« 球種変更? 時効警察〈第3話〉 | トップページ | 丸ビルで友を送る »

2006/01/29

追いつめられる 氷壁〈第3回〉

いよいよ問題が「薄汚い人間社会」におりてきた第3回。ヤシロ側が思いがけない「論理」で奥寺(玉木宏)を責めてきました。

ソロ-単独登攀者・山野井泰史ソロ-単独登攀者・山野井泰史
丸山 直樹

山と溪谷社 1998-11
売り上げランキング : 91,049
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そのキーワードともいえる「ソロ」。この本で紹介されている山野井さんはドラマの山岳監修にもクレジットされている方で、検索して読んだ情報を総合すると、スポンサーやメディアへの露出を嫌い、ソロ(単独)、アルパインスタイル、そして無酸素にこだわって山に登る奥寺のキャラクターは原案「氷壁」に出てくる魚津というよりもむしろ山野井さん本人を投影しているともとることができ、興味深いです。

以下今回の感想を。美那子(鶴田真由)に関しては、まだまだ納得のゆくキャラクター設定になっていない感じがします。石坂さんのいじめが足りないw?

北沢(山本太郎)からの手紙を読み返してようやく涙が出てきた美那子。けれど、夫の八代哲夫(石坂浩二)に核心に触れる質問をされると「つきまとわれていただけ」と言うしかありません。原案の小説でもこの関係について最後まで美那子は曖昧なんですけど、現代社会に置き換えると若干居心地の悪さが増します。

カラビナ原因説を唱えて一躍時の人となってマスコミから執拗に追われる奥寺には、ビル清掃会社の南部(伊武雅刀)が助けの手を差し伸べます。よかった…。また、森脇さん(石丸謙二郎)も側面支援を続けてくれています。ジャーナリストの相島一之、ここまではほかの「ありがちマスコミ」な一団からは距離を置いているようだけど、今後どうイヤな絡み方をしてくるのか怖いような楽しみなような。

ヤシロの会社の成り立ちについても南部さんの口を通して興味深い事実が語られます。もともと不動産業で、あんまり評判のよくないやり方で「成り上がってきた」会社であること。すなわち登山用具に関しても後発であることはちょっと暗示的ですね。原案では切れたナイロンザイルを作っている会社が奥寺にあたる人物が勤めている会社の関連会社だったため大きな問題になりますが、今回はいわゆる「下請け」にあたる微妙なポジションというのも上手い翻訳といえるでしょう。

奥寺への裁判を巡り、八代社長は美那子の身辺調査も指示。北沢からのメールは削除してあったものの、ノートPCも「新しいのと買い替えようと思って(ニコ)」と持ってゆかれてしまいます。美那子の言うことを信じていない八代、裏切っていることが後ろめたい美那子。

一方、八代社長は奥寺には商品価値が出た、として今後、北沢の後継としてヤシロのアドバイザーを務めてくれと抱き込みをはかります。最初の登山のときからヤシロの道具を使うのを拒否している奥寺。カラビナが破断したと主張している彼にその提案は無謀ですわねw

そしていよいよ裁判に。ヤシロ側の弁護士(矢島健一)は、8000mの山中で雪崩に遭遇してから一度もベースキャンプと無線交信がなかったことなどを理由に、奥寺が何らかの理由で北沢を見捨てた可能性を示唆。あげく、単独で登頂したかったのではないかと糾弾します。

「いやー我々の圧勝でしたな、あはは」とか言っていましたが、すでにマスコミが奥寺をヒーロー扱いしているとなると、こういう戦法は果たして正しかったのかどうか、とちょっと疑問ですけど。

北沢はなぜ最後まで生きようとしていたのか。美那子との関係を持ち出すのは簡単だったのに奥寺は沈黙を貫きます。事実をしっていた妹のゆかり(吹石一恵)は喜びますが、奥寺の本心は意外なところにありました。

