« 「翔ぶが如く」キタ!! | トップページ | 山崎豊子の「女の勲章」 »

2006/01/10

コワイ言葉遊び〈TWW-4 第14話〉

就任式を単なるお祭りにしない、とは予想していたのですが、今日のはちょっと手強かった…。っていうか、これどうやって日本語にしたんでしょうか。まったく想像がつかないんですケド。

The West Wing: The American Presidency As Television Drama (The Television Series)The West Wing: The American Presidency As Television Drama (The Television Series)
Peter C. Rollins John E. O'Connor

Syracuse Univ Pr (Sd) 2003-05
売り上げランキング : 421,971

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「就任式」と銘打たれているので現政権の対極ともいえる位置にあるバートレット政権を分析している本を紹介しています。現在「幕末純ジャパ」状態なので読んでおりませんが…(汗)。以下、感想です。

当日を描いて、そこから曜日をキャプションで入れて振り返る形式は以前もありましたが、就任式当日の朝の大統領は流石に軽口も控え目。激励してくれたCJに「ありがとうクローディア」って言うあたりも。

しかしレオとジョシュは浮かない顔です。キーワードは外交政策の劇的な転換、そしてジャック・リース(クリスチャン・スレーター)絡みでドナに何かあったらしい。そして聞き慣れない「クンドゥ」という国の名前。レオが何か言ったことが引き金にはなっているようだけど…。

とヒントはココまでで月曜日にさかのぼりました。ウィル、苦労してますね。それからビックリした。就任式のスピーチを書く手伝いをする、という契約しかまだしていなくて正式なスタッフになっていなかったとは。

BARTLET:Yes.
WILL:Sir, just to be clear... You're hoping that there can be a broader definition of "vital interests."
BARTLET:Hoping beyond hope.
WILL:Thank you, sir......There's a... partnership, sir, that can develop between someone and his speechwriter. It happens over time. You get to know just where he likes his commas and why he says self-government instead of governement. Why he doesn't like the word "implement" but does like the word "obfuscate". Like jazz musicians...
BARTLET:I can't remember your name, but are you asking me out on a date?
WILL:No, sir. It happens over time.

本気で「バートレット」らしさを出したいようなウィルですがそうはなかなかいかない。何しろ時間がなさすぎる。

就任式にリースが何を着てくるかを嬉々として話していたドナだったのに…。リースがアフリカの国クンドゥ(状況は明らかにルワンダっぽい)をめぐって派兵した際の米軍の死者の数について直接大統領に報告した結果、転属させられてしまった。国防長官を通さなかったことからの行き違い。

このほかにもトビーvs.ウィル、CJvs.ダニーなどなど禅問答のようなやりとりがあちこちで続いて、最近英語モードになっていない私にはついていくのが久しぶりに精一杯でした。なので、バートレットがこだわっていながらなかなかコレという聖書を見つけられないところも案外笑えませんでした。

しかし勝手にブータンの国王殺していいのでしょうかw

最終的にドナが何をやらかしてしまったのか、気になっています。

【追記】1日たって、今回のエピソードを日本語化するにあたっていちばん面倒くさいことをしているのが新最高裁長官のメンドーサであることを思い出しました。政権批判に韻を踏んだり、どうしようというのでしょうw

|

« 「翔ぶが如く」キタ!! | トップページ | 山崎豊子の「女の勲章」 »

コメント

KEIさん、こんばんは。

特にシーズン4に入って、このドラマほど翻訳がチャレンジングなものもないのではないか、と思いながら毎週観ています。ソーキン最後のシーズンだからでしょうか、ウィルを通してますます会話を小難しくしていますねw

ドナとジョシュが衝突するところが少し悲しかったですね。ジョシュも事態を把握していないとはいえ、ちょっと言い過ぎたと思うし、ドナ(とリース)もお互い仕事なのにオフィスの出入りがちょっとプロの職業人としてはルーズかなぁとも思いましたし。

投稿: ruko | 2006/01/13 00:00

rukoさん、こんにちは。

ドナ、一体何をしたのでしょうね。
楽しみにしていた舞踏会も、それどころじゃなくなってしまいました。
こんな時こそ、ジョシュからドナへ、叱るばかりじゃなく、救いの手を差し延べてあげて欲しいです。

TWWこそ、字幕版で見たいドラマだけど、まだシーズン1までしかないのが残念です。

投稿: KEI | 2006/01/12 16:22

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

再度見る気力はちょっとなくて、寝かせている状態です。スーパーチャンネルみたいに字幕版がいいなぁと思っているのですが…。もちろん字幕版と吹き替え版が違うのは知っていますけれど。

ドナ、せっかくイイ感じでSnowdrops-Fairyさんのエントリの通りすっかり色っぽくなっていたのに…。何をやっちゃってあんなにレオとジョシュの不興をかうところまでいってしまったのでしょう。

投稿: ruko | 2006/01/11 20:33

こんにちは。
TBさせていただきました。
今回は前半だけなので、「早く続きが見たい~い!!」です。

今回の言葉遊びは難しそうでしたね。
向こうの韻なんかはそれでなくても訳しにくいものですし、発音のストレス(とでも言うんでしょうか)に至っては私なんかにはお手上げです。

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/01/11 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8101177

この記事へのトラックバック一覧です: コワイ言葉遊び〈TWW-4 第14話〉:

» ザ・ホワイトハウス4(第14回) [Snowdrops-Fairyの独り言Ver.2]
今回は前後編の前半なので、ほとんどの懸案事項は持ち越し。 ですから感想を述べにくいんです。 「だからどうなるの〜?!!」ばかりです。 [続きを読む]

受信: 2006/01/11 14:03

« 「翔ぶが如く」キタ!! | トップページ | 山崎豊子の「女の勲章」 »