« スーザンのみデスパレート度up〈第15話〉 | トップページ | 超ニアミス チェオクの剣〈第10話〉 »

2006/01/05

松嶋菜々子x2vs.古畑任三郎

「ファイナル」らしく豪華な終わり方だったと思います。犯人をテレビの脚本家にした、というところに「打ち止め感」が出ていると言えないこともないけど、なぜファイナルなのかちょっと弱いような気も…。でも10年たつとさすがに古畑さんも年とっちゃいましたね。

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX古畑任三郎 3rd season DVD-BOX
田村正和 田村正和 三谷幸喜

ポニーキャニオン 2004-09-15
売り上げランキング : 4,384
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下「ラスト・ダンス」についてダラダラと。ネタバレしています。

こういう解説するとババァなことがバレバレですが、言うまでもなくこのタイトルは越路吹雪が歌った名曲「ラスト・ダンスは私に」からきてて、ラストのダンスフロアでも流れています。でも歌ってるの越路吹雪じゃないよね?誰バージョン?

さて。
津川雅彦が小学校時代の同級生で犯人役で出たあと、まったくの別人として「すべて閣下の仕業」に出たことがあったんで"アリ"なんだと思いますが、「ブルガリ三四郎」の小日向文世さん、以前プロ棋士として殺されてますよねw 思えばあのあたりからグイグイ味のある脇役として売れっ子になっていったわけだし、三谷さんの作品では欠かせないのでやむを得ない気がしますが。

2人が入れ替わったことは、割と早い段階でわかっていたわけだけど、DVDに録画していなかったため、変身後のもみじ(地味)とかえで(派手)がどう見た目変わったのかという点がもうひとつわかりませんでした。「記者会見でメイクについて質問した記者がいた」ってことになってますが…。演技にはまったく期待していなかったため、もみじがかえでに批判されながらもメイクが上達していた、ってことなのかどうか、ぜひ専門家の見方を知りたいところです。

上に書いた小日向さんが殺される回では、犯人だった田中美佐子が、殺害した夫の抑圧がなくなってぎょっとするようなメイクをして出てくるラストシーンがめちゃくちゃ衝撃的でした。まぁ、天下の松嶋菜々子をそこまでいじれないにしても、聡い視聴者はすでに入れ替わりをわかってるわけなので、もう少しハッキリ解るような形で見た目の違いを見たかったような気がします。

もみじとかえでの「演じ分け」については、ハナから期待していなかったのであんなものではないかと…。それにしてもツーショットの合成、まったくわかりませんでしたね。ビバ21世紀。

「ブルガリ三四郎」におけるテカの刑事の扱いをめぐって今泉のキレっぷりはもちろん、西園寺君までキレたのが、サービスでしょうかw

脚本家のお仕事についての三谷さんの自己批判?ともとれるような場面もあり、印象的でした。実際の三谷さんのマネージメントはどんな態勢でやっていらっしゃるのでしょうか。一時は大河を書きながら、ドラマ書いて映画も舞台もやって、新聞連載も抱えているわけですから1人では相当たいへんだと思います。

そのうえ今年は「功名が辻」に俳優として出演までするのを予告編を見て知って軽い驚きを覚えています。十分に脚光が当たっていると思っていた三谷さんにも「もみじ」的なところがあるんだなぁ、と見ながらちょっと思ってしまいました。

「古畑」をもうやめて、新しい方向性を模索するのだとしたら大河に俳優として出るのではなく、第2の大河を書いてほしいです。家族愛、夫婦愛、立身出世といったNHKが大好きなお決まりのパターンではない、21世紀の大河を。

「新選組!」が数字を取れなかったのは、三谷さんの味付けがこれまでの大河になかったため「大河とはこういうものだ」と思っているコンサバな視聴者に受け入れられなかったためではないかと感じています。けれど「新選組!」を愛したファンたちは三谷さんの描いた世界に激しく心を揺さぶられたわけだから。もちろん三谷さんひとりでできることではなく、NHKの中にあきらめない人々がいてくれることが条件なので厳しいとは思いますが…。続編つくって満足してもらってちゃ、困るんだよなぁ←言うのは、やすし。

