« 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 | トップページ | 忘れてたかも…〈第17話〉 »

2006/01/19

ふたつの「就任」〈TWW4-第15話〉

様々な事件がごっちゃになって破綻一歩手前と思われましたが、素晴しい就任式になったようで、よかった…。舞踏会でトビーに向かって満面の笑みを向けるレオに、またほろっと涙。ドナのアパートの窓に向かって雪玉を投げる男たちも楽しかったです。やっぱりダニー、憧れるなぁ。

ザ・ホワイトハウス<セカンド・シーズン>コレクターズ・ボックスザ・ホワイトハウス<セカンド・シーズン>コレクターズ・ボックス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下、あんまりややこしいこと書かずすすっといきます。一応ネタバレ。

ドナがまさかジャックをかばっていたとは驚きでした。冷静に考えればどんなときでも「オンレコ」ではない可能性があることをドナがわからずにワシントンポストの人間に話すはずがないんだけど…。イヴニングを着て降りて来たドナを見るジョシュの表情が複雑。「ウォッチャー」じゃなくてもやきもきします。

バートレットが迷彩服を着た兵士たちの映像と、マルクスブラザーズ?の白黒映画のおもちゃの兵隊の行進の様子を交互に眺めながら決意を固めていくシーンは台詞がないのに素晴しい演出だったと思います。現代の「アメリカ合衆国」とは違う方向にまた一歩踏み出したのですね。

ウィル、途中どうなることかと思ったけど、本当に実力で仕事を勝ち取ってよかったよかった。スタッフの一員になったらもうちょっとくだけてくるのか、真面目一方でいくのか楽しみにしています。

BARTLET:Actually, I meant he could be here now when I tell you Toby's asked me to commission you as his deputy.
WILL:I'm sorry, sir?
BARTLET:Toby wants to make you deputy.
WILL:Pardon me?
BARTLET:I'm appointing you Deputy Communications Director. It covers a wide range of areas of policy and execution and counsel to me.
WILL:To you... the President?
BARTLET:Yes.
WILL:I'm sorry, sir. I'm not following-- are you...
LEO:Good God, boy.
JOSH:I remeber when you named me Deputy, there was a dull buzzing in my ear, or a humming.  It was very disorienting.
C.J.:The same thing happened to me.
JOSH:Hang in there Will, you're doing fine.
DONNA:That was a nice story about the buzzing.

みんなにフォローしてもらって、めでたしめでたし!次回はサムの選挙だけど、クンドゥも気になる。

|

« 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 | トップページ | 忘れてたかも…〈第17話〉 »

コメント

KEIさん、こんにちは。

ウィル(ジョシュア・マリーナ)は「ア・フュー・グッドメン」にちらっと出てきてて「!」と思った記憶があります。お気に入りさんなんですか。あれだけの質と早口をこなせる役者さんってそんなに数、いないかもですね。

TBの件すみません。かかったりかからなかったり、ホスティング会社でもバラバラだし、なんだかよくわかりません。今回は再送していただいて無事かかったみたいですが、ダメだったら遠慮なくおっしゃってくださいね。こちらでエントリにリンクを貼らせていただきます。

投稿: ruko | 2006/01/21 13:25

rukoさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
こちらからも…と思ったのですが、送れませんでした。
また後でトライさせていただくかも。

ウィルには、正式に仲間となったことで、
彼がもっと弾けてくれることを希望します♪
ソーキンさんのお気に入りの役者が演じているだけに、
彼ならTWWならではのユーモアを絶妙に表現してくれるでしょうから。

ダニー、わたしも好きですよ~
男らしさを1番感じます。

投稿: KEI | 2006/01/21 07:10

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

日本の新聞記者、それも政治担当の記者でああいう洒脱な雰囲気をもって、リベラルであっても権力には批判的っていう人ってあまりいない、という印象なので、ダニーはそういう意味で私には憧れです。

CJは"I'm prime woman"っていう台詞が今でも忘れられないんですけど、そんなCJと男女としてうまくやっていける男性って、残念ながらそれほど数がいるとは思えず、ダニーは、私もいいと思います。でも2期目終わらないとやっぱり無理かなぁ。途中で辞めるっていう手もあるか…wでも寂しい。

投稿: ruko | 2006/01/20 01:07

こんにちは!

>やっぱりダニー、憧れるなぁ。

ダニー、カッコいいですよね!
あの雪玉のシーンで、チョロッと美味しいこと言ってのける彼のセンスが素敵。

私はどうしてもCJにはダニーなんです。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/01/20 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8235503

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつの「就任」〈TWW4-第15話〉:

» ザ・ホワイトハウス S4-15 「就任式(後編)」 INAUGURATION PART 2 [Josh & Donna:The West Wing Blog "What's next?"]
エピガイUPまではまた時間が掛かるので、ちょこっと感想を… サイトのゲストの方が感想を寄せてくださるザ・ホワイトハウス掲示板にも書いています。 ところで、昨日、ゴールデングローブ賞授賞式が行われ、エイミー・ガードナー役のメアリー・ルイーズ・パーカーが、「WEEDS」という新ドラマでゴールデングローブ賞テレビ・コメディ部門主演女優賞に輝きました。 デスパレートな妻たち4人を押しのけての受賞です。 (ゴールデン・グローブ賞の話題をもう1つのブログにUPしています。こちらから。) The W... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 06:49

« 「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 | トップページ | 忘れてたかも…〈第17話〉 »