« そして神戸 | トップページ | 入魂の「義賢最期」 »

2006/01/24

松竹座参上

20060124103148.jpg
通路に補助席も出る賑わい。

それにしても観客の平均年齢がこんなに高い舞台を見に来たのは初めて!私が最年少クラスです。

ぎりぎりに取った券だったので2階席とはいえ流石に遠かった…。花道もギリギリでした。

続きはkabuki雑記帳に移動しました。
大阪松竹座デビューでどうぞ。

|

« そして神戸 | トップページ | 入魂の「義賢最期」 »

コメント

satesateさん、ふたたび。

>>愚問ですよね?ですよね〜
もちろん「ニザタマ」をまとめ買いしました。ウソです。ニザタマゾーンには人だかりができていたのですが、私が狙ったゾーンは無人でしたのでじっくり選ばせていただけましたw でも段治郎さんがよかったので段治郎さんと一緒に写ってるのを買ったのは、かなり計算外(爆)。

昔はどんな感じだったのかよくわからないのですが、お席でお弁当をいただくのも味気ないし、かといってロビーの長椅子で、っていうのも無粋な感じがして、結局ほぼ飲まず食わずだったというのが正直なところです。幕間も30分では短か過ぎると思うのですが、劇場の回転をあげて利益を得る為にはやむを得ないのでしょうね…。

昼夜通しでほぼ出ずっぱりの役者さんもいらっしゃり、体力的にもたいへんなのだと改めて実感しました。

投稿: ruko | 2006/01/27 02:12

引き続き、rukoさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。

長旅の上に宴会って、、、。
そんなスケジュールでも、行きたいものですよね。
お疲れさまです。ご自愛くださいませね。

どなたの写真を買ったのか聞くのは
愚問ですよね?ですよねー(ヨンセン風に読んで下さいね)♪

歌舞伎は、公演終わりまで、長いですよね。お弁当食べる時間込みのせいかしら。
でも、そんなのんびりなところが、
娯楽としてゴージャスなのかもしれませんね。

では、チェオクのTBはまた明日させていただきます。
またしても、ブログ落とした後なんです。
おやすみなさいませ。

投稿: satesate | 2006/01/27 00:32

satesateさん、戻ってくるなり宴会でした…死にそうw

千穐楽まで毎日通いたいのはやまやまでしたが、残念ながら素敵なお大尽でもなく、リッチな主婦でもなく、しがないサラリーマンの私としては、贅沢もこれが限界です。っていうか、4月に松竹座で福岡貢だそうなのでまた行かないと!っていうことでせっせと働こうと思っています。

2階席でも昼の部「義賢最期」だけ観て帰っちゃう人何人もいて、愛之助さんの背負ってる期待とか声援とか、感じました。でも個人的には女性の声で「松嶋屋!」とか声がかかると、どん引きなんですよね〜。周波数の問題でしょうか。別に女性差別とかいうわけではないんですけど、あの場ぶちこわしって感じで興醒めでした。

投稿: ruko | 2006/01/26 02:01

rukoさん、こんばんは。
あれ、お早いお帰りですデスね。
一週間くらい帰って来れないかと思ってました。

「チェオクの剣」までには戻ってきてね」と
書き込みしようと思ったのに、ちぇー。

とりあえず、お帰りなさいませ!

投稿: satesate | 2006/01/26 00:53

satesateさん、おはようございます。

魂の洗濯代は高くつき、今朝は5時半に起きて先ほど羽田についたところです。電車が遅れてて遅刻ですよ(泣)。

そうそう、平日で若い、というよりお年頃のお客さんが極端に少なかったせいもあるかと思いますが「らぶりん」と呼んでいる人は目撃できませんでしたw だいたいみなさん呼び捨てでしたね。

投稿: ruko | 2006/01/25 09:35

こんばんは。
愛之助さんでアゲアゲ!なんて、素敵。
そして、最年少のヨロコビ?

魂の洗濯、お楽しみくださいませ。

投稿: satesate | 2006/01/25 01:43

優さん、おはようございます。

おじいさんおばあさんに囲まれて流石に疲れてきました。次がまた愛之助さんの出番なのでアゲアゲで行こうと思います。
ライブドア事件は当然そうでしょうね。イヤな世の中です。

投稿: ruko | 2006/01/24 18:25

おっ!いよいよ始まりましたね。 うふふ。Have fun!
耐震偽装問題のスケープゴートだったりして…なんてことも思います。

投稿: 優 | 2006/01/24 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8314376

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹座参上:

« そして神戸 | トップページ | 入魂の「義賢最期」 »