« 特濃です けものみち〈1話〉 | トップページ | マフー!いざ大阪 »

2006/01/12

異国じゃなくて倭国 チェオクの剣〈第11話〉

また言い換えましたね、NHKさん。「倭国(=日本)」を「異国」って。ユンの公私混同甚だしい仕事ぶりとあいまって、フラストレーションがかなりたまっております。それとは別に、日本の剣術に対する認識だいじょうぶか?まさか空想の第三国ですかw などなど、底意地の悪い突っ込みも入れたくなり…。

チェオクの剣チェオクの剣
NHK出版

日本放送出版協会 2005-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回は珍しく予告編にだまされた!っていうのもありました。以下ネタバレ。

書類を偽造されたチョ長官ですが、怒ることなくユンとイ・ウォネのSWAT(再編成された?2軍格上げ?)をチェオクの援護に向かわせます。チェオクはチュクチの手を借り、チャン・ソンベク一派を名乗って盗賊のふりをしてソンベクたちをおびき出す作戦に。

「ソンベクの妹」っていうのがキーワードで、チェオクはソンベクに妹がいるとは聞いていないはずだが、そう触れ回ったことによってソンベクの琴線に触れまくり、うかうかと包囲網に一同入って来てしまいました。

予告編でぶっすぶすにやられていたのは、ソンベクではなく、カッチュルでした…orz 壮絶な戦死。そして、兄と妹の哀しいバトルに割って入る嫉妬メラメラのユン。

手を出すな、というのに双方が手を出し、ソンベクもユンも傷ついたうえ勝負がつかず、カッチュルが盾になったことでほかのソンベクたちは逃げることができました。お互いつらいねぇ、命令聞かない部下もって。

ここからのチェースがとても雑で、どうやったらチェオクがソンベクに追いつくのかがまったく説得力がなく、どん引き…。さらに馬から転げ落ちたチェオクが「落とし穴」にハマり、助けようとしたソンベクもろとも地中にあいた鍾乳洞に落ちてしまいました。

敵味方入り乱れて大捜索スタート。いつも以上に感情的なユンをウォネ殿も、持て余し気味。

一方の都。カマ村の死体検案書があがってきてまたもバカボン改め謎探偵ピョンテク見参!「遺体の刺し傷がすべて貫通していた」ことを言い当てます。朝鮮でも、清国でもない異国って近所にそうないですよね。なぜわざわざ「異国」とぼかさないといけないのか理解不能です。

さらに、子どものころから見慣れているチャンバラでは、だいたい日本刀というものは相手を袈裟斬りにすることが多くて「突き」は少ないと思っていました。「前にいる敵のみに集中する」というのはある意味間違ってないですが…。「暴れん坊将軍」に後ろから斬りかかってく人はいないわけで。とはいいつつこの説明、釈然としません。

一方の親玉のピルジュンは何か策がある模様。ヤな予感だね。

ソンベクはいざというときの合図用に爆竹を打ち上げるようチェオクに命じます。あ、骨折は脱臼と違うからあのやり方では治らないと思うな〜。で、ユンたちが爆竹を打ち上げたのはなぜ?ココにいますよ、っていう合図か?わーい、夜中の花火ショーだよー。

と、このあたりまでくるとどうでもよくなってきました。嫉妬玉を口から吐き出しそうなユンは手に持ってる茶碗を割ってしまうし。そんなんだったら何のために「ナニちゃんと結婚する」と言ってチェオクを傷つける?意味わかんない。

チェオクたちは洞窟に閉じ込められたまま。いつも勢いよく飛んでるじゃん。洞窟の壁を走って飛んだら、届かないの(足を折ってなくても届かないと一応ソンベクがフォローしてましたが)?