美那子を守りたかった、と。

えぇぇぇぇ(笑)。恐るべしレディースフィンガー(2度目)。

人を好きになるのに本来、理由は必要ないんですけど、ちょっと飛躍ないすかね…。北沢をあれだけのクリフハンガーにしておきつつ、K2登頂前に奥寺に「指切り」とかしてきちゃう女でっせ〜。奥寺さん、それがいいんだ。ふーん。

鶴田さんは頑張っていると思います。でも、特に夫との関係が描ききれていないせいなのか脚本とか設定的に美那子の味わっている「ギリギリ感/絶望感」が、まだ足りない感じがしちゃう。

せっかくの石坂さんなんだからもっとハイペースで美那子を追いつめる感じでもイイんじゃないかなぁw 次週に期待です。

|

« 球種変更? 時効警察〈第3話〉 | トップページ | 丸ビルで友を送る »

コメント

lovespoonさん、こんばんは。

ん〜、奥寺さん。山だけしか見てなくてピュアだったぶん、ああいう積極的な「登高」には征服されやすいということでしょうか(笑)。

美那子さん本人はK2並みに「非情の山」っぽいですけどね。

投稿: ruko | 2006/01/30 20:15

rukoさん、TBとコメントありがとうございます。

>北沢をあれだけのクリフハンガーにしておきつつ、K2登頂前に奥寺に「指切り」とかしてきちゃう女でっせ〜。

爆笑ー!きっとその指切りにいかれちゃったんでしょう(笑)
純情な玉木奥寺君、今後そんな美那子に惹かれている自分自身にも後ろめたさを感じちゃったりするんでしょうかね?
この二人の結末が気になりますわ。

投稿: lovespoon | 2006/01/30 13:51

LUVLUVさん、こんばんは。

美那子の「デスパレートさ」がもうちょっとわからないと、こう次々夫以外の人間に接近する理由が希薄過ぎますねぇ…。

八代社長、もう一度「犬神家の一族」やるらしいし、がんばって美那子さんをいじめてほしいかも!?

投稿: ruko | 2006/01/29 21:32

>恐るべしレディースフィンガー(2度目)
いやー同感です。黙っていたのは北沢の為ではなかったのですか!!
美那子はこれ以上奥寺さんに近づかないで欲しいですわ。思わせぶりな態度はやめてっ!

来週は北沢の想いが法廷でも暴露されるみたいですね?美那子はどうでるのでしょうか。そしてそれを知った八代社長は??パソコン押収どころではないですよね。来週も期待ですね。

投稿: LUVLUV | 2006/01/29 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8389504

この記事へのトラックバック一覧です: 追いつめられる 氷壁〈第3回〉:

» NHK土曜ドラマ:「氷壁」 第3回 [仙丈亭日乘]
いよいよ法廷シーン。 ヤシロが奧寺に對して損害賠償請求の訴訟を起こした。 爭點は、奧寺の主張するやうに、北澤が亡くなつたのはヤシロのカラビナが原因かどうかにかかつてゐる。 ヤシロ側の辯護人が奧寺に質問をした。 北澤の自殺ということはないと云ひきれるのか? 何故さう云ひきれるのか? 奧寺の言葉以外にそれを立證することができるのか? 奧寺としては、北澤が何故生きて歸らうとしたかを説明するには、北澤と美那子の關係... [続きを読む]

受信: 2006/01/29 01:56

» 氷壁 第3話 [月夜の浜辺]
『氷壁』第3話、K2登頂を目前にパートナー北沢を失い、奇跡的に一人生還を遂げた奥寺でしたが、帰国した彼を待っていたのは標高8000m極限状況下に於ける事故現場の唯一の目撃者と言う厳しい立場だった―... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 13:46

» 『氷壁』 第三回 〜愛と疑惑〜 [LUVLUV.COM]
法廷で対峙する事となった奥寺とヤシロ。奥寺は北沢の名誉を守ることができるのでしょうか?NHKで放送中 北沢の手紙を読んで泣いていた美那子。思ったより悪い人ではないのかと思ったのも束の間、夫に「一方的に付き纏われていただけです」。やっぱりしっかりしてるわ。...... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 15:30

« 球種変更? 時効警察〈第3話〉 | トップページ | 丸ビルで友を送る »