« ABCのアンカー、イラクで重傷 | トップページ | 真犯人。アンフェア〈第4回〉 »

2006/01/30

画像をキャプチャすべきでない理由の考察

歌舞伎情報を仕入れるため、社団法人日本俳優協会のサイトに行ってみたところ、メニューに著作権に関する情報が並んでいました。
「写真・映像の使用」

以前紹介した
楽しく学ぼう著作権 コピーライト・ワールド(社団法人 著作権情報センター)
は別として、俳優さんの所属する事務所などは、サイトの最下部に小さなフォントで著作権や肖像権について「おことわり」を入れているところがほとんどで、メニューにこうした情報を入れているところは、個人的には初めて見ましたので興味深く読みました。

もともと私が、ブログにおける著作権問題について疑問に思ったのは、テレビやDVDからキャプチャ(クリッピング)した画像をドラマレビューのブログに貼っていらっしゃる方を多数目撃するようになったからでした。
・TV画像のクリッピングは許されるか(オリジナルのエントリ)

日本俳優協会の「写真や映像の使用について」ページでは、「舞台写真」という切り口からソフト(舞台そのもの)の違法利用について警鐘を鳴らしています。ページの「お願い・・・俳優と写真家の立場にご配慮を」部分に詳述されています。

私がなるほど、と思った部分を抜き出しますと
・舞台芸術は俳優ひとりのものではなく、大道具や照明その他、全体を観客にアピールするべくつくりあげられている。
・舞台は初日から千秋楽までの間に「完成度」が高まるため、期間の最初と最後で見た感じが異なる場合もある。また、観客の反応によっても見え方が違ってくる場合も。
・俳優は自分のイメージを大切にしてほしいと思っており、写真や映像はそのイメージを「正しく伝える」ものとして認識している。従って、本人が納得したもの写真や映像しか、公開されない。

以上の3点がポイントかなと思いました。私が主に問題にしているのはテレビドラマなので2番目は少し異なると思いますが、一番目と三番目はそのまま当てはめても間違ってはいない、と思います。

キャプチャされてブログで使われている画像は、公式サイトなどには掲載されていないものがむしろ多い。それは、観ていた(キャプチャした)本人がツボだと思った画像だから、でしょう。けれど、公式サイトでリリースされていないアングル、ということは、出演俳優はそのシーン、そのカットを「写真」として使われることを意図していないということになります。

以前「新選組!」に関して、土方のラストシーンがストップモーションで顔がおかしかった、という趣旨のことを書きました(エントリはコチラ)。これもある意味、いい例だと思います。山本耕史君はたぶん、あのシーンがストップモーションになると思って演技していなかったし、あそこで止まることがわかっていれば、自分の納得いく表情で「見得」が切れたと思うのです。それがなかったので結果として残ったのはブサイク顔だった。

俳優さんたちの意思を尊重する、という意味でも、画像をキャプチャして使用するのは、やめたほうがいいのだと思いを新たにしました。

それにしても日本俳優協会のサイト、六代目尾上菊五郎を昭和初期に木村伊兵衛が撮影した時からそうですよ、って断っているところがやはり只者ではありません。伝統って素晴しい…。

|

« ABCのアンカー、イラクで重傷 | トップページ | 真犯人。アンフェア〈第4回〉 »

コメント

Lady-eさんどもども。

画像をキャプチャできない仕組みができたらまたそれの裏をかくようなことするんだよね、人間ってたぶん…。

例えばうんとアナログな手法でいけば、雑誌の写真をケータイで接写してアップするとか。某SNSでなんて、「こんな素敵な画像がありました♪」とかって古い歌舞伎のパンフレットや雑誌の切り抜きから次々にいろんな人がその役者さんの画像上げたりとかしてて。誰もそれを止めるどころか「私のお気に入りでこんなのがありました」とかいって次の画像が上がる…なんてあって。止めに入るかどうか悩んだことありましたもん…。

あとは使っている側の開き直りも問題かな。前のコメントに書いたみたいに「ブログ閉鎖するからかまへん」とか言う奴はおいとくとして「こっちが紹介してやってるんだからグダグダ言うな」みたいなスタンスね。

ゼロから何かをつくりあげること---それは役者さんがそういうスタイルをつくりあげること、かっこいい写真をや映像を撮らせることだけでなく、かっこよく写真や映像を撮影することも含めて---ってどれくらい手間暇がかかっているのか、理解していない人が多すぎると思います。

わかってたらそんなに簡単に画像をキャプチャしたりできないって思うもの。でも検索キーワードに「画像」って多いから、そうやって捜した画像でブログつくってる人、多いんだろうなぁって溜め息が出ます。