おまけ。私には一卵性双生児の弟がいます。一卵性とはいえもちろん2つの異なる個性ですが、やはり小さいころから親にも、学校でも常に比較されて、別々の高校に行って少し楽になったのだとは思いますが今思えばかなり気の毒でした。明らかに仲が悪いという場面を見たことはないのですが、お互いそれとなく緊張感が漂う場面というのは数限りなくあったと思います。殺意を抱くようなケースがあったのかどうか、本人たちに一度聞いてみたい。

というわけで、なんだかこれだったらまたさりげなく戻ってくるような気がして、なりません。それにしてもよっぽど中森明菜が好きなのね、三谷さん。

|

« スーザンのみデスパレート度up〈第15話〉 | トップページ | 超ニアミス チェオクの剣〈第10話〉 »

コメント

いいぶうさん、こんばんは。

私も前に5発くらい同じエントリのTBをほかの方のところに気づかず送ってしまい顔面蒼白になったことがございます。どうぞ、お気になさらず。

投稿: ruko | 2006/01/27 21:21

rukoさん、こんにちは。

そして、ごめんなさい…。
実は、以前トラバさせてもらった時の情報が、消えずに残っていたらしく、今日追記を書いて更新したところ、同じ記事を2回トラバしてしまったようです。

どうぞ、今回のトラバの分は、削除してやって下さい。
本当に失礼しました。

投稿: いいぶう | 2006/01/27 03:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8021710

この記事へのトラックバック一覧です: 松嶋菜々子x2vs.古畑任三郎:

» 『古畑任三郎ファイナル 「ラスト・ダンス」』 [時間の無駄と言わないで]
CM多すぎない?15分に一回のペースですよ。 古畑任三郎シリーズのラストを飾る話。ゲストは松嶋菜々子。 前々から期待してませんでしたが、案の定その期待を裏切りませんでした。 要するに大して面白くなかったんですわ。右肩下がりです。 松嶋、イチロー、藤原&石坂....... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 02:18

» フジテレビ「古畑任三郎ファイナル」第3夜:ラスト・ダンス [伊達でございます!]
「古畑任三郎ファイナル」の“ファイナル”は、“ファイナル”としての特別なエンディングではありませんでしたが、正調「古畑任三郎」なエピソードだったと思います。 [続きを読む]

受信: 2006/01/06 03:26

» 古畑任三郎ファイナル 第3夜「ラスト・ダンス」 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『古畑任三郎ファイナル』第三夜、すなわち最終回。。。最後の挨拶はなく、あっさり終了・・・これで続編がまだ作れるぞ〜(爆)津川雅彦に続いて、小日向文世、近藤芳正、松金よね子の再登場・・・これは避けて欲しかったけどなぁさて本編へ・・・コップについた口紅をこれ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 06:27

» 松嶋菜々子in古畑任三郎ファイナル [D.D.のたわごと]
本当に本当の最終回っすか。 僕は,“遺書”の筆跡がもみじ本人のものだという ところで,「事件の真相」にピンときましたが, みなさんはどの時点でしたか? [続きを読む]

受信: 2006/01/07 00:45

» ブルガリ三四郎ファイナル [いいぶうの一病息災な日常]
 普段、本はAmazonで買っているのですが、今送料無料キャンペーン中の楽天ブッ [続きを読む]

受信: 2006/01/07 14:50

» 古畑任三郎、イチローに見る、プロフェッショナル! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
古畑任三郎三部作を観た! リアルタイムで観れなかったので、録画したものを堪能した。 過去、大人気を博した推理刑事物ドラマ。主人公の古畑任三郎には、「マサにガスだね!」でおなじみの田村正和。今回でファイナル? イチロー 役者としても超一流... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 16:39

» 松嶋菜々子 まつしまななこ [おすすめのアイドル探し]
名前松嶋菜々子身長172.0出身地神奈川県 座間市B84.0生年月日1973/10/13W59.0血液型AH88.0 松嶋菜々子が在籍したことのある学校 相模女子大学 相模女子大学高校松嶋菜々子に関連するキーワード 旭化成せんいキャンペーンモデル 松嶋菜々子に関する情報 水着キャン...... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 00:22

« スーザンのみデスパレート度up〈第15話〉 | トップページ | 超ニアミス チェオクの剣〈第10話〉 »