん上手いです。あの「影」はどこから出てくるのでしょうか。

投稿: ruko | 2006/01/19 00:48

porcorossoさん、こんばんは。

就任式だからと張り切らないで素直にこっちを観るべきだったとイタク反省した次第。みんなちょっとずつ怪しい、というところが確かにポイントで、いまのところ「圏外」かと思われる「バカかお前は」安藤が急に牙をむいたりしないでほしいところですねw

原作を読みたい衝動にかられていますがもったいないので、我慢します。

投稿: ruko | 2006/01/19 00:21

こんにちは♪

とにかく誰もかれもが怪しいですよね。
平井は私もとっかかりでしかないような気がします。
しかし、家政婦も検視官も何かひとくせありそうで・・・

瀬崎は、なんだかポォーとした感じで
あんた感情かないの?って言いたくなるくらい
恵理子の事も機転が効かないのか?
それともどこかで通じているのか?
果然面白くなってきました。
11話と短いし、だれることなく見れそうです。

投稿: 更紗 | 2006/01/18 10:54

こんばんは。

>火曜日はコレで決定です。「TWW」は、後回し。
実は私も、TWWは後で、状態です。
雰囲気がLOSTのキャラクターの描き方に似てますよね。
みんな怪しい...と。

このテンポでラストまで行って欲しいと願うばかりです。

投稿: porcorosso | 2006/01/18 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8210857

この記事へのトラックバック一覧です: うわーん…アンフェア〈第2回〉:

» アンフェア 第2回 [ひとりごと]
アンフェア 第2回  [air date 2006/1/10] [お話] 世の中にはフェアな事なんて何もない。 目に目を。 復讐には復讐を。 アンフェアにはアンフェアを。[登場人物] 雪平夏見(篠原涼子) 警視庁第一課 警部補。 プライベートでは、元夫から、しばらく、子どもと会わないでくれと頼まれる。 早速、娘に会うが、娘は母親を知らない人と...。 娘の様子にショックを受ける、雪平。 安藤(瑛太) 警視庁第一課 巡査長?くらい。 ちょっとずつ、雪平のことを理解... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 00:25

» アンフェア(2) [ザクとは違うのよね]
 期待の「アンフェア」2回目。  あ〜あ、小林真央死んじゃったよ。{/face_naki/}もうちょっとあの声を聴きたかったなぁ。それはともかく、あの死ぬ直前、パソコンを検索するシーンはかなりハラハラドキドキ。{/hiyo_oro/}先週の終われるシーンもドキドキしたし、毎週ドキドキを引っぱるってのも良かったんじゃないかな。  瀬崎の記憶から、今回の推理小説と昔の平井が持ち込んだ小説の書式が似ていることが分... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 02:06

« ホアキン、ゴールデングローブ賞受賞 | トップページ | 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 »