投稿: ruko | 2006/04/26 20:25

>別にブログ閉鎖するからイイんだもんね

なんたる・・・
まぁ BLOGをBACKアップして
別のBLOGにアップしなおすからいい
自分の記事に対して愛着がない

いずれにしても悲しいことです・・・

でもさぁ
きっと、なんかシステムできると思う
画像キャプチャーできない仕組み
今現在私が考えられるのは
全ての画像を動画にしちゃうこと
これは、PC上のキャプチャー機能使っても
キャプチャーできないようにする方法が
あったはず
そうなると・・・
益々、見るのウザイWEBが増える(^^;

保護保護保護という方向に
製作者が考えるようになると
ろくなこたーない<見る側にとって・・・

投稿: Lady-e | 2006/04/26 11:17

Lady-eさん、どもどもこんなところまでようこそw

フジは前のクールくらいからかな、番組公式サイトのきちんと認識できる場所に著作権の断り書きが見えるようになってきてますね。

>>テレビ局もオーダーあれば、ちゃんと承認印つけた
画像をレンタル

そんなシステムができたらいいなと私も思ってます。ジャニーズみたいな管理の仕方はどうかと思ってるんですが、いまの画像キャプチャ野放し状態はどうかな、って。

私は「こうるさく」言ってるっていうか、自分が著作権を侵害する行為に加担したくないっていう保身の気持ち一辺倒でアピールしてるんですけど。

TBしてきたブログに大量の画像がアップされてたんで指摘してみたですよ。そしたら「訴えられたら別にブログ閉鎖するからイイんだもんね」って言われて愕然としたことありました。

>>FLASHたんまりのサイトが増えるのがウザイ

増えてきてますよね……FLASH満載公式サイト。中にいろんなもの抱えてるからけっこう重いし。フジの公式サイトなんかはさりげなくフレーム切ってて、公式サイトに飛んでも普通のクリックでは公式サイトのURLも見えない設定に(新規タブで開けばイイんだけどw)してるくらいだし。

画像1つ10円とか、そういう小額の課金をするのがそれ以外のシステム構築の手間とか考えると面倒っていうことで先延ばしにしてるんだと思うんですよね。でも、ケータイでは着メロのDLなんかみんな抵抗なくやってるんだから、類似の課金制度、例えば今クールのドラマが像10つまでいくら、みたいなの、つくって試してみたらいいのになぁ、って思う今日この頃。

投稿: ruko | 2006/04/25 21:38

rukoさん こんにちわ♪
また 深いところに来てしまった(w

あのね いつも著作権とか
私はあまり読まないのね
っていうのは持ち出さないしさ(^^;
アフィリェイトにゾーンの画像は
使うけど
基本的に人の道具を置くのが本来
ボタンも含めて好きじゃない(^^;
どんなにショボくても自分で作る!って
最初から来てるのよね
HPの方も レンタルCGI借りたりは
してはいるんだけど
絶対、カスタマイズいれないで使うことは無い
私はへそ曲がりだから?(笑

っていうのは置いておいて・・・
今日さ、フジに行ったら
やっぱり著作権に関しては
以前より積極的に乗せてるね
いろんなブログにもってかれてるのに
気付いてきたのだろう(汗

そうそう
役者はどっちのどの角度の写真じゃないと
出したくないとか言う人もいたりで
HPや雑誌他に記載する写真は
検閲後に乗るってのが普通だからさ
今時PC上でテレビ見てる人もいて
キャプチャーも簡単だとは思うけど
ちょっと考えて欲しいね。

こうるさく言いたかないけど
これだけBLOG数が増えると目立つね
もうさぁ
逆に、テレビ局も
オーダーあれば、ちゃんと承認印つけた
画像をレンタルします
みたいなのした方がいいのかも?

承認マークが無いもの発見したら
画像利用費用請求とか?(^^;

個人的には、持ち出されないように
FLASHたんまりのサイトが増えるのが
ウザイのさ(^^;
音は守れるけど画像は所詮
キャプチャーしちゃえば持ち出されちゃうし・・・ たのみますよって感じ

投稿: Lady-e | 2006/04/25 14:32

satesateさま、今日は夜更かしですか?

>>本人も納得してない顔
してないでせう、あれは…。詳しくは目撃情報をどうぞ。

私も木村伊兵衛さんとさらっと書いてあって「しょえー」って思いました。当時の篠山紀信みたいな感じなんでしょうか…って比較するのが大失礼かも?

投稿: ruko | 2006/02/02 00:23

こんばんは。

山本君のストップモーション顔は
本人も納得していない顔ってことですね。

それにしても、木村伊兵衛さんの名前が
こんなところで、出てくるとは、、、。

投稿: satesate | 2006/02/02 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8422187

この記事へのトラックバック一覧です: 画像をキャプチャすべきでない理由の考察:

« ABCのアンカー、イラクで重傷 | トップページ | 真犯人。アンフェア〈第4回〉 »