「妹に会えないまま逝くのか」と弱気なことばを吐くソンベクに微妙に反応しないチェオク。こんなに近いのに、ねぇ。地表にいるユンの煩悩も果てしない状態で、次回に続く。

トラックバックさせていただきました。
韓国ドラマファン

|

« 特濃です けものみち〈1話〉 | トップページ | マフー!いざ大阪 »

コメント

akkoさん、こんばんは。

>>一本でチェオクと負傷しているソンベクがやりあう
そうそう。私はあそこあんまり酷いのでレビューではスルーしたんですけど、なんじゃ、ありゃ、って感じでしたね。っていうかなんで木の枝なんだよ!チェオクを殺したくないから♪みたいな感じでしょうか…。

袈裟斬りなのか貫通か。とりあえず殺陣として動きが決まるのは間違いなく袈裟斬りなので「新選組!」とか見ると袈裟斬り3回、かえす刀で貫通1回、みたいな感じに見えます。時代劇の新しい観方が増えましたね(苦笑)。

投稿: ruko | 2006/01/16 22:43

rukoさん、こんにちは。

今回はまたすごかった・・・。チェオクがソンベクに追いついてしまうシーンは私も「あれ?」と思いました。チェオクの前にユンが追いかけていなかったっけ?

それに、枝一本でチェオクと負傷しているソンベクがやりあうシーン。チェオクも結構強いはずだし、ソンベクをそれほど強く描かなくても・・・と思ってしまいました。

異国の殺し方は、みな剣を貫通させてるとありましたが、妙に納得させられてしまった自分がいました。でも、最近の時代劇では貫通は少ないような・・・。もう少し前のだったら、貫通が多かったのでしょうか?

来週はまたすごいことになりそうです。このままどうやってエンディングになっていくのか、やっぱり話の筋はとても気になりますね。

投稿: akko | 2006/01/16 12:13

viviさん、こんばんは。

ここまで来てしまうとまさに乗りかかった船状態で、最後まで観ないわけにはいかなくなってるんですがやめたい気持ちが50%を超えてきました。どなたかが書いていらっしゃいましたがノーカット版の「茶母」とは異なる作品と思って見ないといけないのかも…。

冒頭から、チェオクが口では「わたくしはこんな卑しい身分の人間です」といいながら捕盗庁でやりたい放題っていう設定が理解できないため、ますますの拒絶反応なのかも。

投稿: ruko | 2006/01/14 20:03

長官が怒りもせず援軍を出したのが私も意外でした
あまりに自信満々の向こう見ずなチェオクにドンビキだったので、、、
そんなチェオク命のユンに又ドンビキです。
チェオクだけが追いつくのも有り得ねーって、、、
そして転げ落ちるのも、、、
ソンベクが落ちちゃうのも、、、
頭から落ちて足を骨折も、、、
そう私も全然のれないまま11回です。

投稿: vivi | 2006/01/14 15:45

mitomitoさん、こんにちは。

「カトウ」も本編の中では「カトウさん」とは呼ばれたことがないような気がしています。最後のクレジットのところにさらっと「カトウ」って書いてあるだけで。すっきりしませんね。

嫉妬メラメラな男性はとても素敵とは思えませんが、このシチュエーションに皆さま廃人になるほど燃えたということなのでしょうか。うーん、女心って微妙。

投稿: ruko | 2006/01/14 13:52

rukoさん、こんばんは。
男の嫉妬は絵にならないですねー。
ウォネも心の中ではちょっぴり呆れてるんじゃないでしょーか…
チャングムでは「倭国」としっかり言われていたのに、何ゆえこのドラマでは「異国」に言い換えられてるんでしょうね?
「カトウ」って名前が出てきてるのに、、、違和感バリバリです。

投稿: mitomito | 2006/01/14 03:22

私の趣味日記さん、こんばんは。

ユン、「この国に二人といない強さ」っていうのは従事官としてではなく嫉妬の強さだった…なんて。疲れてしまいました。チョ長官がチェオクにある意味甘いのは、なぜなのかこれもまた謎のひとつですね。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:51

okoさん、こんばんは。

見終わった後の脱力感はふつう、心地いいはずなんですが(笑)困っちゃいましたね。前も書いたかと思いますが、韓国の人たちに日本を日本と言ってないとバレたらそれはそれで問題になりそうな(苦笑)。

あと3回…道は遠いです。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:48

ちょしさん、こんばんは。

>>管理能力問われないか!?
あははは。確かにおっしゃる通りですが「チャングム」などを観ていても、ある程度まで権限をもっていればその権力は絶大だなーと思い、またきたか、くらいにしか思いませんでした。

チャングムのときも、チョンホさまがチャングムを追って済州島に出奔したときもあわてたネグミの長官が水軍に辞令を出してましたよね…。

5分に1回ですか。私はすでにもう全篇総突っ込みです。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:47

