« クラッシュ | トップページ | 松竹座参上 »

2006/01/23

そして神戸

20060123201952.jpg
きちゃった。伊丹に飛んで神戸へ。数年ぶりに友だちとの再会です。
仕事は全く異なる世界ですが、当たっている壁は似ているのかも。元気を分けてもらいました。

ただいま大阪に移動中。明日は松竹座です!

【追記】終電近い時間帯だったとはいえ、大阪・なんばの駅は寂しい感じでした。昔からこんなだったかなぁ。若いころ(爆)神戸から遊びに出てきてた時はこの時間ってもっと人がいたような気がしていたんだけど…。

|

« クラッシュ | トップページ | 松竹座参上 »

コメント

lovespoonさん、ひきつづき。

いまの報道をみていると、物事を点、あるいは線、頑張っても面でしかとらえていないですよね。どんな事象も多面的で、角度を変えれば様々な見方があると思うのですが…。

ネットを駆使している私たちは、なるべく情報を多面的に見るということを習慣づけたいと思いませんか?なんだか、そうしないと流されてしまいそうで、コワイですよ。

投稿: ruko | 2006/01/30 20:17

rukoさん、ありがとうございます。
拝見して来ました。
宮崎さんのブログ、見つけてたんですけどタイトルが結びついてなくて読み落としてました。
やっぱりああ言う捕らえ方もあるんですね。

いずれにしても何だかすっきりしない後味の悪さが残る事件です。
不正は不正には違いないんですけどね。

投稿: lovespoon | 2006/01/30 13:59

lovespoonさん、こんにちは。

宮崎さんの文では「光クラブ事件」と今回のライブドア事件の奇妙な符合について興味深く書かれていましたが、また別の見方もされています。

miyazakimanabu.com

なるほど、と思わせられる内容でした。

投稿: ruko | 2006/01/28 13:53

rukoさん、こんにちは。
「光クラブ事件」、探索して参りました。
そんな事件があったんですね。
うちは朝日新聞じゃないので宮崎学氏の記事が読めなくて残念ですわ。
『青の時代』『白昼の死角』辺りがちょっと読んでみたくなりましたです。今度探してみようかな…

投稿: lovespoon | 2006/01/28 11:20

lovespoonさん、ひきつづき。

優さんが触れられていますが「光クラブ事件」をちょっとググってみてください。今回のライブドアの事件と驚くほど似ています。東大卒というブランドと不安な社会情勢ということが重なってできた時代の「鬼っ子」ともいえるのではないでしょうか。

マスコミが特定の人物を”消費する”のは、本当に何度見ても痛ましいと感じます。

投稿: ruko | 2006/01/27 21:30

こちらにもつられてしまいましたわ(笑)

>「東京地検特捜部はほかに追うべき悪があるだろ!」

大きく同感。話題の御仁は褒められた方ではないかもしれないけれど、夢であり可能性であり人材だったと思うのですよね。
甘い日本社会を世界水準に引き上げてくれるかもしれない人だと思っていたので残念ですわ。
少なくともある時点までは違ったと思うんですよね。彼を変化させた責任の半分はマスコミや世間にあるんじゃないのかと…。
自分達で作り上げ、持て囃して利用して、手に負えなくなったら総好かんっていうのはどうなんでしょうね(^^;

投稿: lovespoon | 2006/01/27 11:08

優さん、こんにちは。

優さんならわかってくれると思ってつけたこのタイトル。ありがとう、わかってくれて
d=(^o^)=b

あのときの歌がコレぢゃなかったのが残念です。
神戸を歌った曲はほかにあまりないので転勤のときみんなに歌ってもらったんですよ、マジで。

明日は気合いを入れて愛之助様を網膜に焼きつけてきます。距離感がわからないので双眼鏡もスタンバイ。

二階席なのですが、危険な立ち回りで高いところに登る場面で「二階のお客さんと目が合う」らしいんです。想像しただけでアドレナリンが分泌されて眠れませんw

仁左衛門と玉三郎もすごい出し物なのに、体力もつかしら。

私は堀江さんは下品だと思ってるので擁護をするつもりはありませんが、今言いたいのは

「東京地検特捜部はほかに追うべき悪があるだろ!」

ということ。あとはそんな堀江さんのやり口を知ってて選挙サポートした自民党ってなによ、ってことです。やだやだ。

投稿: ruko | 2006/01/24 02:23

rukoさん、こんにちは。

そして神戸。「山川」さんの持ち歌でしたっけ?(こんなことばかり言ってると危ないねw)
もしかして歌舞伎(ラブリン)の観賞へ向かっておられる?(…引っ張るねぇ私も・汗)。

つい最近確か「ホリエモン、破局」とかいう報道があったとき、こりゃあそろそろボロが出るかなと思っていたのですが、ついにこういうことになりましたか。初めてこの人が世の中に出てきたとき、終戦直後に起った「光クラブ」事件が重なっていました。これも世相なのかな。松竹座のアップも楽しみにしています!

投稿: 優 | 2006/01/24 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8305020

この記事へのトラックバック一覧です: そして神戸:

« クラッシュ | トップページ | 松竹座参上 »