ぐるくんさん、こんばんは。

仕事も忙しくなってきたので、その日のエントリはその日のうちに、を心がけようと思っているのですが「チェオク」にはあまり思い入れもないので…。といいながらけっこうダラダラ書いてますね。 次週以降、展開次第ではもっとバッサリ斬りますよ…。

仕事でビデオカメラを回したこともあるので、手ぶれにはちょっと敏感です。ユンとソンベクのシーンは「きたきたワイヤー」と思って早送りしたんで気づかなかったです(汗)が、もうひとつ類似?のシーンがあったのでぐるくんさんのエントリにコメントしておきました!ご参考まで。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:41

あおさん、こんばんは。

花火はきれいだったのですが、理由がわからないのでここもまたどん引きです。

>>嫉妬玉
これって実は「ケロロ軍曹」というアニメで嫉妬深い登場人物が本当に吐き出すんですよ(笑)それを思い出しながら観ている私も私なんですけど…。

あおさんがいるのであと3回がんばります…できるかな。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:29

satesateさん、こんばんは。

satesateさんのエントリ、超速かったですね〜。嫉妬メラメラのユンを観て、今さらながら「冬ソナ」を思い出していました。私はBS放送で観ていたのですがサンヒョクの嫉妬がうっとうしくて途中で脱落しそうだったので…。韓国のラブストーリーにはこの嫉妬という名のスパイスは必須なのでしょうか?

>>倭国でも、いいのに
はげしく同意です。

投稿: ruko | 2006/01/13 23:28

 こんばんは!私も予告に騙されました(>_<)チョセウクがチェオクに激怒するかと思ったら援護をしてくれてよかったです☆ファンボユンわけわかんなくなってますね♪

投稿: 私の趣味日記 | 2006/01/13 19:25

こんばんは(*^-^)

後からNHKさんのあらすじだかを見たら、そこは日本となっていました。
私もちょっとね、あの言い回しが気に入らないです。
もうひとつ、あの時「妹に会えないまま逝くのか」のソンベクの台詞もわざと過ぎてどうも気に入りません。
見終わった後に脱力感が・・・
コレもハマっているって事なんですかね(^▽^;)

投稿: oko | 2006/01/13 18:23

rukoさん、こんばんは!
確かに「異国」と言葉を濁す理由は何でしょうか。観てる私たちにバレバレなのに。。
私はてっきり役所から兵は出ないものと思っていましたが、ポドチョンはチェオクたちを泳がせたってわけですね。いいのか?管理能力問われないか!?
などなど5分に一回は突っ込んでいましたが、予告でまたまた興味が引っ張られました。あはは。

投稿: ちょし | 2006/01/13 16:33

 rukoさん、TBさせて頂きました
 しっかし、UP早! (敬服・・・)

 ユンとソンベクのタイマン勝負の時、特にユンを撮っていたカメラ、めちゃブレてませんでした?
 私、このブレ・シーンがとっても気になりましたw

 


投稿: ぐるくん | 2006/01/13 10:37

こんばんは☆
rukoさんの記事、今回も面白く読ませてもらいました!
本当に、花火の打ち上げ大会は綺麗でした。
ファンボ・ユンの嫉妬玉(笑)は凄かったですね。
しかもそれは兄妹に向けられてるのだから。。。
早く知らせてあげれば良いのに、兄妹だってことを。
結構60分間、ツッコミどころが満載で面白いですよね。
後すところ3話。頑張って見ましょう。

投稿: あお | 2006/01/13 01:09

こんばんは。
さっそくの、コメント&Tbありがとうございました。
わーい、rukoさんちで、一番乗りさあ。

ファンボ様の「ボ」は、「煩悩のボ!」
rukoさんの仰る通り、後半は
自らの煩悩をもてあますファンボ様でした。

倭国でも、いいのに、、、。

投稿: satesate | 2006/01/13 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8133105

この記事へのトラックバック一覧です: 異国じゃなくて倭国 チェオクの剣〈第11話〉:

» チェオクの剣 第11回「追跡」 [今日のわたくしゴト]
きゃー。スミョンの武器を握る手首の 鋭利な返しが素敵。 しかし、何か、大振りで、無駄な動きの ソンベク&ファンボ様の対決、、、。 そんな大技かえって隙だらけなのでわ、、、。 ファンボ様、ソンベク様と、顔近づきすぎ。 ファンボ様ったら、チェオクより先に、ソンベク様とそんなに お近づきにならなくても、、、。 でも、ドラマ「振り返れば奴がいる」の石黒&織田コンビよりは、 二人の間に距離がある? ノ・ガッチ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 00:54

» チェオクの剣 第11話 [あおサンの猫の爪]
今回は、最初の約10分間を見逃しました。そしてやっぱり、今回もチェオクとソンベク [続きを読む]

受信: 2006/01/13 01:10

» ひとりごと<133>  チェオクの剣 #11 [「ぐるくん」のひとりごと]
 長官の偽文書まで作って、ファンヘドの役所から兵を出させる要請をしたチェオクの作戦は、なんと盗賊団の結成だった。  チュクチの指示の元、兵たちは盗賊に変身のして近隣の村人を威嚇しては、「チャン・ソンベクの妹が率いる盗賊団」を振れ回る。  こうしてチェオクはソンベクをおびき出そうとしていた。  自分名義の偽文書をチェオクが使ったと確信したセウク長官は、「王の身の安全と国の存亡は、そちの肩�... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 10:24

» チェオクの剣 第11話「追跡」 [閑遊閑吟 ]
チェオクとマ・チュクチのコンビ、何をするのかと思えば 役所の兵たちに盗賊のふりをさせてチャン・ソンベクをおびき寄せる作戦。 ソンベクの妹を語り(シャレにならないよ?)、ソンベクの仲間であると吹聴して回っています。 噂を聞きつけたソンベクたち、当然黙っちゃいません。 特に妹を語られちゃあソンベクも出て行かないわけにはいきませんわな。 左捕盗庁(チャポドチョン)もチェオクの動きを察知してユンを先頭に援軍を送ります。 ソンベク一派が盗賊たちの野営している場所に到着すると、 そこには武... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 16:30

» チェオクの剣 第11回「追跡」 [ときどき思いつき日記]
うぅぅ〜〜じれったい〜〜〜茶母廃人が続出、っていうのは この ”溜め”のせいですか?目の前に兄が、妹がいるというのに名乗り出ない。今か、今か、と思っているのに今回は名乗り出ずじまい。ソンベクの妹、と称してチェオクがソンベクをおびき出したとき、来たぞ、来...... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 17:20

» チェオクの剣**11** [嫁いだ先の杖♪−杖の日記−]
世間の皆様が何と言おうと私は泣きました。 泣けるじゃないですか・・・ カッチョルが死に、その時のチュクチの気持ちを考えたら 泣けちゃいますよ。 神は人の上に人を作らず・・・身分制度なんて、人種差別なんて 絶対にいけないことなんだ!! ( ̄◇ ̄;)エッ そこはみんな泣いてるの・・・あっそう(^▽^;) 私だけじゃないんだ。。。。(( T_T)トボトボ 自己中感想は続きからどうぞ... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 18:24

» チェオクの剣(10話〜) [私の趣味日記]
 ネタバレあり  第11話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  キャー{/ee_1/}ファンボユン{/v/}ソンベクの戦いかっこいい{/ee_1/}{/face_heart/}強い二人の剣さばきは別格だね{/hiyob_en/}うわ〜、いつの間にか全面対戦になっちゃてる{/hiyob_hat/}しかもカッチュル死んじゃったし{/hiyo_cry1/}チュクチ、「こんな世の中じゃなければ友達になれたのに!」って大泣きして�... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 19:16

» チェオクの剣 11話 追跡 [まいぶろぐ]
木曜日は異国?我が国のドラマが色々始まって2画面で「白夜行」、「小早川伸木の恋」見たりして、どちらも続きが見たいと思われ、、、韓ドラにはまってからは、とんと日本のドラマは見てなかったのですが、この頃ちょこちょこ見てます、、、、 予約録画の設定済みのチェオクは今日見ました ユン殿のどこまでいってもチェオク命、謀反の犯人捜しよりもチェオクという姿勢に、何だかひいてしまいます。ウオネにもずばり指摘されてましたね。 一対1で対決してるのだから一気に決闘すればいいのに、超至近距離で長々と話して結局か... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 16:32

« 特濃です けものみち〈1話〉 | トップページ | マフー!いざ大阪 »